転職活動の悩み

40代の転職がうまくいかない7つの原因とは?誰もが陥るマイナス要因を解説します

転職活動が思うように進まないし、その原因もわからない…

このようなことはありませんか?

筆者自身もこれまで何度か経験した転職活動の中で、決定打を放つ、最後の勝負に出るという前に、過程の段階ではよく迷走していました。

しかし振り返ってみると、40代の転職うまくいかないというのは、自分自身の内面に問題があることが多いものです

今回の記事では、筆者自身の経験に基づいて、40代の転職がうまくいかない原因についてお話ししていきます。

筆者の主観が中心なので、ところどころ一般的要素に欠ける箇所があるかもしれませんが、40代転職のリアルな話としてお聞きください。

40代の転職がうまくいかないのは、自己の内面の問題が原因であることが多い

40代の転職がうまくいかないのは、ある意味当たり前です。求人数が少ないのも同様です。これはしょうがありません。

ただ、この現実を受け止めた後に、何か次の行動を起こしていますか?すぐ諦めていませんか?

例えば、自分が進みたい業界の企業のホームページを、すべてチェックしてみましたか?

中小企業であれば、広告費用を抑えるため、求人媒体に出さずに自社のホームページでのみ、求人募集を出していることが結構ありますよ。

もう一手、何かしようという意欲や心掛けが大事です。

40代ならではの知恵と行動で、他の年代を含めた競争相手と戦うことが、40代転職での成功への道筋といえるでしょう。

そのためには常に自分を省みて、揺るぎない自分の軸をしっかり持ち続けることが大切なのです。

1.考えや行動に一貫性がない

転職理由や退職理由を深く追求しないと、方向性や優先順位がしっかり定まりません。

転職理由・退職理由…本当の理由は??希望の優先順位をつける

あなたはなぜ、今の会社を辞めて、別の会社に移りたいのでしょうか?

  • キャリアアップしたい
  • 給料が安い
  • 転勤ができない
  • 会社の経営状態が悪い
  • 社内の人間関係
  • 家族との時間をとりたい

上記のように、理由は人それぞれでしょう。

筆者も40代で何度か転職しましたが、その理由は以下のとおりです。

  • 属していた業界が斜陽気味だったので、異業種への転職を考えた
  • 超ワンマン経営者の元からの脱出を図った

前者の場合は、切羽詰まった状況でもないので、時間をかけて転職活動をし、次の就職先を決めてから退職したのです。

後者の場合は、そのまま会社に残っていると精神が病んでしまいそうだったので、まずは退職することを最優先に考えました。

次の就職先が決まる前に退職して、派遣社員として食いつなぎながら就職活動をしたのです。

このように理由がハッキリしていれば、次に取るべき行動の優先順位もつけやすくなります。

中途半端な転職活動は成功を遠ざける

途中途中での柔軟な発想の転換は必要ですが、基本方針が「あっちへフラフラ、こっちへフラフラ」では、すべてが中途半端な転職活動になってしまうでしょう。

しっかりとした軸があれば、

何を優先して何を妥協すべきなのか?

このようなことがおのずとハッキリしてきます。

希望の優先順位をつけて、譲歩できる事項を整理し、欲張りすぎた成功を求めないことが重要です。

戦術は柔軟性が必要ですが、戦略は一貫性が求められるのです。

2.自分を見極められない

自分の市場価値を見極められなかったり、現実を理解していない人がたくさんいます。

自分を客観的に評価する。あなたと似たような実力の人を評価してみる

理想を求めすぎて妥協が出来ないと、転職活動が長引きます。

理想が高いことは決して悪いことではありませんが、現実に照らして、妥当な理想かどうかを判断することは重要です。

自分を客観視できない人の考え方
  • 40代での転職は、収入ダウンが当たり前なのに、頑なに収入アップにこだわる
  • 過去の所属企業にこだわり、中小企業への転職を視野に入れない
  • プライドが高いため、企業の求める人材像を都合よく勝手に解釈する
  • うぬぼれのせいか、すぐ採用されるだろう、と楽観的に考えている

