資格・スキルアップ

FP2級&AFPは転職で有利になる!40代からの資格取得を目指そう

簿記3級やFP3級の資格取得が、転職活動で意外と有利になるという話は、これまでの記事でお伝えしてきました。

また簿記2級は、中小企業で求められる、一般的な法人レベルの会計業務水準であるため、非常に強力な資格になるともご紹介しました。

簿記であれば2級が業界標準ですが、ファイナンシャルプランナーの分野でも、FP2級がビジネスの場面で標準的な知識水準であるとされています。

さらにFPの資格では、FP2級合格者のみがチャレンジできる「AFP認定制度」というものがあるのです。

今回の記事では、40代の転職活動で非常に有利になる、

  • 2級FP技能士
  • AFP認定

上記の資格について、詳しくお話をしていきます。

資格としてのFP2級の価値とは

FP3級はファイナンシャルプランナーとして、

自分自身をカウンセリングする専門家

上記を自動で得た状態になるとご説明しました。

それでは、FP2級は資格として、どのような価値のものとなるのでしょうか?

FP2級は「業界標準」扱い。金融機関や保険業界、不動産業界で重宝されます

FP2級という資格は、

FP3級の合格者でなければ受験ができない

このような試験となっています。

まずこういった仕組みである以上、FP2級は限られた方しか受験ができない資格であるといえます。

簿記のように、3級と2級を同時にダブル受験することができないのです。

FP2級の知識は、基礎となるFP3級の知識をベースに、より細部に渡って学習していきます。

日頃生活するなかで必要となる、税金や不動産に関すること、保険や金融商品など、

ちょっと気になったとしても、ちゃんと調べなければよくわからない知識

上記について、ひととおりの学習をするのです。

金融や税金など、ライフプランニングの発想を持って、顧客との業務対応が求められる企業では、FP2級の取得が社内で義務付けられていることも珍しくありません

FP2級の資格は、もはや「業界標準」扱いの知識体系となっているのです。

FP2級は40代の転職に成功した先で活きてくる資格

年金をはじめとして、自身のライフプランニングにおいても、心配が多い時代になってきました。

そういったなかで、

自分自身がファイナンシャルプランナーである

ということの強みは、想像に難しくないでしょう。

世の中にあふれ返る情報のなかから、正しい判断を下せるのがFPですから、その視野があなた自身の将来を助けていくことになるでしょう。

FP2級の取得に企業も個人も積極的

FP2級の資格取得に対しては、企業も個人レベルでも積極的な状況です。

あるマンション販売会社の営業マンは、自主的にFP2級を取得していました。

また、ある地銀では、社内で義務付けられていたFP2級取得の学習を、複数の銀行員が同時に進めていたことがあります。

経営コンサルタントの分野でも、個人事業主や中小企業の経営者から、税や保険などの相談を受ける機会が多いため、FP2級を取得している人が多いのです。

皆さんのお知り合いの中でも、今までにどなたかの名刺に書かれてあるのを、目にしたことがあるのではないでしょうか。

このように、特定の分野では「業界標準」スキルの扱いをされるのが、FP2級という資格です。

40代の転職活動において、FP2級資格を持つということは、

特定分野における競争力が非常に高くなる

ということを意味しています。

簿記2級という資格と比べると、

  • 簿記2級
    オールジャンルで戦える汎用性の高いスキル
  • FP2級
    金融・不動産・税金などの問題に特化したスキル

上記のような違いがあり、FP2級の資格はフィットする分野において、評価が高くなる傾向にあるのです。

FP(ファイナンシャルプランナー)2級の難易度は?

ここまでお伝えしてきたように、FP2級が転職市場において結構な影響力を持つ資格であることはご理解いただけたと思います。

しかしその資格取得の難易度は、意外なほど高くありません。

ファイナンシャルプランナー2級の合格率はどれくらい?

FP2級の合格率は、推移を見てみますと40%前後で推移しており、試験の難易度も安定しております。

◆2級FP技能士試験合格者の推移

実施年月受検者数(名)合格者数(名)合格率
2020/117,6137,37941.90%
2019/916,0236,95543.41%
2019/514,4875,89440.68%
2019/116,8526,80640.39%
2018/914,8805,45836.68%
日本FP協会資料より

同じく転職市場で評価されている、簿記2級(日商)の合格率が20%台であることを考えると、転職活動用の資格としては、かなりおいしい条件であるといえるでしょう。

FP2級を取得したら、AFP認定も受けよう

FP2級に合格したならば、ぜひAFP認定も受けてください。

AFP認定とは、FP2級合格者の中でも、常に最新の教育を受けてノウハウが劣化していない、ファイナンシャルプランナーに与えられる資格です。

AFP資格とは?

