面接対策

40代転職者が面接で注意するべき5つのこと

40代の転職者は社会経験も豊富で、仕事の業務経験も十分ですから、面接について普段どうりの自分を出せばいいと軽く考えていないでしょうか。

しかしその気持ちが、間違いの元になることがあるのです。

一通りの社会経験を積んでいて、仕事スキルもある。自分は十分に会社に貢献できると伝えたいあまり、言葉遣いが上から目線と取られたり、態度が尊大だと感じられてしまっては意味がありません。

40代の転職希望者は、経験が豊かなうえに、頭を下げて謙虚な姿勢を示せる人でないと、転職先の企業は新しい仲間として受け入れづらいと感じてしまうかもしれません。

そこで今回は、自身の過去の経験から感じた、40代の転職者が面接において、注意するべき点についてお話ししていきたいと思います。

面接は最初の印象が大切!初心に戻ろう

未経験職に40代で転職

社会人としてベテランの域にある40代にとっては、面接においての基本事項は言われなくても分かりきっている。

逆に自分は面接をしたり、指導していた立場であるという方も多いかもしれません。

しかし自分で思うほど、しっかりと挨拶や身だしなみ、礼儀作法や言葉遣いができている人は、意外と少ないということを自覚しておく必要があります。

もう一度新入社員になったつもりで、家族の人に見てもらうなどして、基本的な事項ができているかどうか確認してみましょう。

自分のクセというのは、自分では分かりにくいもの。とくに挨拶や言葉遣いは、面接官に与える印象が強いので注意が必要です。

40代の転職者にとって、新人のような初々しさは必要ではありませんが、好印象を持たれるふるまいができているでしょうか。

面接では最初に会った印象、最初に話した内容が非常に重要となります。今いちど初心に戻って、一つ一つの基本事項を確認しましょう。

質問には適切に答えよう!しゃべり過ぎは禁物です

履歴書や職務経歴書の内容を、キチンと頭に入れて面接にのぞむのはもちろんのことです。

面接官の質問に対して、要点を理解した上で、少ない言葉で的確に応対することが大切です。

今までの経験した業務内容についての質問には、つい力が入って多くを語りがちになります。語りすぎると独りよがりな内容になり、脈絡のない話となってしまいます。

面接官は40代の転職者に対して、話をうまくまとめられるかで、自己マネジメントやコミュニケーションのスキルを見極めています。

しゃべり過ぎにはとくに気をつけて、適切に質問に答えることを重視して下さい。

答えにくい質問には落ち着いて答えよう

40代以上の中高年転職者の面接では、あえて答えにくいことを質問して、その回答姿勢を見ることで、問題解決力やストレス耐力を判断しようとすることがあります。

いやな質問や答えにくい質問のときほど、慌てずに適切な回答をできるように、しっかり準備しておくことが必要です。

  • 退職理由
  • 家族に要介護者はいるかどうか
  • 持病がある場合はどのようにケアしながら業務に当たるのか

上記のような質疑回答については、想定問答を作って十分に対策したうえで、落ち着いて答えられるように準備しておきましょう。

40代の転職には、求人内容の仕事スキルやコミュニケーションスキルとともに、問題解決力やストレス耐力も求められるのです。

面接官が何を求めているのか考察する

求人企業の面接官が、応募した求人についてどのよう人物を想定しているのか、面接までによく考えておく必要があります。

応募企業の内容について調べるのは当然のことで、ホームページに書かれている内容を、そのまま話しているようでは能がありません。

いま現在は人手不足で、40代の求人も活況となっている状況ですが、できれば20代や30代の、社会性や仕事スキルを持った若い人材が欲しいのが、求人企業の本音ではあります。

40代の転職者においては、20代や30代よりも即戦力性に優れており、貢献に対する期待が面接の中で感じられて、入社したらしっかりと戦力になると面接官に印象付ける説得力が必要です。

説得力を感じてもらうために、採用企業の担当者が求めている人物像と、自分を照らし合わせて、よく考えしっかり準備して面接にのぞみましょう。

まとめ:40代転職者が面接で注意すべき5つのこと

40代転職者が面接で注意すべき5つのこと
  • 挨拶や言葉遣い、服装などの基本事項を一から確認すること
  • 面接官の質問の要点をつかみ、少ない言葉で的確に応対
  • 出来るアピールでしゃべり過ぎないこと
  • 答えにくい質問は事前に対策して、冷静に対応
  • 面接官が求めている人物像を、自分に照らし合わせて対策する

今回は、40代の転職者が面接において、注意するべき点についてお話ししました。

このように書いたとしても、そんなことは十分に身についているので、私は大丈夫という方が多いかもしれません。

繰り返しとなりますが、自分はできていると思っていても、実際はできていない人が多いということを、いま一度認識して下さい。

一つ一つの細かい点を自分で再確認して、場合によっては家族に見てもらうなど、何度も繰り返しおさらいしておきましょう。

仕事がどれだけ出来る人でも、好感が持てない相手には、面接官は採用しようとは思いません。

面接にのぞむ際には、初心に戻って面接官の立場に立って、ご自身の応対が採用したいと思う相手となっているか、自問自答してみましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
TAKUZO
50代男性、兵庫県在住。建築不動産業界で30年働いています。バブル崩壊や会社倒産、リーマンショックを乗り越える。5回の転職で平社員から代表取締役まで経験しました。愛犬の散歩がくつろぎの瞬間です!

関連コンテンツ