仕事の悩み

仕事前に吐き気がする原因とは?環境の改善で吐き気を解消しよう

仕事前になぜか吐き気がしてしまう…

このような症状に悩んでいる方はいないでしょうか。

実は仕事前に起こる吐き気は珍しいことではなく、筆者にも経験がありますし、誰にでも起こる可能性があります。

ただ、この吐き気をただの体調不良だと思ってしまって、原因に向き合わずにやり過ごすのはNGです。

心身の状態が悪化して、日常生活を送ることが困難になってしまう可能性もあります。

そこで、今回は仕事前の吐き気について詳しくまとめてみました。

すでに吐き気がして困っている方も、吐き気の原因がわからない方も、解消法などを説明しているのでぜひ参考にしてください。

また無理をしないために、転職することについても記載していますので、こちらも必ず確認しておきましょう。

仕事に行く前の吐き気は「心のSOS」

仕事に行く前に吐き気を感じる、それはあなたの心が「SOS」を出しているから。

心とはとても正直なのもの。そしてその正直さが、体にはっきりと出てしまうのです。

吐き気を放っておくと徐々にひどくなって、神経性胃炎につながってしまったり、重症化する恐れもあります。

ほかにも、うつや自律神経失調症になる危険性も…。

症状がひどくなってからでは遅いので、吐き気を何度も感じるようであれば、早めに心療内科を受診することをおすすめします。

仕事前の吐き気で考えられる3つの原因

ここでは、なぜ仕事の前になると吐き気を感じてしまうのか、考えられる原因を3つ挙げてみました。

まずは原因を知ることが大切なので、当てはまるものがないか、チェックしていきましょう。

人間関係が悪い

人間関係が悪いと、心に大きく影響してしまいます。

職場でのパワハラや仲間はずれなど、悩みを持っていないでしょうか?

