職業選び

40代が活躍する住み込みのお仕事とは?代表的な職種からなり方まで紹介!

「住み込み」の仕事と聞くと、学生時代の夏休みを利用して行う、リゾートバイトが思い浮かびますよね。

しかし最近では、40代などを対象としたミドル世代に対する住み込みの求人も、多く出ているようです。

住み込みということは、住める家が用意されているってことですよね。ちょっと興味が湧きませんか…?

今回の記事では、「住み込み」仕事に興味があるあなたに向けて、住み込みのお仕事について詳しくご紹介していきます!

住み込みの仕事の特徴とは?

住み込みの仕事の特徴はいろいろありますが、いちばん大きいのは、「通えない、通いづらい場所に仕事場がある」ということです。

  • 山の中、海辺、離島などのリゾートバイト
  • 僻地の広大な敷地内にある工場
  • 地方にある農業や酪農・漁業など

上記のような仕事が、住み込みの仕事になりがちといえます。

周りにほとんど人が住んでいない… でも、人手は欲しい

このような企業で募集されていることが多いのです。

肉体労働や農作業、立ち仕事などが多い印象があり、逆にデスクワークで住み込み仕事というのは、まず見かけないでしょう。

仕事内容は、研修を受けて何日か働けば、覚えられる作業が中心なので、経験がなくても飛び込みやすいお仕事だといえます

住み込みの仕事のメリット・デメリットは?

住み込みの仕事で働くにあたり、メリットやデメリットはあるのでしょうか。

それぞれを順に見ていきましょう。

住み込みの仕事のメリット

メリットとして、まずは住む場所が与えられるということでしょう。

金銭的な事情やその他で、いま住んでいるところを出る場合には、うってつけの仕事といえます。

住み込みの寮は古いアパートなどを想像しがちですが、実際の求人の多くは、家具・家電付きの小ぎれいなアパートだったりします。

しかも、無料で入れるところが多いので、これは助かりますね。

賃金も、時給1,000円以上と高めの設定が中心で、食事はまかないがつくところも多く、お金をためやすい仕事といえるでしょう。

その他にも、ペット連れやカップル入居OKの求人もあり、プチ移住感覚で、住み込み仕事をはじめてみるのもよいかもしれませんね。

住み込みの仕事のデメリット

デメリットとしては、まずは作業のキツさでしょうか。

肉体労働や重労働も多いので、慣れるまでが大変ですね。

運転免許がないと採用されない仕事も多く、ペーパードライバーはNGというところもあります。

実際にお客様を乗せて、狭い道を送迎するのも大事な仕事ですから、ペーパードライバーだとキツいですよね。

あとはやはり、人間関係でしょうか。

「訳あり」の人も多そうですし、中高年になるにしたがって、トラブルを起こしがちな人も増えてきます。

そういった人とも、何とかやっていかなくてはなりません。

また、知り合いもいない見知らぬ土地へ来たことで、あなたがホームシックになる可能性もあるでしょう。

孤独感や寂しさと、どのように付き合っていくかも、住み込みの仕事を続ける上でのカギとなってきます。

住み込みの仕事が向いている人とは?

住み込みの仕事は、なにか特別なスキルが必要ということはなく、社会人として普通のことができれば、とくに問題はないでしょう。

その中でも、以下に当てはまるような方に向いています。

独身者など、身軽な人

学校に通うお子さんがいる場合は、転居や転校手続きが大変となるので、やはり独身の方や身軽な人の方が、住み込みの仕事には向いています。

誰とでもまあまあうまくやっていける人

仲良くなる必要はありませんが、いろいろなタイプの人が働いているので、そういう環境でもトラブルなく仕事ができる人が向いているでしょう。

変化を楽しめる人

住み込み仕事は季節ごとに移動する場合があるので、いろいろな場所へ行って、変化を楽しみたいという人が向いていそうです。

早起きができる人

リゾート地や農業などの仕事は、とにかく朝が早いです。

早起きが苦にならないという人なら大丈夫ですが、逆に朝はゆっくり寝ていたいという方なら、ちょっと厳しいのかもしれません……

代表的な住み込みのお仕事と内容を紹介

ここでは、住み込みの仕事としてよく求人に出される、代表的な仕事をご紹介します。

リゾートバイト

まずは住み込み仕事の王道ともいえる、リゾートバイトです。

リゾートというくらいですから、環境は最高です。空き時間には、好きなドリンク片手にリラックス…なんてことも可能かもしれません。

仕事内容は、大量の洗濯物や食材の管理と調理、掃除、送迎など。正直キツいの一言でしょう。

それでもリゾートバイトが廃れないのは、やはりその土地が持つ魅力が大きいからなのでしょうね。

ホテル・旅館

いわゆる中居さんや、旅館でハッピを着ている従業員さんです。

リゾートバイトほどなんでもこなす…ということはないですが、宿泊客へのご挨拶など、マナーに厳しいところが多いでしょう。

中にはキツイお局様がいるところも…

ですが、宿泊のお客様からチップをもらえることもありますし、悪いことばかりじゃありません。

農業

思い浮かぶのは、北海道の広大な農地ですが、日本各地に農場はたくさんあります。

農業がかなりオートメーション化されたとはいえ、収穫や袋詰めは、品質チェックもかねて人力でやらねばならず、気をつかう瞬間でしょう。

ですが食べ物には困りませんし、オーナーに気に入られれば、そのまま就農できる可能性もあります。

▼未経験から農業へ転職の体験談
45歳で未経験職の農業へ!転職を成功させるたった1つの考え方料理人として長年働いてきた筆者が、45歳になって改めて本当にやりたい仕事を突き詰めたら、それは農業でした。40代で未経験であれば、転職活動に苦労もありますが、農業への転職を成功させた、たった一つの考え方をお話しします。...

まとめ:住み込みの仕事はデメリットを理解すれば天職になる!

今回は、住み込みの仕事を考える方に向けて、住み込みの仕事に向いている人や、その仕事内容を詳しくご紹介しました。

住み込みの仕事では、一定の期間で契約終了となることが多く、安定にはほど遠い仕事といえるでしょう。

それを理解したうえで働くのであれば、逆にいろいろな土地へ行けて、いろいろな人とふれ合える住み込みの仕事は、あなたの天職となるかもしれません。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
小野澤 優大
20代男性、福岡県在住。新卒で入社した企業で人事に抜擢され、数々の人材と経営視点で関わった経験を持つ。フリーライターとして転職系記事を多く執筆し、転職事情に豊富な知識や経験を有している。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