自分を客観視して、企業目線で自分を見ることができていない人は、上記のような考え方になってしまいます。

労働市場全体が「売り手市場」であったとしても、40代の転職は「買い手市場」なのですから、あくまで私たちは採用してもらう立場であると心得ましょう。

こちらがアピールするスキルが、相手のニーズに合っているかどうかが重要なのです。

3.メンタルコントロールが出来ていない

心理的ストレスをうまくコントロールしないと、長丁場の戦いをしのげません。

40代の転職活動は孤独との戦い

20代の頃の転職と違って、40代の転職では背負っているものがぜんぜん違います。

  • 家庭がある
  • この先何度も転職できず、不退転の覚悟で会社を決めねばならない
  • 誰にも相談できない
  • 転職活動をしている友人もいない
  • 仲の良い同僚への後ろめたさ
  • 転職活動が周りに気づかれていないか注意を要する

40代の転職では、とくに孤独な戦いを強いられるのです。

揺らぐ気持ちをコントロールできない

転職活動が長引いたとき、筆者もどんな会社を目指せばよいのか、よく分からなくなりました。

  • 内定をもらいやすい会社」を狙うべきなのか?
  • 本当にやりたい仕事が出来る会社」を選ぶべきなのか?

……もう何が何だか分からなくなります。

いま思えば、答えは明確であり、自分を取り巻く環境を客観視できていなかったのですが、精神的な疲れもあったのでしょう。

おかげで、諸条件が自分にピッタリ合う、貴重な応募先を見逃してしまったこともあります。

また、転職活動の開始当初は、「簡単に決まらないのが当たり前」ということが理解できず、

こんなはずではない!

このように一人で焦っていた時期もありました。

そのうち、あきらめ感が出てきたり、慎重になりすぎたり…。ブレブレな心理状態を、うまくコントロールすることができなかったのです。

自己の存在価値に否定的になる

無職の状態だと、社会とのつながりがなくなります。でも、自分がいなくても、世の中は普通に回っています。

そのうち、自己の存在価値を疑うようになったりしました。

コミュニケーションには自信があったはずなのに、採用されてもいない会社の入社後のことを考えて、

会社に馴染めるかなぁ?

こんなふうに不安になったり。

とにかく何を考えても、マイナス思考になりがちです。

転職活動が長引くほど、自信も無くなっていくものなのです。

4.年齢という壁を乗り越えられない

不採用を全て年齢のせいにしていませんか?
「40代」をプラスに変えることもできるはずです。

「やるしかない」のだから、年齢を言い訳にはしない

40代での転職が厳しいのは、分かり切ったことです。

ただ、可能性があると思うからこそ、もしくは「もうやるっきゃない!」と思うから、その道を進んでいるわけですよね。

実際に40代でも転職できた人は、筆者もそうですし、筆者の周囲にもたくさんいます。

「年齢のせい」というのは、もちろん正解の時もありますが、年齢ばかりが原因なのかといえば、そうではないのです。

また、40代同士の競争であれば必ず勝てるのかといえば、そんなこともないでしょう。

20代や30代に打ち勝つ術を考える

40代として身に付けている立ち振る舞いは、もちろん劣るわけにはいきません。

年齢に応じた彼らに負けないスキルを、書類でも面接でもアピールしなければならないのです。

年齢的には彼らよりも劣るであろう、体力や記憶力なども、それを補う工夫を示す必要があります。

ふだんから運動をしているとか、忘れない努力・工夫をしているとか。40代ということを感じさせない元気も必要なのです。

40代という年齢をプラスに転化し、アピールポイントを考える

20代や30代では、決して備えることのできないスキルがあるはずです。

専門性は年齢を重ねるごとに、幅も深みも出てきます。管理職としてのスキルも同様でしょう。

40代だけど面白そうな人材だから、面接に呼んでみよう

このような企業だってあるはずです。
いい意味で期待を裏切ってあげましょう。

年齢の壁を乗り越えるための考え方
  • 40代が不利なのは分かり切っているので、言い訳をしても何も始まらない
  • 20代30代と比べてのマイナス要因は、それをカバーする工夫をアピール!
  • 20代30代では決して身に付けられない、40代ならではのスキルで勝負!

