仕事で評価されないので悔しい!辞めるべきか悩んだときに考えたいこと

仕事で評価されないので悔しい!辞めるべきか悩んだときに考えたいこと

自分の仕事が正当に評価されない」と感じることは、誰にでもあるものでしょう。

自信をもって仕事をしていたとしても、誰にも評価されないのであれば、

こんなに頑張っても評価されないのなら、いっそ転職してしまおうか…

こんなふうにも思ってしまいますよね。

でも仕事って、同じ会社で長いことやったほうが、何かとやりやすくなっていくものです。

もちろん転職もひとつの選択肢ですが、転職を考える前にもう一度、いまの職場でできることを考えてみませんか?

いちどできることを見直して、実際にやってみることで、別の視点から客観的に物事が見れるようになるはずです。

それが仕事の改善につながって、評価が上がるかもしれません。

この記事では、仕事が評価されないと悩んでいる方に向けて、どのような対処をするべきか、

このような内容でお話ししていきます。

転職を7回経験してきた筆者の体験にもとづいてお話ししていますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

評価されるとはどういうことか。あなたはどう評価されたいですか?

自分は評価されているな

このように感じるときには、二つの側面があります。

ひとつは物理的なこと、もうひとつはメンタルな部分です。

評価されるということは、給料が上がるということ

自分が評価されているかどうかが、一番わかりやすいのは待遇面でしょう。

給料が上がったり、昇格したりすれば、

自分はちゃんと評価されている!

このように実感しやすいですよね。

逆に「評価されていない」と感じている方は、

どんなに頑張っても、昇給もしないし偉くもなれない…

上記のような不満を持っていることが、多いのではないでしょうか?

かりに「よくやってるね」と褒められたところで、

給料に反映されなければ意味がない

このように感じてしまうのです。

お金よりも心理的評価のこともある

評価されているかどうかは、「お金の問題じゃない」という場合も少なくありません。

実際に社会人になって働いていると、職場によっては「ほめられる」ということがあまりなかったりします。

そんななかで、

がんばっていい仕事してるね!

上記のように、口頭で評価されるだけでも、モチベーションは上がったりするものです。

筆者もかつて上司から、

上司

お父さんみたいな視線で、周りに細かく気を配って仕事してるよね

このように言われたことをよく覚えています。

とくに給料に反映されたわけではないのですが、その言葉だけでうれしかったです。

評価の結果として、給料が上がればそれはうれしいですが、ただほめて評価してもらえるだけでも、やりがいを感じることはあるでしょう。

あなたの仕事が評価されない理由とは?

会社員である以上は、会社から評価されるかされないかで、収入も仕事に対するモチベーションも大きく変わってくるでしょう。

にもかかわらず、

思うように会社から評価されていないな…

このように悩んでいる人は多いです。

ここでは、なぜあなたの仕事が評価されないのか、その理由について考えてみましょう。

主観的な評価と客観的な評価は違うもの

自分では一生懸命に仕事をしていると思っていても、

  • 上司がなかなか評価してくれない

こういうことはよくあることですよね。

しかし、自己評価とは往々にして甘くなりがちなものなのです。

たとえば、ある仕事を徹夜して仕上げたとしましょう。

このとき自分では、

徹夜して仕上げるなんて、なかなか自分も頑張ったな…

こんなふうに自己評価していたりします。

しかし上司からすれば、

この程度の仕事なのに、徹夜しないと終わらないのか…

上記のような評価になってしまうことだってあるのです。

もし同じ仕事を定時で終えている人がいたとしたら、「あなたの能力は低い」と判断されてしまう可能性は高まるでしょう。

数字に表れる成果であれば、数字で判断してもらえますが、数値化できない部分であれば、評価されにくい場合があります

たとえば、

自分は歌が結構うまいんだよね

このように思っていても、

いや、そんなふうに思ったことはないんだけどな…

周りからは違う見られ方をしていることはよくあることなのです。

主観の評価と他人の評価は合致しないこともある

ということを認識しておくだけで、気持ちが違ってくるでしょう。

会社や上司の評価基準と違っている

会社には一定の評価基準があり、あなたの仕事が、

  • 評価基準を満たしていない
  • 評価基準からかけ離れている

という場合も、評価はされにくいです。

もしあなたが40代であれば、現場での能力はもちろんですが、リーダーシップやマネジメント力も期待されているケースが多いでしょう。

すると、たとえ現場の能力が抜群であっても、一匹狼のような仕事のやり方をしていては、

オレって現場の仕事力は抜群だよな!

