転職エージェント

転職エージェントとは?キャリアアドバイザー経験者が語る活用方法

私は以前、転職エージェントに勤務していたことがあります。

職種はキャリアアドバイザーでした。

自らの転職活動には、その時の経験を活かして取り組んだり、知人が転職をする時には、そこで得たノウハウを元に、アドバイスさせてもらったりしています。

今回の記事では、転職エージェントが「40代の転職希望者」を、どのようにとらえているかについて、キャリアアドバイザー側の目線でお話ししてみたいと思います。

皆さんの転職活動のご参考になれば幸いです。

キャリアアドバイザーは転職希望者のここを見ている

キャリアアドバイザーが、どのような目線で転職希望者を見ているか、まずはそのことについてお話していきましょう。

あくまでも私がそうであった、もしくは私の在籍していた会社がこうだったという内容ですが、ひとつの参考事例として聞いていただければと思います。

40代は、何といっても実績が重要視される

転職希望者から履歴書、職務経歴書等の書類が送られてくると、学歴、職歴、保有資格、居住地といった基本事項の他に、40代の方の場合は、これまでに築いたご本人の実績を、とくに丁寧に確認しています。

案件ありきで即マッチング

そして、企業から届いている数多くの求人案件と、次々にマッチングしていきます。

すべてがピッタリはまる案件じゃない場合でも、どういう切り口ならマッチングできるかまで考えます。

40代の転職希望者の場合は、最初の段階でのこの作業が、とくに重要となります。

20~30代であれば、すぐにマッチングできなくても、将来性やポテンシャル重視ということで数多くの案件を紹介し、企業側も面接を組んでくれることも多いです。

しかし40代の場合は違います。企業側は即戦力を求めていますので、企業に紹介できそうな貴重な人材がいれば、即案件を紹介して次の段階へ進みます。

キャリアアドバイザーとして求める人材とは?

キャリアアドバイザーは、どのような人材を求めているのでしょうか?

ここでは自身の経験にもとづいて、具体的に掘り下げていきます。

面談で必死に相手を知る

求人案件の紹介が可能そうな人材、あるいは面談を希望される方とは、お会いして面談を行います。

その人がどんな人物なのかは、書類だけでは分かりません。

企業に推薦状を出し、面接の機会を作ってもらうために、事前に直接お会いすることはとても重要で、私も一人でも多くの転職希望者と、面談するよう努めていました。

書類だけでは分からない性格、人柄、熱意、コミュニケーション能力などを総合的に見て、この人のことを、私は自信を持って企業に推薦できるのか、何を一番の武器として持っているのか、このようなことを必死で探ります。

常識が欠けている人は、パートナーシップ構築が難しい

提出書類に不備があったり、字が汚かったりすると、どんなに素晴らしいキャリアを持っている方でも、正直なところ、会ってみたいという気が起きませんでした。

たかだかエージェントに出す書類じゃないか、と考える方もいらっしゃるかと思いますが、そういう方は残念ながら以下のようなケースが多く、とかく身勝手な行動でトラブルになってしまうのです。

  • 求人案件を紹介してもまったくレスポンスがない
  • 面接に進んでから突然のドタキャン
  • 最後の最後で内定を辞退

40代の転職希望者に対しては、こちらも20代・30代とは違う接し方をしています。

社会常識や礼儀など、最低限のマナーが備わっていない方は、エージェントと良好なタッグを組んで、活動していくのは難しいでしょう。

キャリアだけじゃない。人柄もとても重要

私はいつも、自分が推薦したい気持ちにさせてくれる、そんな人材と出会えるのを楽しみにしていました。

キャリア的には今ひとつでも、コミュニケーション能力や好感度が非常に高い方と、面談させていただいたことがあります。

この時は、ついこちらもサポートに力が入り、企業への紹介にも熱が入ってしまいました。

無理に性格を変えたりする必要はありませんが、転職エージェントと適度に良い関係を保っておくことは、自分の転職活動を有利な方向へ導く手段の一つとなります。

40代に紹介する案件は?

