仕事の悩み

仕事とプライベートを賢く切り替えれば、オン・オフはもっと両立できる!

年齢問わず社会人が抱える悩みといえば、「仕事とプライベートの両立」ではないでしょうか?

生きるためには、お金を稼がなくてはならず、働く必要があります。

ただ仕事に没頭するあまり、休息を取らずに体調を崩したり、プライベートにまで影響してくると、

自分は何のために生きてるのだろう…

このような疑問を持ってしまうことも…

仕事とプライベートの両立がうまくできずに、

  • 趣味や好きなことに費やす時間が減ってしまう
  • 家族とのコミュニケーション不足に陥っている

上記のような悩みを持っている方も、多いのではないでしょうか?

仕事とプライベートを両立させるには、オン・オフの上手な切り替えが大切です。

今回の記事では、仕事とプライベートをきちんと分けることの必要性、賢く切り替えるためのポイントを、10通りご紹介しています。

現状を打破して、もっと人生を楽しみたい!

このようなお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

「できる人」ほど、仕事とプライベートを両立して楽しんでいる

世間を騒がせている起業家や若手IT社長など、いわゆる”できる人“は、仕事とプライベートを上手にコントロールしながら、人生を謳歌しています。

また“ワークライフバランス”といった言葉が当たり前となった今では、身近なところでも、仕事と子育て(もしくは家事)を上手に両立させている人が、数多くいることでしょう。

仕事とプライベートを分け隔てなく楽しめる彼らは、豊かな人生を送るための“コツ”をいくつも心得ています。

仕事を楽しめないと、プライベートにも影響が出る

日本の年間労働日数は平均260日、仕事を楽しめない人は、実に年間の約7割を”苦痛な時間“として過ごしています。

当然ながら、その影響はプライベートにまで及び、次のような形で日々の暮らしに影を落としているのです。

仕事のストレスから浪費をしてしまう

ストレスが引き金となって、暴飲暴食をしたり、衝動買いをしたりと、無駄な消費(浪費)が増えてしまうケースです。

本来は余暇を充実させるためのお金を、ストレス発散に使ってしまうので、結果として休日もお金に余裕がありません。

ストレス → 無駄な消費 → 余暇に影響 → ストレス

このような悪循環におちいっている人は、じつは少なくありません。

会社からも評価されず、収入が伸び悩む

イヤイヤ働いているので積極性がなくなって、会社からの評価も下がってしまうでしょう。

出世のチャンスを逃して、収入が上がる要素が減ってしまうのです。

将来に対して希望が持てなくなり、やがて家族からも、期待されなくなってしまいます。

自己肯定感がなくなり、ネガティブな思考になる

周囲からも評価されず、仕事にキチンと向き合わない“後ろめたさ”から、自信を失ってしまうケースもあります。

仕事でキラキラと輝いている人に対して、劣等感を持つようになり、周囲からも”ネガティブな人“と扱われるようになるのです。

余暇が楽しめなくなる

スカッと気持ちが晴れるのは週末だけ、休日も終わりに近づくと、徐々にテンションが下がり憂鬱になってしまうパターンです。

ネガティブな気持ちが休日にまで影響し、楽しみな予定がある日も、どことなく楽しめなくなってしまいます。

上手く分けるにはオン・オフの“切り替え”が重要

仕事とプライベート、どちらも充実させるには、それぞれに100%全力で打ち込むことが大切です。

とはいえ身体はひとつしかありません。そこで重要となるのが、オン・オフの素早い切り替えです。

ビジネスの世界では、“マルチタスクは生産性が落ちる”ことが証明されています。

人間とは目の前のこと、ただ一つに集中するのがいちばん効率的なのです。

仕事とプライベート、賢く切り替えるための10のポイント

できる人ほど、仕事とプライベートを切り替えるためのメソッドを、いくつも持ち合せています。

ここでご紹介する10つのポイントは、“意識”さえすれば、今日から実践できるものばかりです。

プライベートの楽しみを増やす

  • 旅行に行く
  • ショッピングを楽しむ
  • 好きなレストランに行く

このような楽しみが増えるほど、仕事やプライベートにメリハリがつきます。

誰しもプライベートに問題を抱えると、公私混同になりがちです。

しかしプライベートが充実してくると、

次の休日までしっかり頑張ろう!