こういった評価をされることはなく、

○○君はいつまで経っても、現場の仕事しかできないんだよな…

上記のような評価をされてしまうのです。

ほかにも、

  • 成果は出すけれど、提出必須の日報を書かない
  • 上司に言いたい放題でゴマもすらない

このようなタイプの人も、なかなか評価されにくいでしょう。

ゴマをすっている人のほうが評価されるのは、納得いかないかもしれませんが、

○○君は何かとこまめに報連相してくれるよな

会社の評価基準によっては、上記のように高く評価されることもあります。

会社の評価基準に合わせて仕事をする

ということも、仕事で評価を得るために押さえておきたいポイントです。

一生懸命やってるだけでは評価はされない

よくありがちなのが、

こんなに一生懸命やっているのに、なんで評価されないんだろう?

このように思ってしまうことです。

はっきり言って、たいていの会社員は一生懸命やっていますから、一生懸命やるだけでは評価されません。

仕事においては、プロセスよりも結果が評価されることが多いのです

  • 一生懸命やっても結果を出せない人
  • へらへらしていても結果を出している人

人間としてはともかく、会社が営利集団である以上は、どちらを評価するべきかは明白でしょう。

「評価されない」と悩む前に、アピールはしていますか?

会社ですから、たくさんの人が働いています。

みんながみんな、あなたの細かい仕事まで注目しているわけではないのです。

大きな失敗をしてしまったら、それは注目されるかもしれませんが、ちょっとした実績を出したくらいでは、注目されたり評価されるのは難しいでしょう。

筆者のかつての上司の言葉なのですが、

みんな評価されないと文句を言うけれど、「自分はこれをやった」ってアピールしなきゃダメなのよ。
結果出して、アピールして、評価されるまでが仕事なの!
アピールしてないのに文句を言わないで。なんでもかんでも見れるわけじゃないんだから…

このように言われて、なるほどと思ったものです。

その上司は社内でも押しの強い人でしたが、とても説得力のある言葉でした。

仕事で評価されない時の対処法①【原因が自分にある場合】

どんなに残業してもどんなに結果を出しても、評価されないと感じることはあります。

ほんとに理不尽ですよね…

でも、なぜ仕事で評価されないのか、考えてみたことはありますか?

評価されないのには、「自分か・自分以外」のどちらかに原因があります。

神の見えざる手」という場合もあるかもしれませんが、それはいったん置いておき、自分に原因がある場合に、どう対処したらいいのかを考えてみましょう。

仕事のスキルを磨く

ざっくりした言い方をすると、評価されないのは、

  • 仕事のスキルが低すぎるから

という場合があります。

その原因はテクニカルなことの場合もありますし、単純に「朝の挨拶」や「職場での態度」が原因なのかもしれません。

自分はこんなに頑張っているのに…

こういった気持ちがあるかもしれませんが、

自分に何が足りないのか?

