会社に行っても仕事がない…考えられる理由と対処する方法を解説します

会社に行っても仕事がないんだけど…

このように思い悩んでいる方はいませんか?

仕事がないのに給料がもらえるんだったら、楽でいいじゃん!

上記のように言う人もいるかもしれませんが、そんな日々が続くようだと、働くモチベーションはなかなか保てませんよね…

しかも、仕事がない状況が長く続いてしまうと、将来的には窮地に陥ってしまう可能性もあるのです

この記事では、「会社に行っても仕事がない」と悩んでいる方に向けて、

上記について詳しく解説しています。

ぜひ最後までお読みいただき、あなたの悩みを解決するヒントにしてください。

仕事の悩み オススメ記事
目次

会社に行っても仕事がない!考えられる3つの理由とは

なぜ、会社に行ってもあなたに仕事がないのか、その理由を考えたことはありますか?

状況によっては改善できる場合もありますし、逆に改善が難しいケースもあります。

まずは仕事がない理由を考えてみましょう。

会社の景気が悪い

仕事がない理由として、まず考えられるのが会社の景気が悪いこと。

ようするに、あなただけじゃなくて、

会社自体に仕事がない

ということですね。

景気悪化の要因が一時的なものだったら、それほど心配する必要はないでしょう。

しかし、仕事がない状況が何年も続いているのなら、退職を検討した方が良いかもしれません。

企業は業績不振が続くと、人員削減をする可能性が出てきます。

このようなリストラ策は、人件費が安い若手社員を残して、中堅どころをカットするケースが多いのです。

40代で所帯持ちなのに、いきなりリストラにあったら大変ですよね…

急なアクシデントを防ぐには、会社の状況を見極めて、早い段階で転職を視野に入れておくのが得策でしょう。

社員ごとの仕事量の配分バランスが悪い

社員ごとの仕事量の配分バランスが悪く、自分への仕事の割り振りが少ないケースもあります。

この場合の原因は、

  • 会社として組織構成や人員配分に問題がある
  • 仕事の割り振りをする上司の判断に問題がある

上記のように理由はさまざまです。

もし自分の仕事量が少ないと感じたら、仕事量が多い同僚の分をサポートしましょう。

コミュニケーションを取ることで、お互いの関係もよくなりますし、社内の雰囲気も良くなります。

逆に、あなたの仕事量が増えた場合にも、手伝ってもらえるようになりますので、バランスを取りながら業務を分配しましょう。

仕事を与えてもらえない

誰かが意図的に、あなたへの仕事量を減らしている場合もあります。

例えば、上司があなたのことを快く思っておらず、

○○君にはあまり仕事を任せない方がいい

といった指示が出されているのかもしれません。

この場合は、仕事量を減らされてしまう理由が何なのか、まずは考えてみましょう。

  • 仕事のミスが多い
  • 仕事の納品スピードが遅い
  • 仕事のクオリティーが低い

このように自分に問題がある場合は、まずは問題を改善して、完璧な業務を遂行する努力が必要です。

上司があなたの仕事ぶりを認めてくれれば、徐々に仕事量が増えていく可能性もあります。

ただし、あなたの仕事の質に問題があるわけではなく、

個人的に上司から嫌われているんだけど…

どう考えてもパワハラだし…

上記のような場合は、なかなか改善が難しいかもしれません。

もし部署変更などが厳しいようなら、転職することも視野に入れましょう。

「社内失業」の状態を打破するためにできること

会社に行っても仕事がないのが辛い…

このように嘆いているだけでは、なかなか状況は変えられません。

仕事がない状況を打破するために、自ら行動を起こして、仕事を増やす努力をしましょう。

職場の上司や同僚に相談してみる

仕事量が少ないと感じたときは、まずは職場の上司に相談してみましょう。

もうちょっと他の業務も対応できます

もし何か新しい業務があればお手伝いします

こんなふうに積極性を示せば、あなたの職場での印象もよくなりますし、評価が高まるはずです。

上司への相談が難しい場合は、職場の同僚にも相談をしてみて、

  • 同僚の業務量は多くないのか?
  • なにか手伝えることはないか?

ということを聞いてみましょう。

また、あなたの部署では仕事が少なくても、他の部署で仕事量が多いケースもあります。

多方面の話を聞いて、会社への貢献意欲を示すことは悪いことではありません。

新規開拓など新たな取り組みを行う

現状の仕事量が少ないのであれば、新たな取り組みにチャレンジすることを、上司に打診してみてもよいかもしれません。

  • 営業部門なら、新規提携クライアントを探してみる
  • 開発制作部門なら、自社のアプリやウェブサイト、システム開発を行うなど

上記のように、自ら仕事を作り出すことで、仕事量を増やすことができます。

ただし、勝手に行動することはNGです

会社の企業戦略や意図と違う場合は、

余計なことをするんじゃない!

