職業ガイド

40代でメーカー営業に転職!未経験でも目指せる5つの理由とは?

近年の転職市況は、多くの有識者が「売り手市場(=求職者が転職しやすい)」であると見解を示しています。

しかしながら40代の転職シーンでは、まだまだ苦戦している方も多いのではないでしょうか。

企業によっては、年齢を理由に選考を断る事例もあるため、年齢が上がるほど転職自体も難しくなってしまう、このような現状があるのです。

40代の転職者における最大の強みとは、年月とともに積み重ねてきた、経験と知識ではないでしょうか。

今回お話しする「メーカー営業」とは、以下のような理由から、40代の方におすすめできる職種のひとつです。

  • 業界・職種を問わずに、これまでの経験を活かすことができる
  • 40代という年齢を武器にすることができる

この記事では、40代の転職先としてメーカー営業を選ぶべき理由を、5つの観点から紹介していきます。

これまでの経験を活かしつつ、異業種へチャレンジしたいと考える方なら、ひとつの候補として参考になるはずですので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

メーカー営業とはどんな仕事なのか?

そもそも「メーカー」とは、自社で何らかの製品を作りだして、その製品を販売することで利益を上げる企業を指しています。

自社で生み出した製品を、取引先である卸問屋や小売店に売り込んで、消費者の手に届くような流れを作り出すことが、「メーカー営業」の仕事です。

「メーカー」の種類は多岐にわたる

私たちが身に着けているカバンや洋服、身近にあるスマホやテレビなどの電化製品、道路を走る車や自転車など…

世の中に溢れるすべての製品には、必ず生みの親であるメーカー企業が存在しています。

また、製品を作るためには細かい部品やパーツが必要であり、その部品やパーツを生み出しているのもメーカー企業です。

つまり、あらゆるモノづくりには、メーカーの存在が欠かせないのです。

それだけに、メーカーといってもその種類はきわめて多岐にわたりますし、取引先や事業規模、クライアントなども、業界や事業によって異なります。

メーカー営業の仕事内容とは?

メーカー営業の仕事は、大きく分けると2つに分類することができます。

どちらの分類に当てはまるかによって、「ルート営業」「新規開拓・企画営業」などと、企業ごとに呼び方はさまざまです。

≪1≫既存の取引先へのアプローチ(既存ルート営業)

すでに取引がある企業や卸売店、小売店などへ自社の製品を売り込み、取り扱いの交渉などを行うことで、会社の利益を長期的に確保していきます。

≪2≫新たな取引先の開拓(新規開拓営業)

これまで自社製品の取り扱いがない企業等に対して、新たに自社製品を売り込んで、取り扱ってくれる販売チャネルを開拓していきます。

メーカー営業の仕事はきつい?

