資格・スキルアップ

40代の転職で有利に働く資格とは?おすすめの資格を厳選4つ紹介

40代で転職を志す方も増えて、転職に有利な資格を取得しよう、このように考える方も少なくありません。

ひとくちに転職といっても、40代から転職を志す場合は、20代や30代とは求められるスキルが異なります。

一般的に転職で有利に働くと言われている資格を取得しても、40代に求められているスキルと異なっていた場合、せっかく取得した資格が、有利に働かない可能性もあるのです。

この記事では、企業が40代に求めているものから逆算して、「本当に有利な資格」をご紹介していきます。

転職を考えている40代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

40代の転職者に求められているスキルや活躍とは?

40代の転職者に対し、企業は「即戦力」の「頼れるベテラン」であることを期待しています。

また、後輩や部下を従える立場として、採用した場合は「マネジメント力」も求められるでしょう。

20代や30代の転職の場合は、経験が浅くとも、持っているポテンシャルや今後の展望、熱意などを買って採用します。

40代の転職でも、ポテンシャルなどを買って採用することはありますが、比重としては「これから」よりも、「これまで」を見られることになるでしょう。

つまり求められるスキルとしては、

  • 入社する業界に対する知見
  • 想定されるイレギュラーに対応できる経験
  • 部下をうまく使えるマネジメント能力

このようなことがが挙げられます。

こうしたスキルを証明する資格を取得することで、自分の能力をしっかりとアピールできるでしょう。

アピールがうまくいけば、内定を獲得しやすくなるので、転職活動の武器になります。

自分のキャリアを活かして延長線上にある資格を取得する

40代の転職でポイントになるのは、自分がこれまで積んできたキャリアです。

大きく分けると、以下で取得すべき資格は異なります。

  • これまでと異なる業界への転職
  • これまでと同じ業界への転職

それぞれを見ていきましょう。

キャリアチェンジとして転職する場合

これまでとは異なる業界へ転職する場合は、同じ業界でずっと働いていた方に比べて、専門知識や経験が劣ることは否めません。

「入社する業界に対する知見」をアピールするよりも、他のスキルをアピールするほうが賢明です。

異なる業界へ転職する場合は、

  • 想定されるイレギュラーに対応できる経験
  • 部下をうまく使えるマネジメント能力

上記をアピールしていきましょう。

イレギュラーへの対応については、資格ではアピールしきれないので、自分の経験を武器にしていきます。

長い社会人経験のなかで、ピンチに陥った経験はいろいろあったのではないでしょうか。

ピンチをどのようにして乗り越えてきたのか、思考と行動を明文化して、相手に伝えられるように準備しておきましょう。

マネジメント能力については、これまでの経験に加えて、ある資格を取得すると訴求力がプラスされます。

中小企業診断士」という国家資格は、ビジネスマンとして、スキルアップを目指す方に人気の高い資格です。

経済や経理の深い知識に加えて、マーケティングや法務についても問われるので、ビジネスに関して、まんべんなく知識を有していることが証明できるでしょう。

合格率は低いですが、40代の転職においてかなり有利に働くので、ぜひ参考にしてみてください。

同じ業界で転職する場合

同じ業界へ転職する場合は、これまでの経験が武器になるでしょう。

不動産業界で営業として働いてきた方であれば、「不動産鑑定士」や「マンション管理士」といった不動産の上級資格を取得することで、深い知識や経験を裏付けることにつながります。

経理などに携わっていた方は、「日商簿記1級」などの上級資格を取得することで、キャリアが広がり、箔が付きます。

他にも自分の所属している業界において、権威となる資格を見つけましょう。それらを取得することで、業界に関する深い知識と熱量をアピールできます。

「時代×資格×経験」で、企業の求める人材として自分をデザインする

業界にこだわって資格を取得するのもよいですが、現代はビジネスの流れが、大きく変動しやすい社会になっています。

時代の変化からニーズを読み取り、資格を先取りすれば、さらに魅力的な人材となれるでしょう。

現代でもっとも注目が集まっている分野は「IT」です。ただ、なにもIT企業へ転職すべきというわけではありません。

これまでは、ブルーカラーの職場にしか導入されていなかったRPAという概念が、ホワイトカラーの職場にも導入され始めています。

RPAとはRobotic Process Automationの頭文字を取ったもので、業務の一部もしくは全部を自動化することを指します。

ホワイトカラーにおけるRPAでは、「チャットボット」などが有名ですね。

チャットボットとは、カスタマーサポートの現場などに導入されている、自動応対ツールです。これによって、カスタマーサポートのコストが削減されるようになっています。

これからどんどんこうした自動化が実現されていくでしょう。

時代を先読みするならば、RPAやAIにまつわる資格を取得することをおすすめします。

まとめ:40代の転職に有利な資格はこれだ!

ここまで40代の転職に有利な資格を紹介してきました。もう一度まとめて見てみましょう。

40代の転職に有利な資格4選
  • 中小企業診断士
  • 不動産鑑定士
  • マンション管理士
  • 日商簿記1級

中小企業診断士は、どのような分野へ転職するにしてもおすすめの資格です。

他の3つについては、今回の記事で例として挙げた業界の中で、上級に位置する資格となっています。

あなたの業界の中で権威のある資格を探して、さっそく勉強を始めてみましょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
小野澤 優大
20代男性、福岡県在住。新卒で入社した企業で人事に抜擢され、数々の人材と経営視点で関わった経験を持つ。フリーライターとして転職系記事を多く執筆し、転職事情に豊富な知識や経験を有している。

関連コンテンツ