求人探し・応募

外資系企業に転職したい40代。アピールするべきポイントはここ!

いちどは外資系で働いてみたい
給料がいいので、外資系に転職してみたい

こういった思いを持たれている方もいるのではないでしょうか?

今まで国内企業に勤務していた方が、40代から外資系企業に転職するのは、ちょっとしたチャレンジとなるでしょう。

企業にもよりますが、外資系企業は国内企業とは異なる文化があるからです

若い頃からずっと国内企業で勤務してきた方には、違和感を覚える部分多いかもしれません。

外資系は会社の雰囲気がビジネスライクで、即戦力採用が前提です。

転職者に懇切丁寧に教えてくれることも少ないので、ちょっと冷たく感じることもあるかもしれません。

しかし、外資系企業では転職者が多いので、言ってみればほとんどの社員が外様です

「社員のほとんどが生え抜き」という国内老舗企業よりは、馴染みやすいともいえるでしょう。

今回の記事では、外資系企業での勤務・転職の経験を持つ筆者が、外資系に転職したい40代の方へ向けて、知っておきたいポイントについてご紹介します。

外資系へ転職する40代に求められる経験値とは

外資系に転職するためには、一定の経験値やスキルがあるほうが有利になります。

とくに40代ともなると、マネジメントクラスでの転職案件が多くなりますので、ハードルは一般職よりもかなり高め。

以下の3つの経験値が重なっていれば、40代でも外資系への転職をより有利に進められるはずです。

40代に求められる経験値
  • マネジメント経験
  • ビジネスレベルの英語力
  • 外資系企業で働いた経験

マネジメント経験

40代での転職では、国内外企業にかかわらず、管理職クラスでの案件が増えてきます。

外資系には年功序列という概念がありません

若くてもマネージャーになることが多々あり、40代ともなれば、必然的にマネジメント能力が求められます。

ビジネスレベルの英語力

外資系に転職するとき、必要になるのが英語力です。

なかには、英語を必要としない外資系企業もあります。

しかし40代となると、前述したように管理職クラスで案件が多いです。

必然的に本社とのやりとりなどが発生するポジションですから、英語力はほぼ必須となるでしょう。

TOEIC○○点というのが目安にされますが、実際には読み書きだけでは実践で使えません。

ビジネスで会話、交渉ができるレベルが必要であり、英会話の経験値があることが望ましいです。

外資系企業の経験者

  • マネジメント経験がある
  • ビジネスレベルの英語力がある

こういった方であれば、国内企業から外資系企業への転職は、基本的に問題ないでしょう。

ただ、外資系企業での勤務経験があるほうが、転職しやすくなります。

外資系には国内企業と違った風土がありますので、国内企業一筋で働いてきたという方は、戸惑う場面があるかもしれません。

また、外資系企業に勤めている人ほど、

転職するときも外資系企業を選ぶ

という傾向があることも事実です。

英語ができない人が、外資系に転職するには?

それでは、

ビジネスレベルの英語力はないけれど、外資系企業で働いてみたい

上記のような方は、外資系企業への転職は難しいのでしょうか?

