資格・スキルアップ

「FP3級」は40代の転職活動に意外とおすすめな資格です!

40代で転職活動をする難しさのひとつに、

これまで歩んできた経歴を変えることができない

このような問題点があります。

転職市場において、魅力的に捉えられるキャリアを歩んでこなかった方にとっては、対策が取りにくい問題といえるでしょう。

ところがこの問題点を、ある意味で一気に逆転する可能性があるのが、「FP3級」という資格なのです。

今回はそんな「FP3級」の資格について、かつて社会人の資格専門学校講師を務めていた筆者が、40代の転職活動に活かすという目線で詳しく解説します。

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは?

FPとは「ファイナンシャル・プランナー」の略称です。

ファイナンシャル・プランナーとは、一人ひとりのライフプランニングを提案する仕事の資格となっています。

ライフプランニングとは

ライフプランニングとひと口に言っても、生きていく上では、

税金、保険、不動産、投資・金融商品、年金など

上記のように、知っておきたい情報は実にたくさんあるのです。

こういった情報は、それぞれの分野での専門家にとっては簡単なことであっても、一般の人には難しくとらえられているものばかり。

FPの資格を通じて、こういったライフプランニングに関する知識を学ぶことで、よりよく生きていくための視点が備わります。

そして、その知識を正しく伝えることができるようになるのです。

40代だからこそ、FPの知識が活きる

FPで学ぶ知識は、あらゆる人が生きていくうえで、関係がある話題ばかり。

人生の計画について、真剣に考える必要がある

上記のように考えているお客様に語る場面では、若さや性別といったことよりも、

年齢と経験こそがものを言う

このようなシチュエーションがじつに多いものなのです。

したがって、40代まで生きていた現役の社会人だからこそ、伝えられるメッセージがたくさんあります。

これまで歩んできた経歴を変えることができない

FPの資格は、40代の転職活動を一気に逆転する可能性がある、重要なツールといえるでしょう。

FP3級は資格としての価値はあるのか

FP3級の資格を取得すると、「自分自身をカウンセリングする専門家」を、自動で得た状態だといえるでしょう。

生きていくことを考えるのが、ファイナンシャルプランナーの仕事です。

40代で転職を考える方であれば、これ以上の頼もしい知識はありません。

税金、保険、不動産、投資・金融商品、年金など

上記に関しての知識がない場合は、このようなことを相談する場合、金融機関や保険会社窓口などを利用するケースがほとんどではないでしょうか。

しかし窓口で相談すると、無知に付け込んでいらぬ商品を営業される可能性も高く、その場はやり過ごせても、後々まで面倒な営業をされる余地を残してしまいます。

もしFPで知識を得ていれば、いらぬ保険や金融商品を掴まされる心配は無くなり、自分をガードしていくための技術としても、非常に費用対効果が高いといえるのです。

FP3級の合格率、主催団体や資格制度について

FP3級の資格における合格率は、70%を超えた水準で前後しています。(学科・実技ともに合格して、資格取得できる状態での合格率)

とても役に立つ知識体系を得られる割には、意外と難易度は高くありません。

FPの主催団体と資格の種類

主催団体はきんざい(金融財政事情研究会)と日本FP協会の2つで、それぞれの主催で試験を実施しています。

それぞれで試験問題が異なりますが、3級の学科は同じ問題となっています。

FPには技能士3級、技能士2級、技能士1級という資格と、AFP、CFPという上位資格があります。

上位資格のAFPとCFPは、技能士2級、技能士1級の取得後に、研修カリキュラムを経て与えられるものです。

複雑な資格制度だが、転職に活かすうえでは考えなくてよい

FPは資格の制度的には、ちょっとわかりにくい資格試験となっています。

しかし、転職活動を上手に進めるための手段としてFPの資格を考えるのなら、複雑な資格制度についてあまり難しく考える必要はありません。

きんざい、FP協会どちらでも問題ないので、試験会場が近いほうで受験されると良いでしょう。

FP資格の種類などは気にせず、転職活動に活かすという目的に集中して、FP3級のみをまず受験するという形で問題ありません。

上位資格に関して言えば、FP2級にチャレンジするためには、FP3級に合格していることが前提となりますし、AFP認定を取得するには、FP2級に合格していることが条件です。

