メンタルヘルス

うつ症状(適応障害)は早めに逃げるのが良策です【休職・退職】

私は10数年働いてきた会社を、うつ症状(適応障害)で退職したのですが、実際に自分で経験してみて感じたことは、

  • うつ症状や適応障害は、初期段階で我慢せず逃げたほうがいい
  • 無理に我慢して、長引かせて症状がひどくなると、その方が取り返しがつかなくなる

このような思いでした。

ちなみに「逃げる」というのは、休職や退職をすることを指しています。

今回の記事では、私がうつ症状になってしまったいきさつや、現在の状況をお話しする中で、自分なりの考えをまとめてみたいと思います。

私のうつ症状といきさつ

なぜ私はうつ症状になってしまったのか、そのいきさつについてまずは詳しくお話しします。

自分には”うつ”と無縁のストレス耐性が備わっている

正直なところ、サラリーマンとして働くなかで、うつ症状は自分には無関係なものだと思っていました。

10数年働いてきた中で、いくつもの難局を乗り越えてきましたし、勤めている会社が大きくなる過程では、月200時間近い残業を数年間続けていた時期もあります。

自分にはうつ症状と無縁のストレス耐性が備わっている

このような考えすら持っていました。

しかしそれは明らかに過信であり、大きな誤りでした。

タフだと信じていたものは、いくつもの支えで、絶妙なバランスが保たれていただけ。

どこかに狂いが生じると、倒壊するビルのように、一気に崩れてしまうのです。

身をもって、それを思い知ることになってしまいました…。

会社に行こうとすると症状が起きる

私は人間関係の板挟みによるストレスによって、ある時から出社すると、下記のような症状が起こるようになったのです。

  • 動悸
  • 息切れ
  • 頭がくらくらする
  • 吐き気
  • 耳鳴

ただしこれらの症状は、不思議なことに、会社を出て家に帰ると症状が治まりました。

症状はだんだんひどくなって、ついには仕事にも影響が出るようになってしまいます。

なんてことのない仕事でミスをしたり、とつぜん無性に腹が立って、些細なことにキレてしまう、このようなことが起こるようになってしまったのです。

生まれてはじめて心療内科を受診

さすがにこのままではマズい…

このように思って、はじめて心療内科を受診してみたのですが、そこで「うつ症状」と診断されました。

ネットでも自分でいろいろ調べてみたのですが、「適応障害」というものに、自分は該当したのかもしれません。

休職していちど復帰するも、仕事を辞めることに…

仕事は休んだ方がいいということになって、病院に診断書を出してもらい、2ヶ月ほど会社を休職することに。

その後、別部署へ異動して復職しましたが、症状が治まらず、むしろ悪化している感覚があったので、2018年夏ごろに会社を退職しました。

数ヶ月の療養を経た段階から、耳鳴り以外の症状はほとんど治まって、今は穏やかに過ごせています。

ぽけご
ぽけご
耳鳴りだけは今も治まっていません…

うつ症状(適応障害)にどう向き合うべきか?

私の場合は「うつ症状」というだけであり、本格的なうつ病や適応障害の状態と比べると、はるかに軽いものだったと思われます。

しかしこのような早い段階で、

このままいくとマズい…

このように感じて「逃げる」いう方法を選びました。

なぜ休職や退職を選択肢を選んだのか?

なぜすぐに、休職や退職で会社を「逃げよう」という判断をしたのか、今でもよくわからない部分もあります。

  • うつ症状は治るまで時間がかかる
  • 同じ環境にいたら悪化する可能性が高い

会社の管理者研修でメンタルヘルスを多少学んで、上記のような認識を持っていたからかもしれません。

ぽけご
ぽけご
だとするとちょっと皮肉ですよね…

逃げるという選択肢が環境を変化させた

ただそのおかげで、早い段階で休職して療養を取ることができ、環境を変えての復職プランを、会社に取ってもらうことができました。

結局は退職することになったのですが、早い段階でガマンせずに逃げたからこそ、数ヶ月レベルの本格療養で、かなり回復することができたのかもしれません。

自覚症状が出てからも、ガマンをしたり薬でごまかし続けていたら、取返しがつかないことになっていたでしょう。

残念ながら仕事を辞めることにはなりましたが、「すぐ逃げる」という選択をして、私はよかったと思っています。

人生の目的を大切にするからこそ、退職して良かったと思える

私の人生にとって、仕事はあくまで「手段」であり、「目的」ではありません。

自身の心身を健やかに保てなければ、

妻と楽しく幸せに暮らしていく

私にとって何よりも大切な、上記の目的を果たすことができなくなってしまうのです。

ですので、私は今でも会社を退職して良かったと思っていますし、後悔する気持ちはありません。

収入が無くなるのはもちろん痛いですが、心身が健やかであれば、またどうにでもできます。

いくらでも選択肢がある「仕事」という手段において、うつ症状で健康を損なうような仕事なのであれば、すぐに替えたほうがよいというのが私の考えです。

我慢して悪化させると取り返しがつかない。休職や転職も検討しよう

ぽけご
ぽけご
健やかな心身がいちばんの資本ですよ!

今回は、私自身がうつ症状を経験して、感じたことをまとめてみました。

私の場合は家族も同意してくれたので、「すぐ逃げる」という選択を取ることができましたが、状況によっては、同じ選択を取れないという人もいるかもしれません。

ただその場合でも、ご自身の「手段と目的」を整理して、「逃げる」という方法も選択肢のひとつとして、ぜひ検討していただきたいと思います。

休職や退職の手続きに関する体験談は、別の記事でまとめていますので、よかったら参照してみてください。

▼休職手続きのまとめはこちら▼
会社を休職するときの手続きに関してのまとめ社会人となってからの人生というのは、思っている以上に長いものですよね。 だからこそ、その中で調子のいいときもあれば、逆に調子が悪く...
▼退職手続きのまとめはこちら▼
会社を退職するときの手続きをまとめてみた私は40代で会社を退職して、今は失業保険をもらいながら転職活動を続けています。 これまでも転職活動や退職後の手続きについて、ブログ...
▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。Twitter:@enjoymylife40