転職前の悩み

転職は辞めてからだと不利になる?在職中の転職活動と比較検証します

転職活動をしようと考えるときに、

  • いまの会社を辞めてから仕事を探すべきか?
  • 在職中に転職活動をするべきか?

このような悩みを持つ方は少なくないでしょう。

それぞれにメリットとデメリットはありますが、辞めてからの仕事探しが長引くと、転職に不利な要因になってしまう場合もあります。

したがって筆者の基本的な見解は、在職中の転職活動をおすすめしたいのですが、なかには例外のケースもあるものです。

今回の記事では、辞めてから仕事を探す場合と在職中に転職活動する場合について、両方を体験した筆者の経験談をもとに、どちらが良いのかを詳しく解説します。

在職中の転職活動は普通のこと

はじめに申し上げておきたいのは、在職中に転職活動をするのは普通のことだということです。

人によっては、

在職中に転職活動をするのは、今の会社への裏切りにならないか?
在職中に面接に行ったら、先方の心証が悪いのではないか?

このように、転職活動に不利になると思っている方もいるかもしれませんが、普通のことですので上記のような心配は無用です。

いま勤めている会社が、満足いく仕事と給料を、死ぬまで保証してくれる契約であれば別ですが、終身雇用制は事実上崩壊しています。

今のご時世ではどんな大企業であっても、あなたが定年になるまで働けるとも限らないのです。

企業は社員が不必要になれば、容赦なくリストラします。近年は企業同士のM&Aも、珍しいことではありません。

職を失うリスクは、いつやってくるかわかりませんし、あなたが在職中の企業に不満があれば、転職するのも普通のことなのです。

辞めてから仕事を探すメリット

辞めてから仕事探しをする場合は、いろいろとリスクも気になるものですが、メリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

