退職届・退職願の正しい書き方を解説します【例文・テンプレ有り】

退職届・退職願の正しい書き方を解説します【例文・テンプレ有り】
この記事でわかること

転職することが決まったら、いま勤務している会社に、退職する意思を伝えなければいけません。

そのためは、退職届退職願を会社に提出することになるでしょう。

でも初めて転職する場合であれば、退職届と退職願で何が違うのか、どういう風に書けばいいか、よくわからないですよね。

そこでこの記事では、はじめての方でも見て確認しながら書けるように、退職届と退職願の書き方について、例文つきで詳しく解説します。

また、ダウンロードしてそのまま使える、テンプレート・フォーマット(Word/PDF)もご用意していますので、ぜひご活用ください。

目次

退職願・退職届・辞表の違いとは?

退職するときに、退職願や退職届のどれを提出すればよいのか、戸惑うことはありませんか?

まずは正しい知識を確認しておきましょう。

退職願と退職届、辞表の違いをまとめると、以下のとおりです。

退職願・退職届・辞表の違い
  • 退職願
    退職を会社にお願いする書式。上司に退職を相談後に提出する
  • 退職届
    会社に退職を通告する書式。一方的できつい印象を与える場合も…
  • 辞表
    経営陣が役職を辞する場合や公務員が辞めるときに使用する書式