5.家庭内対策をしていない

家庭を持っている方の場合は、転職について、家族の理解が必要となります。

あなたの転職活動が家族の空気を重くする

転職活動が長期間にわたった場合、家庭内の空気が重くなるのは避けられません。

家族の時間を転職活動に取られるわけですから…。

そして重くのしかかってくるのが「生活費」です。

失業給付が支給されるといっても、支給まで期間が空いたり、支給額も十分な額とはいえないかもしれません。

奥さんや子供さんにも、夫(父親)や家庭に対する理想のイメージがあるはずです。

転職活動中にそのイメージを崩すことになるのなら、

どうして転職したいのか?

このことを家族に対してもきちんと説明して、理解と協力を求めるべきなのです。

家族の支えがあればこその転職活動

精神的に不安定になったとき、唯一の味方である家族のサポートはとても有難いものです。

しっかりと、家庭内での協力を得られる環境を築いておきましょう。

6.柔軟な思考を持てない

譲れない条件を持つことは必要ですが、柔軟な思考を持つことも大切です。

ふだん目を向けないところにチャンスあり!

筆者の知人は、それまでずっと営業系や企画系の職種に就いていましたが、なかなか転職が決まりませんでした。

すでに退職していた彼は、生活のためにもまずは就職することが優先と考えて、思い切ってブルーカラーの職種に応募して、採用となりました。

しばらくは、慣れない業務と環境に戸惑っていたようですが、持ち前のリーダーシップや積極性を発揮して、徐々に周囲に重んじられる存在となり、今では管理職の補佐的な役割を担っています。

職場で重宝されたのが、PCなどのオフィスワークのスキルです。

ブルーカラーの方々は、オフィスワークや企画を立案したりという業務が、苦手という人が多いようで、彼はそこで力を発揮して、自分のポジションを確立しました。

キャリアチェンジしやすい職種であれば、

  • 異業種も検討する
  • 正社員登用制度があれば、ひとまず契約社員でもOKとする

このような判断もありかと思います。

求人票を見ただけでは、そんなに入社したい会社だと思えなくても、面接を受けてみて、

自分に合いそうな会社だ!

このように、違う印象を感じる場合もあるものです。

固定観念を捨てて、まったく違う視点や反対の立場から考えてみる柔軟性を持つことも、重要な要素といえるでしょう。

7.わずかの「うまくいかない原因」に気づいていない

40代の人が不採用となるのは、もちろん年齢のせいばかりではありません。

面接まで進んでからの不採用は、年齢以外にも理由がある

面接にまで進んだにもかかわらず、不採用の結果となってしまった場合は、不採用の理由に年齢以外の要因が隠されているはずです。

ちょっとしたマイナス要因が積み重なっていった結果で、不採用となることもあります。

  • 履歴書は誤字脱字なく、きれいな文字で書けていますか?
  • 写真の表情は怖くないですか?年齢以上に老けて見えませんか?
  • 職務経歴書は読み手の立場に立って書いていますか?
  • 面接時の立ち振る舞いは年齢相応にできていますか?
  • 言葉遣いは明るくハキハキ、敬語がきちんと使えていますか?

こんなことが?!と思うかもしれませんが、意外と出来ていない人が多いものです。

40代では上記のようなことはプラスを得る要因ではなく、マイナス印象につながりかねないものです。

いちど相手の立場に立ってみて、自身のことをしっかり検証してみましょう。

まとめ:40代の転職だからこそ、心身ともに充実して再出発しよう!

今回の記事では、筆者の体験談を交えながら、40代の転職活動がうまくいかない理由が、自分自身の内面に起因することが多いということをお話ししました。

不採用が続いてもすぐに頭を切り替えて、諦めずにしぶとく活動するのが、40代の転職活動なのです。

40代の転職活動は苦難の連続かもしれません。

しかしそれを乗り越えられる人は、20代30代とは違う粘り強さや、ストレス耐性を持っているのだと、評価することができると筆者は思います。

40代の転職をしっかりと乗り切ったときに、自分に対する自信を取り戻し、新たな気持ちで、人生の再スタートを切ることができるのではないでしょうか。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
russellhead
40代男性、宮城県在住。順調なサラリーマン生活から一転、40代に入り、三度転職を経験。転職エージェント勤務、企業の採用担当業務などを経て、現在は営業職にて奮闘中。自ら転職を乗り切ってきた経験を、同じ40代の転職希望者にお伝えしたい。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