資格・スキルアップ

第二種免許とは?プロドライバーになるための取得方法を詳しく解説

資格や免許があれば、スムーズに転職できる!

それは分かっているけど、いまさら新しい分野を覚えたり資格を取るなんて気が重いなぁ…

このような方にオススメしたいのが、普通第二種免許の取得です。

普通免許をすでにお持ちの方なら、運転技術や知識のベースがあるので、イチから専門知識を覚える必要がありません。

じつは第二種免許は、自動車教習所や合宿免許でも取れることをご存知ですか?

この記事では、プロドライバーの資格ともいえる第二種免許の取得方法、就職先についても解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

第二種免許はプロドライバーの資格

普通第一種免許は、公道で車を走らせることを許可する免許ですが、第二種免許とは、旅客(乗客)を乗せて運転することを許可する免許です。

旅客を運ぶということは運賃を頂戴するということ。まさにプロドライバーになるための資格といえます。

第二種運転免許の区分は、次の5種類に分かれています。

第二種運転免許 5つの区分
  • 普通第二種免許
  • 中型第二種免許
  • 大型第二種免許
  • 大型特殊第二種免許
  • けん引第二種免許

5種類のなかでも、一般的に第二種免許と呼ばれているのが、ハイヤーやタクシーの運転に必須となる、普通第二種免許(第二種免許)です。

第二種免許取得に関しては、一般の交通法規にプラスして、旅客自動車に関する知識も求められます。

転職するなら断然、第二種免許がオススメ

ハイブリット車や電気自動車など、車の技術は日々進化してますが、ドライバーやドライバー職は常に求められています。

ここからは、第二種免許の取得を転職者にオススメする3つの理由についてご紹介します。

二種免許はタクシー以外でも活かせる

高齢化に伴って増加傾向にある介護タクシーや、運転代行の求人も安定しています。

また第二種免許を持っていれば、将来的に旅客事業の会社を立ち上げたり、独立開業することも可能です。

車離れでドライバー需要が拡大

若年層の車離れや、カーシェアリング事業の拡大などにより、「車を持たない生活」を選ぶ人が増えています。

また高齢ドライバーの免許返納も進んでいることもあり、

必要な時に必要な場所まで安全に送り届ける

このようなプロドライバーの需要は拡大しているのです。

福利厚生が充実している

あまり知られてはいませんが、タクシー会社をはじめとする第二種免許の仕事は、福利厚生が充実しているところが多いです。

社会保険はもちろん労災や雇用保険も完備、会社によっては、免許取得にかかる費用を負担(補助)してくれるところまであります。

給与が歩合制の会社では、未経験者や新人をフォローするために、給料保証制度を設けているところも。

カルチャー教室や保養所など、各施設の利用割引などもあり、手厚い福利厚生となっています。

「第二種免許は難しい」は本当か?

インターネットの記事や、Yahoo!知恵袋への回答などでは、

第二種免許は難しい…

このような意見をよく見ますが、実際にはどのような難易度なのでしょうか?

第二種免許が難しいといわれる理由を見てみましょう。

二種免許の合格率

以下の表は、警察庁が公表している運転免許統計による、第一種免許と第二種免許の合格率の比較です。

免許区分平成30年令和元年
第一種普通71.60%71.50%
AT限定69.70%70.20%
第二種普通43.50%44.50%
AT限定44.80%46.40%
警察庁「運転免許統計 令和元年版」より

