転職活動

【40代転職のコツ】自分の売りをしっかり掴み、全体最適を心掛けよう

40代といえば、仕事の要領もわかってきており、自分なりの仕事のやり方も持っているのではないでしょうか。

ただ、要領を得た今までの仕事のやり方というのは、あくまでも勤めている会社内での、ルーティン化した業務スキルでしかないのです。

40代の転職においては、今までのポジションでつちかってきた仕事のスキルを、転職先の会社でどのように活かしていくか、しっかりと把握しておく必要があります。

今回は、40代の転職を成功させるコツとして、

  • 自分の仕事スキルを棚卸して、売りとなる強みを見いだすこと
  • コミュニケーション力を発揮して、転職先で全体最適を図れること

この2つのポイントについてお話ししていきます。

40代の転職では、仕事スキルの棚卸が必要

私自身も40歳で転職した際に、しばらくは業務に当たっている中で、戸惑うことが多くありました。

営業企画の課長職で転職したのですが、上司への報告の仕方や部下への指示の出し方など、いままでのようにしっくりいかないケースが多々ありました。

同じような業種の仕事に転職した場合でも、働いている人たちが違えば社内文化や環境は一変するわけですから、違和感があって当然といえるでしょう。

しかし40代の転職では、仕事のスキルを備えている前提での採用が多いので、そのギャップを早めに埋めていきながら、業務遂行していく必要があるのです。

自分の仕事スキルを洗い出そう

ギャップを埋めるためには、自分の仕事スキルと転職した会社の業務で必要なスキルを見比べて、カスタマイズしなおすことが大切です。

これまで身につけた自分の仕事スキルについて、自分は分かっているつもりでも、適切に言語化して実行に移せる人は少ないでしょう。

転職活動をする際に、いままでの自分の仕事スキルを洗い出して、きちんと人に説明できるように棚卸をする必要があります。

自身の仕事スキルを書き出して、何度も見直しましょう。

そうする事によって自分の強みが分かりますし、何が自分の売りポイントになるのかを理解することができます。

40代は即戦力としての採用

40代の転職では、即戦力としての仕事スキルが求められます。

今の転職市場では人手不足の会社が多く、ある程度の仕事スキルを備えた40代転職希望者には、十分チャンスがある環境となっています。

募集する会社の状況によっては、早い成果を期待して、あえて40代の転職者を採用する企業もあるでしょう。

転職先で早期に成果をあげながら業務遂行するには、自分の仕事スキルの中で売りとなるポイントや足りてないポイントを洗い出して、上司や部下と共有しながら業務推進していくことが必要となるのです。

今までの仕事スキルに固執しない

新しい会社で業務を進める上で、今までの仕事のやり方にこだわり過ぎないようにしましょう。

みんなから浮いてしまいますし、早期の成果を求められる40代の転職において、初速を遅らせる要因となってしまいます。

今までの仕事スキルで、売りとなる点は前面に出して業務執行にあたり、足りない点は素直に教えを乞いながら、新しい仕事スタイルをスピード感をもって構築することが大切です。

スタッフとしての採用、管理職としての採用

40代は仕事で脂が乗ってくる時期です。今まで経験してきた職種によって、持っている仕事スキルは人によって大きく違うでしょう。

担当スタッフとして自分の業務に邁進してきた人、管理職として部門内の管理業務を経験した人、経営に携わる経験をした人など、幅広い人材がそろっているのも40代人材の特徴ではないでしょうか。

求める採用スキルとマッチしているか

企業側が40代をイメージしている求人は、以下のような採用パターンがあると思います。

  • 以前の経験を活かしてもらうべく担当スタッフとして採用
  • 管理職として全体のマネジメント業務スキルを求めて採用

採用企業が求める人材スキルと、今までの自分の仕事スキルがマッチするのか、しっかり見極める事が大切です。

40代転職者のスキルが多種多様であるように、40代の採用を検討する企業側も求める要望はさまざまです。

転職活動をする上では、人材紹介会社や面接時にしっかりと確認して、ミスマッチが起こらないようにしていきましょう。

コミュニケーション力も求められます

転職して早々に成果を出したがために、今までの仕事のやり方で十分通用すると過信してしまい、部門間で浮いてしまう転職者を見かけることがあります。

今の組織が硬直していて、企業側が新しい空気を起こすことを期待している場合もありますが、短期間では効果があっても、長続きしないことが多いのです。

会社は営利企業ですので、売上をあげて会社の利益に貢献することが一番なのですが、一人だけでやり過ぎてしまうと、組織間にギクシャクした感じを与えてしまって、マイナスの評価となってしまう場合があることも心得ましょう。

まとめ:全体最適を心がけよう

40代の転職希望者を採用する企業は、採用者に組織全体を見て行動をしてくれるものと期待している場合が多いです。

ですので、自分の成果を上げていくとともに、組織全体のレベルアップを図れるように業務遂行する必要があります。

40代であれば、仕事に必要なコミュニケーション力を、すでに持っていると自負している人も多いでしょう。

ですが、新しい仕事環境でのコミュニケーションは、新しく考えて覚えなくてはいけないことが多々あることを、十分に認識して行動する必要があるのです。

企業から社会人としての責任も求められる、それが40代の転職の特徴といえるでしょう。

40代の転職を成功させるカギは、自分の仕事スキルをよく洗い出して理解した上で、コミュニケーション力も深化させることではないでしょうか。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
TAKUZO
50代男性、兵庫県在住。建築不動産業界で30年働いています。バブル崩壊や会社倒産、リーマンショックを乗り越える。5回の転職で平社員から代表取締役まで経験しました。愛犬の散歩がくつろぎの瞬間です!