どれも同じように思えても、それぞれに役割があり違うものなので、混同しないようにしましょう。

退職願:退職の意思を打診する際の書類

退職を会社に伝える流れとして、一般的には上司に辞意を伝えてから、上司の指示に従って退職願を提出する形となります。

退職願とは形式上、退職したい意向を会社に意思表示するための書類です。

退職願が提出されることで、会社側は労働契約の解除を検討して、後任者の選定や業務の引継ぎ、退職時期の検討などの準備に入ります。

会社側が退職希望者を高く評価している場合は、引き留め策がとられることも…

あくまでも願い出るための書類という位置づけなので、会社に受理されても、双方の合意があれば、退職願を撤回できる場合もあります。

退職届:退職日を明記して会社に退職を届け出る書類

退職届とは、退職日を明記して、会社に退職することを届け出るための書類です。

会社を円満退職するときの流れとしては、

  1. まずは退職願を上司に手渡して、退職を打診する
  2. 会社に退職が認められた後に、退職日を明記した退職届を作成して、会社に提出する

上記のような手順となります。

ですので、いきなり退職届を出してしまうと、会社側に一方的できつい印象を与えてしまうでしょう。

また退職届は、会社に受理されたあとに撤回はできない書類とされていますので、注意して取り扱うようにしてください。

辞表:経営陣の辞職や公務員が辞める際の書類

辞表とは、取締役などの経営側にいる人物が役職を辞めるときや、公務員が辞める場合に提出する届け出のことです。

テレビの刑事ドラマなどで、よく辞表が登場するのは、警察官も公務員だからなのでしょうね。

一般の企業においては、取締役などの経営側に立つ人以外は、辞表を使用することはないので注意しましょう。

退職願(縦書き)のテンプレートと書き方

ここでは、退職願を縦書きで作成する際に、ダウンロードして使用できるテンプレートと、書き方についてご紹介します。

退職願(縦書き・令和版)のフォーマット【Word・PDF】

退職願(縦書き)のテンプレートは、以下をクリックしてダウンロードしてください。

Wordの書式はこちら
PDFの書式はこちら

退職願(縦書き)の書き方【例文あり】

退職願の文面は、とくに個性を出す必要はありません。

というより、基本的には定型文ですから、余計なことは書かないのが基本です。

ここでは、縦書きの例文をもとに、書き方を解説していきます。

退職願_縦書き_例文

「退職願」の文字

「退職願」の文字は、他の文字より少し大きめに書くことを心がけましょう。

「私事」

「私事(しじ/わたくしごと)」は個人的なこと、プライベートなことを表します。「私こと」の意味です。

これは一番下に書くのが決まりとなっています。

「私事」の代わりに、「私儀(わたくしぎ)」と書くこともありますが、私儀も「私こと」という意味で使われ、挨拶状などに用いられる言葉です。

私儀の方がかしこまった印象を与えます。

「一身上の都合」

退職理由は「一身上の都合」が決まり文句です。

退職願で退職理由を具体的に説明する必要はありませんので、「一身上の都合」と記入しましょう。

日付の記入

日付の記入は西暦でもかまいませんが、和暦の方が一般的です。

とくに縦書きの時は、和暦の方が見た目もよく綺麗に見えます。

和暦でも西暦の場合でも、退職日付と提出日付は、どちらかの書き方で統一するようにしましょう。

数字の記入

縦書きの時には数字は漢数字で書きます。西暦で書く場合も漢数字で書きましょう。

西暦を漢字で書くと、2019年であれば「二〇一九年」か「二千十九年」です。

ちなみに二〇一九年の「〇」は、数字の「0(ゼロ)」でも丸でもなく、漢数字のゼロです。

氏名の記入

名前は必ず自筆で書きましょう。パソコンで作成する場合でも、名前だけは自筆で記入します。

そして名前の下に印鑑を押します。

とくに指摘されることもないでしょうが、シヤチハタは避けておくべきです。

会社名の記入

勤務中の会社の正式名称を書きます。

例文では前株となっていますが、もちろん後株の会社もありますので、ご自身の会社の正式名で記入してください。

(株)などと省略せず、「株式会社」とすべてを記入するようにしましょう。

宛名

宛先は基本的に「代表取締役社長」宛てです。

会長などが代表権を持っている場合もありますが、一般的には社長で大丈夫です。

敬称

敬称は「様」でも「殿」でも構いません。

ただ、「殿」の場合は、同格か目下に使うものという印象が強いため、「様」を使用しておいた方が無難です。

退職願(横書き)のテンプレートと書き方

ここでは、退職願を横書きで作成する際に、ダウンロードして使用できるテンプレートと、書き方についてご紹介します。

退職願(横書き・令和版)のフォーマット【Word・PDF】

退職願(横書き)のテンプレートは、以下をクリックしてダウンロードしてください。

Wordの書式はこちら
PDFの書式はこちら

退職願(横書き)の書き方【例文あり】

横書きの場合も注意事項はほぼ同じなのですが、3点だけ注意しておくべき点があります。

数字の記入

横書きの場合は、日付の数字を算用数字(アラビア数字)で記入した方が見やすく、一般的です。

例えば、「令和3年8月15日」というように記入します。

宛名

縦書きの際は、宛名はいちばん最後に記入しましたが、横書きの場合は先に記入します。

「以上」

横書きの場合は、最後に「以上」で締めくくります。

退職届(縦書き)のテンプレートと書き方

ここでは、縦書きの退職届を作成する際に、ダウンロードして使用できるテンプレートと、書き方についてご紹介します。

退職届(縦書き・令和版)のフォーマット【Word・PDF】

退職届(縦書き)のテンプレートは、以下をクリックしてダウンロードしてください。

Wordの書式はこちら
PDFの書式はこちら

退職届(縦書き)の書き方【例文あり】

退職届で記入する場合も、注意事項は退職願とほぼ同様ですが、気をつけるポイントが2つあります。

「退職届」

タイトルは「退職届」にします。

「退職致します」と言い切る

退職「願」ではなく、退職「届」なので、「退職致します」と言い切ります。

退職届(横書き)のテンプレートと書き方

ここでは、横書きの退職届を作成する際に、ダウンロードして使用できるテンプレートと、書き方についてご紹介します。

退職届(横書き・令和版)のフォーマット【Word・PDF】

退職届(横書き)のテンプレートは、以下をクリックしてダウンロードしてください。

Wordの書式はこちら
PDFの書式はこちら

退職届(横書き)の書き方【例文あり】

横書きで退職届を書く場合は、以下の5点に注意しましょう。

退職届_横書き_例文

「退職届」

タイトルは「退職届」にします。

数字の記入

横書きの場合は、日付の数字を算用数字(アラビア数字)で記入した方が見やすく、一般的です。

例えば、「令和3年8月15日」というように記入します。

宛名

縦書きの際は、宛名はいちばん最後に記入しましたが、横書きの場合は先に記入します。

「退職致します」と言い切る

退職「願」ではなく、退職「届」なので、「退職致します」と言い切ります。

「以上」

横書きの場合は、最後に「以上」で締めくくります。

退職願・退職届の封筒の書き方

退職願や退職届を提出する際は、封筒は必ず白封筒を使用してください

茶封筒はビジネスマナーとして、使用しないほうが望ましいとされています。

退職願を書き上げた便せんを、1/3に折って封入します。

A4サイズの便せんに合わせるのであれば、長形3号の白封筒を、B5サイズの便せんであれば、長形4号の白封筒を使用してください。

用意した白封筒にまず表書きをします。封筒の表面中央に「退職願」と記入してください。(退職届の場合は「退職届」と記入)

次に封筒をひっくり返して、裏面の左下に、自分の所属部署と氏名を記入しましょう。

封筒への記入が終わったら、折り曲げた便せんを封入し、続いてのりで口をとめて、「〆」と書き記します。

退職届・退職願で注意したい5つのこと

退職届や退職願を提出する際に、注意しておきたいポイントが4つあります。

書き始める前に、まずはこちらをチェックしておきましょう。

最低でも2週間前には提出する

法的なことをいえば、期間を定めていない雇用の場合は、退職する2週間前までに解約を申し出ればよいとされています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条より

