職業ガイド

大手飲料メーカーへ転職!40代でも活躍できる「ラウンダー」とは?

40代でいざ転職をと考えた時に、転職経験の少ない方であれば、自分の業界や職種以外の情報が、どうしても少なくなってしまいますよね。

  • 「どういう仕事があるんだろう?」
  • 「他の仕事は、どういった条件や環境なのか知りたい」

このような思いを持っている方も多いのかもしれません。

今回はそんな方に向けて、40代の方も活躍している仕事の1つ、飲料メーカーでのラウンダーの仕事をご紹介して参ります。

応募条件はメーカによって多少違いもありますが、基本的には運転免許をお持ちで、健康や体力に問題がなければ、活躍していけるお仕事です。

マーケット自体も生活に密着した商品ですので、市場規模も大きく、安定していて、意識や心がけ一つで、キャリアップにも繋げていく事もできる仕事なんです。

では、具体的にどういうお仕事なのか、みていきましょう。

ラウンダーとは?具体的な仕事内容をご紹介!

飲料メーカーのラウンダーとは、主にスーパーや量販店にて、それぞれのメーカーが設定する施策や、新商品の企画に合わせた売り場の展開、自社メーカーの商品拡売のための営業や売場企画などを行う職種です。

とくに求人のニーズが高くなるのは、飲料の繁忙期である夏と年末年始の直前。3月や9月に募集が行われることが比較的多い職種です。

ところで飲料メーカーとは、具体的にどういった企業の事を指すのでしょうか?

飲料メーカーとは?

飲料メーカーの代表的な企業は、キリン、コカ・コーラ、サントリー、アサヒなどで、酒類やジュースなどの飲料を取り扱うメーカーです。

ほとんどの場合、同じメーカーでも酒類を取り扱う会社と、ジュース類を扱う会社は、キリンビールとキリンビバレッジのように分社化されており、違う企業として事業展開しています。

どんなことするのか?

お客様となるのは、スーパーや飲料を扱う量販店が中心です。

自社商品を扱っている店舗を巡回して、価格や陳列、売場が適正に展開されているかをチェックします。

また、新商品の企画やそれぞれのメーカーが打ち出すキャンペーンに合わせて、店舗の責任者へ売場交渉を行うことも重要な仕事です。

自社メーカーの売上を上げることが最大のミッションですが、自社商品を販売する店舗の目線に立って、店舗の売上UPにつながる提案をするのが大切なポイント。

そのために、日頃から担当店舗のことを深く理解しながら、責任者との関係性を創っていくことが重要です。

”何が売れているか”、”お客様の志向や動向”、”周辺のマーケットの状況”など、さまざまな情報をもとに企画を打ち出し、店舗と協力しながら、売れる商品展開を実施していきます。

たくさん売れることで店舗からも感謝されますし、自社商品の販売実績が上げることができます。

多くの一般消費者に、商品の魅力を感じてもらい、納得感をもって購入してもらえる売り場を企画する。たくさんの人の生活にも貢献している、とてもやりがいのあるお仕事といえるでしょう。

働く環境について

どんな人が働いているか

年齢は20代から40代ですが、メーカーによっては再雇用制度などで勤務している方など、50代のスタッフも見られます。

飲料の箱は約10キロ前後で、陳列する際は一日に数十回運ぶ作業が必要になりますので、
体力的なことから、メーカーは若い人材を採用する傾向にあります。

しかし実際に採用される方の中には、40代の人も多いのです。それはメーカーにとって、体力以外にも重視するポイントがあるからだと言えるでしょう。

メーカーが40代の採用者に重視しているポイントは、以下の3つです。

メーカーが40代転職者に重視するポイント
  1. 教育の必要や手間がかからない、基本的な営業力、交渉力がある
  2. メーカーイメージを損なわない、マナーや運転技術が備わっている
  3. スケジューリングなど、自己管理の信頼性が高い

大手メーカーとしては、売上を上げる能力ももちろんですが、メーカーイメージを損なわない、信頼のおける人材を求めています。

事故やトラブルなく、仕事を進められる人材を確保することも、メーカー戦略にとって非常に重要なことなのです。

メーカーの商品イメージを創っていくお仕事ですが、イメージを守ることも仕事の一つ。営業に重点を置くのではなく、企画力や信頼性、人間力が大切なお仕事といえるでしょう。

待遇について

ラウンダーの基本給の相場は25~30万円で、残業代や賞与などが、別途支給される場合もあります。

基本的には社用車での巡回になりますが、メーカーによっては、自家用車での勤務も可能な場合があり、その場合は基本給の他に、自家用車の稼働経費が支給されます。

飲料メーカーはほぼ大手企業ですので、福利厚生や労働環境についてもきちんと整備されており、安心できる内容の場合がほとんどです。

まとめ:ラウンダーというお仕事の魅力とは?

ラウンダーという仕事の魅力は、大手飲料メーカーの商品イメージやブランディングに関わりながら、お客様店舗の業績への貢献を通じて、一般消費者にも喜んで頂ける仕組みづくりができることです。

「人と関わる事が好き」、「人のために貢献したい」という想いのある、責任感のある方ならやりがいを感じながら、貢献していくことができるお仕事です。

大手メーカーで勤務を経験することで、あなたへの信頼度も増して、今後のキャリアアップに繋げることができるでしょう。

これからの素敵な転職活動に向けて、ぜひ参考としていただけたら嬉しいです。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
スペイン商事
40代男性、大阪在住。フリーライター。大手人材系企業での経験と、自身の転職経験から、真実だけを、ゆるくあたたかくお届けします。