直接的なものでなくても、人間関係が良くなくて職場の雰囲気が悪ければ、気持ちにも影響してしまいます。

職場でいじめられている人がいて、巻き込まれたくないと日々怯えているような状況であれば、精神的な負担は大きくなってしまうでしょう。

そして仕事前の吐き気へとつながってしまうのです。

仕事が上手くいっていない

仕事でのミスが多くて、失敗ばかりしていると、気分的にも落ち込んでしまいますよね。

残業や業務量が多すぎても、精神的に負担がかかってしまうでしょう。

仕事がうまくいっていないと感じることで、吐き気につながる可能性はあります。

  • 自分に合わない業務を押し付けられている
  • 仕事で正当な評価がされていない

上記のようなことでも、ストレスになってしまうのです。

プレッシャーを感じ続けることでも、仕事前の吐き気の原因となる可能性があります。

自分でも気がつかないままに、体に悪影響を及ぼしている場合もあるのです。

慣れない緊張感がある

新しい環境やいまの環境に変化が起きれば、いつもとは違う緊張感を持つこともあるでしょう。

異動や転職、海外赴任など、自分の状況が今までとまったく違ってくると、緊張感を覚えることはありますよね。

そして慣れない緊張感が、吐き気へとつながってしまうのです。

慣れるまで時間がかかる場合もありますが、慣れたからといって、吐き気が治るとは限りません。

ちょっとした緊張感が、ときには精神的に大きな負担となってしまう場合もあります。

仕事前の吐き気を解消する4つの方法とは

では仕事前に吐き気を感じたときに、それを解消するための方法を4つご紹介します。

どうすればいいか困ったときのためにも、ぜひ参考にしてください。

リラックスできる環境を作る

リラックスすることは、体にとってとても大切なこと。

どんなことでも良いですから、自分が楽になれる方法で、まずはリラックスしましょう。

リラックスの方法としてよく取り入れられているのが、アロマやマッサージなどですね。

ほかにも音楽や映画鑑賞などでも、リラックスすることができるでしょう。

もっとリフレッシュしたいという場合は、

  • 旅行に行ってみる
  • 友人とお茶をしながらおしゃべりする

このようなこともオススメです。

自分にぴったりのリフレッシュ方法で、リラックスできる環境を作りましょう。

ストレスの根源を排除する

ストレスの原因を排除することも、吐き気の改善につなげることができます。

例えば、職場の人間関係が悪い場合であれば、異動や配置換えを申し出てみましょう。

異動して職場の環境が変われば、精神的な負担も軽くなります。

残業が多くて辛いのなら、定時で帰宅できるように、業務内容の見直しを上司に相談してみましょう。

業務内容が合っていないと感じる場合も、上司に相談してみるか、異動を申し出るなどの対策をおすすめします。

休職して吐き気と向き合う

あまりにもひどいと感じたときは、休職を申し出るようにしましょう。

たかが吐き気だと甘くみてはいけません。

無理をすることで、症状がさらにひどくなることもありますから、まずはしっかりと体を休められるように休職してください。

休職している間に、しっかりと心と身体をリフレッシュさせて、自分の吐き気と向き合えるようにしましょう。

在籍しながら転職活動を始める

休職中でも有給休暇でも、会社に在籍しながらであれば、収入を失う心配はありませんから、転職活動を始めても負担にはなりません。

休職中であれば、たっぷりと時間を取ることができますし、

いまの仕事が自分に合っているのか?

上記について、家族ともじっくり話し合ってみることをおすすめします。

転職するべきなのか、このまま続けるべきなのか迷っている場合も、相談できる窓口なども利用して、第三者に話を聞いてもらってください。

空いている時間をうまく利用して、ムリなく転職活動を進められるようにしましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

転職活動をはじめる時の注意点3つ

仕事前の吐き気が原因で、転職活動をはじめようと考えている場合は、以下の3点に注意してください。

会社への不満は禁物!心証が悪くなる

転職活動をするうえで、退職する理由を面接で話したり、応募書類に記載する機会が出てきます。

その際に、会社への不満を出すことは絶対にNGです。

自分に対するイメージが悪くなってしまい、選考が不利になります。

退職理由を述べる場合は、会社への不満ではなく、ポジティブな理由で語れるようにしてください。

「向上したい」「スキルアップしたい」など、前向きな言葉へ変えるように気をつけましょう。

家族や信頼できる友人に相談しよう

転職活動に焦りは禁物です。焦って転職しようとすると失敗してしまいます。

そしていちど失敗すれば、また焦って転職を繰り返す悪循環となってしまうでしょう。

納得のできる転職を果たすためにも、家族の協力はもちろん、信頼できる友人にも相談してください。

また家族や友人以外にも、就活アドバイザーに転職について相談することもおすすめです。

就活のプロなら、正しく転職へと導いてくれるでしょう。

とくに40代の転職は難易度も上がるので、納得のできるスムーズな転職を果たすためにも、ひとりで抱え込まずに効果的な転職活動を進めましょう。

ブランクを維持できる貯金があるか確認しておく

転職活動がスムーズに進めば、お金に困る心配はないかもしれませんが、そう簡単にうまくできるとは限りません。

だからこそ、貯金はとても大切です。

とくに退職して転職活動を進める場合は、ブランクの期間に生活を維持できる貯金があるか、しっかりと確認しておく必要があります。

40代であれば、生活費だけではなく、住宅ローンや子どもの学費などの心配もあるでしょう。

そういったものすべての維持費を、カバーできるだけの貯金が必要となります。

貯金が十分でないと感じた時には、いまの職場に在籍しながら、転職活動を進めるようにしてください。

お金の面で無理をすることが無いように、計画的な転職活動を心がけましょう。

まとめ:仕事前の吐き気は環境の改善で解消できる

今回は、仕事前に起こる吐き気の原因や、吐き気を解消する方法などについてお話ししました。

仕事で吐き気を感じてしまうなんて…

こんなふうに自分を弱いと、決して思わないでください。

吐き気の原因は、あなたの弱さではなく、周りの環境や状況にあるのです。

自分を責めても余計にひどくなるばかりで、改善に向かうことはないでしょう。

仕事前の吐き気が続くようであれば、まずは医療機関に相談すべきです。

そのまま放っておくと、徐々に悪化してしまい、働くことさえ困難になるかもしれません。

そして状況を改善させるためには、まずは無理をしないこと。

そしていまの環境で改善が難しければ、転職も視野に入れてみましょう。

転職は決して逃げることではありません。状況を改善するひとつの手段でもあります。

ただ年齢が40代を超えてくると、転職が難しくなってくるのも事実です。

  • 転職のアドバイザーに相談する
  • 会社に在籍しながら転職活動をする

このような自分でもできる工夫によって、乗り越えられるようにしてください。

仕事前の吐き気は心のSOSです

まずはしっかりと心の声を受け取って、あなたにとってベストな方法を選び、苦しい状況を改善させていきましょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼
  • doda ※大手から中小まで幅広い。40代は非公開求人が狙い目
  • はたらいく ※地域密着の求人が多い。ひとがら重視の転職サイト
  • リクナビNEXT ※正社員求人が多い。40代の利用者が3割
この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。Twitter:@enjoymylife40