転職成功の近道!40代が支持するエージェントはこちら

おすすめの退職代行サービス7選|57人の口コミ評価でランキング

退職代行ってたくさんあるけど、どこを選べばいいんだろう?

このような悩みを抱えていませんか?

比較的新しいサービスですから、違いなども分かりにくく、慎重に選びたい気持ちになりますよね。

そこで当サイトでは、実際に退職代行を利用した方を対象に、利用者アンケートを実施。

回答いただいた57人のアンケート結果にもとづいて、おすすめの退職代行サービスをランキング形式で集計した結果は以下のとおりです。

◆おすすめの退職代行ランキング7選

スクロールできます
サービス名得票数(支持率)料金(税込)対応特徴公式ページ
退職代行SARABA10票(17.2%)25,000円労働組合24時間365日相談OK。即日の退職連絡も可能詳細をみる
退職代行ニコイチ8票(13.8%)27,000円一般企業相談は何度でも無料。電子マネーでの決済もOK詳細をみる
退職代行Jobs6票(10.3%)27,000円一般企業+労働組合適正なサービス運営で安心。交渉ごとも可能詳細をみる
退職代行EXIT6票(10.3%)50,000円一般企業転職サービスの併用でキャッシュバックあり詳細をみる
退職代行ガーディアン4票(6.9%)29,800円労働組合労働組合だから会社との交渉ごともOK詳細をみる
弁護士法人みやび2票(3.4%)55,000円弁護士弁護士対応の安心感。退職代行実績も十分詳細をみる
弁護士による退職代行サービス番外71,500円弁護士費用は高いが専門性No.1。全てをお任せできる詳細をみる

上記のなかから自分に合いそうなものを選び、2~3社ほどに無料相談をしてみて、あなたの悩みにしっかり向き合ってくれる代行業者を見極めましょう。

失敗しないためのポイントはこちら

この記事では、おすすめ退職代行サービスの各社ごとの特徴や、利用者の口コミ評価などをわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

おすすめの退職代行サービス7選

退職代行のサービスは、今ではかなりの数が存在していますが、安心して利用できる代行業者を選ぶためには、以下の4つの基準で見極めることが重要です。

退職代行選びの4つの基準
  • 対応力
    会社側との交渉ごとや、退職に関わる手続き全般に対応してもらえるか?
  • 信頼性
    信頼のおける事業者であり、サービス品質に安心感があるか?
  • 実績
    退職代行サービスの実績は十分か?
  • コストパフォーマンス
    サービス内容と比較して、適正な料金かどうか?

ここでは、上記の基準でランキング上位のサービスを比較して、各社の特徴を詳しくご紹介します。

退職代行SARABA|24時間365日いつでも相談OK。即日の退職連絡も可能

退職代行SARABA公式ページ


◆退職代行SARABAの基本情報

運営会社株式会社スムリエ/退職代行SARABAユニオン
設立2019年8月
無料相談初回相談無料
問合せ方法電話・問合せフォーム・LINE
料金(税込)25,000円
支払い方法銀行振込、クレジットカード

◆退職代行SARABAの特徴

労働組合運営のため会社との交渉も可能。
退職できない場合は返金保証がある
24時間365日いつでも相談に乗ってもらえる

弁護士ではないので、代理人としてすべてに対応できるわけではない(訴訟対応は不可)

◆退職代行SARABAの口コミ

満足度:
価格がそこまで高くなかったこと、労働組合が作ったサービスだったこと。
こちらから連絡したが夜中の3時過ぎだったと思うが、それでもスピーディーに対応してくれて、当日に退職することができた。
あと、行政書士が監修にあたっている退職届のフォーマットをもらえたので、書類などの用意がスムーズにできた。
悪い点は特に見当たらない。
(神奈川県在住 44歳 男性)


退職代行SARABA は、株式会社スムリエが運営する退職代行サービスです。

株式会社スムリエは不動産の仲介業をメインとする会社。

退職代行SARABAのサイト運営を担当しているだけで、実際の退職代行業務は退職代行SARABAユニオン(労働組合)がおこないます。

サービスの開始当初は、一般企業が運営する退職代行サービスだったのですが、

  • 会社との交渉業務の対応ができない

というデメリットをカバーするために、労働組合運営の退職代行サービスにリニューアルしました。

退職代行で会社との交渉ができるように、労働組合に組織変更する業者が相次いでおり、

労働組合の本来の目的から外れているのではないか?

