「仕事で人生を消耗するなんて!」もっとスマートに働くための7つの心得

あなたは今、仕事と向き合うなかで、

毎日が気力・体力の消耗戦だ…

人生の大半を仕事だけに費やしている…

こんなふうに感じていませんか?

本来「働く」ということは、経済面だけでなく、自己成長や達成感などをもたらしてくれる素晴らしいもの。

しかし現実には、多くの人が労働のなかで、時間や気力を著しく消耗していると感じているのです。

厚生労働省のある調べによると、

現在の仕事において、強い不安・悩み・ストレスとなっている事柄がある

上記のように答えた人は、全体の58.3%にのぼります。(※2018年度データ)

一方で、そんなことは微塵も感じさせず、「自分らしく」健やかに、仕事に取り組んでいる人たちいるのも事実。

それは彼らが忙しい毎日のなかでも、「スマートに働くためのポイント」を心得ているからなのです。

同じように見えてまったく違う、両者の仕事に対するスタンス。

その違いに目を向けることで、仕事で人生を「消耗」しないためのポイントが見えてくるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

上記について、考えてみたいと思います。

5分ほどで読める内容なので、ぜひ最後までご覧いただいて、あなたの働き方の参考にしてください。

仕事の悩み オススメ記事
目次

仕事は人生を消耗させるだけではない

人生の大半は、仕事をしながら過ごすことになります。

理由はもちろん、生計を立てるために、最低限のお金が必要となるからです。

ただし、膨大な時間を労働のために、ただ消耗していくだけでは、何のために生きているのかわかりませんよね。

自分らしく働いている人は、人生を面白くしていくために、「消耗」よりも「蓄積」される要素に重きを置いて、仕事に取り組んでいます。

仕事をするうえで消耗していくものは、時間気力体力などでしょう。

一方で、蓄積される要素とは、

  • スキル
  • キャリア
  • お金
  • 将来を拓くための人脈

こういったものが挙げられます。

蓄積と消耗のバランスはとても重要です。

同じ時間を労働に費やすなら、仕事が「足し算」となるような心構えを持つべきでしょう

スマートな働き方が大切です

働くことが自分にとってプラスになるのなら、仕事は自然と意義を持ち、人生を豊かに変えてくれるはずです。

そんなふうになれば、毎日ネガティブに考えることも減ってくるのではないでしょうか?

さらに大切なことは、「スマートに働き続ける」ための工夫です。

2019年6月に金融庁が発表した報告書により、老後資金の2000万円不足が問題視されるようになりました。

「年金減る事実を」揺れた報告書 国民に「自助」勧める|朝日新聞(2019年6月4日)

これは少子高齢化の課題がより現実的なものになったわけで、

公的年金の他にも、自分の力で老後の資金を確保しなくてはならないのか…

このように感じた人も多いのではないでしょうか?

また、2020年3月に可決された「70歳就業法」は、2021年4月から実施されます。

70歳まで働けるよう、改正法が成立 企業に努力義務|朝日新聞(2020年3月31日)

これは、過酷なロングランへの突入を余儀なくされる、現役世代の厳しい現実を証明しているといえるでしょう。

60歳以降も現役続行で働くためには、今のうちから、

  • 消耗しないスマートな働き方
  • 心の在り方

こういったものをを定着させる必要があるのです。

なぜ仕事が精神的な消耗に繋がるのか?

