応募書類作成

40代転職は職務経歴書の自己PRで決まる?キャリアを活かす書き方を伝授します

40代から転職を志した方にとって、職務経歴書は悩ましいポイントです。

これまで勤めた企業や業種を記入し、どのような仕事に取り組んだのか伝えるだけでなく、あなたのアピールにも繋げなければなりません。

何をどう書けばよいのかわからずに、迷ってしまう方も少なくないでしょう。

職務経歴書を魅力的に仕上げるためには、自分のキャリアを棚卸しして、客観視する必要があるのです。

この記事では、魅力的な職務経歴書の作り方や、自己PRのコツを解説しています。

40代から転職を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書の自己PRには何を書けばよいのか?

職務経歴書には「自己PR」の欄が存在します。

これまで勤めた企業や業種、仕事内容に加えて、あなた自身の強みを伝えなければなりません。

自己PRに何を記入すればよいのかわからず、迷ってしまう方も少なくないのです。

企業が40代の転職者に求めているのは、経験豊富で即戦力になってくれることでしょう。中には、管理職として採用される方もいらっしゃいます。

いずれの場合でも、豊富な知識とノウハウが求められるので、自己PRに書く内容はそれに準じる形になるでしょう。

加えて、企業が求めている理想の人材像というのも考えなければなりません。

部下を抱えられる人材を求めている企業に応募する場合は、現場での経験で感じたことだけを書くのは少しもったいないです。

現場での豊富な経験に加えて、部下を従えた経験があるのなら、そこで感じたことや出した成果を記入するべきでしょうし、管理職経験がなかったとしても、全体を意識しながら動いていたことをアピールすれば、管理職の適性があることをアピールできます。

このように、「私は御社が求めている人材です」というアピールを盛り込むことで、効果的な職務経歴書を作成できるでしょう。

40代の転職で最も肝心なのは職務経歴書

40代の転職と、20代や30代の転職でもっとも異なる点は、経てきたキャリアの数と質です。

20代や30代の人材に対しては、ポテンシャル採用として、経験が浅くても採用する企業があります。

しかし40代で転職する際は、ポテンシャルをウリにするのではなく、これまで積み上げてきたものをアピールするほうが効果的でしょう。

なぜなら企業は、40代の中途入社の社員に対しては可能性ではなく、豊富な経験やノウハウによる、即戦力としての活躍を期待しているためです。

職務経歴書を読んだ担当者に対して、「御社が求めている人材です」というアピールだけでなく、あなた自身がこれまで積み上げてきたキャリアや経験を、しっかりと伝える必要があります。

職務経歴書を読んだだけで、「一緒に働きたい」と思われる職務経歴書こそ、内定につながる「良い職務経歴書」なのです。

良い職務経歴書を作成するには、自分の強みを自覚していなければなりません。

自分の強みを自覚する方法をお伝えします。

キャリアの棚卸しと将来の予測を立てよう

自分の強みや武器を知るためのヒントは、あなたの過去にあります。

ここでいう過去とは、おもにこれまでの社会人経験にあたりますが、40代であれば、長くて20年以上の社会人経験を経ている事になるでしょう。

そのなかで、さまざまな状況を経験してきたと思います。

経験のすべてを伝えるのは不可能です。ですので、とくに「あなたらしさ」が発揮された瞬間を、ピックアップして伝えるようにしましょう。

キャリアの棚卸しから、「あなたらしさ」を見つけよう

職務経歴書に記入する前に、自分のキャリアの棚卸しをすることになると思います。

職務経歴書を作成する際、入社から今に至るまで、どのような企業でどのような業種に携わってきたのかを羅列する作業が必要になりますが、実はその作業がもっとも重要となるのです。

職務経歴書はただ経歴を記す書式ではなく、あなたがその経験から、何を学び取ったのか記入する書類です。

起きた出来事に対して、あなたはどう感じてどのような対応を取ったのか、その結果どうなって、あなたは何を学び取ったのか。

それらを簡潔に記すことで、企業は職務経歴書から「あなたらしさ」を読み取るのです。

「あなたらしさ」が企業の求める人物像と重なれば、内定を獲得しやすくなることは自明の理でしょう。

企業の求める人物像と「あなたらしさ」を組み合わせる

内定を獲得しやすい職務経歴書を作成するために、まずキャリアの棚卸しを行います。

これまでの職務経歴や出来事を羅列し、自分がどう感じたのかも、合わせて記入しておきましょう。

キャリアの棚卸しが終わったら、企業が求めている人物像を調べます。

役職や業種、職種からもある程度は把握できますが、基本的には求人情報の欄に「求めている人物」として記載されていることがほとんどです。

そこから、企業の求めている人物像を読み取ります。

そして、キャリアから見えてきたあなたらしさを組み合わせて、企業の求める人物像と、当てはまるエピソードを記入しましょう。

採用担当者が惹かれる職務経歴書を作るには、自己分析と企業のニーズを組み合わせる必要があります。どちらか一方を記しただけでは、訴求力のある職務経歴書は作れないでしょう。

キャリアを裏付けにして魅力的な自己PRを作成しよう

40代の転職者にあって、20代の転職者にないもの、それは経験とスキル、ノウハウです。

20代の方にとっての自己PRと、40代の方の自己PRでは重みが異なります。40年近い人生のなかで、さまざまな経験をしてきたでしょう。

それらをうまくPRできれば、40代からでも転職を成功させることは可能です。年齢はハンデではなく、メリットになりうるのです。

この記事を参考にして、転職活動を有利に進めて内定を勝ち取りましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
小野澤 優大
20代男性、福岡県在住。新卒で入社した企業で人事に抜擢され、数々の人材と経営視点で関わった経験を持つ。フリーライターとして転職系記事を多く執筆し、転職事情に豊富な知識や経験を有している。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