このように、適合性を問題視する声があるのも事実です。

将来的にサービスの在り方が変わっていく可能性はありますが、現時点で利用を見送るべきほどの懸念事項ではありません。

退職代行を利用するメリットと見比べて、総合的に判断することをおすすめします。

退職代行SARABAの最大のウリは、

  • 24時間365日いつでも相談できる
  • 退職連絡の即日実行
  • 折り返し電話対応などが迅速

このような対応をしてもらえることでしょう。

臨機応変に対応してくれて、追加料金も発生しないのは良心的ですよね。

しかも最終的に支払う費用も、雇用形態に関わらず一律25,000円という料金であり、退職代行サービスのなかでも比較的低価格です。

万が一退職できないときの返金保証もついていますので、あなたの悩みに対してどのような対応をしてもらえるのか、ぜひいちど相談してみましょう。

初回相談は無料。LINEでもOK

退職代行SARABA公式ページはこちら

退職代行ニコイチ|相談は何度でも無料。電子マネーでの決済もOK

退職代行ニコイチ公式ページ


◆退職代行ニコイチの基本情報

運営会社株式会社ニコイチ
設立2016年7月
無料相談初回相談無料(LINE無料相談あり)
問合せ方法電話・問合せフォーム・LINE
料金(税込)27,000円
支払い方法銀行振込、クレジットカード、電子マネー(Apple Pay・Google Pay・PayPay)

◆退職代行ニコイチの特徴

老舗のサービスなので対応に安心感がある
何度でも無料で相談に乗ってもらえる
電子マネーでの決済が可能

一般企業の運営なので対応はあくまで代行のみ。会社との交渉ごとは対応できない

◆退職代行ニコイチの口コミ

満足度:
ネットで調べた時に上位に出てきたので、見ると他の会社よりも値段が安く人気のようでした。即日対応して下さるようでしたので、とても魅力を感じました。

とてもスムーズに対応してくださり、「悩みがあるかもしれませんが、サポートさせて頂きますので何も考えなくて大丈夫ですよ」と優しく声をかけて下さいました。
不安と恐怖が強かったのですが、「常識外れなことをして」と怒られるかもしれないという恐怖も無くなりました。
(愛知県在住 34歳 女性 営業職)


退職代行ニコイチは、株式会社ニコイチが運営する退職代行サービス。

株式会社ニコイチでは、電話代行を中心とした業務を2004年からおこなってきました。

退職代行サービスを始めた時期も2012年頃とかなり早く、業界では老舗といえる企業です。

電話代行としての実績は十分ですし、退職代行としてのノウハウも蓄積されていますから、

退職成功率100%継続中!

とサイト上で豪語しているのもうなずけますね。

料金は27,000円と低価格ですが、

  • 24時間365日、何度でも無料相談可能
  • 即日対応可能。2ヶ月間は無制限で会社との電話を代行
  • 退職できない場合の全額返金保証、追加費用は一切ナシ

上記のように、充実したラインナップなので安心です。

ただし、あくまでも一般企業が運営する代行業者なので、

会社との交渉ごとは対応できません

というスタンスであることがデメリットでしょう。

退職に際して、会社側とのトラブルが予見される場合は、別のサービスを検討したほうが無難かもしれません。

相談は何度でも無料。即日対応OK

退職代行ニコイチ公式ページはこちら

退職代行Jobs|しっかりとした企業が充実のサポート。会社との交渉も可能

退職代行Jobs公式ページ


◆退職代行Jobsの基本情報

運営会社株式会社アレス合同労働組合ユニオンジャパン
設立2021年1月
無料相談初回相談無料
問合せ方法電話・問合せフォーム・LINE
料金(税込)シンプルプラン:27,000円(退職代行のみ)
安心パック:29,000円(退職代行+労働組合)
労働組合に後から加入:新規加入金2,000円+組合費2,000円
支払い方法銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済、paidy(翌月後払い)

