退職手続き

退職届・退職願の正しい書き方を解説します【例文・テンプレ有り】

転職することが決まったら、いま勤務している会社に、退職する意思を伝えなければいけません。

そのためは、退職届退職願を会社に提出することになるでしょう。

でも初めて転職する場合であれば、退職届と退職願で何が違うのか、どういう風に書けばいいか、よくわからないですよね。

そこで今回の記事では、はじめての方でも見て確認しながら書けるように、退職届と退職願の書き方について、例文つきで詳しく解説します。

また、ダウンロードしてそのまま使える、テンプレート・フォーマット(Word/PDF)もご用意していますので、ぜひご活用ください。

退職願と退職届の違いとは?

退職願と退職届の違いをまとめると、以下のとおりです。

退職願と退職届の違い
  • 退職願
    退職を会社にお願いする書式。上司に退職を相談後に提出する。
  • 退職届
    会社に退職を通告する書式。一方的できつい印象を与える場合も…

退職を会社に伝える流れとして、一般的には上司に辞意を伝えてから、上司の指示に従って退職願を提出する形となります。

退職願とは形式上、退職を会社にお願いするものであり、退職届の場合は、会社に退職を通告するものです。

退職届の方がちょっときつい印象を与えますので、とくにこだわりがなければ、退職願として提出することをおすすめします。

会社によっては、退職願・退職届のフォーマットがある場合もありますが、指定されていない場合は自分で作成しましょう。

退職届や退職願は手書きの方がよい?

退職願を書く場合は、「縦書き」の書式で「手書き」で記入することが一般的です。

パソコンのワードで作成してもかまいませんが、経営陣は年齢層が高いことも多く、手書きが常識だと思っている方がいるかもしれません。

ご自身の会社の状況で判断してください。

とくにこだわりがないのであれば、手書きすることをおすすめします。

履歴書でもそうですが、手書きの方がなんとなく誠意を感じられるものです。

文字数もそれほど多くありませんから、ぜひチャレンジしてみましょう。

ちなみ紙は白地のもので、無地か縦書きの便箋を使用して、文字が消えないように、黒インクのペンを使いましょう。

退職願(縦書き)の書き方【例文あり】

退職願の文面は、とくに個性を出す必要はありません。

というより、基本的には定型文ですから、余計なことは書かないのが基本です。

ここでは、縦書きの例文をもとに、書き方を解説していきます。

退職願_縦書き_例文

「退職願」の文字

「退職願」の文字は、他の文字より少し大きめに書くことを心がけましょう。

「私事」

「私事(しじ/わたくしごと)」は個人的なこと、プライベートなことを表します。「私こと」の意味です。

これは一番下に書くのが決まりとなっています。

「私事」の代わりに、「私儀(わたくしぎ)」と書くこともありますが、私儀も「私こと」という意味で使われ、挨拶状などに用いられる言葉です。

私儀の方がかしこまった印象を与えます。

「一身上の都合」

退職理由は「一身上の都合」が決まり文句です。

退職願で退職理由を具体的に説明する必要はありませんので、「一身上の都合」と記入しましょう。

日付の記入

日付の記入は西暦でもかまいませんが、和暦の方が一般的です。

とくに縦書きの時は、和暦の方が見た目もよく綺麗に見えます。

和暦でも西暦の場合でも、退職日付と提出日付は、どちらかの書き方で統一するようにしましょう。

数字の記入

縦書きの時には数字は漢数字で書きます。西暦で書く場合も漢数字で書きましょう。

西暦を漢字で書くと、2019年であれば「二〇一九年」か「二千十九年」です。

ちなみに二〇一九年の「〇」は、数字の「0(ゼロ)」でも丸でもなく、漢数字のゼロです。

氏名の記入

名前は必ず自筆で書きましょう。パソコンで作成する場合でも、名前だけは自筆で記入します。

そして名前の下に印鑑を押します。

とくに指摘されることもないでしょうが、シヤチハタは避けておくべきです。

会社名の記入

勤務中の会社の正式名称を書きます。

例文では前株となっていますが、もちろん後株の会社もありますので、ご自身の会社の正式名で記入してください。

(株)などと省略せず、「株式会社」とすべてを記入するようにしましょう。

宛名

宛先は基本的に「代表取締役社長」宛てです。

会長などが代表権を持っている場合もありますが、一般的には社長で大丈夫です。

敬称

敬称は「様」でも「殿」でも構いません。

ただ、「殿」の場合は、同格か目下に使うものという印象が強いため、「様」を使用しておいた方が無難です。

退職願(縦)のテンプレート・フォーマット(令和版)

