転職活動

40代の転職で後悔しないために必要なこと|キャリアコンサルタントが解説します

私はキャリアコンサルタントとして活動させていただいていますが、最近、特に相談が多いのが、30代後半から40代後半のあたりの方々です。

これは、働く期間が長くなったことにより、定年まで同じ会社で働くのではなく、40代あたりで転職を考えている方々が増えているからでしょう。

40代で転職を考える理由としては、

  • 年収や残業、人間関係等の労働環境に不満がある
  • 会社の将来に不安がある
  • キャリアアップしたい

上記のように、転職理由はさまざまにあると思います。

40代の転職は、一般的には年齢が大きなネックと言われていますが、じつはそれ以外の理由でも、転職に失敗している人が多いのです。

今回の記事では、40代を転職を考える方が失敗して後悔しないために、失敗する人の特徴や、その対策についてお話しします。

40代転職で失敗して後悔する人の特徴とは

40代転職に失敗した人

40代の転職で、失敗をしてしまう人の特徴を見ていきましょう。

中高年の転職がどのようなものか理解ができていない

例えば、20代の転職であれば、スキルや経験だけではなく、その人自身のポテンシャルが評価される場合があります。

そのため、多少マッチングが不十分でも、採用される可能性が十分にあります。

しかし40代ともなると、ポテンシャルなど関係なく、転職する企業とのマッチングが重要になります。

即戦力であること、企業が求めているスキルが必要であること、このようなことが備わっていなければなりません。

入社してから勉強します、頑張りますなどは一切通用しないのです。

年齢のせいにする

年齢条件で厳しいのはたしかに事実ですが、変えることができないことを理由にしても、仕方がないですよね。

40代でも転職に成功するタイプの人は、年齢を弱みではなく強みに変えて転職活動をしています。

プライドが高すぎる

無駄にプライドが高く、謙虚さがない人材は採用されません。

たとえ年下であっても、その会社で長く働いてこられた方に対しては、敬意をもって接すること。

新しい企業では、イチからのスタートであるとの自覚が必要となります。

転職先での市場価値を考えよう

40代は仕事経験も豊富で、多くの人がキャリアも形成されています。

しかし転職をする際は、そのキャリアが逆に転職を妨げる要因になることも。

転職市場における人材の価値は、常に変わるものなので、しっかりとした市場調査しておくことが必要です。

40代の転職も一般的になりつつある

ひと昔前は、40代での転職はかなり厳しく、ほとんどの方が難しいものでした。

しかし最近では、転職自体が一般的に認知されており、昔に比べると40代でも転職しやすい環境となっています。

中小企業でも、40代でも採用する企業が増えてきており、経験値が必要な看護師やIT関係の職種は、40代でも積極的に採用されやすい職種です。

管理職の転職は厳しめ

一方で、高給である管理職は転職市場ではあまりニーズが無く、大手企業ではリストラの対象となっています。

このように転職市場の傾向は、その時代によって変わってくるので、しっかりした市場調査と自分の価値を考慮して、転職活動をすることが成功に繋がることになるでしょう。

40代転職の理想と現実のギャップを理解しておく

転職後の理想と現実

転職することで、給与や自身のキャリアが上がることを期待している人が多いと思います。

せっかく転職して環境を変えるわけですから、現在よりも待遇が悪くなることは避けたいものです。

しかし現実は理想とは異なることを理解していないと、転職活動に失敗することになってしまいかねません。

40代の転職で年収アップするのは容易ではない

40代で転職活動をしている人は、とくに理想が高い傾向にあります。

ある程度の給与をもらっていながら、今よりよい環境を求めて転職しようとする方が多いですが、現実的には40代に高い給与を支払う企業はそれほど多くないです。

優秀な人材で自身の市場価値が高ければ、40代でも理想的な転職は可能ですが、企業が求めるスキルとマッチする人は、そんなに多くはいないでしょう。

転職で年収ダウンする可能性も想定する

人生経験や経験値はあったとしても、40代が違う業界や職場で、すぐに力を発揮することは厳しいのではないでしょうか。

このようなことから、企業側は40代の採用を控える傾向があるのです。

イチからスタートすることになる転職先においては、給与が下がる場合があることも想定しておくべきです。

40代の転職では、まずこうした現実を受け入れることが重要といえるでしょう。

40代の転職に失敗しないための対策とは?

40代転職に失敗した。。

40代の転職が厳しいのは、年齢条件以外にもさまざまな要素があり、それらの課題に対策できているかが重要です。

必要な準備を万全に行う

40代の転職を難しくする要素は、事前にしっかりと調べて対策をたてることで、クリアできる場合もあります。

しかし転職活動をそれほど経験したことがなく、経験不足から十分な対策ができないことで、失敗してしまうというパターンが多いのです。

事前の準備を怠らないようにしましょう。

ある程度の妥協も必要

40代で転職を行うには、ある程度の妥協も必要でしょう。

もちろんすべてに妥協する必要はなく、自分自身で何を取って何を捨てるか、しっかりと
取捨選択を考えることが重要となります。

まとめ:40代の転職で後悔しないために

40代で転職をするということは、厳しいイメージは払拭できませんが、一昔前と比べると
かなり条件は良くなってきています。

一昔前なら、転職自体が一般的ではなかったので、企業側も40代を採用することがほとんどありませんでした。

現在は40代でも、当たり前に転職する時代となりましたので、40代で転職を成功させることは、決して難しいことではありません。

転職が成功したと言えるかどうかは、転職後の給与や仕事内容に、ご自身が満足ができるかになります。

40代で転職することは簡単ではありませんが、転職に対する考え方を持つことや、対策をしっかり行うことで、自分自身が納得できる転職にすることができるでしょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
きき
40代男性、鹿児島県在住。医療法人で総務全般経験、顎関節症等発症し33歳で離職。現在、40代になり、有限会社で就職支援業務に就く。助言者の立場として、発信させていただきます。