うつ症状(適応障害)は、休職や退職で早めに逃げるのが良策です

筆者は10数年働いてきた会社を、うつ症状(適応障害で退職した経験をしています。

実際に自分で経験してみて感じたことは、

  • うつ症状や適応障害は、初期段階で我慢せずに、休職や退職で逃げたほうがいい
  • 無理に我慢をして、長引かせて症状がひどくなると、その方が取り返しがつかなくなる

このような思いでした。

休職や退職で逃げる」と表現すると、なんだか負けのような気持ちになるかもしれませんが、決してそうではありません。

かりに「勝ち」や「負け」で表現するのだとしても、それを決めるのはあなた自身です

あなたが健やかな心身を取り戻せば、たとえどんな状況になったとしても、いつだってやり直しができます。

健やかな心と身体に勝るものは、他になにもありませんよ

この記事では、うつ症状(適応障害)など心身に異変があったときに、どのように考えて対応するべきかをお話しします。

自身の体験にもとづいてお話ししますので、あなたの悩みを解決するためのヒントとなれば幸いです。

うつ症状・適応障害 オススメ記事
目次

私がうつ症状になってしまった経緯について

まず最初に、なぜ筆者がうつ症状になってしまったのか、そのいきさつについて詳しくお話しします。

“うつ”とは無縁のストレス耐性があると思っていた

正直なところ、サラリーマンとして働くなかで、

ぽけご

うつや適応障害なんて、自分は無関係だよ

このように思っていました。

会社に入社して10数年働いてきたなかで、いくつもの難局を乗り越えてきたのです。

勤め先はベンチャー企業だったのですが、会社が大きくなる過程で、月200時間近い残業を何年も続けていた時期もあります。

自分にはうつ症状と無縁のストレス耐性が備わっている

このようにすら思っていました。

しかし、それは明らかに過信であり、大きな誤りだったのです。

タフだと信じていたものは、いくつもの支えで、絶妙なバランスが保たれていただけ

どこかに狂いが生じると、倒壊するビルのように、一気に崩れてしまうものでした。

身をもって、それを思い知ることになってしまったのです…

会社に行くときだけ”症状”が起きる

筆者がうつ症状を発症するきっかけとなったのは、人間関係の板挟みによるストレスからでした。

ある時から会社に行こうとすると、

  • 動悸
  • 息切れ
  • 頭がくらくらする
  • 吐き気
  • 耳鳴り

上記のような症状が起こるようになったのです。

ただしこれらの症状は、不思議なことに、会社を出て家に帰ると症状が治まります

症状はだんだんひどくなっていき、徐々に仕事にも影響が出るようになってしまいました。

  • なんてことのない仕事でミスをする
  • とつぜん無性に腹が立って、些細なことにキレてしまう

このようなことが起こるようなり、周りの人にも迷惑をかけるようになってしまったのです。

生まれてはじめて心療内科を受診

ぽけご

さすがにこのままではマズいな…

このように思って、はじめて心療内科を受診してみたところ、そこで「うつ症状」と診断されました。

▼うつ病のおもな症状▼

うつ病の精神症状
うつ病の身体症状
出典:うつ病ABC|すまいるナビゲーターうつ病

ネットでも自分でいろいろ調べてみたのですが、「適応障害」というものに自分は該当したのかもしれません。

症状を抑える薬を処方してもらったのですが、飲むと副作用が出てしまって、別の意味で仕事になりませんでした。

短期間の休職を取って、復職をめざすことに

筆者の発症理由は人間関係によるものなので、その人たち(二人)から離れれば、仕事を続けるのは問題ないと考えていました。

そこで、会社にその状況を報告。

いちど短期間の休職を取って、別部署に異動して復職するプランを提示されたのです。

会社に対しては愛着があり、辞めたいわけではなかったですし、異動先の上司はかつて一緒に仕事をしていて、勝手知ったる仲でした。

しっかり休んでリフレッシュしてくれ。また一緒に頑張ろう

このように声を掛けてくれて、気持ちがとても楽になったことを覚えています。

休職の期間は1ヶ月半ほどと、それほど長いものではありませんので、とにかく仕事を忘れてリフレッシュしようと考えていました。

  • 行きたいと思ったところは、すぐに旅行へ行く(青春18きっぷをはじめて利用)
  • 年齢を忘れてひたすら遊ぶ(ポケモンGOなど)

