転職前の悩み

転職の「きっかけ」がデメリットになる?採用担当の目線で徹底検証!

会社を辞めようと決意するのは、何かしらの「きっかけ」があってのことだと思います。

しかしそのきっかけの中には、転職活動を進めるうえで、デメリットになってしまうものもあります。

この記事では、「転職のきっかけ」に焦点を当てて、

  • 転職活動でデメリットとならないもの
  • 転職活動でデメリットになるもの

上記のそれぞれについて、企業の採用担当を務める筆者の目線で解説していきます。

最後まで読んでいただければ、デメリットになる「きっかけ」がわかり、転職活動での対策をあらかじめ準備できるようになるはずです。

転職でデメリットにならない「きっかけ」

転職の面接で必ず質問されるのが退職理由、つまり「転職のきっかけ」が、どういうものだったかという部分です。

転職活動のことを考えると、デメリットとならない転職のきっかけでありたいものです。

ここでは、転職活動でデメリットにならない、3つのきっかけをご紹介します。

ただし、転職活動のデメリットにならなくても、ご自身にとっては好ましくないきっかけを含んでいることが、特徴といえるでしょう。

難関資格への挑戦

世間には難関といわれる資格が数多く存在しています。

例としては以下のようなものですが、数えるとキリがありません。

  • 弁護士
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 社会保険労務士
  • ファイナンシャルプランナー1級
  • 宅地建物取引士

これらの資格は、在職中でも取得は可能ですが、短期間で確実に取得しようと思えば、集中して勉強する必要があるでしょう。

資格の勉強に集中したいことがきっかけで、退職した場合はデメリットにはなりません。

しかし、退職して勉強に集中したけれど、資格取得が叶わずに、転職活動に入ったという場合は、ネガティブに捉えられる可能性があります。

業績悪化など会社都合によるもの

いくら仕事や職場のことが好きで、楽しく仕事ができていたとしても、

  • 業績悪化による将来への不安
  • 人員整理
  • 会社の倒産など

上記のようなことは、自分自身の力だけで回避できるものではありません。

したがって、このような会社の都合によるきっかけであれば、デメリットになることはないでしょう。

その他でも、勤務先が不正行為を行っているなど、明らかなブラック企業であると判断できる場合には、デメリットにはなりません。

ただし、ブラック企業に対する明確な基準がありませんので、その内容によっては、会社都合なのか現職への不満となるか、判断が分かれる場合もあります。

家族の看病や介護のため

仕事が順調であったとしても、急に家族が病気を患って、仕事を抱えながらの看病が厳しくなるケースもあるでしょう。

また、会社が移転することになり、近くに住む高齢の家族の世話をする必要があるため、退職せざるを得ないケースもあるかもしれません。

このようなきっかけであれば、デメリットにはならないといえます。

しかし、看病している期間が2年以上に及んでしまうなど、仕事の感覚というブランク期間の面で、多少懸念される場合があるかもしれません。

転職のデメリットになる「きっかけ」

転職の「きっかけ」となる事がらは、デメリットにならないものよりも、デメリットになってしまうものが多いでしょう。

転職活動を成功させるためには、デメリットとなるきっかけであっても、どのようにして面接官に理解をしてもらうのか、この点がポイントとなります。

どのようなものがデメリットになるのか、確認していきましょう。

現職への不満

現職への不満を解消するために、転職を考えるというのは自然なきっかけではあるのですが、転職活動においては、どうしてもデメリットになってしまうでしょう。

現職への不満として具体例を挙げると、以下のようなものが該当します。

  • 給与や賞与など収入への不満
  • 自身の評価に対する不満
  • 担当職務への不満
  • 休日や労働時間への不満
  • 職場の雰囲気や人間関係への不満
  • 会社方針や方向性への不満

いつか良くなることを信じて働き続けたけれど、今後も不満は解消されないと確信したことがきっかけで、転職を決意する人は非常に多いのです。

新たな仕事への挑戦

一見すると、前向きなきっかけに見えるのですが、40代の転職においては、キャリアを積んだ人材の採用が中心となります。

企業の採用担当者の立場からすると、新たな仕事に挑戦したい人を採用するなら、今後の成長がより期待できる、若い人を優先したいと考えるのが本音です。

新しい挑戦という覚悟は、決して否定されるものではありません。

しかし40代でのキャリアチェンジは、転職活動ではデメリットになるということは、しっかりと認識しておくべきでしょう。

まとめ:デメリットになるきっかけを払しょくするためには?

今回は、「転職のきっかけ」がデメリットになる場合と、デメリットとならない場合に分けて考えてきました。

転職のきっかけが「現職への不満」である場合、当然のことながら、

自分の会社でも同じ不満を持つようになるのでは?

採用担当者はこのような疑念を抱くでしょう。

現職への不満は、どの企業でも多かれ少なかれ抱える課題であり、採用担当者もできることなら、不満のない職場にしたいと考えています。

「現職への不満」が転職のきっかけであるのなら、採用担当者の疑念を払しょくするためにも、面接では転職のきっかけを話すだけでなく、

貴社であれば今の不満を解消できます

このような説明を必ず添えるように心掛けてください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
KTOY
40代男性、大阪府在住。某メーカーの総務部に勤務しています。総務・人事・労務の仕事を20年程経験しておりますので、実務的で分かりやすい記事作成を心掛けます。

関連コンテンツ