40代女性の転職

40代ママの転職。フリーからマスコミ正社員へチャレンジしてみた!

40代は、まさに働き盛りです!

仕事ができる人なら、管理職へのステップアップも経験して、仕事がいちばん面白くなる時期だと思います。

そんな時に自分はというと、毎日の子育てに追われて、いまの社会情勢もわからない状況…

このまま社会から取り残されて行くのでは…

このような不安を感じている40代ママも多いのではないでしょうか?

かくいう筆者もその一人でした。

子どもを産んでからもフリーランスとして、コンテンツ制作や執筆などの仕事を続けてはいたのです。

しかし自宅作業はできたとしても、会議や取材などに出るには、子どもを預ける必要があるのでやりたくてもできず…

では「子育てに集中していたか?」というと、自宅作業だと子育てに支障をきたしますし、結局は仕事も子育てもどちらも中途半端。

なんだかモヤモヤした日々を送っていたのです…

独身女性の同期は、今ではバリバリのキャリアウーマン。

同期の男性にも管理職が出始めて、不安になった筆者はついに一念発起を決意したのです。

そして、難関と言われるマスコミ業界で、正社員の総合職として転職を成功させました!

今回は、そんな40代ママの転職体験談をご紹介したいと思います。

40代ママ。子育て生活から抜け出したい!

ちょうど40歳の誕生日でした。

このままじゃ嫌だ!

このように一念発起した筆者ですが、その時点では、いまさらサラリーマンになるなんて、まったく考えていなかったのです。

そんなのは無理だと決めつけていました。

夫が30代の時に、転職に苦労していたのを横で見ていたのです。

30代の男性でこんなに大変なんだから、「40代・女性・子持ち」の三重苦では、

正社員での就職なんて、とてもありえない…

このように思っていました。

でもなんとかこの生活から脱したいので、悩みはつきなかったのです…

転職活動の前にまずやったことは?

三重苦を抱えての就職は難しいと感じた筆者は、では逆になにかプラスになる強みを得ようと考えました。

何かの資格をイチから取るとか、職業訓練を受けて手に職をとかも考えましたが、

それでは、今まで20年近く働いてきたキャリアが無駄になるし…

このような思いがどうしても残ってしまいます。

そして結局たどり着いた答えが、

自分の得意分野をさらに強化する!

という結論です。

といっても独学では難しいので、大学院で学ぶという道を選びました。

自分を見つめなおすために大学院へ

主人には「道楽」と非難されましたが、受験勉強の末に、なんとか大学院に通い始めることができました。

しかし3人の子どもは、まだ小学3年と年長さんと2歳です。

朝は子どもたちを送り出してから、家事と仕事をこなして、夕食の準備をしてから、保育園にお迎えに行って、あとを主人に託して授業へGO!

授業の後は、研究室で「終電まで勉強」という過酷な日々が待っていたのです。

いま思うと、自分でも「どうやってこなしていたのか?」と不思議に思いますが、まったく辛くはなく、むしろ楽しくてたまりませんでした。

同級生たちはひとまわりも年下の子でしたが、議論したり飲み明かしたりすることも。

同級生からは就活について相談され答えることが多く、そのうちマスコミ就活ゼミを開設して、学生たちに指導をすることになったのです。

就活難の時代だけれども、ダメだと諦めずに!
まずは大きな組織に入って、基本を学びましょう

といった話を学生たちに話しているうちに、

自分は諦めているのに、言う資格がないなぁ…

このような思いが募って、筆者も彼らと一緒に就活をすることにしたのです。

40代ママの転職を阻む子育てとの両立

こうして、期せずして始まった40代ママの就職活動でしたが、新卒の大学生達とは違うさまざまな壁が待っていました…

保育園のお迎えに夢でまでうなされる

就活を始めた頃には、次男も小学生になって保育園児は三男だけになりました。

しかし、筆者が預けていた保育園は公立なので、夜は18時までとなっており、延長しても19時まで。

マスコミ業界は朝が遅い分、終わりが19時までの会社が多く、もちろん残業も多い業界です。

残業はなんとか後で考えるとしても、定時が18時までの会社を探してみましたが、ほとんどありません。

18時退社に該当するのは、誰もが知っているような大手企業ばかり。

履歴書を出しても出しても、書類すら通らない日々が続き、残業でお迎えが間に合わない夢を見てうなされていました…。

「良いママは専業主婦」というプレッシャー

子どもが保育園の頃は、周りのママさんたちも働くママさんが多く、とくに引け目を感じることはありませんでした。

しかし、子どもが小学校に上がると専業主婦のママさんが多くなり、皆さん子育てに時間をかけていて、朝から朝食が豪華なんです!

いっぽうで我が家は、朝は菓子パンや納豆ご飯とかの手抜き料理です。

就職したら昼も夜もろくに作れなくなるし、子育てより仕事を選ぼうとしている筆者は、

もしかして母親として失格なのでは?

このように自問自答する毎日でした。

40代ママの転職を支える原動力は子どもたち

筆者の心配をよそに、転職を支えてくれたのは、3人の子どもたちでした。

小学校で子どもたちが漢字検定を受ける時に、就活に向けて筆者も一緒に受けてみたところ、

大人で受けたのママだけだよ。偉いね!

と褒めてくれたり、手抜き料理でもいつも喜んで食べてくれました。

選考で何度も落とされて、落ち込んでいるときには、

きっともっと良い会社が、ママのこと待っているからだよ!
強く願ったら必ず叶うって、ママ言ってたよね!

こんなふうに励ましてくれたのです。

子どもがいることで、就職への壁はたしかに大きいのかもしれません。

しかし逆に子どもがいることで、気持ちを強く持つことができ、大きな原動力になるのだと身を持って感じました。

まさに母は強しですね。

おかげで筆者は、何百人もの中から見事に、テレビ局正社員の内定を勝ち取ることができたのです!

同期入社には、他にも48歳のママもいましたよ。

なせば成る!

そして最愛の我が子という、大きな原動力がいれば怖いものなどありません。

モヤモヤしているママさん、ぜひ一歩を踏み出してみませんか?

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ママパンダ
40代女性、東京都在住。3人兄弟のママ。40代でマスコミに総合職入社した経験を活かして、40代ママの転職についてや、子育てとの両立について執筆中。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