退職手続き

「仕事をすぐ辞めたい」は可能?私は上司に伝えた2日後に退職しました

すぐに辞めたい」と思っている仕事先。でも辞めた後の生活のことを考えると、収入が途絶えるのが怖い…

そのために辞めたくても辞めずに、無理して仕事を続けていませんか。

筆者も生活のことなどを考えて、人間関係や会社体制のミスマッチなどを、ずっと我慢し続けて4年間頑張りましたが、ついに限界に…。

このまま無理して仕事を続けても、自分と企業のお互いに利点がない…

そう考えて退職を決意し、上司に退職の意思を伝えた2日後に、実際に退職しました。

退職を告げてから辞められるまでの期間は、一般的に就業規則によりますが、筆者は就業規則より早く退職をすることができたのです。

既に会社へ行くこと自体が苦痛だったので、できるだけすぐに辞めたい…

その思いで一杯だったので、退職の意思を伝えた2日後に、無事に退職することが出来た時には、とてもホッとしたことを覚えています。

今回の記事では筆者の経験談をもとに、「仕事をすぐに辞めたい」と思ったときに、会社をすぐに退職できる準備と手順についてご紹介します。

辞めるまでの手順と準備をしっかりしておこう

ひとつの会社で定年まで働き続けて、定年後は退職金で悠々自適…。そんな生活が信じられたのはもう遠い昔のように感じます。

40代となった今では、定年どころか採用で大きな壁が立ちはだかる時代です。

不安定な雇用情勢でせっかく採用された会社だし、会社にも迷惑がかかる
ここを辞めたら他に仕事先がないから、路頭に迷うのは避けたい…
それでも辞めたい…

このような思いを抱える人も多いと思いますが、無理に仕事を続けても、結局は心身や仕事に悪影響を及ぼしてしまい、お互いに利点がありません。

また、はびこるブラック企業や自分と企業のミスマッチで、すぐ辞めた方がよいケースも多いのです。

このような場合は、退職を決意したら、出来るだけ早く退職準備を進めることが得策でしょう。

お互いの円満退社のためには、日々の記録、周りや上司への相談など、それなりの準備が必要となります。

「もう限界…」仕事をすぐ辞めたいときは?

入社してからしばらくは我慢したけど、やはり退職したい…

このように思う理由はさまざまですが、我慢してきた根幹は、生活のことがあるからでしょう。

筆者の場合もそうだったのですが、ついには我慢が限界に達して、退職を決意するに至りました。

しかしいきなり退職を切り出すのは、会社と自分お互いに罪悪感が半端ないですよね。

突然の退職を避けるためにも、筆者は入社時から、退職するときに備えて、次のような準備を日々おこなっていました。

日記に書き記しておく

日々の出来事を記録するために、日記を毎日つけました。内容は日々の仕事に対しての感想や反省、ストレスの原因など…

具体的な書き方は普通の日記と同じで、日付と出来事の詳細についてです。(誰が誰とどうしてそうなったかの事実と短い感想など)

例えば以下のような感じです。

〇月〇日 業務での後輩への指導について

私と〇〇さんと△△さんで□□課長に相談。その時に□□課長に「Aをやれ」と言われ、私は「それは違うと思います」と意見を言ったが、「上司の命令だ」と一喝されてしまった。これはパワハラなのでは…?

