家族の理解

40代の転職は仕事と家族生活のバランスが大切です

40代は子供の教育費や住宅ローン等を抱えて、これからお金がかかる時期です。会社勤めをしている人で、十分な余裕があるという人は少ない年代ではないでしょうか。

ひと昔前であれば、安定した企業にいるのなら、しがみついてでも働き続けるのが得策でしたが、終身雇用制が崩壊してきている現在では、40代での転職は普通に起こり得る状況になってきています。

その時に考えなくてはいけないことは、現在の生活が転職をすることによって、どのように変わるのかよく想像しておくことです。

転職で年収が増えたとしても、仕事と家庭生活とのバランスが崩れてしまっては、長い人生において得策とは言えない場合もあるのです。

今回の記事では、40代で転職をする際に、よく考えて確認しておかなければいけない、家庭生活についてのお話をしたいと思います。

現在の家計支出を把握しよう

40代の皆さんは、会社で仕事に追われて忙しい日常を過ごしながら、家庭を奥さんが守ってくれて、子供も学校や塾で忙しく、充実した日々の生活を送られていると思います。

では実際に、月々かかっている家計支出について、正確に把握されていますでしょうか?

転職を考える際に、今の生活で実際にかかっている生活の支出金額を、きちんと把握しておくことが大切です。

転職によって年収が増える場合もあれば、現状維持、あるいは下がる場合もあるのです。

40代というのは仕事人生の半ばであり、現在の生活に必要な支出を奥さまと一緒になって考え、正確に把握した上で、長期的な生活支出についても話し合う必要があります。

場合によっては、奥さまの助けも必要になるかもしれません。

家族生活の長期プランを確認しよう

40代の家庭では、子供たちの高校や大学への進学、住宅ローンの支払い、または住宅購入や買換えなど、イベントごとがたくさん控えていることでしょう。

会社の状況によって、転職せざるを得ない状況の人は、転職先を確保することばかりにとらわれて、家族生活の話をないがしろにしてしまいがちです。

しかし本来であれば、今後の家族生活のことを奥さまや、場合によってはお子さんと、オープンに話し合いながら、転職活動を進めることが大切なのです。

よい転職先に就職できて、結果的に家族に迷惑をかけずに済んだとしても、転職活動というのは、それなりに奥さまやお子さんも気を使っています。

家族とよく話し合って転職活動を進めることで、家族の絆を深めることができますし、その後の仕事生活にも活きてくることでしょう。

現在の生活が維持できる転職が可能か、家族と共有する

女性の積極的な社会進出が進んでいる現在ですが、それでも家庭の稼ぎの主たる部分を、ご主人が担っているというケースは多いと思います。

40代で転職を検討する場合は、家族とよく話し合って、現在の生活を維持した転職が可能かどうか、よく考えたうえで行動しましょう。

そうはいっても、会社側の都合で転職まで時間がないケースや、精神的に余裕がないケースもあるかもしれません。

しかしこのような場合でも、家族間でよく話し合うことで、転職に対して自分が押さえておくべき、基本事項を固めることができるのです。

現在の収入と転職後に想定される収入をよく確認し、今後の収入予想と中長期でかかる家庭生活の費用を洗い出して、家族の中でしっかり確認しておきましょう。

40代は仕事人生の道半ば。仕事人生の全体を吟味しよう

仕事人としてベテランの域にさしかかる40代の人にとって、転職活動というのは、今までの仕事人生で培ってきた経験を振り返り、これからの仕事人生を吟味することができる大切な時間です。

この機会に、あなたの仕事人生における、全体の工程を考えてみましょう。

仕事人生全体の工程表を作ってみよう

40代であれば、あと20年以上は仕事生活が続くでしょう。

転職する理由はさまざまでしょうが、長い人生を自分なりに有意義に過ごしたいとの思いを持ち、仕事に取り組んでいるのではないでしょうか。

社会人になってから、今までのことを振り返ってまとめるとともに、40代を仕事人生の半ばとして、今後の定年までの工程、できれば定年後の生活を含めての工程を練ってみましょう。

そうすることで、今後の仕事に対する自分の姿勢を明確にすることができます。

40代の転職は、仕事と家庭生活とのバランスが取れるかが重要

求人企業は40代の転職希望者に対して、基本的な仕事スキルは持っているとして、採用を考える場合が多いので、今までの職種かそれに近い職種で転職するケースが多くなります。

だからこそ、わかったつもりで急いで転職してしまい、転職した後に、条件や環境の違いに戸惑って、後悔してしまうことも多いのです。

一番大切なポイントは、仕事と家庭生活とのバランスが取れる転職であるかどうかです。

年収が上がって、就業時間や無理な要求のない転職ができれば一番ですが、数回の面談ですべてがわかるものではありません。

自分にとってよい転職先かを見分けるためには、仕事と家庭生活の全体をよく考えて、仕事における、自身の基本的な考え方をまとめておく必要があります。

まとめ:40代の転職は家族との話し合いが大切

40代の転職が一般的になった現在でも、40代というのは、生活において一番お金が必要な時期ですから、大きなプレッシャーがかかります。

自分一人で抱え込もうとしても、家族である奥さまやお子さんには伝わってしまうものです。

無理に一人で背負い込むのではなく、家族でオープンに話し合い、そして仕事に対する自分の基本姿勢を固めることが重要ではないでしょうか。

結果として、その姿勢が転職エージェントや求人企業にも面談などで伝わるものです。

家庭生活を崩さずに、働き続けられる会社かどうかを、見極める目安にもなるでしょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
TAKUZO
50代男性、兵庫県在住。建築不動産業界で30年働いています。バブル崩壊や会社倒産、リーマンショックを乗り越える。5回の転職で平社員から代表取締役まで経験しました。愛犬の散歩がくつろぎの瞬間です!