応募書類作成

40代転職者向け!志望動機の書き方とポイントとは?【NG例あり】

転職をする際に必ず必要になる「志望動機」。

とくに40代の方は、新卒とは求められるスキルや経験が大きく異なるため、どんな内容で志望動機を考えればよいのか、迷ってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、40代の転職者は志望動機で何をアピールすべきなのか、そしてよくあるNG例を3つ取り上げて紹介していきます。

40代の転職者は志望動機で何をアピールするべきか?

結論から言うと、40代で転職する場合は、「今までの実績やキャリア」という部分を、志望動機で第一にアピールすべきです

40代と新卒では、企業から求められるものが違います。

新卒はバイタリティや将来性など、ポテンシャルの部分が見られている場合が多いですが、40代の転職者の場合は、「これまで何をやってきたのか?」という部分をしっかりとチェックされるのです。

そのため、例えば「貴社の経営理念に共感した」といった抽象的な志望動機は、40代の方はとくにNGです。

新卒の方であれば、多少は甘く見てくれる企業もありますが、40代の方はこれまでの実績をシビアに見られます。

その点を踏まえて、これまで積み上げきたキャリアをアピールするという視点で、志望動機を作り上げてください。

企業側は何を求めているのかを考える

志望動機を考える際には、「企業側は自分に何を求めているのか?」を考えて、書くことが非常に重要です。

もっと具体的に言えば、「40代である自分には何が求められているのか?」ということです。

40代の方が、志望動機で書いてしまうありがちな例として、「過去の実績や経験を要点をまとめずダラダラと書いてしまう」ということがあります。

確かにこれまで経験してきた、幅広い業務内容や成功体験をアピールしたい気持ちは分かりますが、これを志望動機で長々と書いてしまうのは、かえって逆効果です。

採用者の目線になって、しっかりと考えられるのであれば、抽象的な内容や過去の経験をただ長々と書くような志望動機にはならないでしょう。

志望先の業務内容や、配置されるポジションを事前によく確認した上で、そこに活かすことのできる経験や実績を、志望動機に盛り込むようにしましょう。

40代が志望動機で避けるべき内容とは

40代が志望動機で避けた方がよい内容について、よくある3つのパターンを、例文を見ながら確認していきましょう。

NG例①:内容が抽象的で具体性がない

「貴社の経営理念にある、『全ての人に豊かな暮らしを届ける』という言葉に惹かれ、志望いたしました。私も貴社の一員となり、一人でも多くの人の助けになれるよう、尽くしていきたいと思います。」

このように「経営理念に共感した」という志望動機が、すべてNGというわけではありませんが、その部分だけで志望動機を書くと内容は薄くなります。

上記の内容で書くのであれば、「一人でも多くの人を助けるために自分に何ができるのか?」まで含めて考えなくてはいけません。

抽象的で他のどの会社でも使えてしまうような内容では、面接官に心に響く志望動機とはならないので注意しましょう。

NG例②:企業側のニーズと転職者側のアピールしたい内容がズレている

「貴社の商品企画部の募集を拝見し、私のこれまでの業務経験が活かせると思い志望しました。前職では人事部の中で、時代に流れに合わせた『働き方改革』を積極的に推進してきました。結果として、会社全体の残業時間を大きく減らすことに繋がりました。」

この例は商品企画部の募集に対しての志望動機ですが、「企業側が求めていること」と「応募者がアピールしたいこと」に、ズレがあるのが分かると思います。

これまでのキャリアで、どんなに輝かしい実績を残していたとしても、それが新しい職場で活かせるものでなければ、効果的なアピールにはなりません。

今回の例のように、商品企画の仕事に応募するのであれば、「商品企画の仕事に貢献できる経験」をアピールするように内容を組み立てましょう。

NG例③:自分本位な理由だけで考えている

「今回転職に至ったのは、親の介護が大きな理由です。そこで実家からなるべく近い範囲で、残業もそこまで多くない会社を探しておりました。その中で貴社の募集を拝見し、私が探していた条件と合致していましたので志望させていただきました。」

このように休日や残業などといった、条件面だけを取り上げた志望動機も当然NGです。

「そんなのは当たり前だ」と感じるかもしれませんが、意外とこのような内容になってしまっている志望動機が多いので気をつけましょう。

40代で転職を考えるということは、何かしらの事情があって転職に至るケースが多く、企業側もそれは十分理解しています。

だからと言って、そこを前面に出すような志望動機はやはり好まれないのです。

正直に事情を話すことも大事ですが、あくまで「自分のこれまでの経験がどう活かせるのか?」という、基本の部分は外さないように志望動機を考えてください。

まとめ:志望動機は相手の立場になって考えよう

本記事では、40代が転職をする際の志望動機について、アピールすべきポイントと、気をつけるべき内容をご紹介してきました。

「40代で転職は不利なのではないか?」と感じてしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。

あなたがこれまで積み上げてきた実績やキャリアを高く評価し、その能力を期待して快く受け入れてくれる企業を探すことが重要です。

そしてどんな企業に転職する際にも、志望動機は必ず聞かれる部分です。

繰り返しになりますが、志望動機を考える際には、「相手の立場になる」ということがとても大切です。

今回紹介したポイントを上手に取り入れて、これまでの経験が最大限伝わるような、志望動機を考えていきましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
まさと
20代男性、埼玉県在住。大学で就職支援を担当し、新卒・転職希望者のサポートに5年間従事し、延べ1,500人以上の応募書類を添削。その経験を活かし現在はフリーライターとして、転職関連の記事執筆を中心に活動中。

関連コンテンツ