上記のような感じで、とにかく休暇を楽しんでリフレッシュすることができ、新しい部署での復職を迎えることができたのです。

とくに大きかったのは、傷病手当金という制度を利用したことでした。

休職期間中は有給休暇ではないので、基本的に無給になってしまいます。

ですが、傷病手当金を利用すれば、給与のおよそ2/3くらいの額を支給してくれるので、安心してリフレッシュに専念できたのです。

傷病手当金の詳細など、休職に関する手続きについては、別の記事でお話ししていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

復職するも、症状が再発して退職へ

しっかりリフレッシュしたおかげで、新しい部署での復職はスムーズでした。

上司にも恵まれて、周囲もよい人ばかりで、症状も治まったように思えたのです。

しかし、部署は変わったとはいえ同じ会社ですので、発症のトリガーとなった人とも顔は合わせますし、メールなどでやり取りする機会はあります。

関わりがあるときには、やはり軽い症状が出てしまうのです…

また、落ち着いて仕事はできてはいたものの、以前のように、仕事に対して前向きな気持ちになることができません。

ぽけご

以前のように、やりがいを感じてバリバリ働くのは、もう無理なのかな…

徐々に上記のような焦りを感じるようになり、復職から半年経ったくらいから、治まっていた症状が再発するようになりました。

再び休職するということも考えましたが、会社にも迷惑がかかりますし、結局は同じことを繰り返すだけという気もします。

復職から1年半ほど経ったころに、会社を退職しました。

退職後は半年ほど療養に専念して、それから転職活動やブログ運営などをはじめています。

今では、耳鳴り以外の症状はかなり治まって、こころ穏やかに過ごせるようになりました。

筆者が退職したときの手続きについては、別の記事でお話ししていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

うつ症状や適応障害にどう向き合うべきか?

筆者の場合は「うつ症状」というだけであり、本格的なうつ病や適応障害の状態と比べると、はるかに軽いものだったと思われます。

しかしこのような早い段階で、

ぽけご

このままいくとマズい…

上記のように感じて、筆者は「逃げる」いう選択を選びました。

なぜすぐに休職や退職を選んだのか?

なぜ筆者はすぐに、休職や退職で会社を「逃げよう」という判断をしたのでしょうか?