◆退職代行Jobsの特徴

顧問弁護士の監修により、業務品質のレベルが高い
会社とトラブルになった場合は、労働組合と連携して交渉してもらえる※オプション

弁護士が対応するわけではないので、代理人としてすべてに対応できるわけではない(訴訟対応は不可)

◆退職代行Jobsの口コミ

満足度:
ネットでさまざまな退職代行サービスを調べたところ、退職成功率がいちばん良かったですし、セラピストの方がおられカウンセリングも受けれるので、精神的にきていた自分には合っていると感じ選びました。

弁護士の方が監修をされているので安心感がありましたし、カウンセリングも無料で受けれたのでとても良かったです。
また、書類テンプレートが貰えるので手続きも非常に簡単でしたし、説明も分かりやすかったので迷うことがなく大変スムーズで良かったです。
残念だったと思うことはありませんでしたし、アフターフォローやサポートも手厚く満足できました。
(広島県在住 38歳 男性 建設業)


退職代行Jobsは、株式会社アイリスが立ち上げた退職代行サービスです。

株式会社アイリスでは、

  • 東京・大阪を中心に12店舗を持つ「訪問鍼灸マッサージ事業」
  • 障がい者の共生を支える「グループホーム事業」

といった事業を展開しており、退職代行サービスは2019年5月から開始しました。

退職代行Jobsサービス開始のプレスリリース

運営元がしっかりした企業であるということが、退職代行Jobsの利用をおすすめする理由の一つです。

サービス内容も顧問弁護士監修のもとに、適正適法な業務をおこなうことが徹底されており、

  • 退職届のテンプレート(顧問弁護士監修)
  • 業務引継書のテンプレート
  • セラピストによる無料カウンセリング

といったメニューまで用意されています。

また、2021年より運営会社を株式会社アレスに移行し、合同労働組合ユニオンジャパンと業務提携して、新しいサービスの提供を開始しました。

3月1日スタート!!「退職代行Jobs」と「合同労働組合ユニオンジャパン」が提供する新サービス!!

今までは「会社との交渉業務の対応ができない」という点が、退職Jobsを利用する唯一のデメリットだったのですが、この業務提携により、トラブル時は労働組合で交渉が可能となったのです。

会社からすると、いきなり弁護士や労働組合から連絡が入ると身構えてしまうものですが、退職代行Jobsなら以下のような流れで、円満に手続きを進めることができます。

退職代行Jobsによる退職交渉の流れ

【STEP1】退職の連絡

  1. 退職代行Jobsから退職意向を連絡
  2. スムーズに話が進めば、会社を刺激せずにそのまま円満退職
会社との交渉が必要な場合は

【STEP2】労働組合による交渉

  1. 合同労働組合ユニオンジャパンに加入
  2. 退職代行Jobsから合同労働組合ユニオンジャパンにバトンタッチ
  3. 団体交渉申入書を会社へ送付して交渉開始

しっかりとした企業が充実のサポートを提供しており、

ぽけご

サービスレベルは抜きん出て高いのではないか?

という印象すらあります。

あなたの悩みに対して、退職代行Jobsではどういった対応をしてもらえるのか、まずは無料相談で確認してみましょう。

初回相談は無料。LINEでもOK

退職代行Jobs公式ページはこちら

退職代行EXIT|転職サービスの併用でキャッシュバックあり

退職代行EXIT公式ページ


◆退職代行EXITの基本情報

運営会社EXIT株式会社
設立2018年8月
無料相談初回相談無料
問合せ方法電話・問合せフォーム・LINE
料金(税込)正社員・契約社員:50,000円
アルバイト・パート:30,000円
支払い方法銀行振込、クレジットカード