会社に売り上げをもたらす営業職として、どうしても避けられないのが「売上目標に対する達成」です。

なかには、このノルマを難しいと感じる人もいるでしょう。

しかしメーカー営業が、未経験者にとって難しい職種であるかといえば、一概にそうとは言い切れません。

メーカー営業とは、自社の仲間が作った製品を、クライアントに提案・紹介していくポジションです。

開発者の想いを直接知り、時には自らが製品を体験してから、営業の現場へ向かうわけですから、自信をもってプロダクトが提案できることでしょう。

どんな人がメーカー営業に向いているのか

メーカー営業にとって重要なのは、クライアント企業の担当者から信頼を勝ち取ることです。

そのため、企業との折衝経験(BtoBの経験)がある場合は高く評価されます。

メーカー営業が未経験の人でも、対人コミュニケーションを大切にする方であれば、素質は十分あるといえるでしょう。

営業としての成果を追い求め、いちど決めた目標を達成するために、積極的な姿勢で仕事に取り組む人なら、この上ない活躍が見込めるはずです。

クライアントに寄り添うやりがい

メーカー営業とは、クライアント企業にとって最も身近な存在です。

クライアントの要望を的確にヒアリングして、社内に伝えていくポジションであり、時には顧客から、オーダーメイドの依頼を受けることもあるでしょう。

希望通りの製品を納品した際には、クライアントの信頼度も高まります。

顧客が求めるものに対して寄り添い、架け橋となることで、クライアントからも会社からも求められる存在となれるのが、メーカー営業という仕事のだいご味です。

企業同士の中継役となれる部分も、この仕事における大きなやりがいの一つでしょう。

40代の未経験者がメーカー営業に挑戦しやすい理由

メーカー営業への転職は、転職者の年齢が高いほうが、有利になる可能性がある職種です。

ここからは、40代で未経験からでも、メーカー営業に挑戦しやすい理由をご紹介します。

業界を問わず求人数が多い

先述したとおり、世の中のありとあらゆるモノづくりを担っているのが、メーカー企業という存在です。

たとえばスマホひとつを取ってみても、

  • 液晶画面をつくる企業
  • タッチセンサーをつくる企業
  • 内部の部品をつくる企業
  • 充電ケーブル・ケースなどのアクセサリをつくる企業など…

上記のように、さまざまな部品やその各工程でメーカー企業が存在しています。

そしてそれぞれの製品を売り込むためには、営業社員が必要となるのです。これがメーカー営業の求人が多い理由です。

これまでの社会人経験が活かしやすい

メーカー企業はあらゆる業界に存在しています。そのため、転職者がこれまでにつちかってきた経験を、メーカー営業としても活かせる可能性があります。

転職先のメーカー企業が、これまでの仕事と関連する業界であれば、持っている業界知識を活用することもできるでしょう。

40代ともなれば、社会で広く仕事をこなしてきた経験があるはずです。

どんな製品がどんな場所で必要になるか、いつ頃の時期にどんな製品の需要が増加するのかなど、これまでの知見を活かしたアプローチも可能となるでしょう。

年齢が信用に繋がりやすい

40代は一般的に、安定した印象を与えやすい年代といえます。顧客企業の担当者と接する際に、この印象が功を奏すことがあります。

同じ仕事でも若手がするよりも、経験を積んで年齢を重ねた人が対応する方が、相手に「信頼できる」と、好印象を与えやすいといえるでしょう。

若さが有利になりがちな転職市場とは異なって、落ち着いた雰囲気を評価する傾向にあるのが、メーカー営業の大きな特色でもあるのです。

前職までのコネクションが活かせる

40代の転職者なら、これまでの人脈やコネクションがあるという人もいるかもしれません。

メーカー営業とは、こうした過去の繋がりが大いに活かせる職種でもあります。

これまでの仕事の関係者へ提案を行って、そのまま新規顧客になってもらえる場合もあるでしょうし、馴染みのある企業から相談を受けて、受注に繋がるケースもあるでしょう。

これまで築いてきた関係性を、そのままメーカー営業のチャンスに結びつけることも可能であり、営業未経験からの挑戦でも、これまでの努力を十分に活かせるのです。

自分の能力次第でキャリアアップしやすい

営業職の魅力といえば、成果を上げた分だけ、給与・昇格等といった評価を受けやすい部分でしょう。

これまでつちかってきた経験を、アドバンテージとして活かせるのであれば、若手よりも40代の方が、大きなチャンスを掴める可能性は高いのです。

現職では物足りない待遇を、もう一段階高めたいというミドル層にも、挑戦しやすい職種といえるでしょう。

まとめ:40代の再出発にメーカー営業を検討しよう

40代の方がメーカー営業に転職すると、これまで長くつちかった社会人経験を強みとして、最大限に実力を発揮できる可能性があります。

ミドル層が有利になりにくい転職市場にあって、年齢をアドバンテージとして、躍進しやすいのが「メーカー営業」という職種です。

この記事を参考にして、ぜひ検討してみてください。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
セキグチ
30代女性、千葉県在住。求人広告代理店にて年間800社以上の求人広告を制作。大手~中小企業まで幅広い業種・職種を取材し、採用を支援した経験を持つ。すべての方が「転職してよかった」と思えるよう応援します!

関連コンテンツ