面接対策

転職の面接に必要な持ち物のまとめ【チェックリスト付き】

「準備とは言い訳を排除すること」、これはあのイチロー選手の名言です。

準備が万全になって、やっとスタートラインに立つことができます。

準備が整ってないことで、それが失敗した時の言い訳になってしまうようでは、失敗から学びを得て、成功に近づくことができません。

あれを持ってくるの忘れたから…
朝はバタバタしたからなぁ

こんな言い訳をすることがないように、面接の前日から、事前準備をしておくことをオススメします。

転職の面接では、誰でも緊張するものですが、じつは事前の準備をしっかりしておくことで、緊張を和らげる効果もあるそうです。

使いやすいチェックリスト方式にしていますので、ぜひ確認してみて下さい。

転職の面接に必要な持ち物リスト

【面接の基本的な持ち物】
□ 企業からの持参指示があったもの
□ 履歴書
□ 職務経歴書やポートフォリオなど
□ 印鑑
□ 身分証明書(運転免許証、保険証など)
□ 筆記用具
□ 手帳、ノートなど
□ 携帯電話
□ 面接地までの地図や連絡先
□ ハンカチ
【その他、役立つ持ち物】
□ 手鏡
□ 靴磨き
□ 企業情報、商品情報など
□ 折りたたみ傘
□ 制汗剤、汗拭きシート、カイロなどの季節品
【女性のお役立ちアイテム】
□ ストッキングの予備
□ ヘアゴム、ピン
□ 化粧ポーチ、生理用品など

まずはチェック!面接の持ち物リスト

面接に必要となる持ち物をリストにまとめていますので、確認していきましょう。

面接の基本的な持ち物

面接で持っていくべき、基本的な持ち物は以下の通りです。

□ 企業からの持参指示があったもの

事前に企業から持参指示や、提出物の依頼があったものはありませんか?今いちど確認して、忘れずに持っていきましょう。

□ 履歴書

履歴書は、A4の封筒などに入れて持参すると、提出が便利です。提出する場合に備えて、自分の名前と連絡先を記載しておきましょう。

また雨の日などは、封筒に入れる際にクリアファイルに入れておくのがオススメです。

□ 職務経歴書やポートフォリオなど

企業から指示があった場合は、職務経歴書が必要となります。クリエーターの方なら、ポートフォリオなど、実績の分かるものがあると、説得力も高くなります。

□ 印鑑

□ 身分証明書(運転免許証、保険証など)

印鑑や身分証明書は、基本的には指示がない限りは不要ですが、あまり荷物にならないので、持っておくと便利です。

□ 筆記用具

□ 手帳、ノートなど

面接の中で、先方からの説明や案内があった場合に必要となります。都度にメモを取ることで、几帳面ないい印象を与えるができるでしょう。

また、少し高価に見える筆記用具を使うのも、簡単な印象アップ術として効果的です。

□ 携帯電話

□ 面接地までの地図や連絡先

携帯電話で調べても大丈夫ですが、不具合や紛失の場合に備えて、面接地までの地図や、連絡先を準備しておくと安心です。

□ ハンカチ

自分の汗を拭いたり、飲み物をこぼしてしまった時に、ふき取るのに持っておくと便利です。

その他、役立つ持ち物

以下は必須ではないですが、準備しておくと便利なものです。

□ 手鏡

面接前の目立たないところで、サッと使用できるので便利です。

□ 靴磨き

□ 企業情報、商品情報など

企業情報のパンフレットなどあると、移動時間も情報収集することができます。

□ 折りたたみ傘

□ 制汗剤、汗拭きシート、カイロなどの季節品

女性のお役立ちアイテム

女性の方なら持参しておきたい、必要なアイテムをまとめています。

□ ストッキングの予備

□ ヘアゴム、ピン

学力試験や適性検査など、筆記テストを実施している企業もあります。髪の長い方など、気になる場合は、ヘアピンやヘアゴムなどを持参しておくと、集中しやすく便利です。

□ 化粧ポーチ、生理用品など

面接の持ち物以外の準備もしておこう

面接の持ち物以外でも、準備は万全にしておきましょう。プラスアルファの準備として、大切なものをいくつかご紹介します。

企業情報を再確認する

営業などで商談やプレゼンを経験されている方なら、基本的なことかもしれませんが、面接を受ける企業の事業内容や特徴、経営理念などは、最低限チェックしておきましょう。

面接官から、わざわざ質問されるケースは少ないかもしれません。

しかし、応募企業の事業内容を把握して、どんな部門のどの役割において、自分が貢献できるのかという内容を、事前に深堀りしておくことが大切です。

また、企業情報や商品情報を知っておくと、面接官との会話を広げることができるので、自分をアピールすることにもつながるでしょう。

なぜ転職したいかを振り返る

事前準備としてやっておきたいこととして、

自分はなぜ、どうなりたくて転職をするのか?

上記の答えを明確にしておくことです。

転職活動を進めるなかで、真面目な方や責任感が強い方に多いのが、「就職すること」が目標になってしまっていることです。

それは例えるなら、

誰でもいいから結婚してほしい…

こんな風に女性にアプローチしているようなものです。これでは、なかなか上手くいかないですよね…。

自分の想いとしっかり向き合って、明確な答えを見つけることで、転職活動や就職後のエネルギーにもつながるのです。

収入をあげるぞ!
誰かに貢献したい!
自由な働き方がしたい!

このような素直な気持ちを大切にするからこそ、それが熱意となって面接官にも伝わるのです。

面接対策の記事を読んでおく

このブログでは、面接対策に関するさまざまな記事がありますので、ぜひ目を通してチェックしておきましょう。

まとめ:転職面接の持ち物は事前準備を万全に!

子どもじゃないんだから、持ち物の確認なんて…

このように思う気持ちも分かりますが、前日からきちんと準備しておくと、やっぱり気持ちが落ち着くものです。

筆者は営業経験が長いので、面接やプレゼンなどは得意な方です。

普段はずぼらなところもあるのですが、それでも面接の持ち物チェックは、必ず前日にしておくようにしています。

着ていく物や靴の手入れなどをしておくと、なぜか自然と気持ちが落ち着くんですよね…。

面接で失敗することは、誰にだってあることです。

冒頭にお話しした、イチロー選手の名言にあるとおり、失敗から学ぶことができるように、言い訳が効かない土台作りをしておくことが、筆者も大切なことだと感じます。

準備が面倒くさいと思う方もいるかもしれませんが、そんな時はイチロー選手の名言を思い出しましょう。

自分を奮い立たせてしっかり準備して、転職成功というナイスヒットを、ぜひとも達成してくださいね!

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
スペイン商事
40代男性、大阪在住。フリーライター。大手人材系企業での経験と、自身の転職経験から、真実だけを、ゆるくあたたかくお届けします。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