日記に書き記しておくと、自然と時系列順に並べられるので、あとから出来事の確認がしやすいのです。それに記憶を薄れないようにすることも大きな目的です。

文字に記すことにより、日々の出来事を見直して、自分の心情を落ち着かせたり、吐き出せたりすることができます。

退職目的だけはなく、とくにメンタル回復に有効なので、ぜひ取り入れてほしい習慣のひとつです。

最近では記録の提供として、ICレコーダーの利用が推奨されますが、筆者の場合は自分が使いこなせるか不安だったので、アナログ式で分かりやすい日記にしました。

自分の辛い心情を、周りの人に少しずつ話しておく

仕事上で自分の悩みに直面してしまうと、どうしても自分の内面に抑え込んでしまいがちです。

  • この程度のことを相談するのは恥ずかしい
  • 周囲に広まったらどうしよう
  • 悪く思われたらどうしよう

上記のように、いろいろなことを考えてしまった末に、自分の悩みを封じ込めてしまうことも多いかもしれません。

これは自分だけが我慢すれば、「他の人たちは自分に対する不満はない」と解釈してしまう、けっこう危険な傾向といえます。

日々に我慢をするだけで、外に発信しないのでは、それを退職理由にしても、周りに理解されにくいもの。

このような理不尽な状況を避けるためにも、自分の悩みや辛いことは、普段から周りの人に伝えたり、相談しておくことが大切です。

口に出すだけでも、案外すっきりすることもあります。

ただし口外した場合はウワサが広まりやすく、我慢していることが、更に悪い方向に進展してしまう可能性もあります。

相手や出来事に対しての不満をダイレクトに伝えたり、退職したいなどとは漏らさずに、あくまで自分が辛いということを、前面出して打ち明けるとよいでしょう。

とくにまだ退職を決めかねている時に、退職を考えているようなウワサが、上司に伝わってしまうと大変です。

上司に退職の意思を伝えるまでは、退職に関する話題を出さないように、くれぐれも注意してください。

上司に相談しておく

仕事上の悩みは、上司に相談することが基本です。

ずっと悩みを抱えたままでは、仕事にも影響を及ぼしてしまうので、遠慮なく相談しましょう。

もちろん上司にも、仕事のスケジュールがありますので、相談する時には、上司の仕事状況を見計らって相談します。

お忙しいところすみません。相談したいことがあるので、お手すきの時にお時間を頂きたいのですが…

話を持ち出す時は、このように丁寧に切り出すことが大切です。

上司に相談する場合は、何を相談したいのかを事前にきちんとまとめておいて、しっかりと伝えられるようにしておきましょう。

ただし、悩みの原因が上司にある場合は、その相手に相談することは難しいですよね…。

その場合は「上司の上司」に相談しましょう。

本来は相談すべきである、上司を飛ばしてしまうわけですから、このやり方は出来れば使いたくない手段です。

ここまで来たら、ほぼ退職することを視野に入れて、上司の上司に相談するようにしましょう。

上司に相談してもやはり辞めたい時は、退職に必要なものをまとめる

上司に相談したあとに、状況が改善して仕事を続けられることもありますが、状況が変わらない、もしくは悪化して、どうしても辞めたい状況になる場合もあります。

辞めたい意思が変わらない場合は、退職前提の書類をまとめておきましょう。

筆者の場合は、上司に退職を伝える時に、次の書類を提出しました。

1.日記の出来事をPCで時系列にまとめる