正直なところ、40を過ぎてから英語を猛勉強して、外資系企業へ転職するというのは、あまり現実的ではありません。

実戦で使える英語レベルでないと、外資系企業への転職にはあまり役に立たないからです。

ただ、英語ができなくても転職できるケースもあります。

業界の人脈や販売ルートなどを持っている人

もちろん、英語力よりも高く買われるビジネス力を持っていれば、英語ができなくても問題ありません。

例えば、特定の業界において顔が利いて、転職先に新たなビジネスチャンスをもたらすことができる人など。

あなたが幅広い人脈を持っているのなら、英語ができなくても、外資系企業へ転職できる可能性はあります。

国内でのビジネス構築、営業力を求めている新規参入企業を狙う

外資系企業が日本市場に新規参入してくる場合、国内に足がかりがなければ、国内で人材を募集します。

その場合は、

日本での商流や商慣習などを熟知している

こういった人材を求めるはずです。

もちろん英語力があれば言うことなしですが、国内でのビジネス構築を優先している場合には、英語力よりもビジネス力が優先されることもあります

40代で外資系企業に転職した人の実例

ここでは、40代で外資系企業の転職を経験した、筆者の知人の事例をご紹介します。

英語ができないのに、セールスマネージャーとして転職

筆者がある外資系企業に勤めていたとき、上司だった人が別の外資系企業に転職しました。

この方は外資系企業での勤務歴は長かったのですが、英語はほとんど喋れません。

しかし、営業のトップとして転職したのです。

転職した会社は、新しく日本法人を設立するところでした。

そこで新たに販売網を構築するために、業界に強いセールスマネージャーを必要としていたのです。

日本法人のビジネスは軌道に乗ったのですが、お会いしたときにその方が、

英語が喋れるだけで、偉そうな顔されるんだよなぁ…

このようにグチっていたのが忘れられません。

やはり社内では、英語が使えないと肩身が狭かったようですね。

英語が原因で外資系を退職した40代

30代のときに、外資系メーカーに転職した別の知人の話です。

彼は英語力はそれほど優れてはいませんでしたが、IT系の技術を買われて、システム構築やセキュリティ管理を担うポジションで入社しました。

社内での彼の評価は高く、彼自身も上昇志向が強かったので、マネージメントクラスを目指していたのです。

しかしマネージャーになるには、やはりある程度の英語力が必要とのこと…

この会社にいても、もう上は望めないな

このように感じた彼は、その会社を退職してしまいました。

ところが、彼は技術を駆使して3人分くらいの仕事をしていたため、その会社は社内のIT関係が回らなくなってしまったのです。

会社側は困ってしまって、

復帰してくれないか?

このような打診をしたのですが、マネージャー待遇ではなかったので、彼は固辞しました。

英語ができれば、外資系の転職は簡単?

外資系企業への転職は、やはり英語ができるに越したことはありません。

以前、筆者と同じ会社で働いていた同僚は、そこそこ知名度のある外資系企業へ、次々と転職していました。

正直なところ、「仕事がバリバリできる」というタイプでもなかったので、

英語ができれば、転職って簡単なのかなぁ…

失礼ながらこのように感じていました。

ただ、彼には人望があるというか、上司には可愛がられるタイプだったので、英語力よりも重要なものが備わっていたのかもしれません。

外資系に転職するうえで、クリアしておくべき条件とは

前述したように、外資系の企業文化は国内企業のものとは違っています。

ここでは、外資系企業で働くうえで必要となる考え方や、クリアしておきたい条件についてお話しします。

マネジメント経験は、部下の人数だけではない

マネジメントというと、大人数の部下がいるイメージがありますが、部下の人数だけで評価されるわけではありません。

  • どのようなマネジメントをしていたか?
  • どの程度、責任のある仕事をしていたか?

