転職を後悔してうつになりそう…悩んでいるときに考えておきたいこと

新しい会社へ転職したにもかかわらず、

  • 転職したけど、うまくいかない…
  • 転職は失敗だったのかもしれない…

このような後悔の気持ちで、うつになってしまうことは、とくに珍しいことではありません。

うつになってしまうと、仕事だけではなく、趣味のことにすらやる気がなくなってしまいます。

そうなると、次の転職を考える余裕すらなくなってしまうのです。

転職したことを後悔していても何も始まりませんし、あまりに考え込みすぎて、うつ状態やうつ病になってしまっては意味がありません。

うつになってしまう前に、解決方法を見つけるか、次のステップへの準備を進めておきましょう

この記事では、転職したことを後悔して悩んでいる方に向けて、

上記についてお話ししています。

転職してうつ病になった筆者の体験談も交えながらお話していますので、ぜひあなたの悩みを解決するヒントにしてください。

転職を後悔 オススメ記事
目次

転職に失敗して後悔したときに、考えられる2つの選択肢とは

転職をしたあとに、

  • なかなか会社に馴染めない
  • 思っていた環境と違う

このように感じることは少なくありません。

どうひいき目に考えても、

この転職は失敗だったかもしれない…

このような後悔の念に苦しむことがあるのです。

周りが楽しそうに仕事をしていたとしても、あなたが快適に仕事をできないのなら、その転職は失敗だったのかもしれません。

転職が失敗だったと後悔したときに、考えられる選択肢は、大きく分けると以下の2つがあります。

いまの職場でなんとか頑張る

ひとつ目の選択肢は、

この会社でガマンして、何とかうまくやれるように頑張ろう

上記のように考えることです。

この考えは普通のことですし、とくに転職して間もなければ、「何とか頑張ろう」と考える方が大多数でしょう。

そうやって頑張ることで、時間とともに慣れてきて、悩みが解決されるのであれば、それに越したことはありません。

しかし、時間がたてばたつほど、「なんともならない」ことがわかってしまう場合もあります

そして、なんともならないことが分かっても、我慢してずるずると居続けてしまうのは問題です。

ガマンしてあきらめてしまう

という考え方も、選択肢のひとつではありますが、より大きな後悔として返ってくることもあり得ます。

そして、40代にはもうそんなに時間が残されていないことも、心得ておくべきでしょう。

失敗したので、次の転職を考える

もうひとつの選択肢は、失敗だと思ったら、すぐに次の転職を考えることです。

社会人としての経験値が十分にある40代の方であれば、入社してしばらくすれば、

この会社がどういう会社なのか?

ということは理解できるはずですし、3ヶ月もあれば、失敗だったかどうかの判断はつくでしょう。

筆者の経験でいうと、「失敗だった」と思った転職先は、結局は辞めてしまいました

1年ほどガマンしたこともありますが、後から考えると、

時間の無駄だったな…

このように思わざるを得ない結果だったのです。

離職者の多い会社であれば、転職してきて1週間ほどで、会社に見切りをつけて退職した人もいました。

我慢するということは、美徳のひとつと考えられがちです。

しかし、我慢しすぎてうつ状態になったり、あとで「時間の無駄だった」と後悔するくらいなら、さっさと次の転職を考えた方が建設的といえるでしょう。

転職してうつになってしまった私の体験談

筆者にも、転職してうつになって、心のバランスを崩してしまった経験があります。

しかも筆者の場合は、その転職を失敗だと思っていなかったのに、それでもうつになってしまったのです…

入社して早々に、責任者が突然の解雇

筆者は40代のころに、新規事業に参入するために新しく立ち上げた事業部へ、営業責任者として転職しました。

新規に立ち上げた事業部ですから、「事業部の全員が転職者」という会社だったのです。

しかし、事実上の全責任者である事業部長が、入社して早々に、突然の解雇をされてしまいます。

この事業部長はかなりいい加減な人物で、営業内容についての意思疎通が、経営陣とまったく取れていなかったのです。

実際に、かなり無謀な営業戦略を立てていました。

そして営業部長が解雇されたことで、

不備な営業戦略における責任が、すべて自分の肩にのしかかる

という事態になってしまったのです…

営業というのは、明確に数字で結果が示される部署ですから、経営陣に責められることが多くなってしまいました。

いきなりのしかかる責任が、仕事の大きなストレスに…

入社するときの話では、

部員のほとんどが経験者ですよ

という触れ込みだったのですが、実際には畑違いの経験者や業界知識の少ない人がほとんどでした。

業界の知識は、筆者がいちばん持っている状態だったのです。

しかも、これが裏目に出てしまいます。

まだ入社したばかりなのに、わからないことは何でも筆者に聞いてくる状態となり、それがうまくいかないと、すべて筆者の責任にされてしまうことに…

あとから補足情報を出すと、

後出しでものを言うな!