出社するなり、思わずため息が出てしまう…

こういった方はサラリーマンは多くいることでしょう。

仕事には、プライベートにはない「特有のストレス要因」があるからです。

利害関係で成立つ人間関係

会社が利益を生むためには、組織の人間がそれぞれ協力し合いながら、働かなくてはなりません。

得意分野で周りをフォローして、苦手な仕事は周りに助けてもらえる

このような関係性が理想ですよね。

ところが、職場には自己の利益(業績)を最優先に考える、「自己中心的」な人間が存在します。

責任を被らず、部下に押し付けてくる上司などもこれに該当するでしょう。

リターンが得られない関係性が多いほど、生産性が悪く、ストレスが発生しやすい職場だといえます。

ストレスが発生しやすい職場環境に身を置く人ほど、

仕事で人生を消耗してしまっている…

このような思いを日々感じていることでしょう。

仕事に対する固定観念

成長段階や、長年仕事を反復することで形成された「固定観念」が、ストレス源となっているケースもあります。

  • 仕事は我慢してやるもの
  • 一人でやりきることが重要
  • 時間をかけないといい仕事はできない

上記のような凝り固まった考え方を持つ人ほど、自らをストレス状態に追い込んでいます。

「お金(給与)=我慢の対価」ではありません

仕事に対する信念を塗り替えることが、消耗しない働き方の第一歩なのです。

仕事で消耗しないための7つのポイント

従業員のメンタルヘルス対策に取り組んでいるという企業は、いまだ全体の58.4%ほどしかありません。

つまり、「自分の身は自分で守る」必要があるのです。

仕事で生じるストレスを、すべて避けることは難しいでしょう。

しかし、これから紹介するポイントをおさえることで、日々のムダな消耗を最大限抑えることができます。

「自己肯定感」を持ち仕事にのぞむ

「自己肯定感」は働くうえでとても大切です。

自分に対して自信や肯定感を持つことは、ポジティブな思考につながります。

反対に、仕事や職場に対してネガティブな思想を持っている人は、たいていは自己への否定感を抱いています

自己肯定感は、幼少期に「自分は認められている」という感情を持てたか否かが、大きく影響しているのです。

ただし大人になってからでも、自分の得意・不得意を受け入れたり、

自分は絶対できる人間だ!

このような自己暗示(アファメーション)をかけることにより、肯定感を高めることができます。

会社に所属すれば、他者(会社)からの評価に悩むシーンは多々あるでしょう。

しかし、自己肯定感を持って仕事をしていれば、立ち直れないほど落ち込んだり、強いストレスを感じることが少なくなるはずです。

時間の見積もり・把握を常に心がける

人が著しく「消耗した」と感じるもののひとつに、「時間」があります。

スマートに仕事をこなす人ほど、タスクの所要時間を正確に見積もっているものなのです。

予想以上に時間を使ってしまった…

このように嘆いてストレスを感じる前に、

何に、どのくらいの時間がかかるのか?

上記のようなことを、きちんと把握する習慣をつけておきましょう。

業務過多で残業を余儀なくされるケースは少なくありません。

ただこれ以外でも、一日のスケジューリングが不十分なことで、時間を浪費している人は多いのではないでしょうか。

時間の重要性を認識して、有効活用に取り組むことは、ストレスの軽減に直結するのです。

あえて完璧主義を捨てる

日々タスクに追われている人は、仕事のクオリティに完璧を求め過ぎる傾向があります

  • メールの返信
  • 資料作成

上記のようなテンプレート中心で済ませられる仕事に、過大な時間と労力をかけることは、ムダなエネルギーを消耗します。

また、仕事は必ずしも一人で完遂させる必要はありません

誰でもできる業務や簡単なルーチンワークは、一人で抱え込まずに、部下や周囲に依頼する習慣をつけましょう。

完璧主義を捨てることは勇気が必要ですが、その対価として、これまでにない「時間」と「気持ちの余裕」を手にすることができるでしょう。

「仕事だから」と割り切ってしまおう!

プレゼンや営業といった、多くの人が苦手と感じる場面において、スマートに結果を出す人は、

これが仕事だから

このように上手く割り切ることができています。

上司に指導されたり、結果を問われたりすることも同様に、仕事だからと割り切ることで、ストレスを軽減できるのです。

気持ちの切り替えがもともと得意な方もいますが、そうでない人でも、スーツやユニフォームに袖を通したら、

仕事モードに切り替える!

このように意識するだけでも、やる気スイッチを入れることができます。

ポイントはいちど「仕事モード」に入ったら、

好きや嫌いといった「余計」な感情を、いっさい挟まないこと

このように徹底することです。

やるときめたら淡々とこなす

ある種の機械的な精神状態が、「気力の省エネ」につながります。

職場の人付き合いや飲み会を苦手と感じる人も、

これも仕事のうちか…

こんな風に割り切ってしまいましょう。

常に5Sを心がける

サクサクと仕事をこなす人ほど、身の回りの5Sを心がけています。

5Sとは?
  • 整理(せいり):
    いらないものを捨てる
  • 整頓(せいとん):
    決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておく
  • 清掃(せいそう):
    常に掃除をする
  • 清潔(せいけつ):
    3S(整理・整頓・清掃)を維持し職場の衛生を保つ
  • (しつけ):
    決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける

