資格・スキルアップ

ビルメン4点セットで転職は有利になる?待遇や取るべき順番を解説します

ビルメンテナンス業界へ転職を考えているなら、「ビルメン4点セット」の取得を検討すべきでしょう。

これらの4つからなるビルメン4点セットは、いずれも信頼の国家資格です。

業界での安定した需要や長期雇用が見込めるほか、資格を取ることでキャリアアップも期待できます。

この記事では、転職にあたってビルメン4点セットを取ることのメリットや年収、資格の優先順位などについて、詳しく解説しています。

ビルメン4点セットとは?

ビルメンテナンスでは、電気や空調、テナントにおける設備・衛生管理など、幅広い知識が求められます。

ビルメン4点セットとは、そのビルメンテナンス業界で活躍するために必要となる、基本的な4つの資格の総称です。

ここではまず、ビルメン4点セットのそれぞれの資格について確認していきましょう。

第三種冷凍機械責任者

冷凍機械責任者とは、高圧ガス保安法に基づいて、高圧ガスを使用する冷凍機械の保守・点検がおもな業務です。

自身が設備管理を担うほかでも、無資格者が冷凍機械を扱う際の監督業務も行うことができます。

冷凍機械責任者には第一種から第三種まであり、ビルメン4点セットに含まれているのは、初級資格である「第三種冷凍機械責任者」です。

近年では、扱うのに資格を必要としない、ユニット型設備も増えつつあります。

ただ、実際に働くとなると危険を伴う業務ですから、必要な知識を得るという意味でも、資格取得は大きな意味を持つのです。

試験は年一回の実施で、学科と技能試験から構成されています。

ビルメン4点セットのなかでは、いちばん難易度が高い資格といえるでしょう。

二級ボイラー技士

特級・一級・二級の3つからなるボイラー技士とは、水や蒸気を利用して熱を発生させる、ボイラー機器の点検やメンテナンスをおこなう仕事です。

身近なところでは家庭用給湯器、またホテルや施設の空調機器の保守管理もおこないます。

他のビルメン資格とは違って、階級により扱える機器の制限がありません。

二級ボイラー技士の資格を取れば、さまざまな現場で活躍することができるでしょう。

試験は安全衛生技術センターで毎月1~2回実施されています。

受験資格に年齢や経験の有無は問われませんので、誰でも取得を目指すことができる資格です。

ただし、免状を得るためには学科試験をパスするほか、ボイラー実技講習の受講が義務付けられています。

二級ボイラー技士はビルメン資格のなかでは、危険物乙種四類と並び、難易度は低い資格といえるでしょう。

第二種電気工事士

冷凍機械責任者の次に、難易度が高いとされているのが、第二種電気工事士の資格です。

電気工事士は、取り扱う受電設備の出力規模により、一級と二級に分かれています。

住宅や店舗などで、600ボルト規格以下の電気設備を扱えるのが、第二種電気工事士です。

第一種電気工事士であれば、大型施設や工場など、最大電力500kw未満の受電設備までを扱えます。

身近なところでは、家庭用コンセントやエアコンの取り付けなども、二級電気工事士が取り扱う仕事です。

国家試験は、平成30年より年2回となったため、取得できるチャンスが増えました。

学科試験を合格した後に、配線作業を行う技能試験を受ける形となります。

危険物取扱者乙種4類

通称「乙4」と呼ばれているビルメン資格が、危険物取扱者乙種4類です。

危険物取扱者の資格は、甲種・乙種・丙種の3つに大別されており、さらに乙種は第1類〜第6類まで細かく分かれています。

このうち、ビルメン4点セットに含まれるのが乙種4類の資格です。

乙種4類では、身近な危険物であるガソリンや灯油、エタノールといった薬品などを専門的に扱います。

ビルメンテナンス関連の仕事だけでなく、ガソリンスタンドや薬品メーカーなどでも需要がある資格です。

乙種4類の試験は、一般財団法人「消防試験研究センター」により毎月実施されています。

他のビルメン資格と違って、学科試験のみ(全35問)なので、ビルメン資格の“取っ掛かり”としてもベストな資格といえるでしょう。

ビルメン4点セットで転職はどう変わる?