◆退職代行EXITの特徴

業界のパイオニアとして実績がある
指定の転職エージェントを利用して転職すると、代行費用を全額キャッシュバックしてもらえる(条件あり)

一般企業の運営なので対応はあくまで代行のみ。会社との交渉ごとは対応できない
利用料金は高め

◆退職代行EXITの口コミ

満足度:
有名で知人からお勧めされました。金額振り込み後からこちらですることも特にないから安心です。

良かった点に関しましては、正社員、契約社員、アルバイトで金額が設定されており、金額振り込み後のサービスが安心できると感じました。
転職サポートのオプションもあるので、いろいろと手伝っていただけるので心強いサービスだと思いました。
(北海道在住 30歳 男性 販売職)


退職代行EXITは、EXIT株式会社が運営する退職代行サービス。

初めての退職代行専門のサービスとして、2017年に事業をスタートしました。

世間では、まだ退職代行についてまったく認知されていなかったため、数多くのメディアなどで取りあげられ、「退職代行」というフレーズが知れ渡るきっかけとなったのです。

業界のパイオニアとして実績も十分ですし、

退職代行といえば、EXITの名前をよく聞くので…

このような理由で利用する方も多くなっています。

有名であるからこそなのですが、サービスの料金については、

  • 正社員・契約社員:50,000円
  • パート・アルバイト:30,000円

上記のようにかなり強気の設定です。

ただし、EXIT指定の転職エージェントを利用して転職すると、代行費用を全額キャッシュバックしてくれる、「転職サポート」サービスを実施しています。

デメリットとしては、一般企業が運営する退職代行サービスなので、

  • あくまで退職を伝える代行業務のみで、会社側との交渉はしてくれない

という点でしょう。

退職に際して、会社側とのトラブルが予見される場合は、交渉対応が可能な弁護士や労働組合が運営するサービスを検討することをおすすめします。

初回相談は無料。LINEでもOK

退職代行EXIT公式サイトはこちら

退職代行ガーディアン|労働組合だから会社との交渉ごともOK

退職代行ガーディアン公式ページ


◆退職代行ガーディアンの基本情報

運営会社東京労働経済組合(労働組合)
設立1999年9月
無料相談初回相談無料
問合せ方法電話・問合せフォーム・LINE
料金(税込)29,800円
支払い方法銀行振込、クレジットカード

◆退職代行ガーディアンの特徴

労働組合法人の運営なので、代理で会社側との交渉対応ができる
交渉対応にも追加費用がかからない

弁護士ではないので、代理人としてすべてに対応できるわけではない(訴訟対応は不可)
新しいサービスのため、まだ実績が少なく未知数の面がある

◆退職代行ガーディアンの口コミ

満足度:
私が調べた限り、ネット上での口コミや評判が最も良かったからです。

良かった点は、懸念していた面倒な引き継ぎ作業などを私がすることなく、無事に退職できたことです。金額も想定内だったので安心できました。
残念だった点は、意外と転職活動に専念できなかったことです。
(奈良県在住 34歳 男性 営業職)


退職代行ガーディアンは、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。

労働組合は憲法により、雇用者側と交渉する権利が認められているので、退職代行の際に会社との交渉を行うことができます。

ただし交渉可能といっても、会社側とトラブルになって訴訟という事態になれば、労働組合だけでは対応ができません。

弁護士に訴訟対応を依頼する必要があります。

もちろん訴訟まで行くケースは稀ですから、

退職代行とともに、有休消化などの交渉ごとにも対応してほしい

でも弁護士に依頼するのは、費用的に気が引ける…

という方であれば、退職代行ガーディアンに相談するのがおすすめです。

注意しておきたい点として、退職代行サービスの開始が2019年12月~とまだ実績が十分ではないこと。

あなたの悩みに向き合って、しっかり対応してもらえるのかを、無料相談をするなかで見極めましょう。

初回相談は無料。LINEでもOK

退職代行ガーディアン公式ページはこちら

弁護士法人みやび|弁護士対応の安心感!実績十分の代行サービス

弁護士法人みやびの退職代行サービス


◆弁護士法人みやびの基本情報

運営会社弁護士法人みやび
設立2009年1月
無料相談初回相談無料
問合せ方法電話・問合せフォーム・LINE
料金(税込)55,000円(郵送料は別途実費)
支払い方法銀行振込