退職願(縦書き)のテンプレートは、以下をクリックしてダウンロードしてください。

退職願(横書き)の書き方【例文あり】

横書きの場合も注意事項はほぼ同じなのですが、3点だけ注意しておくべき点があります。

数字の記入

横書きの場合は、日付の数字を算用数字(アラビア数字)で記入した方が見やすく、一般的です。

例えば、「令和3年8月15日」というように記入します。

宛名

縦書きの際は、宛名はいちばん最後に記入しましたが、横書きの場合は先に記入します。

「以上」

横書きの場合は、最後に「以上」で締めくくります。

退職願(横)のテンプレート・フォーマット(令和版)

退職願(横書き)のテンプレートは、以下をクリックしてダウンロードしてください。

退職届(縦書き)の書き方【例文あり】

退職届で記入する場合も、注意事項は退職願とほぼ同様ですが、気をつけるポイントが2つあります。

「退職届」

タイトルは「退職届」にします。

「退職致します」と言い切る

退職「願」ではなく、退職「届」なので、「退職致します」と言い切ります。

退職届(縦)のテンプレート・フォーマット(令和版)

退職届(縦書き)のテンプレートは、以下をクリックしてダウンロードしてください。

退職届(横書き)の書き方【例文あり】

横書きで退職届を書く場合は、以下の5点に注意しましょう。

退職届_横書き_例文

「退職届」

タイトルは「退職届」にします。

数字の記入

横書きの場合は、日付の数字を算用数字(アラビア数字)で記入した方が見やすく、一般的です。

例えば、「令和3年8月15日」というように記入します。

宛名

縦書きの際は、宛名はいちばん最後に記入しましたが、横書きの場合は先に記入します。

「退職致します」と言い切る

退職「願」ではなく、退職「届」なので、「退職致します」と言い切ります。

「以上」

横書きの場合は、最後に「以上」で締めくくります。

退職届(横)のテンプレート・フォーマット(令和版)

退職届(横書き)のテンプレートは、以下をクリックしてダウンロードしてください。

退職願・退職届の封筒の書き方

退職願や退職届を提出する際は、封筒は必ず白封筒を使用してください

茶封筒はビジネスマナーとして、使用しないほうが望ましいとされています。

退職願を書き上げた便せんを、1/3に折って封入します。

A4サイズの便せんに合わせるのであれば、長形3号の白封筒を、B5サイズの便せんであれば、長形4号の白封筒を使用してください。

用意した白封筒にまず表書きをします。封筒の表面中央に「退職願」と記入してください。(退職届の場合は「退職届」と記入)

次に封筒をひっくり返して、裏面の左下に、自分の所属部署と氏名を記入しましょう。

封筒への記入が終わったら、折り曲げた便せんを封入し、続いてのりで口をとめて、「〆」と書き記します。

おわりに

退職届をはじめて書く時は、ちょっと感慨深い気持ちになるのではないでしょうか。

好き嫌いはあるにせよ、長い期間、それなりの給料をもらってお世話になった会社です。

総決算のつもりで、退職届はできれば手書きで書くことをおすすめします。

退職届の場合は、会社への通告という意味合いが強くなりますので、円満に退職できる場合は、退職願として提出した方がよいでしょう。

あと忘れてはいけないことは、コピーを取っておくことです。

退職する日付を忘れることはないと思いますが、念のため、自分でも控えを持っておいた方が安心できます。

とくに手書きをした場合は、手元にデータが残りませんので、必ずコピーを取っておきましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
絶対に失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

  • アバター

1人が
読んで良かった!

関連コンテンツ