FP3級で得られる知識と視点は転職活動に活かせます

FP3級の資格は、試験の難易度がそれほど高くない割に、得られる知識と視点が転職活動に活かせるものとなっています。

実用度のわりに合格しやすいギャップは、まだあまり知られていない

簿記や宅建のように、人気資格として広く認知されているものとは異なって、FPは実際に資格取得している人でも、その内容について説明ができる人が少ないのです。

FPという分野が重要な知識であることは、最近になってようやく知られるようになってきました。

しかし、試験の難易度については、

FP3級は実はそんなに難しくないです

このような事実はまだ案外と知られていません。

それでいて、FP3級で得られる知識は、社会人であれば誰もが知っておくべき話題ばかりです。

金融、不動産、税制についてなど、一般的な商取引において常識として持っておくと、交渉が有利になるような話題が満載となっています。

FPは採用側にも魅力があり、ポイントアップも望みやすい

採用する企業側としても、FPの知識がある人は非常に魅力的な人材に見えるでしょう。

とくに金融機関や不動産業界、保険代理店などの採用現場では、ポイントアップも望みやすいといえます。

難易度が高くないという点と、充実した内容というギャップは、40代の転職目的で資格取得を考えるうえで、かなりお得な資格であるといえます。

はっきり言ってしまうと、FP3級という資格の取得は、

省エネルギーで高パフォーマンスを得られてしまう

このような手段といえるでしょう。

FP3級の学習方法は?

転職活動に効果的となると、資格を取得するために、結構な難易度がセットでついて回ることが多いものですが、FP3級の難易度は決して高くはありません。

これはFP3級の内容が、

  • 生きていくうえで必要な制度について
  • 一般常識レベルの金融商品や資産に関する知識

これらを問われるものなので、丁寧に学習すれば理解できるものばかりだからです。

定番のテキストと問題集で学習する

FP3級の受験に関する定番のテキストと、問題集を準備して取り組むのがいちばんオーソドックスな方法です。

参考として、筆者のオススメの書籍をご案内しておきます。

FP3級では以下2冊が人気No.1です。フルカラーで文字も適度な大きさですし、図表もわかりやすいです。定番ですね。

▼FP3級におすすめの書籍はこちら▼

専門学校や通信講座を利用する

しかし分野が分野ですので、苦手意識を持つ人が多いのもまた事実。

それゆえにFPという資格がありますし、資格を活かした仕事もあるわけです。

事前に書店などで、内容を斜め見していただいて、苦手そうだなと感じたなら、専門学校の活用を検討してみてください。

専門学校の授業であれば、専門講師がわかりやすく口頭で、事例を交えながら解説してくれます。

確かに資格取得のための勉強ではあるのですが、内容が内容なだけに、きっと楽しんで学習が進むはずです。

また、専門学校の講義は、近年だとWeb通信やDVDなどの通信講座が、かなり一般的になってきました。

動画視聴で、ライブの授業とそん色ないレベルの受講ができます。

質問対応もメールや専用のSNSなど、ある意味ライブ授業の通学よりも便利かもしれません。

まとめ:FP3級を取得して40代転職活動を優位に進めよう!

今回は「FP3級」の資格について、40代の転職活動に活かすという目線でお話をしてきました。

FP3級の資格取得は決して難しくない割に、40代の転職活動で非常に強力なツールになる可能性を、ご理解いただけたのではないでしょうか。

あとはご自身に合った学習方法で、しっかり準備して資格試験を突破して、資格所有者になってしまいましょう!

▼FP3級の専門書籍▼

この記事を書いた人
涼宮ぷらち
40代男性、長崎県在住。大学卒業後にIT専門量販店へ就職。30代で社会人向資格専門学校へ転職し、運営と公務員受験講座講師を担当。40代を目前にて「本当に必要とされる場所で働きたい」と考えた結果、最初にスカウトされた経営コンサルタント会社に転職。現在に至る。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