◆弁護士法人みやびの特徴

弁護士が運営するサービスなので、会社に対して交渉や請求、万一の訴訟にも対応できる
退職代行サービスとしての実績が豊富

支払い方法が銀行振込だけに限られている

◆弁護士法人みやびの口コミ

満足度:
何といっても弁護士の方々がやっておられる事務所だからです。退職となると法律関係でもしなければいけないこと等出てくると思いますが、そういう面でいえば、その道の方がやっておられるところが安心だろうなと思い、お願いしました。

良かった点はやはり弁護士の方なので理路整然とされていて、退職の後ろめたさも払拭させて下さる点です。「辞めることに違法性はない、むしろ会社側に違法性があるならそこを追求できますよ」という力強いアドバイスも頂き安心して退職することができました。
残念だった点は特にありませんが、強いて言うなら値段がやはりかかった点ですね。業界の中では高い方だと思います。もちろん仕方ないとは思います。
(埼玉県在住 40歳 男性)


弁護士法人みやび(旧:汐留パートナーズ法律事務所)が運営する退職代行サービスです。

弁護士が代理人として退職代行にあたってくれますので、会社に対して交渉や請求はもちろん、万一の訴訟にも対応してくれます。

会社との交渉や請求などが発生した場合は、基本料金とは別に以下のオプション費用が必要です。

◆弁護士みやびのオプション費用

有給休暇の請求無料(基本料金に含まれる)
未払い給与・残業代の請求回収金額の20%(成功報酬)
退職金の請求回収金額の20%(成功報酬)
パワハラ慰謝料の請求回収金額の20%(成功報酬)

ただし費用がかかるのは、企業側が要求に応じずに、弁護士が交渉をおこなった場合のみ

要求を企業側に伝達してもらうだけなら、単なる代行業務なので基本料金の範囲内です。

法的な根拠をもって、正当な権利を弁護士が主張するわけですから、実際にオプション費用が発生するケースは稀でしょう。

デメリットとしては、

  • 支払い方法が銀行振込だけしかない

という点です。

入金確認後の正式対応となるので、急ぎでの対応を希望する場合は、時間帯によっては難しくなります。

料金も55,000円と決して安くはありません。

ただし、弁護士対応の安心感十分な実績を加味すれば、コストパフォーマンス的にもおすすめの退職代行サービスといえるでしょう。

初回相談は無料。LINEでもOK

弁護士法人みやびの退職代行サービス公式ページはこちら

弁護士による退職代行サービス|専門性で選ぶなら。すべてをお任せしたい人に

退職代行|センチュリー法律事務所

弁護士による退職代行サービス


◆「弁護士による退職代行サービス」の基本情報

運営会社弁護士小澤亜季子(センチュリー法律事務所)
設立2018年8月
無料相談初回相談30分無料
問合せ方法電話・問合せフォーム・LINE
料金(税込)71,500円(事務手数料、内容証明郵便費含む)
支払い方法現金払い、銀行振込、クレジットカード

◆「弁護士による退職代行サービス」の特徴

退職代行に特化した弁護士なので、専門性が高く実績が豊富
オプションサービスが充実しており、退職手続きの全般をお任せできる

他のサービスと比べると、費用がかなり高い


退職代行「辞める」を許さない職場の真実』の著者である、小澤亜季子弁護士が運営する退職代行サービスです。

弁護士による退職代行のパイオニアといえる方なので、退職トラブルにおける交渉力や実績も申し分ありません。

社会保険労務士の有資格者でもあるため、会社とのさまざまな交渉ごとはもちろん、

  • 傷病手当金の申請
  • 失業保険の申請

といったことまでサポートしてもらえます。

※いずれもオプションサービス。別途費用がかかります

ただし、他の退職代行サービスと比べると、価格設定はかなり高めです。

  • 退職するためには、会社との様々な交渉ごとは避けられそうにない
  • 退職手続き全般における、専門的なサポートをお願いしたい

上記に当てはまり、価格よりも確実性・安心感を重視したい方におすすめのサービスといえるでしょう。

初回相談は無料。LINEでもOK

弁護士による退職代行サービス公式サイトはこちら

退職代行はどんな人たちが利用している?

