入社準備

40代の転職者が新しい会社で心掛けたい5つの姿勢

40代の転職は気苦労が絶えません。家庭生活のこと、親の介護など、考えなくてはいけないことが多いのです。

よい転職先を決めることには注力するものの、その会社に入ってからことを準備できていないというケースを見かけます。

40代にとっては、まだまだ仕事人生は長いわけですから、新しい会社での仕事のスタートを、どのように迎えるかは非常に重要なことでしょう。

今回はそのような振り返りをするためにも、40代の転職者が新しい会社で心掛けておきたい、注意すべき点についてお話ししていこうと思います。

あいさつや言葉づかい、基本事項を徹底する

社会人としてベテランの域に入る40代の人でも、新しい会社に入って最初のうちは、あいさつや言葉づかいなどの基本的なことに気を配っていると思います。

しかし、しばらくして業務に慣れが出てくると、疎かになっている人をよく見かけます。

40代転職の場合は、同じ職種での転職というケースも多いので、業務に慣れて安心感が出てくると、あいさつなどの基本事項がつい雑になってしまうのでしょう。

しかしいくら即戦力の採用といっても、転職先ですぐに一人で実績をあげられるものではありません。

やるべきことをしっかりやりながら、あいさつなどの基本事項は徹底して行い、社員の方やお客様、関係者様に早く顔を覚えてもらうことを心がけましょう。

自分では気をつけているつもりでも、上から目線に取られる40代の人は多いです。

自分の言葉づかいが上から目線に聞こえることはないか、家族に聞いてみたりなどして、十分に気をつけましょう。

業務遂行しながら、社内環境を把握する

これまでの経験を活かして転職するというケースでは、早く実績をあげて認めてもらいたいという気持ちから、「オレがオレが」と前に出すぎてしまう人を多く見かけます。

早く実績をあげたいという気持ちはわかりますが、大事なことは転職先の社内風土を乱したり、否定するような行動は慎むことです。

実績をあげることに注力する前に、直属上司の考え方や同僚の気質、社内の文化や社内のキーマンの把握など、こういったことを学びながら業務遂行に当たるべきです。

40代の転職者には、即戦力としての力量とともに、全体を見渡し行動できるマネジメント力も求められているのです。

報連相を確実に、萎縮せず取り組む

40代の転職では、即戦力としての採用が多く、手取り足取り指導されることもないでしょう。

「自分のやり方で仕事をしてもらっていいですよ」

こんな風に言われることも多いので、良いところを見せようと、張り切りすぎるケースが多いです。

このような時に注意したいのが、仕事の「報連相」を確実に行うことです。

あいさつなどの基本事項の徹底を守り、しっかりと報連相を実行しながら業務に当たることで、社内の雰囲気やキーマンは誰なのか掴めるでしょうし、社内や社外の関係者の方に、顔を覚えてもらえる機会も多くなるでしょう。

言葉づかいなどの基本姿勢を守りながら、報連相をしっかり実行する仕事姿勢は、周りに好感されます。あなたの仕事に対する言動を、出すぎた行為だと受け取る人がいなくなるでしょう。

仕事スキルを持っている人ほど、細かい報連相を省略して行動しがちです。しかし今一度、自身の経験から適切な報連相を振り返り、それを遂行する必要があります。

  • あいさつなどの基本姿勢をしっかり守ること
  • 報連相をしっかり実行すること

この2点を徹底して業務にあたることで、出すぎた言動と取られることもなくなりますし、変に委縮してしまうようなことも避けることができます。

ベテランの転職者ほど、仕事の基本姿勢を確実に行うことを意識しましょう。

前職でのやり方、自分のやり方に固執しない

仕事がベテランの域に達していると、転職先での仕事のやり方で、無駄なことや「こうした方がいいのに」と思ってしまうようなことに、ついつい目が行ってしまうと思います。

「うちの会社の悪い点で、気付いたことは言ってくださいね」

このような言葉を真に受けて、つい口にしてしまうことがあるかもしれません。

しかし、「前職ではこうやっていた」「こうした方が良いのに」というような言い方は慎みましょう。

好意で言ったつもりでも、あなたが上から目線の人ではないかと受け取られかねませんし、相手が反発してくる場合もあります。

前職での仕事のやり方が、転職先でも本当に効果的なのかは、客観性をもって示す必要がありますし、前職の話を持ち出さなくても、自身の行動で改善策を示せばよいのです。

また同じ職種だとしても、会社が違えばお客様や社内関係者の評価が違うわけですから、仕事のやり方の評価も異なる場合があります。

今までの自分のやり方に固執することなく、環境に合わせて変化、対応できる柔軟性が、40代転職者には求められているのです。

まとめ:新しい会社で心掛けたい5つの姿勢

新しい会社で心掛けたい5つの姿勢
  • あいさつや言葉づかい、基本事項を徹底する
  • 業務遂行しながら、社内環境を把握する
  • 報連相を確実に、萎縮せず取り組む
  • 前職でのやり方、自分のやり方に固執しない
  • 環境に合わせて変化、対応できる柔軟性を持つ

40代の転職者は即戦力としての採用ですが、全体を見渡せる視野も求められています。

そして仕事環境の変化が激しい現在においては、変化に対応できる柔軟性も必要とされます。

仕事スキルを向上させる姿勢はもちろん大切ですが、言葉づかいなどの基本事項を大切にして取り組みましょう。

何をいまさらと感じた方もいるかもしれませんが、実際にこのような姿勢を忠実に守っている方というのは、それほど多くないのです。

今回取り上げた5つのポイントをしっかりおさらいして、新しい会社のスタートを準備万端で迎えられるようにしましょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
TAKUZO
50代男性、兵庫県在住。建築不動産業界で30年働いています。バブル崩壊や会社倒産、リーマンショックを乗り越える。5回の転職で平社員から代表取締役まで経験しました。愛犬の散歩がくつろぎの瞬間です!

関連コンテンツ