ということを見直してみて、スキルアップすることで評価につながります。

自分だけにしかできないことを探す

  • みんなと同じこと
  • 誰にでもできること

このようなことばかりしていても、あなたの評価は高くなりません。

会社から必要とされる自分になるには、

人様にはできない芸をお見せする

というのがコツといえるでしょう。

ですから、他の人でもできることのスキルを人一倍上げるよりも、

他の人にはできない自分だけのスキル

こういったものを身につけるほうが、評価されやすくなるのです。

必要とされているスキルは、業界や職種によって違いますが、

  • 気難しい取引先でも、うまく仕事ができるコミュニケーション能力
  • いろんな業界の人脈を活かして、新規市場の開拓ができる

このような、自分にしかできない能力があれば、会社から必要とされますし、評価されやすいでしょう。

ただし、机上の知識だけでは評価につながりません。

実働できて、はじめて評価につながります。

仕事のスピードを上げる

スキルと同じですが、他の人と同じスピードで同じ仕事量であれば、とくに評価はされません。

「長時間働いて仕事量を増やす」ことは誰にでもできます。

仕事で評価されるためには、

仕事自体のスピードを上げて、仕事量を増やす

このような対応が望まれるでしょう。

たとえば、車のタイヤ交換を4本する場合に、普通の人が1時間かかるところを、あなたは30分で交換できるとします。

人と同じ時間で倍の仕事ができるのですから、時間単価が倍になるわけです。

人の倍の仕事ができていて、しかも目に見える結果が出ているのなら、会社としても評価を上げるしかないでしょう。

繁忙期やプロジェクトなどで、デッドラインが決まっている仕事では、仕事が早い人の方が重宝されますし、評価する側もわかりやすいです。

仕事の処理スピードは、繰り返しのトレーニングによって、向上させることができます。

パソコン仕事なら、タッチタイピングやエクセルの関数ができれば、書類作成の事務処理のスピードは格段に上がるでしょう。

また、辞書登録などのちょっとした工夫だけでも、処理速度を上げることは可能です。

評価されるポイントを見直してみる

仕事で評価されないと感じるときは、会社の評価基準と自分が評価されたい部分が合致しているのか、確認してみる必要があります。

極端な話をすると、遅くまで仕事をしていれば評価されるシステムなら、評価を得るためには、

  • 夜中まで働く
  • 働いているように「見せる」

このような対応をすれば、評価を得られるようになります。

26時頃にケータイに来た仕事のメールでも、すぐレスポンスしたり、時間指定で報告を送って、遅くまで仕事をしているように見せればよいのです。

評価基準に対して、

照準を合わせて仕事をしている

ということをアピールしましょう。

他の人が評価されているのに、自分だけが評価されていないと感じるのなら、もしかすると評価されるポイントを見誤っているのかもしれません

数字や成果を出しているように見えても、それが会社の評価基準に合致していなければ、会社はあなたの仕事を評価することはないでしょう。

求められている仕事が、本当にそこなのか考えてみる

わかってはいるのに、自分で評価されるポイントをずらしてしまっている場合もあります。

たとえば、営業なのに人と話すことが苦手で、

営業はうまくないけれど、数字の分析は得意なので、そこを評価してほしい

こんなふうに思っていたりしませんか?