このように仕事に対して、前向きになって集中力が高まります。

休息を取り、体調管理に努める

毎日を精力的に過ごすために、体調管理を積極的におこないましょう。

集中力が途切れがちだと、細かいミスが目立つようになります。

無駄な残業が増えたり、家に仕事を持ち帰るハメになったり、仕事がグダグダな状態になってしまうのです。

常に全力で仕事に打ち込むには、気力・体力を万全の状態にしておくことが大切。

サプリや栄養ドリンクばかりに頼らずに、毎日しっかりと身体を休ませましょう。

仕事・プライベートの計画を手帳にまとめる

仕事だけではなく、プライベートにも計画性を持ち、手帳に詳細を記しておきましょう。

自分のスケジュール管理を日頃から徹底することで、オン・オフの素早い切り替えがルーチン化されます。

予定を可視化することで、いちいち記憶しておく必要がなくなり、目の前のタスクに集中できるようになるでしょう。

時間ありきで行動するクセをつける

時間にルーズな人は、何ごとにも“時間ありき”で行動するクセをつけましょう。

タイムスケジュールを明確にすると、仕事もプライベートもメリハリがつきます。

決められた時間内に終わらせる努力が、自身の成長につながって、気持ちの切り替えも上手にできるようになるのです。

生産性を上げるために集中できる環境を作る

集中を妨げるのは騒音だけではありません。

スマホが視界にあれば、メールやLINEの着信が気になりますし、本や雑誌があれば、無意識に気持ちが逸れてしまいます。

生産性を上げるには、強い意志よりも”集中できる環境作り“が先決です。

仕事に不必要なものは、

  • 一気にデスク内に突っ込んでしまう
  • 一時収納できるケースを用意して一掃する

上記のような工夫をして、“イヤでも集中できる環境”を作りましょう。

妥協すること、断ることを覚える

「妥協」というと聞こえが悪いですが、時間管理ができる人は、つねに“落としどころ”を心得ています。

キリが良いタイミングで仕事を終わらせるクセをつけると、思いのほかスマートに働けることに気が付くでしょう。

また、プライベートも充実させるためには、時には強引に進めることも必要です。

急な仕事依頼や突発的な残業などは、時には「NO!」と言える人になりましょう。

コミュニケーションを活発にする

組織のなかで仕事をしていると、プライベートの時間を確保するのが難しい時があります。

周囲の人とのコミュニケーションを、日頃から活発にしておくことで、イザというときに頼みごとがしやすくなるのです。

持ちつ持たれつ”の関係があれば、気兼ねなく「オフモード」に切り替えられるでしょう。

オン・オフで服装、場所を明確に分ける

業務が終わり次第、すぐにプライベートの服装に着替える習慣を付けましょう。

視覚的なアプローチは、気持ちの切り替えに効果バツグンです。

仕事を終えた“安堵感”に浸りたいと、ダラダラと会社に残るような人がいます。

しかし平日からプライベートを充実させるには、こうした人たちを尻目に、リフレッシュできる場所までサッサと移動してしまうことが大切。

これがオン・オフを切り替えるための、もっとも簡単な方法となります。

自分なりの”スイッチ”を見つける

  • 仕事を始める際は決まって苦めのコーヒー
  • 休日にはご褒美として甘めのカフェオレ

上記のようにシーン別にドリンクを変えると、反射的にスイッチが切り替わります。

  • 仕事が終わったら好きな香水をつける
  • 帰宅したら“お香”を炊く

このような五感からアプローチすることで、効率よくオン・オフを入れ替えできるのです。

これらは習慣化するほど、効果を発揮するでしょう。

仕事とプライベート、どちらにも将来の目標を持つ

仕事とプライベートのどちらにも、全力で打ち込めるだけの目標を持っておきましょう。

将来への楽しみが多いほど、モチベーションを高く保てるもの。

目標に対してベンチマークを設けておくと、やるべきことが明確となります。

自分の未来を真剣に考えることは、仕事とプライベートを、高レベルで両立させることにつながるのです。

まとめ:オン・オフを賢く切り替えて、仕事とプライベートを充実させよう!

今回は、仕事とプライベートをきちんと分けることの必要性や、賢く切り替えるためのポイントをご紹介しました。

充実した人生を過ごすには、仕事とプライベートの両立が大切です。

とくに年間7割を超える仕事を楽しむことが、充実した人生を送ることに直結するでしょう。

仕事とプライベートの両立を実現するには、オンとオフを賢く切り替えることが重要です。

オン・オフを上手に切り替えるポイント
  • プライベートの楽しみを増やす
  • 体調管理に努め、万全を期す
  • 仕事だけでなくプライベートの予定も手帳にまとめる
  • “時間ありき”で行動するクセをつける
  • 日頃から集中できる環境を整える
  • 妥協すること、断ることを覚える
  • コミュニケーションを活発にとる
  • オンオフで服装、場所を明確に分ける
  • 自分なりの切り替えスイッチを見つける
  • 仕事とプライベート、両方に将来目標を持つ

上記の中からできることを、ぜひ今日から実践してみましょう!

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