職業ガイド

営業からの転職を考える40代!強みを活かす狙い目の職種をご紹介

長い間営業を経験してきたが、自分にはいったい何ができるんだろう……

転職を考えだすと、このようなことを自問自答する時もありますよね。

近ごろでは、生き方はもちろん、働き方も幅広く多様になってきています。

まだまだここから成りあがってやるぜ!

こんなオールドスタイルを貫くという生き方も、

ここまでがむしゃらにやってきたから、スタイルを見直したい

こういう生き方も選べるのが、現代社会の良いところではないでしょうか。

まずはあなた自身が、これまでやってきた仕事を振り返って、出来ることを整理して、そのうえで、イメージする生活に合わせた仕事選びをすることが大切です。

営業を経験してきたのだから、この先も営業一択!

このような乱暴なことは言いたくありません…… 日本にはあなたの能力や想いを表現できる、さまざまな職種がたくさんあるのです。

今回の記事では、営業を経験してきたあなたに向けて、この先の仕事選びのサポートになるような、お役立ち情報をお届けしていきます。

営業経験は新しい仕事でも有効活用できる!

営業を経験してきた人は、働いてきた環境のせいか、今までの実績や獲得した賞などにとらわれがちです。

しかし、今後の生活スタイルを転換しようと考えているのなら、シンプルに出来ることにフォーカスして、自分自身を見つめ直してみましょう。

新たな可能性を見いだすことができるかもしれません。

ここからは、営業経験者に当てはまるであろう、一般的な強みについてお話ししていきます。

あなた自身の強みが違っていても、優劣があるわけではありませんのでご安心ください。

あくまでも、自分自身の強みを客観的に見つめるための指標です。

コミュニケーションスキルが活かせる

営業経験者であれば、多くのお客様や関連する人々と、たくさんのコミュニケーションを取ってきたことでしょう。

日常のなにげない会話から、調整や指導の能力にいたるまで、自分では気づいていない部分に、他者がうらやむような能力があるものです。

そしてこの自然に備わった能力の中に、他の仕事にも活用でき、活躍の糸口となるものが存在しています。

その一つがコミュニケーションスキルです。

多くの仕事において基本となるスキルが、営業経験者であればすでに備わっています。

どんな仕事においても、コミュニケーションを取りながら進めて行くことができる。営業経験者が持っている、代表的な強みといえるでしょう。

行動力が備わっている

営業経験者の多くは、目標達成までの工程を考えて、スケジュールを自らで組んで、行動に移してきた方でしょう。

自分の特徴を把握しながら、相手の予定も考慮しつつ、行動計画を組み立てられる調整力も、間違いなく他の仕事でも活用できる能力です。

アプローチ ⇒ 信頼構築 ⇒ 提案 ⇒ クロージング ⇒ フォロー

上記のような、段階を追って関係を構築していく考え方も染みついているハズです。

このような考え方は、営業でしか使えないノウハウではありません。

自分の行動管理をしながら実行して、段階を追って関係構築していくスキルは、職種に関係なく、人間関係を作って行く上で大切な能力です。

さまざまな業種や職種で活用できる能力といえるでしょう。

人柄

「売りたいものの前に、まずは自分を売る」、これは営業の鉄則ですよね。

営業を経験してきたあなたですから、すでにご自身の人柄そのものが磨かれています。

どんな仕事であれ、一人では進められないものばかりですから、営業経験者が持っている「愛される人柄」は、仕事を進めるうえで何よりの強みとなるでしょう。

営業経験者が狙うべき業界や職種とは?

営業経験者の強みを活かして転職できる仕事とは、どういったものがあるのでしょうか?

実際たくさんあると思うのですが、営業も他の職種も経験してきた、筆者の目線でいくつかご紹介いたします。

コールセンター

筆者は縁があって、かつてコールセンターの管理業務を経験したことがあります。

営業経験を活かせる仕事でありながら、営業とは異なるやりがいも感じられるのでオススメです。

「SV業務」という管理業務から始めるのが、40代以上の転職には向いているでしょう。

コールセンターの目標管理をしながら、オペレーターのモチベーションを向上させたり、教育にも携わるので、小さな教室の先生と管理職をミックスさせたような業務です。

企業によっては、平均賃金以上の待遇を提示される場合もありますので、転職先の選定に注意をおけば、条件的にも満たされた環境で働くことも可能です。

通販、運送

ネット通販等でとくに人材不足が際立っており、業績も上向きなのがこの業界です。

配送のニーズも旺盛で、人手不足も顕著ですから、新たな運送システムの提案などを中心に、営業経験を活かせる業界でしょう。

運転が好きな方なら、とくに人材が求められている、運送スタッフとして就業するのもいいかもしれません。

再配達の有料化等も一部で行われ、運送スタッフの労働環境も整えられつつありますので、新たな職種にチャレンジしたい方にオススメです。

外回りしたくないなら、営業事務や企画系

営業はもうやり切ったという方なら、会社を裏から支える、営業事務や企画のポジションがオススメです。

営業事務は一般的に女性職員が多いですが、企業側がより営業スキルのある人材を求めている場合もありますので、これまでの営業経験を十分に活かせるでしょう。

また、営業企画等を中心に、社内で営業戦略を策定する業務も、間違いなくこれまでの経験を活かせる仕事です。

営業目線で効果的な戦略を立てたり、営業として多くのお客様と向き合った経験をもとに、商品の企画等でも活躍できるハズです。

内勤は勤務時間にも無理が少ないので、生活や年齢とのバランスを考慮しても、オススメの職種といえます。

まとめ:営業経験はどんな仕事にも活かせる!

筆者自身も営業を20年以上経験しておりますが、営業の経験を活かして、販売企画や商品企画、イベント運営やコールセンター立上げまで、さまざまな職種を経験することができました。

ご自身では気づかないかもしれませんが、営業以外の人から見ると、営業力とはどんな業務にも活用できる、万能なスキルと捉えられていることも少なくないのです。

堅実な道を歩むことも大切ですが、新たなチャレンジに挑むとしても、40代ならまだまだ遅くはない年齢といえます。

今までの営業経験をポジティブに振り返って、ぜひ自信を持って、希望する職種にチャレンジしてみましょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
スペイン商事
40代男性、大阪在住。フリーライター。大手人材系企業での経験と、自身の転職経験から、真実だけを、ゆるくあたたかくお届けします。

関連コンテンツ