転職前の悩み

40代の転職に学歴は関係ない?「経験・実績」をアピールするべき理由とは

企業に履歴書を提出する時に「学歴」を記入する必要がありますが、40代で転職を考える場合、学歴がどこまで選考に影響するのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

「学歴には自信がない……」

なかにはこのように不安に感じている方もいるでしょう。

結論から申し上げると、40代の転職において学歴はそこまで重視されないので、心配されなくても大丈夫です。

今回の記事では、

  • 40代の転職において、学歴はどのような見られ方をするのか?
  • 学歴よりも重視すべきポイントはどこにあるのか?

上記について詳しく解説していきます。

40代の転職に「学歴」はどこまで関係するのか

40代の転職活動において、「学歴」はどこまで採用活動に影響しているのでしょうか?

実際のところ、40代に限らず「中途採用」においては、学歴はそこまで重視されていません。

なぜなら新卒採用と中途採用では、「企業が応募者に求めているもの」が異なっているからです。

採用活動で企業側が重視するポイント
  • 新卒採用:ポテンシャル、人柄、やる気
  • 中途採用:即戦力、業務知識、業務スキル、ビジネスマナー

上記のように中途採用では、とにかく「即戦力」が求められる傾向にあるため、「学歴」よりも「職歴」の方が重要となるのです。

40代の転職であれば、企業の選考を受ける上で、「どこの大学出身か?」といった学歴に関することは、合否にはほとんど関係ないと考えて問題ありません。

ただし募集要項の時点で、「大卒以上」と定めている場合がありますので、この点は事前に確認しておきましょう。

40代の転職で学歴よりも重視するべき点とは

40代で転職活動をする場合は、学歴ではなく何をアピールするべきなのでしょうか?

ここでは選考で有効となる、2つのポイントについて解説していきます。

転職時にアピールできる経験や実績をつくる

40代の転職を考えるのであれば、学歴を気にするよりも、「転職時にアピールできる経験や実績」をつくることに注力しましょう。

前述したように、中途採用に求められるのは「即戦力」という要素です。

面接官
面接官
この人なら、採用後すぐに仕事で成果を発揮してくれそうだ

面接官に上記のように感じてもらえるように、自分のキャリアをアピールしなければいけません。

そのためには、今の職場でアピール材料に使えそうな「実績」を、しっかり作り上げておくことが大切です。

長年◯◯業界で働いてきました

このような内容だけでも、もちろんアピールにはなりますが、

長年◯◯業界で働き、◯◯といった成果を挙げることができました

上記のように実績の部分まで伝えることで、より効果的なアピールが可能となります。

業界によっては資格も有効

40代の転職では、「これまでの経験や実績」が基本的に重視されますが、目指す業界によっては、「資格」も有効なアピール材料となるでしょう。

ここではいくつかの業界をピックアップして、その業界で評価を得られやすい資格についてご紹介します。

一般企業全般

TOEIC860点以上

英語能力を証明するTOEICに関しては、業界問わず評価されやすい資格です。英語力が直接結びつくような仕事であれば、最高ランクである「860点以上」を目指しましょう。

金融業界

ファイナンシャルプランナー(FP)

個人の資産運用や経済動向に関する、幅広い知識を証明できる資格です。2級以上、できれば1級を取得しておくとアピール材料として使いやすいでしょう。

中小企業診断士

中小企業の経営コンサルタントに関する国家資格です。持っていれば評価される可能性は高いですが、合格率は5%程度と非常に難易度の高い資格となっています。

不動産業界

宅地建物取引士

「宅建(たっけん)」の名称で親しみのある、40代にも人気の資格です。不動産業界で評価される資格ですが、取得難易度はそれなりに高いため、計画的な準備が必要となります。

介護業界

介護福祉士

社会的な需要の高い介護に関する資格です。取得難易度自体はそれほど高くありませんが、「実務経験3年以上」などの受験資格を定められています。

事務職全般

MOS(Microsoft Office Specialist)

事務系の仕事では必須スキルといえる、「Word」「Excel」「PowerPoint」などに関する資格です。

日商簿記検定2級

会計処理を行う上で、簿記の知識を持っていると重宝されることが多いです。こちらは2級以上の取得を目指しましょう。

セカンドゴングでは、有資格者のライターなどにより、さまざまな資格についての解説記事を数多く執筆しています。

資格取得に興味がある場合は、そちらの記事も確認してみましょう。

学歴に自信がない人の業界の選び方

ここまでお話ししてきた通り、40代の転職においては、基本的に学歴は選考に影響しません。

しかしそうは言っても、なかなか自信を持てないという方もいるかもしれませんね。

ここではそういった方に向けて、「学歴に自身がない」という40代の転職を目指す方にオススメする、「業界の選び方」についての2つの事例をご紹介します。

今までのキャリアを活かせる業界

学歴に自信がない場合でも、今まで働いてきた業界と同じ業界や、それに近い業界を選ぶと、面接でもアピールがしやすくなるでしょう。

その理由としては、今までのキャリアを活かせる業界を選ぶことで、中途採用の面接で質問されやすい、以下のような質問にも自信を持って回答ができるからです。

  • なぜ、転職先として当社を選んだのですか?
  • 今までの業務経験を、当社でどう活かしていきたいと考えていますか?

上記のような質問に対しても、同じ業界であれば、今までの経験を踏まえて説得力のある回答を行うことが可能です。

人手が足りていない業界

「今まで働いてきた業界ではなく、別の業界にチャレンジしたい」という方なら、いま現在で人手が足りていない業界を選ぶのも一つの方法です。

具体的には、次のような業界が挙げられます。

人手不足の業界
  • 建築業界
  • 介護業界
  • 小売業界
  • 物流業界

上記のような業界では、人材不足に悩んでいる企業が多いので、未経験者でも積極的に採用したいと考えている企業も多いのです。

ただし人手が足りないからといって、誰でも採用されるわけではありません。

業界未経験であっても、「これまでの経験をどう活かせるのか」をしっかり考えてから、面接にのぞまなければ、内定を手にすることは難しいでしょう。

まとめ:40代の転職なら、学歴よりも実績をアピールしよう

今回の記事では、40代の転職における「学歴」の考え方についてご紹介してきました。

お話ししたように、中途採用の場合であれば学歴は選考に大きく影響しません。

その代わりに、新卒にはない「業務経験や即戦力になるスキル」を、いかにアピールするかが重要となるのです。

応募したい企業の業務内容を踏まえた上で、これまでのあなたの職歴の中で、どんな実績をアピールするべきかを考えていきましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
まさと
20代男性、埼玉県在住。大学で就職支援を担当し、新卒・転職希望者のサポートに5年間従事し、延べ1,500人以上の応募書類を添削。その経験を活かし現在はフリーライターとして、転職関連の記事執筆を中心に活動中。

関連コンテンツ