転職活動

【未経験】40代男性が転職を成功させるポイントをご紹介

40代はキャリアを見直すターニングポイントですので、多くの方が転職を考えるタイミングでもあります。

しかし、40代から新しい職場に移ることに不安を覚える方も少なくありません。

どのような扱いをされるのか、ちゃんと仕事を覚えられるのか悩んでしまうこともあるでしょう。

この記事では、

  • 40代の転職で行うべき手順

について紹介していきます。

転職活動に悩む方はぜひ参考にしてみてください。

40代の転職はリスキー?不利?

40代の転職は綱渡り?

40代になると、自分のキャリアに疑問や不安を抱き始める方も少なくありません。

このまま今の会社に居続けていいのか…
新しいことを始めたいけど年齢がネック…

このようなさまざまな思いが頭をよぎり、一歩を踏み出せなくなってしまいます。

悩みの根底にあるのは「40代」という年齢だと思いがちですが、実はそうではありません。

自分が貼り付けた「40代」の姿に悩まされているのです。

転職活動において年齢は確かに条件の一つはありますが、年齢が全てではありません。

求人を眺めていると「35歳以下」や「40歳以下」の人材を募集している企業も多く見かけますが、そうした企業はあなたが「40代」だから選考から外しているのではありません。

若年層を育てて若手社員を補充するために年齢制限を設けているのです。

企業のニーズを捉えて転職活動を進めれば、40代からの転職はあなたのキャリアにとってマイナスではなくプラスにはたらくでしょう。

転職するまえに自分のスキルセットを見直そう

40代までお仕事をしていたということは、少なくとも社会人としての経験が、20年程度はあるということです。

その間に身につけたスキルを自覚して、上手くアピールにつなげることができれば、40代からの転職は有利にはたらくでしょう。

スキルを自覚するには、いくつかの方法が存在します。

  • 自分の年表をつくる
  • 履歴書・職務経歴書を客観視する
  • 自分のいる業界を客観視する

それぞれを詳しく見ていきましょう。

自分の年表をつくる

40代の現在に至るまで、あなたはさまざまな経験を積んできたことでしょう。

自分では何気ないことでも、他の人からみれば唯一無二の経験やノウハウに育っている可能性があります。

自分のスキルを自覚するには、自分の歴史を客観視する必要があります。

そのためには自分の歴史を年表のようにまとめた「自分史」を作成するのがおすすめです。

入社するまでの学生時代からはじめて、今に至るまでを時系列で並べてみましょう。

スキルに自覚するだけでなく、「このときの経験がこのときに活きたなぁ。」という実感も湧いてくるのではないでしょうか。

それこそがあなたの強み、スキルとなります。

目に見えるものでなくとも、積み重ねた経験が発揮する力があります。

自覚的になれば、面接で話す内容や書類選考で書けることがらが増えますので、転職活動にも自信を持って臨むことができるでしょう。

【転職】自己分析を簡単にすすめるやり方「じぶん年表」のすすめ40代の転職を目指す方にとって、自己分析は大切なテーマです。 自分のこれまでのキャリアをいま一度ふりかえったり、自分の強みを理解し...

履歴書・職務経歴書を客観視する

履歴書や職務経歴書を、客観視する機会はなかなかありません。

しかし、企業側からすれば履歴書や職務経歴書があなたの第一印象を形作ります。

ぜひ自分の履歴書や職務経歴書を客観視して、足りている部分や足りていない部分を見直してみましょう。

足りない部分を知れば対策を講じることもできますし、足りている部分を知ればより強くアピールに活かすことができます。

履歴書と職務経歴書を作成し、自分の部下だと仮定して見直してみるのがおすすめです。

添削するのではなく、評価する側に立ってもう一度見てみると、自己理解をすすめることができます。

自分のいる業界を客観視する

ひと口に社会人といっても、人によって属している業界は異なります。

技術革新やITテクノロジーの発達によって、業界を取り巻く状況も目まぐるしく変わっていますので、今一度自分の業界を俯瞰してみるのもおすすめです。

たとえば介護などの福祉業界では、行政によって処遇改善手当が導入されたり、介護の上位資格が設置されキャリアパスが整うなどの変化がありました。

これによって、介護士としての経験が形をもって評価される状況が作られています。

長く介護の現場に勤めていた方にとっては願ってもない状況です。

経験を活かして資格を取得すれば、転職をするにせよ、社内にとどまるにせよ明確なキャリアアップが望めるようになっています。

このように、自分の業界を取り巻く環境は刻一刻と変化を続けていますので、企業や顧客が望む人材の形も移り変わっているのです。

現状、ひいては未来も俯瞰した上で「企業や顧客が望む人材」を理解すると転職活動の指針として機能します。

介護の例に戻れば、現場に長くとどまり続けるベテラン職員も重要ですが、これからはキャリアパスを用意し、優秀な人材が昇格していける労働環境を整えなければなりません。

そこにあなたが現れ、

認定介護福祉士の取得を目指しています。後進の指導や現場の管理を含めて、介護業界の力になりたいと考えています

このようにアピールすれば、企業は両手を振ってあなたを歓迎するでしょう。

企業は40代の人材を即戦力として雇用します。

自社のメリットになりうると判断してもらえるようなアピールをするには、業界の俯瞰は欠かせません。

まとめ:40代男性は可能性に満ちている

40代だからと理由をつけて、転職を諦めてしまうのはもったいないことです。

これまで積んだ経験を活かし、豊富な現場経験と業界の経験をもとにマネジメントにも挑戦できる年齢でしょう。

自分のキャリアを決めつけることなく、未来を拓くためにポジティブな転職活動を実現してください。

この記事があなたの転職活動の助けになれば幸いです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
小野澤 優大
20代男性、福岡県在住。新卒で入社した企業で人事に抜擢され、数々の人材と経営視点で関わった経験を持つ。フリーライターとして転職系記事を多く執筆し、転職事情に豊富な知識や経験を有している。