求められていないことをしても、それは評価の対象にはなりません

現場でのスキルを求められているのに、経営者的な視点で動いたり、モノを言ったりしても評価はされないでしょう。

逆も同じことで、経営陣としてのマネジメントが求められているのに、現場の視点で狭い仕事をしていたら、やはり評価は低くなってしまいます。

あなたが40代くらいのプレイングマネージャーであれば、マネジメントと現場の優先順位のつけ方に、齟齬が生じているのかもしれません。

会社から求められているポイントに基づいて、仕事ができているかどうかを見直してみましょう。

自分に求められている仕事以外のことで、いくら実績を出したとしても、それは二次的なものですから、評価はされにくいのです。

周りの目を気にすることも必要

仕事熱心で真面目な人ほど、

仕事さえしっかりやっていれば、人間関係なんて二の次でいいよ

このように思っている人も少なくないでしょう。

ですが、会社というチームで仕事をしている以上、周りからの評価も大切になってきます。

あまりにも孤立して仕事をしているのは危険です。

上司が他の同僚にあなたの評判を聞いたときに、

周りからどのように言われるのか

というのも、評価要素の一つになったりします。

周りの人たちが、

彼は仕事はできるけど、協調性がないですね…

このように言われるのと、

彼は仕事もできますし、困ったときには助けてくれます

と言われるのでは、上司の印象もまったく違うものになってきます。

評価は他人がしてくれるものですから、他人の目にどう映っているかを気にしてみるのも改善策の一つです。

また、他人は基本的に人の努力なんか見ていませんから、

  • いかに仕事をしているか
  • こんなにいい仕事をした

ということを、上司に理解させる自己演出も必要です

仕事で評価されない時の対処法②【上司に原因の場合】

どんなに努力したって、評価されないこともままあります。

そして、評価されない原因は自分ではなく、上司によるものだということも、意外と多いものなのです。

ここでは、上司が原因で仕事が評価されないときに、どのように対処すればよいのか考えてみましょう。

上司が何を望んでいるかを考える

自分はちゃんとやっているのに、なぜか評価されない…

こういった場合は、評価をする上司の期待通りに動けていないということです。

サラリーマンである以上は、上司の評価からは逃れられません

  • 上司が何を望んでいるのか?
  • どういう動きをすれば、上司に評価されるのか?

上記について、先回りして考えてみることも重要です。

たとえば、その上司が気に入っている部下は、どのように仕事をしているのかを観察して、いいところを盗んでみることもひとつの方法でしょう。

コミュニケーションをとってみる

いや、でも上司がキライなんだよね…

このような場合は、どうしても上司とコミュニケーション不足になりがちです。

会話量が減ってしまうと、指示系統に誤解が生じやすくなります。

コミュニケーションがうまくいっているほうが、会話も意思の疎通もスムーズになり、問題が解決に向かうことも多いでしょう。

もちろん、上司と仲が良ければ評価が上がるという単純な話ではありませんが、上司との関係がうまくいくに越したことはないのです。

しかしながら、どうしても上司とうまくいかないこともあるでしょう。

あなたがどれだけコミュニケーションを取ろうとしても、拒否する上司もいるかもしれません。

イヤな奴が上司だということもありますし、最悪潰しにかかってくるような人もいたりします。

もし改善できないほどの関係であれば、

  1. 上司がつぶれるまでガマンする
  2. 早めに見切りをつける

このような選択をしなければならない時が、来るのかもしれません。

悔しい思いを乗り越えて、仕事のチベーションを維持するにはどうするべきか?

自分の仕事が評価されなければ、誰でも仕事に対するモチベーションを維持するのが難しくなります。

ではそんなときは、どうしたらよいのでしょうか。

自分がどのような仕事をしてきたかまとめてみる(仕事の棚卸)

まずは自分が評価されるべき仕事をしてきているのかどうか、仕事の棚卸をして整理してみましょう。

営業を例としてあげてみると、

営業職の例
  • 今どんな仕事をしているかの現状認識
    営業、クライアントの折衝、商談、マーケとの根回しなど
  • 取り組んだ仕事の結果
    昨年対比の営業成績を企業別商品別等に作成して実績が上がっているか比較確認。
  • メインのクライアント以外に新規開拓はできているか?
  • 担当したプロジェクトの結果はどうか?

上記のように、仕事によって項目は違ってきますが、現状の仕事と昨年対比をしてみて、成果があがっていれば方向性は間違っていませんし、そのままでいいと考えることができます。

仕事の成果を見える化して、

きちんと仕事をして、結果を出してるんだ!