おもなメリットは以下の通りです。

時間に制限なく仕事探しに専念できる

いちばんのメリットは、転職活動に十分な時間を割けることです。

在職中であれば、何かと日々の仕事と生活に追われて十分に時間が取れず、転職サイトを見る程度が精いっぱいでしょう。

転職エージェントに登録しようにも、キャリアアドバイザーとの面談時間が必要となりますし、企業との面接があれば、有休も取らなければなりません。

とにかく在職中は時間がないのです…。

しかし辞めてからであれば、思う存分に仕事探しの時間を割くことができます。

企業のことをじっくり調べる時間もありますし、履歴書や職務経歴書を練り直す時間もたっぷりあるでしょう。

そして、企業との面接がいつ入ろうが、いつでも行くことができます。

これは心理的にとても楽ですね。

しかし希望通りの転職案件は、そんなにゴロゴロ転がっているわけではありません。

活動をはじめて1ヶ月もすると、逆に時間が余ってしまうの場合もあります。

資格などの勉強ができる

時間はたっぷりありますから、資格を取るために勉強する時間が取れます。

外資系に転職したい方なら英会話スクールに通ったり、事務系で転職を考えている方は、オフィスソフトの勉強をする時間も取れるでしょう。

とくに異業種への転職を考えていたり、転職先で資格が必要な方は、辞めてから資格を取って、転職活動をするというのもアリかもしれません。

辞めてから仕事を探すデメリット

逆に辞めてから仕事探しをすると、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

収入がなくなる

いちばん大きなデメリットは、「収入がなくなる」ということです。

今まで入ってきた定期的な収入がなくなるのは、ほぼ恐怖に近いかもしれませんね。

収入がなくても支出はなくならない

収入がなくなっても、

  • 健康保険
  • 国民年金
  • 住民税
  • 家賃
  • 食費などの生活費

このような支出は毎月ありますから、事実上の赤字が無職のあいだずっと続きます。

失業保険が出るとはいっても、自己都合退職の場合は3ヶ月の待機期間がありますから、実質4ヶ月は無収入で生活しなければなりません。

筆者も会社を辞めてから転職活動したことがありますが、その時は1年分の年収程度の貯金は持っていました。

しかし、再就職するまでに1年ほどかかってしまい、結局すってんてんになってしまったのです。

無収入の焦りが仕事探しに悪影響を及ぼす

お金がないというのは、メンタルに多大な影響を与えるものなのです。

お金に困ってくると、当然ながら、

早く働かなきゃ…

このような心理状態になってきます。

すると、せっかく思い切って転職しようとしたのに、焦りが出て妥協しがちになってしまうのです。

焦って転職した会社が、ブラックで給料まで下がってしまっては、いったい何のために退職したのかわからなくなります。

収入がない状態が続くと、このような本末転倒になりかねません。

長引くと職歴にブランクができる

希望通りの転職案件というのは、そう簡単に出会えるものではありません。

仮にあったとしても、採用されるかどうかは能力だけでなく運もあるでしょう。

そうすると思いのほか長く、無職の時期が続く場合があります。

職歴のブランクがあまりに長くなると、選考の段階でよくない印象を持たれることもあるのです。

現役の野球選手と、ブランクがある野球選手であれば、現役選手の方が即戦力感があるのと同じ理由ですね。

また、仕事をしていないと、コミュニケーション不足や情報不足におちいりがちで、会話のテクニックやスキルが、どうしても落ちてしまうこともデメリットとなるでしょう。

応募企業にマイナスの印象

無収入やブランクのリスクは、一般的に認知されていますので、それでも会社を辞めてから転職する人は、

後先考えずに退職した、こらえ性のない性格
計画性がない

上記のような印象を持たれてしまう場合があります。

また面接の際には、既に会社を辞めてしまっていることから、退職理由をしつこく聞かれるでしょう。

誰もが納得するような退職理由があれば大丈夫ですが、面接官に好感されるポジティブな理由を述べるのは容易ではありません。

在職中に転職活動するメリット

それでは、在職中に転職活動をするメリットも確認しましょう。

安定収入がある

在職していれば、給料という安定収入があります。

雇用保険の加入期間がリセットされることもなく、健康保険だって会社が半分持ってくれます。

実はこれもとてもありがたいことなんです。

いまの生活レベルを落とさずに、新しい仕事にチャレンジする準備ができる。

これは生活をしていくうえで、とても有利な方法といえるでしょう。

職歴にブランクができない

辞めてから転職するデメリットの逆パターンです。

職歴にブランクができないので、転職するにしても「現役感」がバリバリ出ています。

書類審査で落とされようと、面接で落とされようと、いま現在は仕事があるわけですから、無職の時よりも落ち込み度合いは少なくて済むでしょう。

退職理由を考える必要がない

面接の時に、必ず聞かれるのが「退職理由」です。

面接対策としていちばん悩むのがこの問題であり、とくに退職してからの面接だと、慎重に答える必要があります。

給料が安かったので…
人間関係がうまくいかなかった

上記のような本当のことを、下手に言ってしまうとかなり印象が悪くなるでしょう。

しかし辞めていない場合は「退職理由」はありません。

「転職理由」を聞かれることはあるかもしれませんが、

御社でぜひ働きたい

このような前向きな理由を述べておけばいいので、退職理由を考えるより、心理的にかなり楽なものでしょう。

在職中に転職活動するデメリットは時間が足りないこと

では在職中に仕事を探すデメリットは何かというと、

転職活動の時間が足りない

これに尽きるでしょう。

在職中に転職活動をするのは、実際かなりしんどいです。

平日はまず時間が取れませんし、土日くらいは仕事関連のことを考えずに、ゆっくり休みたいのが本音でしょう。

なかなか思うように進まないことが多いのです。

しかも面接の時には、その度に有休を取って面接に出かける必要があるので、余計な気も遣ってしまいますよね。

もうしばらくはこの会社でもいいかな…

このように思ってしまうこともあるでしょう。

でもその場合は、それでいいのです。

もし転職を本気で考える必要があるのなら、自然と体と頭が動いてくるはずであり、いまの会社で妥協できるのなら、あせる必要はありません。

スカウトがもらえるような転職サービスに、とりあえず登録しておいて、オファーが来るのをじっくり待ってみるというのもひとつの手でしょう。

まとめ:可能であれば在職中の転職活動がおすすめ

今回は、はたして辞めてから転職活動することは不利になるのか、

  • 辞めてから仕事を探すメリットとデメリット
  • 在職中に転職活動するメリットとデメリット

上記についてお話ししてきました。

繰り返しになりますが、筆者としては、在職中の転職活動をおすすめします。

物理的な要因を考えても、辞めてからの転職はリスクが高いからです。

しかし辞めてからの転職活動には、お話しした以外にもうひとつのメリットがあります。

それは「今いる会社を辞められること」です。

転職活動をするからには、今の会社に何かしらの不満があることでしょう。もし心身が疲れているのなら、スパッと退職することは作戦のひとつです。

身も心も疲れている時には、前向きな言動はしづらいものです。まして壊れてしまってからでは、もっと動けなくなります。

気力と体力がまだあるうちに、辞めてから転職活動するという選択肢が、最善の策になる場合もあることも、ぜひとも心得ておきましょう。

うつ症状(適応障害)は、休職や退職で早めに逃げるのが良策です私は10数年働いてきた会社を、うつ症状(適応障害)で休職→退職しました。自分がなってみて思うことは、うつや適応障害は「初期段階でガマンせず逃げたほうがいい」ということです。自身のいきさつや逃げるべき理由をお話しします。...

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