退職準備

会社を円満に退職するために、押さえておきたい9つのポイント!

いまの会社を退職することを決意した場合、これをひとつの区切りとするために、礼儀をわきまえて辞めるべきでしょう。

転職の際によく耳にする「円満退職」とは、お世話になった会社のためであり、新たな道を歩む自分のためでもあります。

では、どうすれば角を立てずに、お互い良い関係を維持したままで、会社を辞めることができるのでしょうか?

今回の記事では、スマートに会社を退職して、新たな会社へ気持ちよく転職するための、9つのポイントをご紹介いたします。

社会人として、最低限は押さえておきたいマナーばかりですので、ぜひ取り入れてみてください。

円満退職は会社と自分のお互いのため

退職するからといって、勤め先の不満を吐き出して去っていくことは、社会人であれば避けるべきです。

たとえ納得いかない事象があったとしても、

終わり良ければすべて良し

上記を心がけるのが、最低限のマナーでしょう。

円満退職をした方がよい理由としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 退職後に書類関係で、辞めた職場に連絡することがある
  • 何かの折に、また付き合いを持つ可能性もある
  • 新しい職場に、業務態度など内容が伝わることがある

何よりも、後ろめたい気持ちのままではケジメがつかず、転職活動のモチベーションにも影響します。

円満退職は、あなた自身と辞める会社のためであり、気持ちよく次へ向かうための重要なポイントといえるでしょう。

気持ちよく会社を退職するための9つのポイント

会社と良好な関係を維持しながら、退職を果たすためのポイントを9つご紹介します。

会社が納得する退職理由を用意する

退職理由に本音を話してしまっては、角が立つこともあるでしょう。

明らかなウソをつくのはお互いためになりませんが、スムーズに退職するためには、最低限に会社が納得する退職理由が必要です。

かりに会社の方針や業務内容に不満があった場合でも、不満を直接的な理由にすることは、避けておくことをおすすめします。

また、給料や残業時間などの不満を理由にしてしまうのも、

待遇を改善するから…

このような引き止めにあう可能性が出てくるので、避けておいた方が無難です。

会社をキッパリ辞めたいのであれば、あくまでも「自己都合による退職」であると、伝えるようにしましょう。

退職理由は、転職するときの採用面接でも聞かれるので、合理的かつ矛盾のない理由を考えておいてください。

転職後のビジョンを明確にしておく

会社に申し出るのは、あくまで便宜上の(退職)理由であり、これとは別に転職後の明確なビジョンを持っておく必要があります。

  • 将来に向けて身に付けたいスキル
  • 構築したいキャリア
  • プライベートでの変化など

転職には、上記のような“ポジティブな動機づけ”が絶対に必要です。

ビジョンを持たない転職は現実逃避と同じであり、転職を失敗させないためにも、転職後の明確なプランを定めておきましょう。

退職から転職後のキャリアプランまで、一気通貫にイメージしておくことで、転職に対する精神的な不安を取り除くことができるはずです。

早めに退職交渉をする

退職(転職)の決意を固めたら、なるべく早めに会社へ退職意思を示しましょう。

労働基準法の観点からすれば、二週間前がリミットとなりますが、会社側のダメージを考えれば、早ければ早いほどよいです。

会社からすれば、あなたという貴重な戦力が抜けてしまうわけですから、新たな人材確保と育成のために、多くのエネルギーを費やすことになります。

とくに一定キャリアを積んだ人材が辞めるとなれば、穴を埋めるために人員や業務の再構成が必要となるでしょう。

法律上で問題ない範囲なら、ギリギリでも大丈夫

このような意見もありますが、家族の看病や急病などの理由でもない限りは、やめておいたほうが無難です。

ギリギリで退職を切り出したがゆえに、退職を拒まれたり、時期の延長を迫られるケースもあり得ます。

最低でも1~2ヶ月前には退職交渉に乗り出しましょう。

家族からの理解と協力

職場の雰囲気に馴染めない…
上司とうまく付き合えない…

上記のような理由も、若い頃であれば通用するかもしれません。

しかし40代で、とくに既婚者ともなれば、こうした事情で退職することは理解が得られにくいでしょう。

とはいえ、心身のストレスからダウンしてしまっては、元も子もありません。

教育費や住宅ローン返済など、独身時代や若い頃とは状況が変わっているなかで、

転職することに、家族をどう納得させるか?