と自信を持つことが重要です。

結果と自信がモチベーションを上げていきます

自分の目標を決める

目標や目的がなにもないと、どうしてもモチベーションは下がりがちになるもの。

ですから何か目標を立てて、

その目標に向かって努力をする

という取り組みをしたほうが、仕事へのモチベーションは維持できます。

仕事上の目標を設定するのがベストですが、

  • 何かの資格を取る
  • プライベートで海外旅行に行く

といった仕事以外の目標であっても、仕事に対するモチベーションは上がるものです。

面談があれば上司に質問してみる

評価の査定時期に、上司との面談やヒアリングがある会社であれば、上司に評価の基準について聞いてみましょう。

もしかすると、辛辣なご意見を頂戴することになるかもしれません。

ただ、評価基準がわからないまま仕事が評価されないよりは、ずっと納得がいく結果になるでしょう。

仕事自体が合っていない場合は、辞める選択もあり

40代転職に失敗した。。

仕事で評価されないときに、単純に仕事が合っていないというケースもあります。

  • 内向的な性格なのに営業部に配属されてしまい、うまくいかず結果が出せない
  • 華やかな業界に入りたかったのに、意外と地味な仕事ばかりだった

上記のように職種や業界が合わなくて、自分が思ったような仕事ができず、結果が出せずに評価されないこともあります。

筆者は30年近く営業職ですが、評価はそれほど高くありませんでした。

ですが、過去にマーケティング部門に配属されたとき、とても仕事が楽しくて、評価も高かったことがあります。

また、基本的に人と話すことが得意ではなかったので、いつか職種を変えたいと思っていました。

あるとき、他の営業さんと話をしたとき、

やっぱり外回りするのが楽しいんですよね、人と話すのが好きですから

こんなふうに、営業のお手本のような言葉が返ってきて、

やはり営業の仕事は、こういう人が向いているんだなぁ

上記のように感心してしまったことがあります。

仕事はトレーニングによって、ある程度まではなんとかなるものですが、やはり根本的な向き不向きはあるものです。

どんなに頑張っても正当に評価されないときは、転職も視野に入れよう

人間には承認欲求というものがあります。

評価されるということは承認されるということですから、メンタル的にもかなりモチベーションは上がるでしょう。

しかし、どんなに頑張っても評価されないこともあります

たとえ、あなたが社内一の実績を叩き出していたとしてもです。

会社にも上司にも、合う合わないはありますので、見切りをつけて転職を考えたほうがいい場合もあります。

仕事で評価されないことに耐えられないときは、自分を評価してくれる場所を探した方がうまくいくのではないでしょうか。

40代で転職活動をするなら押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

これまでの経験を棚卸しして、自身の強みを自己分析する

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

即戦力であると企業側に思ってもらうためには、

私が持っている強みは○○です!

ということをしっかりアピールしなければなりません。

まずは社会人になってからこれまでの、職歴や実績について棚卸しをしてみましょう。

そのうえで、自身の強みを自己分析しておく必要があります

最初にしっかり自己分析をしておくことで、求人を選ぶ際の手がかりや、応募書類の作成でも役立つはずです。

転職への”動機づけ”を明確にしよう

転職準備をしっかり進めることに合わせて、転職に対する”動機づけ”を明確にしておくことが大切です

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

いまの会社では、仕事で評価が得られないので…

上記のような回答では、さすがに選考を通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

転職に失敗する40代の特徴を知る

転職先がなかなか決まらずに失敗してしまう人は、40代の転職が決まらない理由を把握しておらず、しっかり対策できていないことが多いです。

以下の5つの決まらない理由を押さえて、転職活動を進めるようにしましょう。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

詳細は以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代は転職エージェントの活用が成功への近道

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

働きながら、あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこで筆者がおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、さらに詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|193人の口コミ評価でランキング

まとめ:悔しい気持ちを乗り越えて、視点や行動を見直してみよう

今回は、仕事が評価されないと悩んでいる方に向けて、どのような対処をするべきかお話ししてきました。

仕事で評価されないのはつらいものですよね…

でも一度だけ、今の職場で評価されることをやれているのか、視点や行動を見直してみませんか?

自分のやり方を見直すことで、改善できる部分に気づいて、評価が上がる可能性もあります。

それでも解決しないときは、転職も視野に入れてみましょう。

あなた一人の行動では解決しない問題も、転職して環境が変わることで、解決できるかもしれませんよ。

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

仕事で評価されないので悔しい!辞めるべきか悩んだときに考えたいこと

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。
7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

目次
閉じる