このように非難されてしまう始末です。

筆者からすると、

  • わからないことを教えてあげたのに、うまくいかないと責任を押しつけられる
  • 業界の知識や常識がないので、教えてあげないと、とんでもない常識外れのことをやろうとする

このような状態が続いて、かなりのストレスを感じていました。

しばらくすると、筆者は体に震えが起こるようになり、心療内科に電話相談をする状況になってしまったのです。

新しい上司からのパワハラ

しばらくすると、新しい事業部長が決まりました。

新しい部長は、とにかくマウントを取るのが好きな人で、筆者の話にことごとく反対して非難してくるのです。

しまいには、

  • 自分だけ毎日のタイムスケジュールを提出するように強制される
  • ミーティングでも常に難癖をつけてくる

このような状態で仕事をすることになり、まともな反論ができない精神状態に追い詰められてしまいました。

そして、あまりの体調の悪さに医者にかかったところ、うつ病と診断されたのです。

転職を後悔していなくても、うつ病になってしまうこともある

筆者はうつ病になってしまったものの、当時は転職自体を失敗だとは思っておらず、転職したことを後悔もしていませんでした。

転職はうまくいかなかったですが、いろいろな経験値が得られましたし、

自分の実力に過信があったのかもしれない…

このように反省しています。

ただ、もしあなたが「転職に失敗した」と後悔しているのなら、メンタルにより大きなダメージを受けてしまう可能性もあります。

後悔の念でうつになってしまうくらいなら、次の転職を積極的に考えるべきなのかもしれません。

転職の後悔で悩んだときに、考えておきたいこと

うつになってしまうと、何ごとにもやる気がなくなり、動けなくなってしまいます。

仕事でもプライベートでも、好きな趣味でさえもやる気が出ないのです。

なってからでは遅い」ということを覚えておいてください。

うつ病になる前に転職活動を始めよう

転職で失敗したとしても、後悔したり反省する必要はありません。

転職というのは、正直やってみなければわからないものです。

ですから、考えすぎてうつになる前に、行動を起こすか、あるいは準備をしておきましょう。

備えあれば患いなしです

違和感を感じたら、病院を受診しよう

「うつ」という症状は、自分では気が付きにくかったり、認めたくなかったりします。

古い考え方の人だと、

  • うつは精神病なので、診断されたくない
  • うつ病と診断されるなんて怖い…

このような方もいるかもしれません。

ですが今では、うつになる人はいくらでもいますし、特殊な病気でもありません。

ただの病気ですから、頭や体や心になにか違和感を感じたら、いちどお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

