コラム

あなたは大丈夫?40代に多い「ぶら下がり社員」。必要な人材になる方法とは

ぶら下がり社員という言葉が広まって久しいですが、いまだに40代以降の社員の中には、企業に「おんぶにだっこ」という社員が散見されます。

かつては「窓際族」などと、揶揄されていたのが記憶に新しいでしょう。

企業で働いている誰もが、自分の持っている能力を活かしきれているというわけではありませんが、企業に「おんぶにだっこ」の状態が続いてしまうと、人材としての価値も薄れていってしまいます。

ぶら下がり社員を減らすには、どうすればよいのでしょう。また、企業から必要とされる人材になるには、どのような意識が必要なのでしょうか。

この記事では、ぶら下がり社員に焦点を当てて、企業に必要とされる人材について解説します。

ぶら下がり社員とはどのような人材をさすのか

「ぶら下がり社員」とは読んで字のごとく、企業へぶら下がるばかりで、企業へ価値を提供しない社員を揶揄した言葉です。

かつては窓際族などと称されていましたが、最近ではこうした社員の状態を、「ぶら下がり」と呼んでいます。

企業に属する社員は、賃金を受け取る代わりに業務に従事し、企業のために働いて、利益をもたらすというのが本来の姿でありますが、ぶら下がり社員は価値の提供を行いません。

「指示された仕事」はこなすものの、それ以上のことはしない社員に対しても、ぶら下がり社員と称することがあります。

つまり、自分の頭で考えて先回りをしたり、より良くするための改善を行わない社員のことを、ぶら下がり社員と呼ぶわけです。

ぶら下がり社員という言葉が一般的になる前から、日本の労働力低下は嘆かれていました。

海外に比べて仕事に対する熱量が低く、当事者意識や主体性をもって、物事へ取り組む姿勢を見せない社員が多くいたのです。

しかしぶら下がり社員には、「怠けている」という意識はありません。指示された仕事を淡々とこなし、大きなミスを犯すわけでもないのです。

だからこそ、企業にとってぶら下がり社員は、非常に扱いに困る存在となっています。

企業に必要とされない人材とは?

自ら考えて動かない社員は、企業にとって必要な存在とはいえません。

そもそも企業とは、利益を生み出し続けるための組織であり、そのために働く社員に、毎月決まった給料を支払っています。

つまり一人一人が、受け取る給料分以上に利益を生み出すからこそ、企業は存続していけるのです。

給料分の働きしかしない社員ばかりになってしまえば、企業組織は成り立ちません。つねに火の車で、自転車操業を強いられることになるでしょう。

余剰利益を生み出し、それを先行投資に回して新たな事業をつくる。このような未来へ、前へと進む姿勢が常に必要となるのが、企業という組織のあり方です。

企業の中で棒立ちの人が多くなってしまえば、次第に前へ進む勢いを失い、ついにはその場に立ち止まってしまうことでしょう。

ぶら下がり社員とは、企業にとって必要とされていないどころか、ビジネスの勢いを減速させて、倒産のリスクを高める危険な存在でもあるのです。

あなたの周りにも、現場の士気を下げる同僚がいるのではないでしょうか。

このような怠け者の社員は、同僚や他部門の売上によって給料を受け取っているという意味で、「タダ乗り社員」と揶揄されています。

このような者が少数派であるうちはまだ良いのですが、ぶら下がり社員やタダ乗り社員の考え方が組織に蔓延してしまえば、企業はたやすく空中分解してしまうでしょう。

仕事を「待つ」という姿勢ではなく、自分の持っている独創性や想像力を武器にして、仕事を「創る」側に回る人材こそが、企業にとって喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

組織の中で自分の価値を活かすコツ

組織の中で、自分らしさや主体性を保ちつづけることは、非常に難しいと言わざるを得ません。

失敗は許されないという重圧とともに、日々の業務に取り組みながら、自分の考えを発信することは、一種の挑戦ともいえるでしょう。

失敗すれば責任を自分が負うわけですから、そんなリスクを冒すくらいなら、「指示されたこと」だけを淡々とこなしておこう、このように考えるのがぶら下がり社員の特徴です。

しかしそれでは、企業にとって価値はありませんし、なにより仕事が味気ないものになってしまいます。

自ら挑戦して、責任と成果の間で業務に打ち込むからこそ、仕事に熱意が生まれて、周囲を巻き込み、大きな成果をもたらすのではないでしょうか。

ぶら下がり社員にならないためには、なによりも仕事を「楽しむ」ことが肝心なのです。

ぶら下がり社員にならないためには

ぶら下がり社員は、日々の業務を楽しいとは感じていないでしょう。

会社の仕事を「お金をもらうための場所」と捉えているから、自分で考えて動いたりはしないのです。

しかし、楽しみながら仕事をしている人は、仕事を「自分を活かす場所」だと考えています。

つまりそういった人にとって、職場は「お金をもらうための場所」である以上に、「挑戦の場」であり、「正当な評価を受け取る場」でもあるのです。

ぶら下がり社員にならないためには、挑戦をやめないことです。

続々と入社してくる若手社員を潰すのではなく、どんどんと育て上げて、自分と張り合えるような存在へ導いてあげましょう。

同僚を羨んだり、結託して会社の悪口を言うのではなく、共に張り合えるライバルとして、良き仲間でありましょう。

しっかりと張り合ったり、認めあうことで、日々の業務はやりがいのある仕事に変わります。

そして気がつけば、企業にとっても周囲の人にとっても、あなたは必要とされる人間になっているのではないでしょうか。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
小野澤 優大
20代男性、福岡県在住。新卒で入社した企業で人事に抜擢され、数々の人材と経営視点で関わった経験を持つ。フリーライターとして転職系記事を多く執筆し、転職事情に豊富な知識や経験を有している。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