AFP資格は、FPとして必要かつ十分な基礎知識を持ち、相談者に対して適切なアドバイスや提案ができるFP技能を習得した者に与えられる資格です。

日本FP協会では資格認定に際して「教育」「試験」「倫理」を重視し、健全で質の高いFPの育成に努めるとともに、継続的な能力の維持向上を図っています。

日本FP協会公式サイトより

インターネット上では、

年会費が高い
実際の営業にはまったく影響しない

上記のような、AFP認定に否定的な意見も確かにあります。

しかしAFPの認定を受けているということは、

継続的な学習により、常に最新の知識体系にアップデートができている

という証明になるのです。

ただ資格を持っているというだけではなく、いわば実戦仕様の資格所有者であることのアピールとなります。

そして何より、名刺にAFP認定のロゴを入れることが可能となります

ファイナンシャルプランナーに対する印象度を考えますと、何の資格も持たない40代の人と比較すると、まったく別次元の評価を受けることになるでしょう。

「何ものでもないあなた」だったのが、「AFP認定を受けたあなた」にジョブチェンジするわけです。

きっと、自分が思う以上の影響力を体感できるはずです。

FP2級の試験対策は、3級の延長線でOK!

FP2級の試験対策は、FP3級の時と同様の対処で問題ありません。

定番のテキスト・問題集を活用した、自主学習でも十分に合格できます。

独学で資格を目指すときのオススメ書籍

参考として、筆者のオススメ書籍をご案内しておきますね。

FP3級の時と同様に、滝澤ななみさんが執筆されているテキストと問題集は、内容の充実ぶりが目立ちます。

独学を考えている方は、以下の書籍を選んでおけば大丈夫でしょう。

◆FP2級のテキスト

◆FP2級の問題集

FPの知識には、単純に「知っているか、知らないか」の問題と、論理的に考えていけばわかるものなど、さまざまな内容が含まれます。

ただ、1つ1つの論点は、それほどの難易度があるわけではありません。

定番の書籍からしっかり吸収すれば、資格試験で合格圏内は目指せるでしょう。

学習に不安があるなら、専門学校を利用しよう

そうはいっても、FP2級はさすがに「業界標準」と認識される知識量ですから、書籍にしてもボリュームは結構盛りだくさんです。

FP3級と比較しても、挫折しやすい量になっていますから、心配な方は専門学校の利用を検討しましょう

専門学校であれば、専門家の講師がわかりやすく解説してくれますので、飽きることなくコンスタントに学習が進みます。

FP2級を合格した後は、AFP認定を前提としている人が多いはずです。

このAFP認定のためのカリキュラムを、併設している講座が多いのが、専門学校の特長といえます。

専門学校で、AFP認定のカリキュラムがセットになったコースを受講しておけば、

  1. FP2級の資格試験に合格する
  2. AFP認定を取得する

上記の2つをひとつの流れで完結することができるでしょう。

専門学校の講座には動画などでオンライン学習できるものと、通信講座式のものがあります。

オンライン学習の講座では、内容を無料セミナーで確認することができるので、まずは試してみましょう。

スタディング「無料セミナー・無料講座」を試してみる

通信講座で学習する場合は、まずは資料請求(無料)で講座の内容を確認してから、申込みを検討することをおすすめします。

LEC東京リーガルマインド「FP通信講座」の資料請求(無料)する

まとめ:FP2級を取得して、40代の転職活動を有利に進めよう!

今回は「FP2級」の資格について、40代の転職活動に活かすという目線でお話をしてきました。

40代の転職活動は、若い頃と異なり時間が経てば経つほどに、状況が厳しくなってきます。

極端な話をすれば、年齢が1つ違うだけで、

応募できる・応募できない

という差が出てしまう求人もザラにあるのです。

難易度はそれほど高くはないとはいっても、受験の準備にはそれなりの時間がかかります。

使えるものはフル活用して、効率よく資格取得&転職活動を成功させてくださいね。

▼FP2級の専門書籍▼

この記事を書いた人
涼宮ぷらち
40代男性、長崎県在住。大学卒業後にIT専門量販店へ就職。30代で社会人向資格専門学校へ転職し、運営と公務員受験講座講師を担当。40代を目前にて「本当に必要とされる場所で働きたい」と考えた結果、最初にスカウトされた経営コンサルタント会社に転職。現在に至る。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