職業ガイド

調剤薬局の事務へ40代の未経験者が転職できる?採用担当者が語る内定のコツとは

調剤薬局事務とは、

  • 薬剤師のサポート
  • 処方せんの入力
  • レセプト発行業務

このような業務がメインの仕事です。

雇用形態も正社員、契約社員、パート、派遣と幅広く、働き方を選べるため女性を中心に人気があります。

一般的には、未経験者で40代の方が調剤薬局に採用されるのは、難しいイメージがありますよね。

しかし調剤薬局事務では、実際の採用状況を見ても年齢をネックとしていないので、40代で未経験の方でも転職できます。

採用されるポイントは、仕事がスムーズに進められるように、薬剤師や患者さんをサポートするスキルがあるかどうかです。

今回の記事では、40代の未経験者が調剤薬局事務へ転職するためには、どのような点を重視していくべきかをお話しします。

40代の未経験者が調剤薬局事務へ転職できるのか?

調剤薬局といっても、チェーン店から地域密着型の店舗、家族経営とさまざま。

シフト制を導入している店舗もありますので、子育てがひと段落した40~50代を中心に、採用を実施している薬局も増えています。

40代の未経験者や無資格でも採用される可能性はある

薬局内に産休予定や退職希望者がいて、求人を出している場合は、採用側も即戦力を求めますので経験者を優遇します。

しかし増員予定のための求人であれば、40代未経験でも採用される確率は高くなります。

さらに、調剤薬局事務の資格は民間団体の認定になるため、資格はあくまでも目安です。

絶対に必要とは限らないのです。

40代で未経験者であっても、

一生懸命に頑張ります!

このような熱意があれば、採用される確率十分にあります。

専門的知識が必要なので、慣れるまでは大変

薬に関する業務が中心となりますが、調剤薬局だけでもコンビニを越える店舗数があり、全国どこでも業務内容は同じです。

今日、明日ですぐにできる業務ではありませんので、採用側も長期的なスパンで考えています。

ただし調剤薬局事務は、専門的で特殊な仕事と念頭に置いておきましょう。

未経験者は、研修制度がしっかりしている、大手の調剤薬局やドラックトップス併用チェーン店が、転職先の候補としてオススメです。

医療業界は2年に1回ペースで、国による診療報酬改訂があります。

やっと覚えたのに…改訂されるなんて

このようなことがあり得ますので、継続的な勉強は必須です。

患者対応など、人間関係のストレスはある

  • 処方の内容によっては時間がかかる
  • 患者さんの薬代が高額になり手持ちがない

このような患者さんの対応をすることもあります。

イライラしている患者さんの対応も任されますので、立ち直りの早さが求められるでしょう。

問屋からの納品応対や、医師や患者さんの電話応対なども業務に含まれますので、社会人として適切な対応ができることが重要になってきます。

40代の未経験者が調剤薬局事務に採用されるために必要なこと

調剤薬局で採用されている40代の方は、若い人と異なって、豊富な社会人経験を武器としています。

病院やクリニックといった医療事務では、「資格」よりも「経験」が重視されますが、調剤薬局の場合は、医療事務と比べると業務内容の範囲は狭いです。

  • 他の業種の事務職をしていた
  • 経理や秘書をしていた
  • 接客業をしていた
  • 栄養士・保育士の仕事をしていた
  • 病院で看護助手をしていた

このような経験があれば、採用率は高くなるでしょう。

調剤薬局事務は接客業に近いので接遇スキルを身につける

一流ホテルマンのような、高いレベルの接客スキルを身につける必要はありませんが、基本的なマナーは必須です

事務員がおこなう対応として、

  • 保険証の確認
  • お薬手帳の有無
  • 処方せんの受取
  • 問診表の記載

このようなものがあるので、患者さんに対して、丁寧な対応が求められます。

保険証は年齢、保険の種類、障害の度合いによって、患者さんの負担率は0~100%に分かれています。

初めて来局した時や、番号が変更になった時に確認しますので、負担率や保険の種類は覚えおかなければいけません。

患者さんのなかには、医療機関に恐怖心をもっている方もいるため、つねに思いやりの心をもって接するスキルが大切となるでしょう。

専用のコンピュータを使うためパソコンスキルは必要

調剤薬局事務のメイン業務は薬代の計算であり、レセプトコンピュータ(通称:レセコン)と呼ばれる専用ソフトを使います。

事務員の仕事は、患者のデータ入力、薬の入力、説明書印刷、薬袋の印刷などがあります。

薬に関しては、似たよう名前が複数あるため、名称や飲み方といった入力ミスは許されない世界です。

さらに患者さんの名前も、入力ミスをしないといった、細心の注意で仕事をしなければいけません。

したがって、集中力があり細かい作業が苦にならない人が求められています。

また通常業務のほかに、月末になるとレセプト請求業務があり、処方内容を総括して、各市町村や保険組合に提出します。

調剤薬局もIT化が進んでおり、オンラインで請求していますので、残業は少ないでしょう。

採用時は「運」が左右する

医療事務や調剤薬局の採用では、不思議と運に左右されます。

資格がなく経験もない人が採用された理由を尋ねると、やはり「やる気」があったから。

やる気と言っても、

元気だけがとりえです!

このような話ではなく、調剤薬局で働きたいという熱意が重視されるのです。

  • 困っている人を助けたい
  • 誰かの役に立ちたい
  • やりがいがある仕事をしたい
  • 人と接するのが楽しい

上記のような考えをお持ちの方が、採用されやすい傾向にあります。

医療事務の経験はありますか?

このように面接時に尋ねられ、「ない」と答えた場合でも、

一生懸命に取り組む姿がイメージできたから

上記のようなイメージだけで、採用された未経験の応募者もいるのです。

たとえ未経験であっても、「なぜ働きたいのか?」を明確に説明できる人は、採用されやすいでしょう。

まとめ:調剤薬局事務への転職は、40代未経験者でもハードルは高くない!

今回は、40代の未経験者が調剤薬局事務へ転職するために、どのような点を重視していくべきかを解説しました。

20~30代に比べて、子育てがひと段落した40代の応募者が、採用されることが多くなっていますので、調剤薬局事務への転職は40代で未経験でも可能です

調剤薬局事務は、実際の採用状況を見ても年齢をネックとしていないので、未経験者にとって魅力的に見えるのかもしれません。

確かに資格を必要としない業種ではありますが、医療に携わっていますので、すべての仕事に責任感が必要となります。

社会人経験があり、人を思いやる自信がある方であれば、調剤薬局事務は敷居が高いと思わずに、ぜひチャレンジしてみてください。

▼調剤薬局事務の専門書籍▼
この記事を書いた人
amiyumi
30代女性、新潟県在住。3年間大手電器メーカーに就職。その後は13年間、調剤薬局事務に従事。退職後は地元の美容室でアシスタント兼エステを担当しつつ新聞記者の取材をうけてライターに目覚める。現在は「こしひかり田んぼ」に囲まれた田舎で生活中。大の猫好きで猫のための何かを模索しています。

関連コンテンツ