転職の体験談

40代転職の現実は本当に厳しいのか?自分で体験してみた感想

最近は人手不足と言われていますので、今の働き方に不満や不安を感じている場合は、転職を考えているという人も多いかもしれません。

では一般的に転職が厳しいといわれる、40代の場合はどうなのでしょうか?

私も40代で転職活動中なので、その状況を肌で感じているところです。

結論から言ってしまうと、現実はぜんぜん甘くないです。

40代の方は転職を考えるとしても、十分な準備をしながら、慎重に進める必要があります。

今回の記事では、40代で転職活動をした私自身の経験にもとづいて、感じたことをまとめてみました。

これから転職活動を始めようと考えている方の参考となれば幸いです。

【参考:私のスペック】
40代前半・男性、関西在住、Web企画系職、マネジメント経験30名、年収400万以上希望

自身で体験して感じた40代転職の現実とは?

具体的な応募活動を始めてまだ2ヶ月の段階ですが、ここまで応募した求人はすべて選考落ちとなり、面接まで進むことができておりません。

30代前半だった、前回の転職活動時と比べると、書類通過率がまったく違っている印象です。

私は関西在住のため転職活動を関西エリアで行っています。
他の地域では求人数の規模も違うので、状況が異なっている可能性があります。あらかじめご留意ください。

転職サイトでは?

リクナビNEXTやエン転職、マイナビ転職といった大手から、検索で1ページ目にヒットするような転職サイトに、12社ほどWeb経歴書を登録してみました。

それらのサイトで、更新タイミングに合わせて求人を探しながら、スカウトも待つという形で活動しています。

自分の経歴にマッチする求人は、それほど多くは掲載されていませんでしたが、延べでいうと10社ほどはあったと思います。

平均年齢が30前後の若い会社が多く、試しに5社ほどWeb応募してみたのですが、すべて選考落ちとなって、面接まで進むことができませんでした。

そのうちの1社は、求人にお気に入り登録していると、「応募しませんか?」とオファーメールが来たにもかかわらず、応募するとお祈りメールが届いたのです…。

やはり40代の転職活動では、転職サイトの活用も求人する側の意図をしっかり見極めて、応募をしていく必要性を感じました。

スカウトに関しては、毎日3~4通くらい届くのですが、

タクシー運転手、運送ドライバー、工場製造スタッフ、飲食スタッフ、保険営業、派遣会社のITエンジニア

といった職種が大半を占めており、私の職歴と共通するようなオファーは無かったです。

これらのオファーは採用担当者が送っているわけではなく、転職サイトのAIが経歴と求人のマッチング度合いで判定して、自動でオファーメールを送ってくるようです。

他にもコンビニのオーナーや、スー〇ーホテルの支配人といった、FC募集の案内まで届きます。

ハローワークでは?

ハローワークに行って驚いたことは、若い人はあまりいなくて、40代以降から60代くらいの人ばかりだったことです。

確かに私もハロワークを利用したのは、今回が初めてでしたし、若い人なら転職サイトですぐ求人が見つかるからかもしれません。

転職サイトには求人掲載がなかった、かなり規模の小さい会社に2社応募しましたが、いずれも書類選考落ちとなってしまいました。

転職エージェントの反応

Webから5社に登録したのですが、そのうち2社からは紹介できそうな求人が無いとして、お断りのメールが届きました。

リクルートエージェントとワークポートは、紹介可能ということで、マッチング度が高い求人を頻繁に紹介されるように。

こちらの都合で転職条件を見直したので、最終的には、転職エージェントの利用を見送ることにしました。

しかし、そのまま紹介をもらって転職活動を進めていたら、いずれ内定が取れるのではという期待感は十分にありました。

40代の転職活動においては、転職エージェントを有効活動することが、成否の分かれ目になるのかもしれません。

40代の転職はなぜ厳しいのか?