「退職代行」という言葉を聞いたときに、

若い人しか使っていないサービスなのでは?

こんなふうに思っている方が多いのかもしれませんね。

じつは筆者も、以前はそう思っていました。

ところが、退職代行サービスの運営者による実際のデータを見てみると、

退職代行は、年齢や会社規模を問わず、幅広く利用されている

ということが明らかになっています。

ここでは、退職代行サービスを運営する著者が執筆した、以下の書籍のなかで紹介されているデータにもとづいて、退職代行のリアルを確認してみましょう。

30代以上の利用者が全体の58%(40代以上は28%)

『退職代行「辞める」を許さない職場の真実』のデータによると、著者が運営している退職代行サービスにおいて、利用者の性別と年齢の分布は以下のとおりです。

◆利用者の性別

男性67%
女性30%
不明3%
出典:退職代行「辞める」を許さない職場の真実

◆利用者の年齢

10代1%
20代28%
30代30%
40代21%
50代以上7%
不明13%
出典:退職代行「辞める」を許さない職場の真実

利用者の2/3が男性であり、30代以上の利用者が全体の6割近くを占めています。

退職代行は若者だけのサービスではなく、

働く年代のなかで、幅広く利用されているサービスである

ということが、データから読み取れるのです。

3年以上勤めた人が全体の34%

利用者の雇用形態と勤続年数については、以下のようなデータとなっています。

◆利用者の雇用形態

正社員75%
非正規社員10%
その他・不明15%
出典:退職代行「辞める」を許さない職場の真実

◆利用者の勤続年数

1年以下27%
1年超~3年以下21%
3年超~10年以下23%
10年超11%
不明18%
出典:退職代行「辞める」を許さない職場の真実

大半は正社員として働く人ですが、退職代行を利用しているのは、入社して間もない人ばかりではありません。

勤め出してから3年超が経過している人が、全体の34%を占めています

  • 会社のなかで活躍している
  • 管理職として責任を担っている

こういった人たちが、会社の強引な引き止めにあって、退職代行を利用している現状があるのです。

中小企業から大企業まで、まんべんなく利用されている

利用者が退職を希望している会社の規模については、以下のようなデータとなっています。

◆退職を希望する会社の規模(従業員数)

100人以下36%
101~1000人以下32%
1001人以上21%
不明11%
出典:退職代行「辞める」を許さない職場の真実

中小企業から大企業まで、会社規模に関係なく、

退職時にトラブルに遭遇する人が存在している

ということがいえるでしょう。

退職代行を利用する際の流れ

退職代行を利用する際の流れ

実際に退職代行サービスに依頼すると、どのような流れで退職に至るのでしょうか?

ここでは、利用する際の流れについて、詳しくみていきましょう。

1.退職代行サービスへ相談する

まずは退職代行業者へ相談することから始まります。

おもな相談方法は以下の3つです。

  • メール(問い合わせフォーム)
  • LINE
  • 電話

自分が今どんな状況なのかを詳しく伝えて、退職が可能か相談してみましょう。

やり取りをしながら確認を進めたり、時間を調整して別途で打ち合わせを行うなど、各社によって対応に違いがあります。

聞かれることは以下のような内容なので、事前に整理しておきましょう。

退職代行業者から質問される内容
  • 勤務先の会社名、住所、電話番号、代表者名
  • 勤務先での雇用形態、役職
  • 入社年月日
  • 退職希望日
  • 会社から貸与品があるか?
  • 会社に私物を置いているか?
  • 雇用契約書の有無
  • 有給休暇の有無、有休消化を希望するか?
  • 未払い給与・残業代の有無
  • 退職金の有無

なお、相談の段階では無料で対応してくれます

いくつかのサービスに相談してみて、費用や対応の質などを判断してから、

自分の要望を満たす対応ができる業者か?