上記をしっかりアピールする必要があります。

少数精鋭の会社であれば、課長級であっても、他社でいう部長級のマネジメントをしていることもあるでしょう。

また、ひとつの支社だけでなく、日本全国の責任を持っているマネージャーという場合もあります。

人数よりも、どういったレベルのマネジメントをしていたかが重要なのです。

ロジカルシンキングができること

国内企業には、日本ならではの企業文化がありますが、外資系となれば日本的な発想は通用しません。

ものごとに対して、はっきりしたYes、Noが求められるのです。

また、外資系ではスピード感が重視されます。

ですから、ダラダラと話すことはNGで、簡潔にスピーディーな説明が求められるのです。

つまり、

ロジカルシンキング = 論理的な思考

上記ができることが、重要な要素となります。

外資系ではプロセスは重要視されず、すぐに結論を求められることが多いです。

そういう考え方もありますが、別の考え方もあります

こういった結論のない話し方は好まれません。

○○するべきです。なぜなら△△だからです

上記のように、アイデアと理由を話す必要があるのです。

ある意見に対して、不平不満を言ったり、ケチをつけるだけの意見はよしとされません。

この意見に反対であれば、相応の代案を出せ

必ずこのような考え方なのです。

ロジカルシンキングができることを、ことさらアピールする機会はないかもしれませんが、

彼は物事を論理的に考えられる人だ

上記のように思われる、会話力を養っておくべきでしょう。

自己プロデュースする能力が必要

外資系企業に転職するのなら、自分をプロデュースする能力が必要となります。

黙って待っていても、誰もあなたのことを評価してくれません。

あなたのスキルやキャリアについて、一番よく知っているのは自分です。

転職で自分を高い値段で売るためには、

わたしはこんなことができます
わたしにはこんな実績があります

上記のように、自分自分を売り込む必要があります。

日本人は自慢話だと思われることを好まないので、自己アピールを苦手とする人が多いです。

しかし外資系企業では、自分で言葉にして売り込まなければ、誰も理解を示してくれないでしょう。

自分がいかに有能であるか

この点について、しっかりプレゼンする能力が必要です。

控えめな口調で、

お役に立てるかと思います
貢献させて頂きます

こういった態度をとっても、外資系ではあまり好まれません。

この会社に入ったらこういうことができます。私を取らないと損しますよ!

上記くらいの勢いの方がよいのです。

謙虚な姿勢不言実行も評価されません。有言実行がベストでしょう。

具体的な実績を提示する

外資系ではプロセスは評価されにくく、結果が重要視されます。

たとえプロセスをほめられたとしても、結果が出ていなければ、評価につながることはほとんどありません。

ですから、今まで自分が出してきた結果や実績について、しっかりアピールすることが重要です。

これまでの実績を踏まえて、

この会社に入社したら、どんな貢献ができるか?

上記について、論理だててアピールしましょう。

営業職の場合であれば、過去の実績を具体的な数字やパーセンテージで表すことで、客観的な評価として提示することができます。

数字に表せない実績であれば、相手がイメージしやすいように話す工夫が大切です。

常にポジティブ思考で行動する

外資系企業で働いている人は、基本的にポジティブ思考です。

ダメだったらどうしよう…

こういった考え方ではなくて、

もしダメならこうしよう

という考え方です。

さらにいうと、「ダメだったら」とも考えません。

これはよくなかったから、ここを改善しよう
なんとかなるよ!
大丈夫、なんとかするからさ

こんなふうに、ある意味で楽観主義の人が多いのです。

悲観主義の人にはついていけないかもしれませんが、比較的簡単にポジティブ思考になれる方法があります。

それは、

  • ポジティブな人の近くにいる
  • ネガティブな人のそばに近寄らない

これだけです。

ネガティブな人と話して、落ち込んでしまったという経験はないでしょうか?

ネガティブな人のそばにいると、エネルギーを吸い取られるように、こちらもネガティブになってしまうのです。

逆にポジティブな人のそばにいると、ポジティブなエネルギーをもらえます。

ポジティブ思考になるのは意外と簡単です。

外資系で働くうえで覚悟しておきたいこと

40代で転職を考える場合は、

できれば定年まで勤めたい

このような思いの方も多いでしょう。

しかし外資系企業の場合は、「最後の転職にしたい」と思って働いていても、定年までいられる保証はありません。

  • 業績不振によるリストラ
  • 日本から撤退
  • M&A

上記のような可能性もあるので、いつまでも会社がある保証はないのです。

たとえ会社が存続していても、自身が順調にステップアップして最後まで残るのは、簡単なことではないと心得ておきましょう。

まとめ:外資系への転職は自己アピールが重要

40代ではじめて外資系企業へ転職するのは、なかなかハードルが高いです。

今から英語を勉強して、外資系に転職しようとするのは、あまり現実的ではないかもしれません。

しかし、

  • 英語力がある
  • マネジメント経験がある

こういった条件が揃えば、転職できる可能性は高くなるでしょう。

ただ、国内へ新規参入する外資系企業であれば、英語力がなくても転職できる場合もあります。

外資系に強い転職エージェントに登録しておき、情報収集して転職できるチャンスに備えましょう。

▼外資系に強い転職エージェントはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