実際に経験してみても、40代転職の現実はやはり厳しいものがあると感じます。

その理由としては、次のようなことが挙げられます。

応募先のマネジメント層の心境

前職では、私も現場の採用責任者を担当しておりましたが、40代以上の求人応募に対してはやはり消極的でした。

応募書類を見た段階で、明らかにわかるくらいに特別な光るものがなければ、まず面接手配へ進めることはなかったですね…。

なぜなら、マネジメントする私より年代が上の人は、扱いづらいのでなるべく避けたいという気持ちがあったからです。

企業側が40代の人材を想定して出した求人がそもそも少ない

40代の転職人材に対して企業側が求めるものは、専門性(スペシャリスト)マネジメント力だと思います。

そういった求人は転職サイトではなく、ヘッドハンティングや転職エージェントの会社に依頼をすることが多いです。

つまり転職サイトに出されている求人は、そもそも40代を想定して、募集されている求人は少ないのではないでしょうか。

また今までのキャリアで、総合職やゼネラリストとして活躍をしてきた人は、書類上でのマッチングがしづらいため、選考で苦戦することが多くなってしまいます。

転職希望者側でミスマッチ求人ばかりに応募している

転職者側にも問題がある場合があります。

そもそも転職サイトには、40代を想定した求人が少ないにもかかわらず、転職希望者側で20~30代想定の求人ばかりに応募しているのです。

当然ながら選考は厳しいものとなるでしょう。

未経験職は若手のポテンシャル採用にかなわない

募集企業のマネジメント層の心境として、未経験職に40代を優先して採用するということは、まずありえないでしょう。

未経験でこれから育てていくのなら、自身も扱いやすくて、これからの伸びしろが期待できる、若い人材を部下に迎え入れたいと考えるものなのです。

40代の転職を成功させるために必要なこと

では40代の転職活動では、どのようにすれば成功を勝ち取ることができるのでしょうか。

実際に自分で経験してみて、私なりに感じた40代転職が成功に近づく秘訣をまとめると、以下のようなことが挙げられます。

長期戦を踏まえて準備する

40代を想定した求人はそれほど多くありませんので、自身とマッチするものに出会うには、それなりの時間を要する可能性があります。

転職活動が長期にわたることも想定して、活動時間の確保や家族への相談、費用の工面などが必要となるでしょう。

転職の方針を定めて必要なスキルを磨く

募集企業が求める専門性や、マネジメント力が備わっていなければ、転職活動は非常に厳しいものとなります。

自身の今後のキャリア方針をしっかり定めて、日頃からスキルを高めていく必要があります。

当ブログでは、40代の転職活動を有利に進めるために、資格やスキルアップに関する記事もたくさん書いていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

▼資格・スキルアップの記事はこちら▼

転職先が決まるまでいまの会社は辞めない

40代の転職活動は長期間になる可能性があります。

今の会社での収入を確保しながら、転職活動を並行して行うことをおすすめします。

転職エージェントを積極的に利用する

企業側が40代の人材を想定している求人は、転職エージェントを通じて募集していることが多いです。

転職エージェントと募集企業で、関係性が築かれている場合もあり、選考を有利に進められる場合もあります。

40代の転職では、転職エージェントを積極的に活用していきましょう!

▼転職エージェントの記事はこちら▼

発想の転換をしてみる

知人や友人に採用の口利きを相談してみたり、募集が無くても、企業サイトから直接自分を売り込んでみるというような方法もあります。

前職で最初に私の上司だった人は、求人が出されているわけでもないのに、

僕のような人材が必要じゃないですか?

このように会社に売り込んで、入社した経緯を持っていました。

求人の探し方も、発想を広げると様々な方法が思い浮かびますが、これは働き方に関しても、同じことが言えるのではないでしょうか。

  • 時間的制約が少ないホワイトな会社へ転職し、副業で新しい収入を作る
  • これまでの経験を活かして独立やフリーランスも検討する
  • 資産形成ができていれば、派遣やアルバイトで気楽に働いてみる

上記のように、固定観念に縛られずに、目線を変えて自身の可能性も探ってみましょう。

私自身のこれからの転職活動について

前職では、私はゼネラリストとして経験を積んできました。

厳しい40代転職の現実を知ることになり、もっと何かしらの専門性を高めておくべきだったと後悔する時期もありました。

ただ、これからの人生を見すえて改めて考えたときに、サラリーマンとして生きるだけが、全てではないと考えるようになったのです。

転職活動の方針を大きく変えて、じっくりと時間をかけてでも、自分の求める条件に合う求人を探し続けようと思います。

また、実際に自分で転職活動をしてみて、

  • ネット上で書かれている40代の転職に関する記事は、実際に経験している人たちによって書かれたリアルな声がない
  • 孤独で辛い転職活動を続けているのに、情報交換やノウハウを共有したりして、励まし合えるような場所がない

上記のような思いを強く持つようになり、40代の転職を応援するWebメディア(このブログ)を立ち上げようと決意しました。

40代の転職に挑んでいる方にとって、ちょっと元気が出る場所になれば、そんなブログを目指しています。

終わりに

今回は自身の経験にもとづいて、40代転職の厳しい現実についてお話ししてきました。

十分な準備をしたうえで、40代の転職へ挑むべきであるというのが、私が実際に経験してみて思うところです。

ただ、働き方が多様化するなかで、単に「別の会社へ転職する」というやり方だけではなく、さまざまな形で仕事と向き合えるようになりました。

セカンドゴング(このブログ)では、さまざまなライター(おもに40代転職を経験した人たち)によって、40代転職の考え方や働き方を語っています。

ぜひ彼らの仕事観や人生観も知っていただいて、そのうえであなたの「40代の転職」に対する向き合い方を探してみてください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。Twitter:@enjoymylife40