職業ガイド

未経験からインテリアコーディネーターに転職する!【必要な資格とは?】

転職を機に、憧れていたあの仕事に就きたい!

このように考える方に人気なのが、「インテリアコーディネーター」という仕事です。

一見すると敷居が高そうに感じる、インテリアコーディネーターというお仕事ですが、資格取得を通して専門知識を学べば、未経験からでも転職を目指すことができます。

そこで本記事では、転職を機にインテリアコーディネーターになるために、必要となるノウハウを解説しています。

もちろん必要な資格についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

転職者に人気のインテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターは、専門知識や必要なスキルを学べば、誰でも目指すことができるので、転職者にも人気があります。

人気の理由は次の通りです。

就職先が幅広い

インテリアコーディネーターの就職先といえば、

  • 住宅メーカー
  • 建築設計事務所
  • リフォーム会社など

まず第一に、このような会社が浮かびますよね。

しかし最近では、中古物件をベースにしたリノベーション住宅が、戸建からマンションまでとても人気があり、リノベーションを専門とする会社も増えてきています。

この他にも大手家具ストア、照明や住宅設備の販売店など、インテリアコーディネーターが活躍できる場は多岐に渡っています。

インテリアコーディネーターとしてスキルを身につければ、幅広い就職口から仕事を選ぶことができるのです。

将来は独立することも可能

インテリア関係の会社に就職して、知識や経験を積んだあとに、独立してフリーランスとして活躍する道もあります。

近年では、インテリアコーディネート専門の会社を設立する人も増えています。

フリーになることで、個人のセンスや特色を、全面に打ち出していくことができるでしょう。

住宅専門で施工をしたり、レストランや公共施設などに絞って仕事を受注するなど、自由度の高い働き方を実現できます。

経験を積みながら、人脈を広げて有名になれば、大きな収入を稼ぐことも夢ではありません。

プライベートで知識が活かせる

インテリアコーディネーターとして得た知識やセンスは、もちろんプライベートのシーンでも活かせます。

収納やテーブルコーディネート、カーテンの色合いまで、資格取得を通じてさまざまな知識を得られるのです。

年齢とともに、インテリアの好みも変わってくるもの。

エレガントな室内から、モダン調に変化させることも自由自在!

快適で機能的な空間を、自分自身で作ることができるようになるでしょう。

インテリアコーディネーターの資格とは

公益社団法人インテリア産業協会が主催する、「インテリアコーディネーター」という資格があります。

インテリアコーディネーターへの転職を目指すなら、こちらの資格取得しておくことをオススメします。

転職に必ず資格が必要?

インテリアコーディネーターになるためには、かならず資格が必要というわけではありません。

しかし、未経験者がプロフェッショナルを目指すのであれば、資格取得を通じて、いちど体系的に学んでおく必要があるでしょう。

先々に独立を考える場合であれば、なおさら資格を取っておいた方が、クライアントからの信頼もアップします。

資格があることで転職も有利に進みますし、採用後も資格手当など高待遇が期待できるのです。

インテリアコーディネーター試験の内容は?

インテリアコーディネーターの試験は、年1回の実施となっており、一次試験・二次試験が行われます。

試験内容は以下の通りです。

インテリアコーディネーターの試験内容

【一次試験】
インテリアに関する知識全般の学科試験が行われます。試験はマークシートによる択一式。

【二次試験】
プレゼンテーション(論文)です。出題された課題に対して、図面や自分の言葉で表現できるかが問われます。

インテリアコーディネーター試験の難易度は?

インテリアコーディネーター試験の難易度ですが、2018年の合格率は以下のとおりです。

  • 一次試験・・・32.4%
  • 二次試験・・・59.0%

未経験者に立ちはだかるハードルは、一次試験となるでしょう。

ただし一次試験をいちどパスすれば、たとえ二次試験に落ちた場合でも、向こう三年間は一次試験(学科)が免除されますので、再チャレンジできます。

資格を取って「憧れの仕事」に転職しよう!

インテリアコーディネーターの資格を取るには、十分な受験対策が必要となります。

働きながら資格取得を目指す場合は、独学か養成講座の二択です。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

費用を抑えるならテキストでの独学

インテリアコーディネーターの受験対策として、数多くの教材テキストが販売されています。

  • 知識全般を学べる書籍
  • 過去問を網羅した書籍

上記を両方を揃えるのが理想的です。

独学といえども、スケジュールは事前にしっかり立てるべきです。最低でも2~3ヶ月は試験勉強に費やす必要があるでしょう。

専門用語や規格(サイズ)などを暗記したら、あとはひたすら過去問をこなしていくのが有効です。

二次試験では図面作成(製図)がありますが、こちらも専用テキストが販売されているほか、インターネットでの記事や、YouTubeなどでも情報を得ることができます。

手間を惜しまずに、あらゆる情報源を活かして受験対策を行いましょう。

▼インテリアコーディネーター試験の学習書籍▼

確実な取得を目指すなら資格講座

有名どころなら、ユーキャンの『インテリアコーディネーター講座』は、テキスト・過去問、講義映像までがセットとなって、59,000円(一括払い)。

分割払いでも3,980円×15回払いとなっています。

直近の出題傾向や合計10回までの添削指導、メールによる質問回答など、未経験者に心強いサービスが充実しています。

資格発行元からの認定を受けた、公益社団法人インテリア産業協会が主催する養成講座もあります。

公式テキスト、2次試験対策、Webでの添削7回のサービスで、46,440円(一括払い)となっています。

こちらの講座申込みは、学校法人「産業能率大学」からエントリーする形です。

ほかにもHIPS(ヒップス)のスクール、在宅Eラーニングなどもあります。

養成講座によっては、教育訓練給付金の対象となっており、最大20%受講料が戻ってきます。

手堅く資格を取りたい方は、迷わず資格講座に申込みましょう。

まとめ:インテリアコーディネーターは未経験でも目指せる仕事!

今回は、未経験でインテリアコーディネーターになるための、ノウハウについてお話ししました。

転職を機会にインテリアコーディネーターを目指すなら、まずは資格取得にチャレンジしましょう。

費用を抑えるならテキストを使った独学で、手堅く進めるなら養成講座がオススメとなります。

快適な住空間を演出するインテリアコーディネーターは、クライアント(お客様)からも感謝される、やりがいのある仕事です。

あなたも未経験から、「空間のスペシャリスト」を目指してチャレンジしてみませんか!

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!