上記が重要なポイントとなります。

家族から、転職に対する一定理解を得るためのポイントとして、

  • 転職プランを明示して、計画性をアピールする
  • 経済的な余裕を持ち、心配をかけない
  • 転職活動が忙しくても、ネガティブな様子を見せない
  • 日々、転職活動の進捗を共有する

このようなことを心掛けて、転職することによるメリットを、家族にも打ち出していくことが有効です。

ただし、転職活動が長期化すると家族は不安になってきますので、なるべく早い段階で決着させることが、もっとも重要なポイントといえるでしょう。

転職活動は在職中に結果を出す

若年の方や実家を拠点とする方なら、退職してからの就職活動でも、さほど問題ないかもしれません。

しかし40代においては、家族の不安や経済的なリスクを回避するために、在職中に転職活動を進めるべきでしょう。

もちろん、在職中の転職活動にはさまざまな苦労が待っています。

よく言われるのが、「面接日程の調整に苦労する」ということです。

採用面接の際には、有給休暇などを使って出向くになりますが、退職の事実が周知されていない場合は、周囲にバレないかとヒヤヒヤするかもしれません。

また、休日に仕事探しや面接対策をすることになるため、ゆっくり休める間がなく、ストレスも溜まりがちです。

そうかといって、先に会社を退職して転職をする形では、ブランクが空いて選考で不利になる可能性もあります。

会社を辞めると収入も途絶えますから、家計を圧迫することになりかねません。

忙しいのは一過性のものと考えて、在職中に結果を出すことに集中しましょう。

退職時のハードルを乗り超える「ブレない意思」が必要

退職者が多い会社ほど人手が不足する傾向にあるため、退職する際に上司から引き止めが入るかもしれません。

退職話を切り出した途端に、上司が優しくなったり、待遇改善が進む場合もあるでしょう。

一方で、上司や周囲が一転して冷たい態度を取るようになったり、嫌がらせを受けるようなケースもあります。

どちらに転んだとしても、会社は退職者の人生までを保証してくれる訳ではありません。

冷静な対応を心がけて、感情的な判断や行動をしないようにしてください。

退職(転職)にともなうリスク管理を徹底する

退職による不安材料を少しでも減らすために、しっかりとリスク管理をしておきましょう。

とくに経済的な心配があると、転職活動に集中することができず、焦りや判断力が鈍って、企業選びに失敗しやすくなります。

このような失敗を回避するためには、経済的な蓄えが十分に必要です

かりに早々に再就職できたとしても、出勤開始日や締め日によっては、いきなり満額の給与を受け取れるとは限りません。

また、転職先が決まらずに会社退職をした場合は、失業保険は「自己都合」での申請となりますから、給付が開始されるまで3ヶ月の待機期間があります。

40代の転職市場は、予想している以上に厳しいものですから、万が一に備えて、リスク管理を徹底しておきましょう。

正確な引継ぎと挨拶周り

後任への確実な引継ぎは、会社のダメージを軽減するためであり、自分へのけじめでもあります。

充てられる期間から逆算して、計画的に業務を引き継いでいく準備が必要です。

マニュアルがなかったり、ローカルルールなどが存在するなら、事前にまとめておきましょう。

外回りの仕事で得意先を持っているなら、適切なタイミングで退職を周知して、挨拶周りを実施してください。

とくに営業マンは「会社の顔」であり、担当が変わるタイミングで、競合他社に乗り換えられる可能性もゼロではありません。

自分が辞めることで、会社の業績が低下することがないように、社会人としてのマナーを最後まで心がけましょう。

退職当日の挨拶とお菓子の準備

忘れてならないのが、退職当日の挨拶(スピーチ)菓子折りの準備です。

挨拶の内容は当日の気分で話すのではなく、事前に考えておきましょう。

退職日当日の挨拶で心がけるポイントとしては、

  • 周囲がしらけるジョークは避ける
  • 会社や人間関係など、批判的な内容は話さない
  • 振り返りはそこそこに、2〜3分程度にまとめる
  • 最後に、周囲を気遣うようなフレーズで締める

上記のようなことを意識しながら、ハキハキとした口調でゆっくり話すことです。

メモ(カンペ)を用意するなら、緊張しても話せるように、箇条書きで要点を書き出しておきましょう。

退職当日に渡す菓子折りは、必ずしも必要なわけではありません。

ただし、お菓子を渡すタイミングで感謝を伝えるきっかけになりますし、好印象で最後を締めることができます。

お菓子は常温で保存できる、クッキーなどを用意するのが一般的です。

なるべく賞味期限が長く、個別包装のものを選ぶのがおすすめです。

お菓子の数は、十数人程度の会社なら全員にいきわたるような数量を用意して、それ以上の人数であれば、在籍部署の人数を目安に用意しておきましょう。

まとめ:会社を気持ちよく退職する!

今回は、会社を円満に退職して、新たな会社へ気持ちよく転職するための、9つのポイントをご紹介しました。

会社を退職するときには、まずは円満に辞めることを心がけましょう。

それは会社のダメージを軽減するためでもあり、転職する自分自身へのケジメでもあります。

会社を円満に退職するためのポイント
  • 会社が納得する退職理由を用意する
  • 転職後のビジョンを明確にしておく
  • 早めに退職交渉に乗り出す
  • 家族からの理解と協力を得る
  • 転職活動は在職中に結果を出す
  • 退職時のハードルを乗り超える「ブレない意思」を持つ
  • 退職(転職)にともなうリスク管理を徹底する
  • 正確な引継ぎを心がけ、挨拶周りも漏らさず実施する
  • 退職当日の挨拶、お菓子の準備も忘れずに

以上の9つのポイントを押さえて、スマートな退職を果たしてくださいね。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!

関連コンテンツ