ご紹介する案件は、即戦力で、管理職候補、幹部候補、有資格者限定等の案件が多くなります。

世の中に類似業種が少なく、マッチング可能な人材がいないと、企業側が分かっている業界の案件などもあります。

また、一般公開できない秘匿案件も多くあります。

お金を払ってでも採用したい人材を企業は欲している

採用できれば誰でもよいと考えている企業は、転職エージェントを使いません。

自社のホームページで募集をかければ、すぐ人が集まるような業務であれば、エージェントに依頼をかけません。

  • エージェントに採用フィーを払ってでも、採用したい人材
  • 採用フィーを払うでもしないと、採用できないような特殊な職種の人材

企業は上記のような人材を、転職エージェントを通じて欲しがっているのです。

私が担当した方の例

私が担当した方で、40代でまったくの異業種に転職した人がいます。(職種は営業)

求人依頼があったその会社は、社内の世代交代の中核を担える幹部候補生を探していたのですが、同業他社が少ない業種でした。

そもそもその業界で働き、なおかつタイミングよく転職を希望する人など、そうそういないのです。

同業他社に、そうした人材を欲していることを知られたくない、このような企業側の事情もあり、エージェントに求人依頼がありました。

私は40代の転職希望者の中から、営業面での実績が十分で、その企業の経営者の理念を共有でき、社風に合うであろう人材を企業側に紹介して、無事に採用となりました。

転職エージェントのビジネスの仕組みを理解しておく

紹介の対価として報酬をいただくビジネス

転職エージェントとは、転職希望者を企業に紹介して採用となったら、それに対する報酬を頂戴するというビジネスです。

基本的にはこの対価で成り立っています。

キャリアアドバイザーにとって重要なのは、いかに求人にマッチする人材を獲得できるか、あるいは、企業に売り込める人材に育て上げられるかということです。

サポートの機会がない場合も普通にある

転職エージェントのビジネスの前提で言えば、紹介する案件がない人材に対しては、あまりサポートができないということになります。

シビアな言い方になりますが、人の人生に寄り添う仕事ではありながら、無料の職業紹介やボランティアではないので、どうしてもビジネスとして成立する方へのサポートがメインとなるのです。

そういう意味で言うと、40代になると、紹介案件も限られます。せっかくエントリーいただいても、なかなかサポートが受けられないということは普通に起こりえます。

一方で、該当する案件があれば、転職エージェントは全力でサポートします。

書類の添削はもちろん、自己アピールが苦手、すぐに緊張してしまうといった人に対しては、模擬面接を行ってサポートします。

また、企業との面接日調整、年収交渉、入社日の調整なども行ってくれます。

転職エージェントを上手に活用しよう

【重要】エージェントの評価がすべてではない

今回お話した内容を理解しておくと、転職エージェントに対し、過度な期待を抱かなくてすみます。

紹介される求人案件がないから転職が難しいとか、転職市場で価値がないということではありません。あくまでも、そのエージェントが持っている求人案件に、マッチしないというだけの話です。

どんなに高いスキルや実績があっても、必ずしも紹介案件があるとは限りませんし、その人が探している求人案件は別のところにあるということです。

また、時間が経ってから、新しい求人を紹介されることももちろんあります。

転職エージェント利用は手段の一つ。独自の活動をしよう

転職エージェントは、報酬が高い企業を紹介したがる傾向があります。

同じ人材を紹介するのであれば、報酬がたくさんもらえる企業への紹介に力が入ります。ただ、それがこちらにとっても最良な企業とは限りません。

そうしたエージェントの行動に対して、自分で客観的な判断を下すためにも、日ごろの独自の情報収集は必要です。

転職エージェントの利用は、あくまでもご自身の転職活動における一つの手段ととらえ、ご自身で切り拓いていく意欲を持って、転職活動に挑みましょう!

▼転職エージェント選びはこちらから▼
この記事を書いた人
russellhead
40代男性、宮城県在住。順調なサラリーマン生活から一転、40代に入り、三度転職を経験。転職エージェント勤務、企業の採用担当業務などを経て、現在は営業職にて奮闘中。自ら転職を乗り切ってきた経験を、同じ40代の転職希望者にお伝えしたい。

関連コンテンツ