という観点で選んで、正式申込みすることをおすすめします。

2.依頼先を決定して、契約を結んで料金を支払う

依頼する退職代行サービスを決めたら、正式な契約を結んで料金を支払います。

弁護士に依頼する場合は、書面での契約が定められているため、後日送られてくる書類への署名と捺印が必要です。

代金の支払いについては、

  • 現金支払い(銀行振込)
  • クレジットカード払い

上記のどちらかというサービスが多いですが、弁護士の退職代行の場合は、「現金振込みのみ」という場合もあります。

3.退職代行業者が会社に退職の連絡を入れる

退職代行業者との契約が済んだら、事前に打ち合わせた希望内容にもとづいて、代行業者が会社に退職の連絡をしてくれます。

ただ、退職理由や退職希望時期などを伝えて、会社に退職の意思を伝達した際に、

本人と直接話がしたいのですが…」

このような要望を会社側が出してくるケースがあります。

しかしこの場合でも、会社からの電話に出る必要はありません

あくまでも、退職手続きに関する会社とのやりとりは、すべて退職代行業者がおこなってくれます。

ただし、弁護士以外の退職代行では、本人しかできない手続きもあります。

たとえば、会社から退職届の提出を求められた場合は、自身で作成して会社へ郵送しなければなりません。

その点、弁護士に退職代行を依頼している場合は、代理人として退職通知を会社に郵送してくれます

法的な根拠にもとづいて、すべての手続きをお任せできる

というのが、弁護士に依頼するメリットといえるでしょう。

4.退職が承諾された後は、残務処理をおこなう

会社側が退職を承諾して退職日が決定すると、

  • 業務の引き継ぎをどうするか?
  • 会社からの貸与品の返却をどうするか?
  • 会社に置いている私物をどうするか?

といった内容について、会社と調整をおこなって残務処理を進めます。

その間のすべてのやり取りは、代行業者が自身の意向を会社側へ伝達してくれるので、直接電話をしたり、出社したりする必要はありません。

退職手続きは会社側でも並行して進められ、

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証

上記など、退職後に必要となる書類を受け取ります。

必要書類は郵送で自宅に送るように、退職代行業者が伝えてくれますから、会社に行って手続きをおこなう必要はありません。

会社とトラブルになった場合はどうなる?

会社側が何らかの理由をつけて退職を拒否したり、残務処理で折り合いがつかなかった場合はどうなるのでしょうか?