退職を決意するに至った経緯を伝えるために、日記を元にして経緯を書き記す書類を作成しましょう。

手書きの日記をそのまま渡せませんので、Word等でPCでまとめます。

基本形式は日記の事柄を主として、日付・出来事・どう感じたかの3事項を入力します。

太字や赤字など、文字装飾をして分かりやすくすることがポイントです。

2.退職願を作成する

退職時の会社への届け出には、「退職届」と「退職願」の2種類がありますが、一般的には退職届の方が、相手にきつい印象を与えます。

筆者の場合は、「いきなり退職届は強すぎる」という上司のアドバイスもありましたが、退職の希望が強い退職届を作成して提出しました。

上司へ退職したいことを伝え、書類を提出する

退職の決意は上司へ伝えなくてはいけません。相談時と同じように、上司に時間を取ってもらい、退職の意向とともに書類を提出します。

たとえブラックな勤務形態など、会社が大元の原因だとしても、やはり突然の退職申し出は、基本的にあまり心証がよくないです。

ですので、

会社や周りに迷惑をかけてしまうと悩んで、自分も十分に頑張ったが、これ以上は続けることが難しい

上記を真摯に伝えることが大切です。

退職を伝える時期は就業規則に則ることが基本ですが、筆者の場合は、退職の意思を伝えてから2日後に退職しました。

退職まで2週間も待っていられないほど、心身に余裕がなかったからです…

それでも会社の了承を得られたのは、

  • 日記をもとに、以前から退職を思い悩んでいたことを書面にまとめて提示したこと
  • 周りへの相談や上司への相談が以前から何度もあったこと

このような段階を踏んで、準備をしていたことが大きいでしょう。

もし有給休暇などが残っている場合は、それを消化して退職が出来るかどうかも、あわせて確認しておくことをおすすめします。

退職する時には、きちんと整理整頓と挨拶を欠かさずに

退職の了承が得られたら、身の回りの整理整頓を忘れずにしましょう。

  • 自分の持ち物はすべて持ち帰る
  • 机は綺麗にしておく
  • 会社からの備品はそのままにしておく

上記のようなことは最低限の礼儀です。

あとはお世話になったことと、突然の退職の謝罪も兼ねて、可能であればきちんと周りの人へ挨拶をしましょう。

会社を退職したあとも、どこか別の場所で再会するかもしれませんし、人のネットワークはどこで繋がっているか分かりません。

突然の退職だからこそ、退職時の心証を出来るだけ良くするように努めるといいですね。

ちなみに日本ならではの風習として、退職時にお菓子を配ることがありますが、突然の退職でお菓子を配るのは、準備万端で返っていい印象ではないかもしれません。

挨拶だけにとどめた方がよいでしょう。

準備していないけど、どうしてもすぐ辞めたいときは?

筆者のように日頃から準備をしていれば、いざというときに、仕事をすぐに辞めることは可能です。

しかし準備は十分にしていないけど、このままでは心身がまずいので、どうしてもすぐに辞めたいという場合もあるでしょう。

本当にどうしようもない状況なのであれば、「退職代行」サービスを利用するのも一つの方法です。

会社への連絡などを代行してくれるので、会社へ一度も行くことなく、退職を完了させることができます。

退職代行を依頼すると費用が発生しますが、相談には無料で乗ってもらえるので、会社に行かずに退職手続きを進めたいという場合は、いちど相談してみましょう。

転職後すぐ辞めたいときは試用期間中に!

