職業ガイド

第二種免許とは?プロドライバーになるための取得方法を詳しく解説

資格や免許があれば、スムーズに転職できる!

それは分かっているけど、いまさら新しい分野を覚えたり資格を取るなんて気が重いなぁ…

このような方にオススメしたいのが、普通第二種免許の取得です。

普通免許をすでにお持ちの方なら、運転技術や知識のベースがあるので、イチから専門知識を覚える必要がありません。

じつは第二種免許は、自動車教習所や合宿免許でも取れることをご存知ですか?

この記事では、プロドライバーの資格ともいえる第二種免許の取得方法、就職先についても解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

第二種免許はプロドライバーの資格

普通第一種免許は、公道で車を走らせることを許可する免許ですが、第二種免許とは、旅客(乗客)を乗せて運転することを許可する免許です。

旅客を運ぶということは運賃を頂戴するということ。まさにプロドライバーになるための資格といえます。

第二種運転免許の区分は、次の5種類に分かれています。

第二種運転免許 5つの区分
  • 普通第二種免許
  • 中型第二種免許
  • 大型第二種免許
  • 大型特殊第二種免許
  • けん引第二種免許

5種類のなかでも、一般的に第二種免許と呼ばれているのが、ハイヤーやタクシーの運転に必須となる、普通第二種免許(第二種免許)です。

第二種免許取得に関しては、一般の交通法規にプラスして、旅客自動車に関する知識も求められます。

転職するなら断然、第二種免許がオススメ

ハイブリット車や電気自動車など、車の技術は日々進化してますが、ドライバーやドライバー職は常に求められています。

ここからは、第二種免許の取得を転職者にオススメする3つの理由についてご紹介します。

就職先はタクシー会社だけではない

高齢化に伴って増加傾向にある介護タクシーや、運転代行の求人も安定しています。

また第二種免許を持っていれば、将来的に旅客事業の会社を立ち上げたり、独立開業することも可能です。

車離れでドライバー需要が拡大

若年層の車離れや、カーシェアリング事業の拡大などにより、「車を持たない生活」を選ぶ人が増えています。

また高齢ドライバーの免許返納も進んでいることもあり、

必要な時に必要な場所まで安全に送り届ける

このようなプロドライバーの需要は拡大しているのです。

福利厚生が充実している

あまり知られてはいませんが、タクシー会社をはじめとする第二種免許の仕事は、福利厚生が充実しているところが多いです。

社会保険はもちろん労災や雇用保険も完備、会社によっては、免許取得にかかる費用を負担(補助)してくれるところまであります。

給与が歩合制の会社では、未経験者や新人をフォローするために、給料保証制度を設けているところも。

カルチャー教室や保養所など、各施設の利用割引などもあり、手厚い福利厚生となっています。

第二種免許の資格を取るには?

第二種普通免許を取るためには、以下の条件を満たしている必要があります。

◆第二種免許の受験資格
  • 満21歳以上であること
  • 第一種免許の取得から3年以上経っていること

免許取得の方法は、独学での一発試験や教習所、合宿免許の三択となります。

それぞれについて、詳しく確認していきましょう。

免許試験センターで一発試験を受ける

運転免許は運転免許センターに足を運び、学科と技能の試験を受けて、直接取得することができます。

学科は交通法規に加えて、タクシーやバスに関する問題、旅客運搬に関しても出題されます。

合格点は90点以上で、試験難易度は第一種免許よりも高めに設定されています。

費用は一発試験の場合で約4万円ほどです。(初回で合格の場合)

この中には、試験合格後に必要となる取得時講習の費用(261,000円)や、免許交付手数料(2,600円)も含まれています。

学科と技能の試験を受けるだけなら、8,000円弱で受けることができますので、教習所や合宿を利用するよりも、はるかに安価で済みます。

ただし前述のとおり試験難易度は高いので、一回の受験で合格することは難しいでしょう。

何度かチャレンジしながら精度を上げていく」、このような気構えが必要です。

指定の教習所に通う

お住まいのエリアで、第二種免許を扱っている自動車学校に通う方法です。

普通免許を所持している場合は、学科19時間と技能21時間、費用は20~25万円前後が相場となります。
※教習所によって異なる場合があります

教習所のカリキュラムに沿って進める場合と、1時間ずつ予約をとって自分のペースで進めていく場合とに分かれます。

費用は一発試験よりはるかに高くなりますが、手堅く第2種免許を取るのなら、指定教習所に通うのもオススメです。

合宿免許で取得する

退職した後や有給中のまとまった期間を利用して、合宿免許で取得するという選択もあります。

費用は宿泊費も含んで、19~25万円台が一般的です。

教習所と同じく費用はかかりますが、最短10日ほどで第二種免許を取得できるうえ、いちいち技能講習の予約を行う面倒な手間も不要です。

わずらわしい手間を最小限にして、とにかく早く第2種免許を取得したい

このように考えている方であれば、合宿免許で取得されることをオススメします。

まとめ:第二種免許を取得してプロドライバーになろう!

今回は普通第二種免許の取得方法や、就職先などについてご紹介しました。

第二種免許を取得するには、指定教習所や合宿免許が有利ですが、何度もチャレンジする覚悟があれば、一発試験でも第二種免許を取得することは可能です。

第二種免許の取得を通じて得ることができる、安全運転に関する知識や技術は、プライベートでの運転にも役立ちます。

エコドライブの知識や、要介護の人が乗車する際の気配りなども学べます。

今後ますますニーズが高まるプロドライバーのお仕事。

あなたも転職を機に、プロドライバーを目指してみませんか!

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!