転職前の悩み

営業を辞めたい!営業職が抱えがちな悩みと不安の解消方法を伝授します

多くの方が経験する営業職には、ストレスや悩みがつきものです。

売上や契約数などの数字で管理される営業職も多く、結果が出なければその分自信を失ったり、自分が本当にやりたかったことを忘れていってしまうでしょう。

この記事では、営業職にありがちな悩みの原因を、解消する方法をご紹介します。

営業を辞めたいと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

営業でありがちな悩みとは?

営業職に就いている方がもっとも抱えやすい悩みは、「契約が取れない」という不安に起因しています。

  • 自分はこの仕事に向いていないんじゃないか
  • 同期が先に結果を出して出世してしまった
  • 話し下手だから、営業の仕事が苦痛だ

上記のような悩みの根底にあるのは、「契約が取れない」ことへの焦りや不安です。

営業は契約をもらってくるのが仕事なので、契約が取れなければ、当然責められることもあるでしょう。

しかし責められたからといって、上記のような悩みをいだいてしまっては本末転倒です。改善につなげることもできず、スキルアップも見込めなくなってしまいます。

なにが原因で契約が取れないのか、自分なりに考えてみることが大切です。悩みの正体を見つめてみると、今の悩みを解消するためのヒントが見つかるかもしれません。

営業職が辛い、その原因を解消しよう

営業職が辛いという悩みの正体は、「契約が取れない」という状況に起因しています。

たとえば朝出社して、外回りに出る度に、契約を2本以上取れるとしましょう。この状況になっても、今の悩みに苦しんでいると思いますか?

おそらく、営業に向いていないという疑念が、頭をよぎることもないでしょう。

早々に出世の話が舞い込んでくるでしょうし、自分のトークに自信が持てるようになっているはずです。

あらゆる悩みのタネはシンプルで、「仕事がうまくいかないこと」に起因しているのです。

では、どうすれば結果がついてくるようになるのでしょうか。

やみくもに努力しても、結果がついてこないばかりか、どんどん自信を失ってしまうだけです。

  • 人見知りで上手くセールストークに持ち込めない
  • 同期と自分を比べて自信をなくし、上手く売れない
  • そもそも商材に魅力を感じていない

上記のように、人によって結果が出ない原因はさまざまにあるでしょう。

これらの原因をつきとめる前に、ノウハウだけを学んだとしても、逆効果になってしまいます。

どうしてこんなに頑張っているのに結果が出ないのだろう…

こんな風に思い悩んでしまって、

やっぱり自分には営業は向いていないんじゃないか

このような堂々巡りの悪循環におちいってしまうでしょう。

ではどうすれば、営業で結果を出せるようになるのでしょうか?

まず自分の何が問題で結果を出せないのか、その原因を見つめなおす必要があります。そのためには「内観」する必要があるのです。

営業で結果が出ないときに試してほしい方法

営業とは、いわば顧客と信頼関係を築くことです。

商材を通して顧客に価値を提供して、その結果、顧客の抱えている課題が解決され、報酬が支払われることで自分たちも潤います。

この好循環の口火を切るのが、営業職の果たすべき職務です。

顧客から仕事を獲得するうえで、上記の流れが非常に重要といえます。

「商材を通して顧客に価値を提供する」ことで、「顧客の抱えている課題が解決される」のだと、顧客に信じてもらわなければなりません。

顧客にとっても、営業であるあなたにとっても、未来のことはわかりません。

あなたの商材を買ったとして、本当に課題が解決されるかどうかはわからないのです。結果のわからないものに、お金を支払う人はいないでしょう。

だから、「試供品」や「信頼」といった代替物を通して、顧客と手探りで未来を模索していくのです。

営業がただの「モノやサービスを売る」仕事だと捉えているのであれば、その視点から変えていく必要があります。

試供品の提供ができないのであれば、あなたが顧客と一緒に未来を模索する上で、提供できるものは「信頼」しかないのです。

顧客の信頼を獲得するために、どのような行動を取ればよいかを考えるのが、まず第一のステップといえます。

営業は信頼を獲得するうえで、それぞれが自分の武器を使っています。

魅力的な商材を扱っている営業マンであれば、商材の良さを武器にして信頼に転換するでしょうし、話上手な営業マンであれば、自分のセールストークで信頼を獲得するでしょう。

このタイミングでようやく、「あなたが営業で成功しない理由」を模索するのです。

営業で結果を出すには、自分の不得手をカバーできる武器を見つけて、その武器をウリに顧客から信頼を獲得しなければなりません。

その武器を見つける上で重要となるのが、「内観」という考え方です。心理学の用語ですが、自分のことを客観視しながら見つめ直すという意味で用いられます。

自分の得手や不得手を改めて理解して、営業に活かす方法を考えましょう。

あなたの営業手法を変化させるもよいですし、内観しても営業に向いていないと思うのであれば、転職を考えるのも一つの手です。

営業から他の職種へ転職する際の思考法は?

先ほどご紹介した「内観」を行うと、自分の活かし方が分かってきます。

営業の手法を考えるという目的だけでなく、自分の本領を発揮できるのは、どんな分野なのかが見えてくるので、転職活動の際にも役立つでしょう。

まず内観を行い、自分の特徴をフラットな視点で整理しましょう。フラットな視点とは、固定観念を脱ぎ捨てて、まっさらな瞳で見つめるということです。

「人見知り」という特徴をフラットな視点で見ると、「話し下手」である前に、「自分がどう思われているか気になって上手く話せない」ことだとわかります。

さらに突きつめると、「自分の言葉が相手に与える影響を深く思慮できる」という長所だと気付くこともできるでしょう。

短所とは長所の裏返しでもあります。

フラットな視点で自分を見つめ直すことで、自分に最適な職業を導き出すことができるかもしれません。

まとめ:営業を辞めたくなったら思い出すべきポイント

営業を辞めたい」と思ったとき、本当は仕事をやめたいのではなく、「営業で結果が出ないのが辛い」ことが原因にあるのだと、正しく認識しましょう。

無意識で考えを変化させるこのような働きを、「防衛機制」と呼びますが、ときに物事の本質を見失わせてしまうのです。

この記事を参考にして、自分の感情や長所に、気持ちを向けてみることを心がけましょう。

自分の本当の気持ちに気づけば、自然と道がひらけて営業が上手くいったり、もっと適した仕事に気づくきっかけとなるかもしれません。

あなたも「内観」、ぜひ試してみてください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
小野澤 優大
20代男性、福岡県在住。新卒で入社した企業で人事に抜擢され、数々の人材と経営視点で関わった経験を持つ。フリーライターとして転職系記事を多く執筆し、転職事情に豊富な知識や経験を有している。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