新しい会社にようやく採用されて、ホッとしたのもつかの間、

入社したばかりだけど、すぐに辞めたい…

このように、どうしても続けられないこともあると思います。

転職後すぐに辞めたら、「会社に迷惑かな…」と迷うかもしれません。

しかし迷いがあるまま仕事をして、仕事に慣れた頃に「やっぱり辞めます」となるほうが、会社にとってはいちばん迷惑なのです。

入社してすぐだからこそ、辞めやすい時ともいえます。辞めるか続けるかの結論は、早めに結論を出しましょう。

入社してすぐに辞めたいと伝えるのは試用期間中がいい

一般的には採用されてから、数週間から数ヶ月は試用期間がありますが、これは企業と雇用者が、お互いに合っているかどうかを見極める期間でもあります。

そのため、手続きを省く理由から、試用期間中は社会保険に加入しない企業も多いです。

退職をするのであれば、社会保険の手続きが始まる前に、出来るだけ早めに申し出ましょう。

試用期間は見極めの状態ですから、仮に退職を申し出ても、会社に引き止められる可能性は低いです。

辞めたいと思った原因と経過をしっかり伝える

かりに試用期間中であっても、辞めたい原因が何なのかはしっかり伝えましょう。

例えば仕事についていけないという理由なら、具体的にどの仕事でついていけないのか、明確にしておくことが大切です。

人間関係が原因の場合は、言いづらいことも多いですが、試用期間中の場合は、伝えた即日に辞められることほとんどなので、実名を出してもよいでしょう。

ただしできるだけオブラートに包んで、攻撃的な口調にならないように気を付けてください。

上司に時間を取ってもらい、誠意と謝罪をしっかりと込める

退職を伝える準備が出来たら、上司のスケジュールを確認して時間をとってもらい、相談したい旨を伝えましょう。

採用したばかりの社員が相談を持ち掛ける場合は、退職に関することと、上司のほうでも予想する場合が多いです。

それほど引き留められることもなく、淡々と了承される場合が多いので、謝罪と今までお世話になったお礼を、真摯に伝えることが大切です。

派遣先をすぐ辞めたいと思ったら?

直接雇用の場合とは違って、派遣社員は就業先とは別に、派遣会社が雇用主であることが特徴です。

就業先によって派遣社員の扱われ方が違うこともあり、派遣先で就業して初めて分かることも多く、「すぐに辞めたい…」と思うこともあるでしょう。

派遣社員の方が、「派遣先をすぐに辞めたい」と思ったときに、すぐに退職する方法をご紹介します。

雇用は派遣元なので、派遣先ではなく派遣元へ連絡する

派遣されている時の相談ごとは、派遣先ではなく、派遣元の会社に連絡することが基本です。

就業先に派遣されていたとしても、雇用元は派遣会社ですから、まずは派遣会社にすぐ連絡しましょう。

派遣元の担当者から派遣先へ連絡される

退職の意向を受けた派遣元の担当者は、すぐに就業先へ連絡をしてくれます。

派遣社員で働くときに少し気持ちが楽なところは、派遣会社がまずは間に入って、就業先との連絡や調整をしてくれること。

自分であれこれ動かなくて済みますので、気持ちを落ち着かせることができます。

退職の意向を派遣元が納得したら、派遣先にも了承してもらえる場合がほとんどでしょう。

派遣先へ辞めたい理由を簡潔に分かりやすく伝えて謝罪を

契約期間の途中でやめることは、派遣先もやはり良くは思わないでしょう。

派遣元の担当がしっかり話をしているとはいえ、本人の口からも派遣先の上司へ、しっかりと退職の経緯と理由は伝えておくべきです。

派遣会社での紹介が減ることは覚悟しよう

派遣社員の場合は、派遣元から就業先へ派遣されて仕事をする前提なので、就業先での途中退職は、当然ながら派遣元にとっても、心証はあまり良くありません。

紹介の仕事が他の人にまわされてしまうなど、派遣会社の紹介が減る可能性があることは、あらかじめ念頭においておきましょう。

まとめ:「仕事をすぐに辞めたい…」となる前に、日々の記録と相談を大切に

今回は筆者の経験談をもとに、「仕事をすぐに辞めたい」と思ったときに、すぐに退職できる準備と手順についてお話ししました。

誰でも転職活動はあまりしたくないし、できることならひとつの会社で、じっくり仕事をしたいですよね。

ですが景気下降や転職市場の厳しさにより、いまや複数の転職活動が当たり前の時代です。

「すぐに辞めたい」と思っても、本当にすぐに退職することは、本来はあまり薦められる方法ではありません。

できるだけ円満な早期退職には、日々の記録や周りへの相談、退職を申し出る時の誠実な態度がなによりも大切です。

しかしそうも言ってられず、無理に続けて心身が壊れるくらいであれば、決意が揺らぐ前に、取れる手段をしっかり取って、すぐ辞めることを優先するべきです。

行政機関や退職代行などを頼って、自身の心と身体を守ることを最優先してください。

今回の記事が、退職を悩んでいる方の参考となれば幸いです。

行政機関の窓口

 労働基準行政の相談窓口

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
咲楽みと
40代女性、神奈川県在住。非正規雇用で6か所以上勤務し正社員歴は1回。会社勤務をずっと希望していたが会社に縛られない働き方を考えて、今は在宅ワークでライティング中心に活動中です。
セカンドゴング おすすめの記事
転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
絶対に失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