それでは、転職者がビルメン4点セットを網羅することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

需要が高く、仕事がなくなる心配がない

ビルを建てて、一定年月がきたら解体する。

いわゆる「スクラップ&ビルド型」から、より長期的な使用の方向にシフトしているのが、いまの建設業界です。

ビルや施設について、今後はますます、定期的かつ高度なメンテナンス技術が必要となります。

街が発展して人が暮らしていく以上、建物は必要であり続けるので、それに関わる仕事がなくなることはありません。

現在、そしてこれからも、ビルメン資格者の需要はますます高まっていくでしょう。

応募できる求人数が増える

資格を揃えることで、企業系列系のビルメンテナンス会社をはじめとした、さまざまな求人に応募できるようになります。

ハローワークや大手転職サイトの求人情報を覗いてみても、第二種電気工事士を軸として、複数の資格を求める求人が多い傾向です。

もちろん単体で資格を持っていても、仕事に就ける可能性はあります。

しかし、より高待遇かつ多くの求人情報から仕事を選びたいなら、ビルメン4点セットの取得は断然有利となるでしょう。

選考で有利になる

ほかの業種同様に、ビルメンテナンス業界でも、有資格者を優先的に採用する傾向があります。

ビルや施設を管理するなかで、必要とされるのは高度な技術広い専門知識です。

トラブルが発生した場合は、専門業者と連携することになるので、無資格や知識に乏しい人材では厳しい場合もあります。

とくに中途採用の場合は、企業側が即戦力をイメージすることが多いので、やる気だけではなかなか通用しないのが現実でしょう。

資格手当等で優遇される

求人情報の【優遇資格】の欄に記載されているとおり、資格を保有していると高待遇が期待できます。

資格数に応じた手当(現場手当・特殊手当)が支給されますし、会社によっては在職中に資格を取ることで、資格取得報奨金を支払うところもあります。

ちなみにビルメン4点セットの、一般的な手当の金額は以下のとおりです。

  • 第三種冷凍機械責任者・・・500~2,000円
  • 二級ボイラー技士・・・500~2,000円
  • 第二種電気工事士・・・500~3,000円
  • 危険物取扱者乙種4類・・・500~1,000円

経験値ではなく、資格の有無で支払われる金額なので、転職したての方にとっては嬉しいポイントになるでしょう。

キャリアアップにつながる

資格保有しているかどうかで、昇進や昇格の基準になっている会社もありますから、役職者(主任や現場責任者)を目指すのなら、必須条件といえるでしょう。

また、ビルメン4点セットの上位資格として有名な、

  • 建築物環境衛生管理技術者
  • 第三種主任電気技術者
  • エネルギー管理士

上記の資格をとることで、さらにビルメンテナンスの道を究めることができます。

ビルメン業界内で転職をする場合も、有資格者は高評価される傾向にあるので、どれを取ろうか迷うくらいなら、全て取得してしまうのがオススメです。

ビルメン4点セットの年収・待遇は?

ビルメンテナンスをおこなう会社は、

  • 不動産や鉄道、建設やデパートなどの大手企業を親会社にもつ「系列系(企業系列系)」
  • 親会社を持たない「独立系」

上記の2つに大別され、「系列系」の方が年収(給与)が高い傾向にあります。

業界未経験でビルメン4点セットを持っている方の場合、平均的な目安として年収270~300万円ほどでスタートとなるでしょう。

一定期間の勤務を経て、年収400万円ほどで落ち着くケースが多いです。

また、夜勤や宿直がある職場では、一日あたり2~4千円程度の手当が付与されます。

夜勤回数にもよりますが、さらに20~40万円近くの年収アップが見込めるでしょう。

賞与(ボーナス)は基本的に年2回です。

金額としてはサラリーマンの平均値は下回るものの、通年で2ヶ月分程度の支給が見込まれます。

以上をまとめると、大手系列系で役職に就いた場合では、年収500~700万円くらいまでの昇給が期待できるでしょう。

ビルメン4点セットの取るべき順番、優先度は?

ビルメン4点セットの取得順は、重要度の高い資格から取っていくのが一般的です。

具体的には、以下の順番となります。

資格重要度の高い順番
  1. 第二種電気工事士
  2. 第三種冷凍機械責任者
  3. 危険物取扱者乙4種類
  4. 二級ボイラー技士

電気工事士がビルメン4点セットのなかで最も需要があり、実際に求人情報の【必要資格】欄に記載も多いです。

また、試験難易度の低い順から取得するというパターンもあります。

この場合の順番は以下のとおりです。

試験難易度の低い順番
  1. 危険物取扱者乙種4類
  2. 二級ボイラー技士
  3. 第二種電気工事士
  4. 第三種冷凍機械責任者

国家試験の対策に自信が持てる方なら電気工事士から、国家試験に不安がある方は、危険物取扱者乙種4類から目指していくのがよいでしょう。

消防設備士の資格もおすすめです!

お話ししてきたビルメン4点セットに加えて、業界で需要が見込めるのが、「消防設備士」の資格です。

消防設備士の資格は、全8種類から構成されています。

なかでも「乙種4類」は、施設内の火災報知機やガス漏れ警報器などを点検できる資格です。

ビルメン4点セットの資格と合わせることで、「ビルメン5点セット」といわれています。

消防設備士乙種4類を取れば、資格手当(1,000~3,000円)が見込めるほか、転職時のアピールポイントにもなるでしょう。

まとめ:ビルメン4点セットで転職を有利に進めよう!

今回は、転職にあたってビルメン4点セットを取ることに着目し、メリットや年収、資格取得の優先順位などについてお話ししました。

ビルメン4点セットは、すべてが信頼度の高い国家資格ですから、転職の際に強力な武器となります。

たとえ業界未経験であっても、面接官からの評価も得られやすく、入社後の待遇にも期待できるでしょう。

キャリアアップを目指すなら、ビルメン4点セットはぜひ取得しておきたいところ。

さらに道を究めるには、「ビルメン5点セット」といわれる、消防設備士の追加取得がオススメです。

ビルメンテナンス業界への転職に興味があるなら、「ビルメン4点セット」の資格取得に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

▼ビルメンテ業界におすすめの転職サイト▼

  • doda ※大手から中小まで、ビル管理の求人が多い
  • はたらいく ※地域密着のビル管理求人が多い
  • リクナビNEXT ※正社員求人が多い。ビル管理求人はやや多め

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