転職の準備

転職前に押さえるべき!自身の市場価値(想定年収)を知る方法とは?

転職を決意したときに、少しでも今よりも年収をアップさせたいと考えるのが本音のところしょう。

しかしそれは、あくまでも自身の希望であり、その希望が転職市場の賃金水準とズレていれば、転職活動が長期化したり、苦戦したりするのは必至です。

転職で年収をアップさせたいと考えているのであれば、まずは自身の市場価値を知ることが大切です。

市場価値を知ることで、転職を踏みとどまる決断をしたり、積極的に転職活動に挑むことができます。

この記事では、企業の人事担当者として様々な人材を見てきた筆者が、自身の市場価値を知る方法について解説します。

最後まで読んでいただければ、転職活動において自身の市場価値を知ることの大切さを、きっとご理解いただけるはずです。

転職活動で自身の市場価値を知ることのメリット

転職活動において、自身の市場価値を知ることのメリットは、大きく分けて2つあります。

自身の市場価値を知るメリット
  1. 転職に迷っているときの判断材料にできる
  2. 転職時の希望条件にズレがないかチェックできる

自身の市場価値を把握していなかったために、

  • 現職で市場価値以上の収入を得ているのに、転職に踏み切ってしまう
  • 高すぎる希望年収を望んで、転職活動が長期化してしまう

このようなことが起こってしまうのです。

転職活動をスムーズに行うためにも、自身の市場価値は事前に把握しておきましょう。

転職するべきか判断できる

自身の市場価値を知ることで、今の仕事に対してどれくらいの年収が妥当であるのかを、ある程度把握することができます。

こんなに頑張っているのに、年収が低すぎる…
自分は成果を出していないけれど、相応の収入は貰えている

上記のように思っていても、実は賃金相場からズレているというようなことが、市場価値を知ることで見えてくるのです。

自身の市場価値が分かれば、

  • すぐに転職するつもりだったが、いったん気持ちにブレーキをかけて、自己啓発や資格取得に励んでみる
  • 会社の評価が低すぎると気付いたので、転職を考えることにした

このような客観的な視点で、自身の転職活動をとらえることができます。

希望条件にズレがないかをチェックできる

積極的に転職活動をしているのに、なかなか採用に至らないという場合も、市場価値を知ることで事態を打開できることがあります。

仮に「年収100万円アップ」を望んでいたとしても、希望する金額が自身の市場価値を上回っていれば、転職することは難しいです。

人材の価値に対して、高すぎる年収を希望している

企業側はこのような見方をしていて、選考から外されている可能性があります。

自身の市場価値を知ることで、市場価値に見合った希望年収を設定して、効率よく転職活動を進めることができるでしょう。

低すぎる条件提示であれば強気に交渉できますし、自身の市場価値より低い条件の企業は、応募を回避することができるのです。

市場価値にふさわしい転職先を選択していれば、収入条件の問題で再び転職を考えるようなこともありません。

転職における自身の市場価値を知る具体的な方法とは

市場価値を知る必要性は分かったけど、どうやって知ることができるの?

このような疑問を持たれた方もいるかもしれませんね。

ここでは、市場価値を具体的に知る方法について3つご紹介します。

ご自身に合うと思われる方法で、市場価値を確認してみましょう。

転職エージェントで確認する

いちばん確実な方法としては、転職エージェントに登録して確認することです。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーとの面談が実施されます。

その面談のなかで、これまでのキャリアや希望職種、希望条件などを伝えることで、あなたが転職した場合の年収相場を教えてくれるのです。

転職エージェントでは、多くの転職希望者をサポートしてきた経験から、業種・職種・年代など、膨大な転職者の年収データを保有しています

そのデータを活用することが、自身の市場価値を知る一番の近道となるでしょう。

▼転職エージェント選びはこちらから▼

転職サイトのスカウトサービスを活用する

転職エージェントへの登録が、自身の市場価値を知る近道です。

しかし、担当者の押しが苦手だという人は、転職サイトを使うことで、ある程度の市場価値を知ることができます。

転職サイトで希望職種と勤務地を選択すれば、その条件の検索結果が表示されます。

ただし検索結果だと、転職サイト上の求人内容では「20万円以上」や「月給20~40万円」といった、幅広いレンジでしか確認できません。

検索結果では、市場価値を的確に把握するのは難しいので、ここは一歩踏み込んで、転職サイトのスカウトサービスに登録してみましょう。

スカウトサービスでは、自身のキャリアと希望年収を登録すれば、選考を希望する企業からのスカウトメールを受け取ることができます。

もし、スカウトメールがたくさん届くようであれば、希望年収は市場価値と比べて、妥当か少し低く設定されているといえます。

スカウトメールが来なければ、希望年収の設定が市場価値より高いという判断ができるので、自身の市場価値を知る判断材料となるでしょう。

市場価値が診断できる「ミイダス」で調べる

「ミイダス」とは、dodaを運営するパーソルキャリアが手掛ける転職アプリです。


登録したあなたの経歴や経験、スキル情報を、7万人の転職データとオファー実績を参照して、あなたの市場価値を分析してくれます。

サービスの利用は無料です。

約5分の登録で市場価値を確認することができます。

まずは手軽に市場価値を確認してみたい

このように考えている方なら、まずは「ミイダス」で市場価値を確認してみましょう。

ただし、少し注意したいポイントがありますので、実際に登録して検証してみた以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ:転職活動は自身の市場価値を知ることから

今回は、転職前に市場価値を知る方法についてご紹介してきました。

無謀な転職活動や、自身を低く売り込む転職活動にしないためにも、

転職市場における、あなたの市場価値を知ることが大切である

上記について、ご理解いただけたのではないでしょうか。

ご自身の市場価値が高いと分かれば、積極的に条件の良い企業に応募することができます。

逆に市場価値が低いのであれば、転職時期を再検討したり、長期化することを見据えて、転職活動の準備を進めましょう。

市場価値を知らないままに、ミスマッチの可能性が高い企業にばかり応募していると、不採用という結果ばかりで、自身が疲弊してしまうことになりかねません。

40代の転職活動は、自身の市場価値を知ってから、効率よく始めるようにしましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
KTOY
40代男性、大阪府在住。某メーカーの総務部に勤務しています。総務・人事・労務の仕事を20年程経験しておりますので、実務的で分かりやすい記事作成を心掛けます。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