応募書類作成

好印象な自己PRを作るための書き方と注意点【40代転職向け】

転職活動を成功させるには、効果的な「自己PR」が必要不可欠。

しかし40代となると、幅広いキャリアを持っている方も多いので、今までの経験を自己PRにうまく落とし込むのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は、企業に好印象な自己PRを作るための条件と、注意点について解説していきます。

自己PRがまとまらない…

このような方は、ぜひ参考にしてください。

40代の好印象な自己PRの条件とは?

40代の方が、好印象な自己PRを作るためには、内容に次の2点を盛り込むことが重要です。

  • 今までの経験や実績
  • それが入社後の仕事にどのようにつながるのか

この2点について、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

「どんな経験・実績を積み上げてきたのか」をアピールする

まずは自分自身が、これまでどんな経験や実績を積んできたのかをアピールしましょう。

40代での転職を考えた場合、それより若い世代と比べたときの優位性は、やはり「経験や実績」です。そこを重点的に伝えるようにしてください。

自己PRを作る上でのコツとして、文章を考える際に「数字」を効果的に使いましょう。

長年、製造部門に携わってきた経験があります

このような抽象的な表現よりも、

20年間製造部門に携わり、売上1億円という目標を達成してきました

上記のような表現の方が、イメージしやすく効果的なアピールとなります。

「入社後にどう貢献できるのか」をアピールする

前項であげた過去の経験や実績が、入社後にどうつながっていくのかを考えましょう。

これを考えるには、「自分は入社後にどんな仕事内容に携わるのか」という点を、よく理解しておく必要があります。

あなたが入社後に、会社で活躍しているイメージを面接官が持てなければ、採用には至りません。

自己PRは、「入社後のイメージ」まで含めて考えることが大切です。

40代が転職時にアピールしやすいポイント3点

基本的には上述した2点をメインに、自己PRを作成すれば問題ありませんが、それ以外でも、40代の転職者がアピールしやすいポイントを3つご紹介します。

若い世代と協力して仕事を進めた経験がある

40代であれば、同じ部署内やチーム内の若い世代の人と、仕事をしてきた場面も多いと思います。

また人によっては、「上司が年下」という環境で、働いていたケースもあるのではないでしょうか。

このような環境でも、周りとうまく連携をとって、円滑に仕事を進めてきたという経験は、大きなアピール材料として使うことが可能です。

部署異動など、環境の変化にも柔軟に対応できる

40代であれば、同じ会社で働き続けていた場合、ほとんどの人が部署異動の経験があるのではないでしょうか。

部署異動や転勤などがあった際に、「新しい環境にどのようにして馴染んできたのか」を伝えることで、転職先の企業に入る場合にも、柔軟にその経験を活かせるというアピールにつながります。

長いキャリアの中で、環境の変化に柔軟に対応してきたという点も、アピール材料の一つとして使いましょう。

現在も新しい技術の習得に積極的である

中高年の転職者を受け入れる際に、「考えが凝り固まっている」という転職者は、企業側にとって大きなリスクと考えられています。

今でも新しい技術について、勉強を続けています

上記のような積極的な姿勢を見せることで、企業側の心配を払しょくすることができるでしょう。

ただし、「自分はこれだけのことをやってきた」という、自信満々な自己PRは、かえって逆効果となる場合もあるので要注意です。

 40代の自己PRで避けるべき内容

ここまでは、自己PRでアピールすべき内容についてお話ししてきましたが、逆に自己PRでは避けるべき内容について2つご紹介します。

「企業の求める人物像」に沿わない点をアピールしている

自分が持っている技術や経験が、会社でどう活かせるのかをアピールすること

自己PRを簡単にいえば、上記のように説明することができます。

40代の方が、これまで培ってきた技術や経験は、もちろん素晴らしいものであることは間違いありません。

ただ転職活動においては、新しい職場でそれらの経験を活かすことができないと判断されてしまうと、採用されることはないのです。

「応募先の企業はどんな人材を欲しているのか?」

まずは上記について徹底的に調べましょう。そのためには、業界の理解やその会社独自の強みなどを、よく調べておくことが重要となります。

アピールする経験を絞り切れずに、抽象的な内容になっている

40代の自己PRでありがちな例として、さまざまな経験を伝えようとするあまり、一つ一つのエピソードが薄くなり、抽象的な自己PRとなってしまうことがあります。

これまでのキャリアで得た、幅広い経験を伝えたい気持ちは分かりますが、自己PRにおいては、伝える内容を絞ることが重要です。

伝えるべき内容をできるだけ厳選して、それについて深く語る

上記のような意識で自己PRを作成してみてください。

まとめ:自己PRの作成は自分と向き合うよい機会

今回は、40代の転職希望者が、好印象な自己PRを作るための条件と、注意点についてお話ししました。

自己PRの作成は大変な作業ですが、自分自身の過去を振り返るよい機会にもなります。

自分自身と向き合い、そして応募先の企業をよく理解することで、面接官の記憶に残り続ける、魅力的な自己PRを作り上げていきましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
まさと
20代男性、埼玉県在住。大学で就職支援を担当し、新卒・転職希望者のサポートに5年間従事し、延べ1,500人以上の応募書類を添削。その経験を活かし現在はフリーライターとして、転職関連の記事執筆を中心に活動中。
セカンドゴング おすすめの記事
転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
絶対に失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