このように非難されてしまうこともあるので、必ず上司に相談してから実行しましょう。

資格の勉強やスクール通いに時間を使う

ただ単に、仕事がないと嘆いているだけでは、自分のスキルアップにつながりません。

今後、会社の売上が大幅に落ちて、リストラや倒産する可能性だってあります。

もしもの事態に備えて、自分のスキルを伸ばす時間を確保しましょう

  • 通信講座で勉強して、TOEICのハイスコアを目指す
  • 養成スクールに通って、資格の取得を目指す

上記のように、転職する場合に活かせるスキルを身につけておくことが重要です

なんの武器も持たずに、40代で急にリストラされてしまうと、転職活動で苦労することになりかねません。

『備えあれば憂いなし』だよ

という考えで、自分のスキルを向上させる時間に当てましょう。

今後のために副業を始めてみる

年功序列や終身雇用の崩壊とともに、いまや「正社員なら安泰」という時代は終わりを告げています。

大企業を中心に、早期退職という名の「40代定年説」が囁かれるほど、雇用情勢に変化が起こっているのです。

このような時代背景のなかで、

「個人で稼げる力」を身につけて、収入源を確保しておく

という考え方は大切であり、万が一の備えにもなります。

会社で仕事がないということは、逆にいうと、

自分自身のために使える時間ならたくさんあるよ

このような状況なのではないでしょうか。

会社の副業規定には注意が必要ですが、新たな収入源を開拓することにチャレンジしてみましょう。

ただし、働き過ぎで身体を壊しては意味がありませんので、フルタイムで働いているのであれば、副業や身体への負担が少ない「在宅ワーク」がおすすめです。

在宅ワークには多様な種類があるため、ぜひ以下の記事を参考にして、自身に合った副業を探してみてください。

不況やパワハラが原因の場合は、転職も検討しよう

仕事がないけど、個人ではどうしようもない…

このように、自分ひとりでは手の打ちようがないという場合もあります。

とくに不況やパワハラなどは、個人で打開するのは難しいことなので、転職を検討した方がよいかもしれません。

40代でもデメリットにならない転職理由とは?

転職活動では、「どんな事情で辞めたのか」ということで、成否に影響してきます。

会社を辞めた理由でデメリットになるものと、デメリットにならないものは以下のとおりです。

転職でデメリットになる転職理由
  • いまの仕事が嫌だったなど、現職への不満
  • 新しいチャレンジをしたい
転職でデメリットならない転職理由
  • 会社の業績悪化など会社都合によるもの
  • 難しい資格への挑戦
  • 家族の介護や看病のため

転職理由が現職への不満など、個人的なネガティブ要因の場合は、どうしても印象が悪くなります。

ただし、パワハラなど自分では解決できないことが理由であれば、伝え方次第では、転職でそこまでデメリットになることはありません。

また、40代の場合は、

転職してスキルアップを目指したいです

新たな仕事に取り組んでみたいです

このようなことを面接で言っても、

面接官

もっと若いうちから行動に移せなかったのですか?

上記のように、マイナスにとらえられてしまう場合があるので、注意が必要です。

不況やパワハラを転職先の面接で伝える方法とは

会社の業績不振やパワハラなどは、転職理由としてマイナス評価にはなりにくい要因です。

しかし、伝え方を間違えると、

面接官

あなたにも原因があったのでは?

このように思われてしまうので注意しましょう。

どのような伝え方が良いのか、事例をご紹介します。

会社の業績悪化が原因の場合

勤めていた会社の売上が落ちて、人員削減を行うことになりました。

私自身は、人員削減の対象になったわけではないのですが、事業縮小で将来への不安を感じ、転職を決意しました。

パワハラが原因の場合

月の残業時間が80時間以上と、適正な業務量を超える日々が続いていました。

上司にも相談しましたが、なかなか改善には至らず、精神的、身体的に疲弊してしまった部分があり、転職を決意しました。

とくにパワハラの場合は、

パワハラを受けていました

上記のような、直接的な表現は避けましょう

パワハラの場合は、第三者から見てパワハラと認定できるものなのか、なかなか判断が難しいのです。

面接官から具体的な質問を受けるまでは、自分からパワハラと伝える必要はありません。

また、「パワハラを受けていた」という発言でも、40代と20代では、受け取る側の意味合いも違います。

とくに40代の場合は、パワハラを受けていたと伝えたところで、

面接官

この人は堪え性が無いのでは?

上記のように、マイナスに受け取られる場合もあります。

「パワハラ」というフレーズを使わずに、オブラートに包んで転職理由を伝えましょう。

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

40代が転職サイトを活用する方法

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークや他の公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣のメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣のメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代の転職活動で押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

これまでの経験を棚卸しして、自身の強みを自己分析する

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

即戦力であると企業側に思ってもらうためには、

私が持っている強みは○○です!

ということをしっかりアピールしなければなりません。

まずは社会人になってからこれまでの、職歴や実績について棚卸しをしてみましょう。

そのうえで、自身の強みを自己分析しておく必要があります

最初にしっかり自己分析をしておくことで、求人を選ぶ際の手がかりや、応募書類の作成でも役立つはずです。

転職への”動機づけ”を明確にしよう

転職準備をしっかり進めることに合わせて、転職に対する”動機づけ”を明確にしておくことが重要です

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

いまの会社であまり仕事がないので…

上記のような回答では、さすがに選考を通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

40代の転職が決まらない理由を対策する

転職先がなかなか決まらずに失敗してしまう人は、40代の転職が決まらない理由を把握しておらず、しっかり対策できていないことが多いです。

以下の5つの決まらない理由を押さえて、転職活動を進めるようにしましょう。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

それぞれの対策については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ:会社に行っても仕事がない時にするべきこと

今回は、会社に行っても仕事がない場合について、考えられる理由と対策を詳しく解説しました。

まずは今の会社で、本当に改善が難しいのか行動に移してみましょう。

しっかり確認してから判断しても遅くありません。

その結果、自分では改善が難しいのであれば、転職を検討してみることをおすすめします。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。

目次
閉じる