Wikipediaより

余計なものが視界にあれば、目の前の仕事に集中できないばかりか、必要なものを探すために時間を浪費します。

ビジネスにおいて「生産性向上」は最大のテーマですが、これを実現するためにも、日頃の5Sを意識しましょう。

近ごろでは、「心の断捨離」といった言葉もあるほどです。

余計なモノや感情は捨てて、つねに余裕をもち、仕事にのぞみましょう。

小さな習慣の積み重ねが、年単位でもたらす効果は予想以上に大きいのです。

マルチタスク、ながら作業を避ける

複数の業務を並行して進める「マルチタスク」は、近年言われているとおり、とても非効率で大きなストレス源となっています。

考えごとをしながら家を出て、

あれ?玄関のカギ閉めたかな…

携帯で通話しながら歩いていたら、

赤信号を渡ってしまった…

このような経験からも分かるとおり、人間の脳は二つのことを、同時に進められるようにできていないのです。

複数の仕事を、並行して進めている感覚は「錯覚」であり、脳が集中すべきターゲットを、高速で切り替えているだけなのです。

この状態を想像すれば、いかにマルチタスクが脳を疲労させているか、理解はたやすいでしょう。

脳を疲れさせないためには、目の前の業務に集中できる環境や仕組み作りが必要です

メールのチェックや返信は、決まった時間に集中しておこなうこと。

また資料作成をする際は、情報収集の時間とそれをもとに作成する時間を、しっかり区切って進めましょう。

インプットとアウトプットは、それぞれ別の時間におこなうことがポイントです。

職場の人間関係をコントロールする

スマートに働く人ほど、「上手な人付き合い」を心得ているもの。

クリエイターやフリーランスといった働き方を除き、基本的に組織での仕事は、多くの人間が複雑に関係し合いながら成り立っています。

そのため距離感や関係性が正常な状態にないと、相談や頼みごとに気を使ったり、仕事やプライベートに介入される可能性があるのです。

とくに最近はネットやSNSで、ありもしない情報をばらまく人間もおり、より注意が必要となります。

職場の人間関係を上手にコントロールするためには、利害関係を保ちながらも、以下のポイントをキチンと押さえておくことが重要です。

  • 馴れ馴れしい言葉遣いは控えて敬語・丁寧語で対応する
  • 内面を見せるべき相手、そうでない相手を区別する
  • 不必要な介入を避ける

ムダなエネルギーを消耗しないためにも、自分と周囲の距離感をうまくコントロールしましょう。

限界を越える前に「転職」という選択を

「スマートに働くこと」とは極論、ムダな感情や思考を限りなく削ることにあります。

ただし、無機質になり過ぎれば、仕事への情熱や達成感まで薄れてしまうため、注意が必要です。

自分なりに心の在り方を改善したうえで、活路が拓けないのであれば、転職」という選択肢を検討する段階にあるのかもしれません。

ただ、40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

これまでの経験を棚卸しして、自身の強みを自己分析する

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

即戦力であると企業側に思ってもらうためには、

私が持っている強みは○○です!

ということをしっかりアピールしなければなりません。

まずは社会人になってからこれまでの、職歴や実績について棚卸しをしてみましょう。

そのうえで、自身の強みを自己分析しておく必要があります

最初にしっかり自己分析をしておくことで、求人を選ぶ際の手がかりや、応募書類の作成でも役立つはずです。

転職への”動機づけ”を明確にしよう

転職準備をしっかり進めることに合わせて、転職に対する”動機づけ”を明確にしておくことが重要です

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

御社の事業内容に魅力を感じました

上記のような回答では、さすがに選考を通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

40代の転職が決まらない理由を対策する

転職先がなかなか決まらずに失敗してしまう人は、40代の転職が決まらない理由を把握しておらず、しっかり対策できていないことが多いです。

以下の5つの決まらない理由を押さえて、転職活動を進めるようにしましょう。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

それぞれの対策については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

40代が転職サイトを活用する方法

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークや他の公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣のメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣のメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:人生を消耗しないために働き方を見直そう

今回は、仕事で消耗しないための働き方について、詳しく解説してきました。

人生100年時代」といわれるなか、スマートに働き続けるためのポイントは、以下のとおりです。

スマートに働くための7つの心得
  1. 「自己肯定感」を持ち仕事にのぞむ
  2. 時間の見積もりと把握を心がける
  3. あえて完璧主義を捨てる
  4. 「仕事だから」と割り切る
  5. 5Sを心がける
  6. マルチタスク、ながら作業を避ける
  7. 職場の人間関係をコントロールする

自分なりに試してみても活路が見いだせないのなら、限界を迎える前に、転職という選択も有効です。

いずれにしても、一度しかない「人生」を大切にして、最善の行動を心がけましょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!

目次
閉じる