上記を見るかぎりでは、たしかに普通一種免許と比べると、難易度が高いと感じるかもしれませんね。

しかし、第二種免許を受験するためには、普通免許を取得してから早くて3年の期間が必要です。

  • 一般交通法規のおさらいが必要
  • 旅客運搬など新しい知識の習得
  • 仕事や家事と受験勉強の両立

このような点を踏まえると、合格率が4割を超えている二種免許は、決して高いハードルではないことが分かります。

適正検査が難しい

学科・技能試験に加えて、受験者が躓きやすいポイントとして、適正検査における「深視力検査」が挙げられます。

深視力は視界に入った対象物との距離感、立体感、奥行き、などを認識(判断)する能力です。

視力がよければ必ずパスできる、というものではありません。

深視力検査のイメージ

那須自動車学校公式サイトより

深視力の測定は、三稈法(さんかんほう)と呼ばれる方法で計3回実施されます。

横に配置された3本の棒があり、このうち中央の棒のだけが前後に動くので、3本がきちんと並んだタイミングでスイッチを押します。

深視力検査自体に慣れが必要なため、はじめてのぞんだ人の中には、厳しいイメージを持つ方もいるでしょう。

しかし深視力を強化するアプリや、YouTube動画で感覚を掴むなど、事前に対策することは可能です。

以上のことから、二種免許は受験対策を怠らなければ、年齢問わず十分に目指せる資格といえるでしょう。

第二種免許の取得方法とは

第二種普通免許を取るためには、以下の条件を満たしている必要があります。

◆第二種免許の受験資格
  • 満21歳以上であること
  • 第一種免許の取得から3年以上経っていること

免許取得の方法は、独学での一発試験や教習所、合宿免許の三択となります。

それぞれについて、詳しく確認していきましょう。

免許試験センターで一発試験を受ける

運転免許は運転免許センターに足を運び、学科と技能の試験を受けて、直接取得することができます。

学科は一般交通法規にプラスして、「旅客自動車や代行運転自動車の運転者などの心得」から20問ほど出題されます。

合格ラインは100問中90問の正答率、合格率は前述したとおり40%ほど。

一発試験の場合は、約4万円ほどで受験できます。(初回で合格の場合)

このなかには、試験合格後に必要となる、

  • 取得時講習の費用(26,100円)
  • 免許交付手数料(2,600円)

こういったものが含まれています。

学科と技能の試験を受けるだけなら、8,000円弱で受けることができますので、教習所や合宿を利用するよりも、はるかに安価で受験可能です。

ただし、一発試験の難易度は高いですから、一回の受験で合格することは難しいでしょう。

何度かチャレンジしながら精度を上げていく」、このような気構えが必要です。

指定の教習所に通う

お住まいのエリアで、第二種免許を扱っている自動車学校に通う方法です。

普通免許を所持している場合は、学科19時間と技能21時間、費用は20~25万円前後が相場となります。
※教習所によって異なる場合があります

教習所のカリキュラムに沿って進める場合と、1時間ずつ予約をとって自分のペースで進めていく場合とに分かれます。

費用は一発試験よりはるかに高くなりますが、手堅く第2種免許を取るのなら、指定教習所に通うのもオススメです。

合宿免許で取得する

退職した後や有給中のまとまった期間を利用して、合宿免許で取得するという選択もあります。

費用は宿泊費も含んで、19~25万円台が一般的です。

教習所と同じく費用はかかりますが、最短10日ほどで第二種免許を取得できるうえ、いちいち技能講習の予約を行う面倒な手間も不要です。

わずらわしい手間を最小限にして、とにかく早く第2種免許を取得したい

このように考えている方であれば、合宿免許で取得されることをオススメします。

合宿免許は40代でも大丈夫!

学生のイメージを持たれがちな合宿免許ですが、40代でも遠慮する必要はありません。

近ごろでは、中高年世代に対応した合宿免許コースが複数用意されています。

  • 技能教習費用
  • 技能検定費用
  • 宿泊食事費用

上記の内容を、無料で延長してくれる保証サービスなども登場しています。

他にも、温泉有りの施設、ビュッフェスタイルの食事など、楽しみながら免許取得を目指せるコースも…

合宿免許を取り扱う専用サイトも充実していますので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

▼第二種免許の合宿があるサイト▼

第二種免許の攻略は過去問&問題集アプリで

第二種免許の資格取得を目指す方は、スキマ時間に受験対策を進める方も多いのではないでしょうか。

限られた時間のなかで最大限の成果を上げるためには、ポイントを押さえた効率的な学習が重要です。

学科対策のポイントは、やはり過去問題を繰り返し解くことです。

試験場にて月曜から金曜まで毎日実施される学科試験は、大半が過去出題された問題の組み合わせから成り立っています。

過去問題集(テキスト)を購入する際は、最新版を手に入れましょう。

直近の出題傾向が掴めるうえ、法令改正などの最新情報を知ることができます。

移動や休憩時など、スキマ時間での勉強に適しているインターネット過去問サイト、問題集アプリなども便利です。

あらゆるツールを駆使して、第二種免許の攻略を目指しましょう。

まとめ:第二種免許を取得してプロドライバーになろう!

今回は普通第二種免許の取得方法や、就職先などについてご紹介しました。

第二種免許を取得するには、指定教習所や合宿免許が有利ですが、何度もチャレンジする覚悟があれば、一発試験でも第二種免許を取得することは可能です。

第二種免許の取得を通じて得ることができる、安全運転に関する知識や技術は、プライベートでの運転にも役立ちます。

エコドライブの知識や、要介護の人が乗車する際の気配りなども学べます。

今後ますますニーズが高まるプロドライバーのお仕事。

あなたも転職を機に、プロドライバーを目指してみませんか!

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