しかし、引き継ぎなどを考慮すると、2週間前では短すぎます。

就業規則に従って、会社側にもなるべく迷惑が掛からないように、1~2ヶ月前には提出しておくことが理想です

会社に所定のフォーマットがないか確認する

会社によっては、退職願・退職届のフォーマットが用意されている場合もあります。

まずは会社所定のフォーマットがないかを確認しましょう。

とくに指定がされていない場合は、自分で作成する必要があります。

当記事でテンプレートや書き方についても解説していますので、参考にしていただきながら作成してください。

どの書式を使用するかですが、退職届をいきなり出すのはきつい印象を与えますので、とくにこだわりがなければ、退職願として提出することをおすすめします。

縦書き・横書きについても、とくにこだわりがなければ縦書きが一般的なので、縦書きのものを使用しましょう。

可能であれば手書きの方がよい

退職願を書く場合は、「縦書き」の書式で「手書き」で記入することが一般的です。

パソコンのWordで作成してもかまいませんが、経営陣は年齢層が高いことも多く、手書きが常識だと思っている方がいるかもしれません。

ご自身の会社の状況で判断してください。

とくにこだわりがないのであれば、手書きすることをおすすめします

履歴書でもそうですが、手書きの方がなんとなく誠意を感じられるものです。

文字数もそれほど多くありませんから、ぜひチャレンジしてみましょう。

字がきたなくて手書きに自信がない場合は、パソコンで作成したあとで、署名だけを手書きして提出する形がおすすめです

ちなみ紙は白地のもので、無地か縦書きの便箋を使用して、文字が消えないように、黒インクのペンを使いましょう。

修正ペンは使わない

これはビジネス常識の範囲内ですが、退職願や退職届は非常に重要な書類です。

人生の方向転換をすることになりますし、会社への影響も大きいものとなります。

書き間違えた場合に、修正ペンで修正を施して提出することは絶対にNGです

もし書き損じてしまった場合は、もういちど書き直しましょう。

退職届は原則撤回できない

退職届は原則として撤回できません。

パワハラやセクハラなどで辛い目にあい、とっさに退職届を出してしまって、あとで後悔する…

このようなことが無いようにしましょう。

退職願については、いちど会社側に受理されたとしても、その後に話しをするなかで、撤回が受け入れられる場合もあります。

ただしこの場合も、「退職の気持ちがあるヤツ」というレッテルが貼られてしまいます。

  • いまの環境は本当に我慢できないほどひどいものか?
  • 自分の努力で変えることはできないか?

上記のようなことをよく考えてから、退職を申し出るようにしましょう。

退職願はいつ提出するべきか?

退職願はいつ提出するべきでしょうか?

転職先が決まっても、いまの会社を退職することができなければ、転職することができません。

ここでは、退職先を提出するタイミングについて確認していきましょう。

退職日は上司と相談して決定する

この日までには辞めたい

このように考えている日付の、1~2ヶ月前には伝えるようにしましょう。

ただし、いきなりこちらから退職日を指定するのではなく、まずは上司と相談したうえで、いつ退職するのかを詰めていくのが理想的です。

退職の調整において、上司は会社の窓口となる存在です。

上司とはきちんと意見交換をして、双方が納得できる日を退職日に定めましょう。

そして、退職日が決まった段階で退職願を書いて上司に提出します。

どちらかが身勝手な都合を押し付けると、どうしても関係がギクシャクしてしまうものです。

上司とよく話し合って決めることで、円満退社へとつながります。

なるべく繁忙期は避ける

これまで働いてきた企業ですから、いつが繁忙期なのかはわかっているはずです。

社会人のマナーとして、人手が足りなくなって社内がバタバタするような繁忙期に、退職することはできるだけ避けましょう。

忙しくなることが分かっているのに、後任人事や引継ぎが十分ではないなかで退職を進めることは、上司や同僚にも悪印象を与えます。

できるだけ繁忙期を避けて、会社にも上司の気持ちにも、ゆとりがある時期に退職できるように段取りすると、円満に退職の話を進めやすくなるでしょう。

プロジェクトの終了前は避ける

いま自分が関わっているプロジェクトがあるのなら、そのプロジェクトが終了してから、退職する段取りで話を持ち出しましょう。

自分が関わったプロジェクトは、最後まで責任を果たすことが、社会人としてのけじめです。

手掛けたプロジェクトを途中で放り出すようなことなく、最後まで責任を果たしたうえで、退職するようにしましょう。

40代の転職活動で押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

転職への”動機づけ”を明確にしよう

転職準備をしっかり進めることに合わせて、転職に対する”動機づけ”を明確にしておくことも大切です。

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

御社の事業内容に魅力を感じました

さすがに上記のような回答では、選考に通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

40代は転職エージェントの活用が成功への近道

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

働きながら、あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこで筆者がおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|193人の口コミ評価でランキング

おわりに:退職届は忘れずにコピーを取っておこう

退職届をはじめて書く時は、ちょっと感慨深い気持ちになるのではないでしょうか。

好き嫌いはあるにせよ、長い期間、それなりの給料をもらってお世話になった会社です。

総決算のつもりで、退職届はできれば手書きで書くことをおすすめします。

退職届の場合は、会社への通告という意味合いが強くなりますので、円満に退職できる場合は、退職願として提出した方がよいでしょう。

あと忘れてはいけないことは、コピーを取っておくことです。

退職する日付を忘れることはないと思いますが、念のため、自分でも控えを持っておいた方が安心できます。

とくに手書きをした場合は、手元にデータが残りませんので、必ずコピーを取っておきましょう。

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

退職届・退職願の正しい書き方を解説します【例文・テンプレ有り】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。
7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

目次
閉じる