じつは正直なところ、今でもよくわからない部分もあります。

会社の管理者研修でメンタルヘルスを多少は学んでいて、

  • うつは悪化すると治るまで時間がかかる
  • 同じ環境にいたら悪化する可能性が高い

このような認識を持っていたからかもしれません。

ぽけご

だとすると、ちょっと皮肉ですよね…

休職や退職で環境を変化させることができる

筆者は早い段階で「休職して療養する」という選択をしたことで、

環境を変えて復職する

というプランを会社に取ってもらうことができました。

結局は症状が再発して退職することになったのですが、ここでもガマンせずに逃げたからこそ、退職後に半年ほど本格療養しただけで、かなり回復することができたのです。

自覚症状が出てからも、ガマンをしたり薬でごまかし続けていたら、取返しがつかないことになっていたかもしれません。

残念ながら会社を辞めることになりましたが、休職や退職で「逃げる」と早めに決断したことは、今でもよかったと思っています。

人生の目的を大切にするからこそ、早めに逃げるのもあり

筆者の人生にとって、仕事はあくまで「手段」であり、「目的」ではありません。

自身の心身を健やかに保てなければ、

妻と楽しく幸せに暮らしていく

自身にとって何よりも大切な、上記の目的を果たすことができなくなってしまいます。

ですので、筆者は今でも会社を退職して良かったと思っていますし、後悔する気持ちはありません。

安定した収入を失うことはもちろん痛いですが、心身が健やかであれば、またどうにでもできます。

いくらでも選択肢がある「仕事」という手段において、

うつ症状で健康を損なうような仕事なのであれば、すぐに替えたほうがよい

というのが、筆者の思うところです。

とにかく逃げたいときは、「退職代行」もひとつの方法

筆者の場合は、会社も筆者のことを考えてくれていて、とても恵まれていたように思います。

しかしなかには、仕事を辞めようと考えたときに、

  • 上司や会社がブラックで、まともなやり取りができない
  • 心身がまずいので、どうしてもすぐに辞めたい

上記のようにトラブルや本当に辛くて、どうしようもないという方もいるでしょう。

もしそうなのであれば、退職代行サービスを利用するのもひとつの手です。

会社への連絡などを代行してくれますから、上司など会社の人と直接に話をする必要もなく、会社に行かずに退職を完了させることができます。

でも退職代行なんて、若い人しか使わないのでは…

このような思いがあるかもしれませんが、じつは退職代行を利用する人の28%が40代以上というデータもあるくらい、利用者の幅は広がっているのです。

最近では、弁護士が退職代行サービスに乗り出すケースも増えており、

  • 残業代の未払いがある
  • 有休消化を拒まれる

上記のような労働問題に対しても、代理人として責任をもって対応してもらえます。

退職代行を依頼すると費用が発生しますが、初回相談は無料です

会社に行かずに退職手続きを進めたい場合は、いちど相談してみることをおすすめします。

関連記事退職代行は40代も利用している!体験談から学ぶ失敗しない使い方とは

退職後のお金の不安は公的な制度でカバーできる

心身が不調で限界を感じていて、本当は退職してしばらく療養したいのに、

退職後の生活費が不安だから続けるしかない…

このような思いで、無理を続けている方もいるかもしれませんね。

でも退職後のお金の心配は、傷病手当金失業保険を利用することで、ある程度の期間はカバーできます。

傷病手当金は一定の条件をクリアすれば、退職後でも受給することが可能です。

また、失業保険は延長申請することで、傷病手当金のあとにもらうことができます。

もし無理をしているのなら、

社会保険給付金をもらいながら、しばらくゆっくり休む

という方法も検討してみましょう。

傷病手当金を退職後も受給するときの要件

健康保険制度の傷病手当金とは?

退職後も傷病手当金を受給するため要件は、以下のとおりです。

退職後も傷病手当金を受給するための要件
  1. 退職日までに、継続して1年以上健康保険に加入していること
  2. 退職日(資格喪失日)に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること
  3. 退職日以降も支給期間が残っていること(最長1年6ヶ月)

注意しなければならないのは、「退職日に出勤してはいけない」ということです。

退職の挨拶や引継ぎなどで、会社に出たい気持ちがあるかもしれませんが、出勤してしまうと「仕事ができる状態」とみなされて、傷病手当金が受給できなくなります。

退職日は、有給休暇か欠勤となるようにしてください。

失業保険は傷病手当金のあとにもらえる(手続きが必要)

雇用保険の基本手当(失業給付)とは?

退職すると、ハローワークへ失業保険の申請に行くことが一般的です。(※正確には雇用保険の基本手当といいます)

しかし、傷病手当金を受給している間は、失業保険の申請することができません

失業保険をもらうということは、職探しをしているということ。

傷病手当金をもらって治療している状態であれば、

職探しはできないはずだろう…

というのが基本的な考え方にあるためです。

でも安心してください。

失業保険の受給期限を延長申請しておくことで、傷病手当金の受給期間後に、失業保険をもらうことができます。

傷病手当金の受給期間(18ヶ月)が終了した後に、失業保険の給付を受けられますから、じっくり療養できる期間を、さらに延ばすことが可能です。

自分で手続きするのが不安なら、申請サポートを利用しよう

ここまでお話ししてきたように、社会保険給付金の申請手続きには、少しわかりにくい面もあります。

とくに退職の話が出ているような状況では、会社側の積極的なサポートも期待できないかもしれません。

心身が辛くて、自分であれこれ手続きできるような状態じゃない…

ちゃんと手続きができるのかな…

もしこのような不安があるのなら、社会保険給付金の申請サポートの利用を検討してみましょう。

社会保険給付金サポートを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

サポートを受けるメリット
  • 自身の状況や退職後の予定などを聞き取りしたうえで、適切な対応方法を調査してもらえる
  • ヒアリング内容にもとづいて、細かな申請条件やスケジュール、手順などをわかりやすくアドバイスしてもらえる
  • 音声通話やチャット、対面相談で心配ごとに無制限で相談に乗ってもらえる

専任のコンシェルジュによる万全のサポートが受けられるので、不安な気持ちを解消できるのはもちろん、より確実に受給手続きを進められるはずです。

サポートを利用するには費用がかかりますが、受給できない場合の全額返金保証もついていますので、

ゆっくり休みたいけど、退職後の生活費が不安だ…

という方は、以下の記事で詳しい内容を確認して、いちど検討してみましょう。

まとめ:我慢して悪化させると取り返しがつかない!休職や転職も検討しよう

今回は、筆者がうつ症状の発症や、休職や退職を経験して感じたことをまとめてみました。

筆者の場合は家族も同意してくれたので、「すぐ逃げる」という選択を取ることができましたが、状況によっては、同じ選択を取れないという人もいるかもしれません。

ただしその場合でも、あなた自身の「手段と目的」を整理して、「逃げる」という方法も選択肢のひとつとして、ぜひ検討してみてください。

ぽけご

健やかな心身に勝るものは、なにもありませんよ!

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。

目次
閉じる