応募書類作成

職務経歴書は在職中から準備するのがオススメ【40代転職向け】

実際に自分で経験してみて、40代転職の現実はやはり厳しいものがあると感じているところです。

ただそれは、20~30代の時と同じようなやり方で転職活動を進めようとしても、なかなか通用しないという意味となります。

自身のキャリアプランを練ったうえで、しっかりと準備をして転職活動にのぞめば、今までの経験が活かせる転職先を見つけることは可能です。

  • 職務経歴書を在職中からしっかりと作りこんでおく
  • 作成した職務経歴書を随時メンテナンスしておく

40代転職を成功させるために、在職中から上記のように職務経歴書を活用して、準備しkておくことをおすすめします。

今回はその必要性についてお話ししていきますね。

この記事はこんな人にオススメです

40代での転職活動を視野に入れている人(まだ活動をしていない人も含めて)

なぜ在職中から職務経歴書の準備が必要?

なぜ在職中から、職務経歴書を準備する必要があるのでしょうか?

それは40代の転職活動が、職務経歴書の出来によって、大きく成否が分かれてしまうからです。

これまでの経験・スキル・実績などをしっかりと盛り込んで、採用担当者にパッと見でインパクトを与えられる内容に仕上がっている必要があります。

  • 成果や実績が具体的に提示されている
  • 自身の強みをしっかりと引き立てている
  • 読みやすくわかりやすい言葉で表現されている

具体的にいうと最低でも、このような要素は押さえておく必要があるのではないでしょうか。

職務経歴書はいわば自身のプレゼン資料であり、レベルの高いものに仕上げるためには、内容の濃さと熱量が欠かせません。

そのためには、これまでの経歴を詳細に網羅した上で、その一つ一つに熱意がこめられていなければならないのです。

たいていの場合は、いざ転職活動をしようという段階になってから、職務経歴書を作成するのではないでしょうか。

しかしこのような過去を思い出して書くやり方では、すでにあったことを忘れていたり、詳細な部分の記憶があいまいになってしまいます。

またその当時は、熱量を持って取り組んでいたことであっても、時間が経つことによって同じ感覚で表現できない場合もあるかもしれません。

40代の転職活動を見すえて準備するなら、職務経歴書は在職中から詳細に内容を書き出して、熱量も込めて日頃からブラッシュアップしておくことが望ましいのです。

転職サイトのWeb職務経歴を利用して職務経歴をメンテナンスしよう

在職中の職務経歴を詳細に書き出すやり方については、転職サイトのWeb職務経歴サービスの活用をおすすめします。

転職サイトは転職時期が決まっていなくても、会員登録できますし登録は無料です。

会員登録すると利用できるWeb職務経歴サービスは、職務経歴書と同じような様式で、膨大な文字数の情報を登録しておくことができます。

Web職務経歴サービスを利用して、自身の職務経歴を詳細に書き出しておき、定期的に追記しながら更新していきましょう。

在職中からWeb職務経歴サービスを利用しておくことは、他にも多くのメリットを得ることができます。

メリットとデメリットをまとめると、以下のようなことが挙げられます。

【メリット】

  • 在職中の経験・スキル・実績などをつぶさに登録して残しておくことができる
  • Web職務経歴に書き記した内容をベースにして、現職の評価面談などにも活用することができる
  • 転職サイトのスカウト機能をONにしておくことで、企業担当者や転職エージェントからのオファーを受けることができる
  • Web職務経歴の内容やオファー状況などから、自身の市場価値を在職中から把握することができる

【デメリット】

  • 現職の会社に閲覧されてしまう危険性がある?
    ⇒Web職務経歴サービスでは、企業名などで閲覧をブロックできる機能がありますので、そちらに現職の会社を登録しておけば問題ありません。

登録をおすすめする転職サイト

Web職務経歴サービスは、ほとんどの転職サイトで利用できますが、40代の転職情報が充実している転職サイトをご紹介します。

転職活動を具体的にはじめるまでは、更新の手間を最小限にするために、どれか一つのサイトに登録しておけば問題ないと思います。

doda(デューダ)

公式サイト: https://doda.jp/

dodaは他のメジャーな転職サイトと比べて、40代の求職者を想定した求人の掲載件数が多い印象です。

40代で転職活動中の私に対しても、採用担当からのスカウトやオファーが一番多かったのがdodaでした。

さらにエージェントサービスも利用すると、転職エージェントからマッチした求人の紹介を受けることができます。

エージェントサービスについても、他と比べてテンポよくコンスタントに紹介してくれるので、一番おすすめしたい転職サイトです。

dodaについては、以下の記事で特徴や実際の利用者の評判をまとめていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

enミドルの転職

公式サイト: https://mid-tenshoku.com/

マネジメントやスペシャリストの経験を活かして、給与水準高めの転職を検討している場合は、enミドルの転職がおすすめです。

一般の転職サイトでは存在しない、ハイクラス求人の提案を受けることができます。

ミドルの転職については、以下の記事で特徴や利用するメリット・デメリットをまとめていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:在職中から職務経歴を準備しよう!

40代の転職は、在職中の早い段階から準備を進めておくことで、成功の確度を上げることができます。

これらの取り組みは転職活動だけにとどまらず、現職のキャリアプランを描く上でも、意味のあるものとなるでしょう。

ひとつの企業に依存しすぎることなく、転職を含めて広い視野を日頃から持っておくことで、心のゆとりが生まれて充実したサラリーマン生活につながります。

紹介した転職サイトのWeb職務経歴やスカウトサービスなどは、求人応募せずに長い期間使用したとしても、一切の費用がかからないので安心です。

ぽけご
ぽけご
メリットしかないので積極的に活用していきましょう。
40代が転職サイトを徹底活用する方法!募集内容の見極め方で決まるリクナビ、doda、エン転職、マイナビ、はたらいく、Indeedなど、世の中に「転職サイト」と呼ばれるものは数多く存在しています。 ...

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。

関連コンテンツ