じつは弁護士以外の退職代行業者は、会社側と労働問題に関する交渉をおこなうことはできません

これは弁護士法により、弁護士以外の者が報酬を得る目的で交渉をおこなうことを禁じているからです。

非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。

ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

出典:弁護士法第72条

どのような退職代行業者でも、あなたが退職するという意向を会社へ伝達することはできます。

しかし、会社側がその意向を拒否する事態になれば、

弁護士以外の代行業者では対応ができなくなる可能性がある

ということです。

もし会社側とトラブルになって、

私どもでは対応できません

という事態になってしまった場合は、あなた自身が会社へ出社するなどして、自分で対応するしかありません

実際にネット上では、そういったトラブルのケースも見かけます。

こちらの方は退職代行サービスを使いながらも、結局は自分で会社に出社することになったようです。

事情については詳しく書かれていませんが、

退職代行はお金の無駄だった…

と後悔しているので、おそらく退職代行業者がお手上げになってしまったのでしょう。

この例のように、退職代行業者を利用したからといって、100%うまくいくとはかぎりません

何らかのトラブルや交渉ごとが発生する可能性がある

と予見される場合は、弁護士に退職代行を依頼することをおすすめします。

退職代行で失敗しないために、押さえておきたい3つのポイント

退職代行を利用する前に、押さえておきたい3つのポイント

ここでは、退職代行を利用するうえで失敗しないために、押さえておくべき3つのポイントをご紹介します。

費用をかけてまで、退職代行を利用するべきなのか考える

そもそもの話ですが、

正社員は退職を申し出れば、2週間後に辞められる

ということが、民法で定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

出典:民法第627条

従業員から退職の申し出があれば、会社は退職を認めるしかないというのが大原則です。

就業規則などで別のルールを定めていたとしても、法的な根拠が最優先されるということを、まともな会社であれば理解しています。

書籍『退職代行「辞める」を許さない職場の真実』のなかでも、退職代行の依頼を受けて実際に手続きを進めると、

拍子抜けするくらい事務的に、なんのトラブルもなく退職が完了しました

というケースがあるようです。

退職代行を依頼するには、3~5万円とそれなりのコストがかかります。

「案ずるより産むが易し」ということもあるので、

本当にお金を払ってでも、退職代行を利用した方がいいのだろうか?

ということは、今いちど自問自答してみましょう。

会社に対して、交渉ごとが発生しそうか整理する

退職代行サービスを選ぶうえで、

  1. 弁護士に依頼するか?
  2. 非弁業者に依頼するか?

というのは、いちばん悩んでしまうポイントでしょう。

弁護士の退職代行サービスに依頼すれば、会社側とトラブルがあっても代理人として交渉してくれるので、安心感があるのはいうまでもありません。

ただし、そのぶん費用が割高になってしまうデメリットがあります。

もしコストを優先して、弁護士ではない退職代行業者への依頼を考えるのであれば、以下のポイントについて必ず整理しておきましょう。

依頼する前に整理しておきたいこと
  • 退職を阻むのは、上司などの特定の人物によるもので、職場の他の人が窓口になれば、退職手続きはスムーズに進められるか?
  • 引き継ぎのやり方などで、会社側とトラブルになる可能性は無いか?
  • 給与や残業代の未払いや有給休暇の消化、退職金についてなど、会社側と交渉が必要な事項は存在しないか?

上記のいずれかの要素で、スムーズに進められない可能性があるのであれば、弁護士や労働組合へ退職代行を依頼することをおすすめします。

無料相談で、自身の悩みを解決できる業者を見定める

退職に対する悩み、抱えている問題点は人それぞれです。

退職代行サービスの各社ごとの特徴をふまえて、

自身の悩みを、きちんと解決してもらえるのか?

ということを、無料相談でしっかり確認してください。

ご紹介したおすすめの退職代行サービスのなかから、3社ほどに無料相談を送ってみて、あなたの悩みにしっかり向き合ってくれる代行業者を選びましょう。

まとめ:ヤバい会社を相手にして消耗する必要はない!退職代行で手続きを進めよう

今回は、退職代行という新しいサービスについて、

  • 利用者が支持するおすすめの退職代行サービス7選
  • 退職代行はどんな人たちが利用している?
  • 退職代行を利用する際の流れ
  • 失敗しないために押さえておきたい3つのポイント

といったことをお話ししてきました。

会社で働くということに対しては、

正社員は退職を申し出れば、2週間後に辞められる

ということが民法で定められており、本来は申し出れば無条件で辞められます

法によって認められている権利ですから、何かが辞めることを阻止していたとしても、あなたが我慢したり泣き寝入りする必要はありません

もし自分だけで退職できそうにないのなら、退職代行を利用して状況を打破しましょう。

退職代行を依頼するには費用がかかりますが、どのサービスでも、初回の相談は無料で対応してもらえます。

いちど悩んでいることを相談してみませんか?

いざとなったらなんとかなるな…

と知っているだけでも、少しは気持ちが楽になるものです。

あなたの命と健康、そして大切な家族や友人のことを、何よりも最優先に考えましょう。

おすすめの退職代行サービス7選

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。

目次
閉じる