▼うつ病のおもな症状▼

うつ病の精神症状
うつ病の身体症状
出典:うつ病ABC|すまいるナビゲーターうつ病

うつは心の病というよりも、脳の病気だと筆者は思っています。

頭の肝機能障害みたいなもので、機能が弱っていたり、ふだん通りに機能しなくなってしまうのです。

診断の結果、うつでなければ健康で何よりですし、うつだったら早めに治療するに越したことはありません。

すべてが投薬で改善しないかもしれませんが、薬が合えばかなり楽になることもあります。

いずれにしても、なにかしらの解決に向かうでしょう。

自分の環境を変えられるのは自分だけ

うつ状態から脱出するには、

うつになった環境を変えること

これがひとつの方法です。

だからといって、周りの環境を変えるのは至難の業ですし、変えられるとしても時間がかかります。

ですから、転職で後悔してうつになりそうな時には、仕事の環境を変えるのが有効な方法といえるでしょう。

ただ、転職するにしても、望んですぐに望みどおりの転職先があるわけではありません。

うつ状態のときは、動けなくなったりやる気がなくなってしまいます。

そうなってしまう前に、転職の準備や転職状況のチェックだけでもしておきましょう。

どうしようもないときは「退職代行」もひとつの方法

基本的には、責任をもって退職の手続きを進めるべきですが、

  • 上司や会社がブラックすぎて、まともなやり取りができない
  • 心身がまずいので、どうしてもすぐに退職したい

上記のように、本当に辛くてどうしようもないというケースであれば、退職代行サービスを利用するというのもひとつの方法です。

会社への連絡などを代行してくれるので、直接話をする必要もなく、いちども会社へ行くことなく退職を完了させることができます。

でも退職代行なんて、若い人しか使わないのでは…

このような思いがあるかもしれませんが、じつは退職代行を利用する人の28%が40代以上というデータもあるくらい、利用者の幅は広がっているのです。

最近では、弁護士が退職代行サービスに乗り出すケースも増えており、

  • 残業代の未払いがある
  • 有休消化を拒まれる

上記のような労働問題に対しても、代理人として責任をもって対応してもらえます。

退職代行を依頼すると費用が発生しますが、初回相談は無料です

会社へ行かずに退職手続きを進めたい場合は、いちど相談してみることをおすすめします。

関連記事退職代行は40代も利用している!体験談から学ぶ失敗しない使い方とは

退職後のお金の不安は公的な制度でカバーできる

心身が不調で限界を感じていて、本当は退職してしばらく療養したいのに、

退職後の生活費が不安だから続けるしかない…

このような思いで、無理を続けている方もいるかもしれませんね。

でも退職後のお金の心配は、傷病手当金失業保険を利用することで、ある程度の期間はカバーできます。

傷病手当金は一定の条件をクリアすれば、退職後でも受給することが可能です。

また、失業保険は延長申請することで、傷病手当金のあとにもらうことができます。

もし無理をしているのなら、

社会保険給付金をもらいながら、しばらくゆっくり休む

という方法も検討してみましょう。

傷病手当金を退職後も受給するときの要件

健康保険制度の傷病手当金とは?

退職後も傷病手当金を受給するため要件は、以下のとおりです。

退職後も傷病手当金を受給するための要件
  1. 退職日までに、継続して1年以上健康保険に加入していること
  2. 退職日(資格喪失日)に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること
  3. 退職日以降も支給期間が残っていること(最長1年6ヶ月

注意しなければならないのは、「退職日に出勤してはいけない」ということです。

退職の挨拶や引継ぎなどで、会社に出たい気持ちがあるかもしれませんが、出勤してしまうと「仕事ができる状態」とみなされて、傷病手当金が受給できなくなります。

退職日は、有給休暇か欠勤となるようにしてください。

失業保険は傷病手当金のあとにもらえる(手続きが必要)

雇用保険の基本手当(失業給付)とは?

退職すると、ハローワークへ失業保険の申請に行くことが一般的です。(※正確には雇用保険の基本手当といいます)

しかし、傷病手当金を受給している間は、失業保険の申請することができません

失業保険をもらうということは、職探しをしているということ。

傷病手当金をもらって治療している状態であれば、

職探しはできないはずだろう…

というのが基本的な考え方にあるためです。

でも安心してください。

失業保険の受給期限を延長申請しておくことで、傷病手当金の受給期間後に、失業保険をもらうことができます。

傷病手当金の受給期間(18ヶ月)が終了した後に、失業保険の給付を受けられますから、じっくり療養できる期間を、さらに延ばすことが可能です。

自分で手続きするのが不安なら、申請サポートに相談しよう

ここまでお話ししてきたように、傷病手当金の申請手続きには、少しわかりにくい面もあります。

とくに退職の話が出ているような状況では、会社側の積極的なサポートも期待できないかもしれません。

心身が辛くて、自分であれこれ手続きできるような状態じゃない…

ちゃんと手続きができるのかな…

もしこのような不安があるのなら、社会保険給付金の申請サポートの利用を検討してみましょう。

社会保険給付金サポートを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

サポートを受けるメリット
  • 自身の状況や退職後の予定などを聞き取りしたうえで、適切な対応方法を調査してもらえる
  • ヒアリング内容にもとづいて、細かな申請条件やスケジュール、手順などをわかりやすくアドバイスしてもらえる
  • 音声通話やチャット、対面相談で心配ごとに無制限で相談に乗ってもらえる

専任のコンシェルジュによる万全のサポートが受けられるので、不安な気持ちを解消できるのはもちろん、より確実に受給手続きを進められるはずです。

サポートを利用するには費用がかかりますが、受給できない場合の全額返金保証もついていますので、

ゆっくり休みたいけど、退職後の生活費が不安だ…

という方は、以下の記事で詳しい内容を確認して、いちど検討してみましょう。

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

40代が転職サイトを活用する方法

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークや他の公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣のメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣のメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:後悔でうつになる前に、次の転職も視野に入れよう

転職してもうまくいかず、後悔することもあるかもしれません。

しかし、後悔や反省をするだけでは、あまり役に立つことはないですから、次のステップに進むことを考えた方が得策でしょう。

あまり考えすぎると、うつになってしまうこともあります。

もし、仕事が原因でうつ症状になってしまったら、

まずは自分の仕事環境を変える

ということが、うつからの脱出に有効な方法です。

転職で後悔している場合は、次の転職も視野に入れてみましょう。

仕事はこの会社だけじゃない

このように考えたり、次のステップが見えてくるだけでも、心理状態が変わることもあるのです。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。
7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

目次
閉じる