転職の体験談

自身の体験から学んだ転職エージェントとの上手な付き合い方とは?

近ごろの転職市場では、転職をサポートしてくれる、転職エージェントと呼ばれるサービスが一般的です。

便利な転職エージェントですが、はたして40代の転職活動でも役立つのでしょうか?

結論から述べると、40代の転職では転職エージェントの活用が必須といえるでしょう。

転職エージェントを活用して就職活動をすることで、転職に失敗する確率は大きく下がります。

さらに、転職エージェントと話をすることで、自分が本当に働きたい職場のイメージがより明確になるのです。

転職エージェントを使うのは、デメリットも多いという意見があります。

しかしデメリットをふまえて上手に活用することで、お互いにWin-Winの関係を築くことができるのです。

今回の記事では、転職エージェントを利用して40代の転職を成功させた筆者が、転職エージェントと良好な関係を構築して、活用するための付き合い方をご紹介します。

最後までご覧いただければ、ご自身が転職エージェントを活用するイメージが持てるはずです。ぜひご覧ください。

転職エージェントを活用すれば、40代でも転職がスムーズ

一般的に転職先は、自力で探すものと考えがちですが、転職エージェントを活用した方が断然スムーズです。

筆者はやむを得ない事情で急に、40代になってから転職しなければならなくなりました。

しかし転職エージェントに頼ることで、あっという間に転職することができたのです。

知人から転職エージェントを紹介される

筆者は40代で2度の転職を経験しました。1度目の転職は、経営者から直接のスカウトを受けて、管理職として入職しました。

しかし転職後の業務が順調に進まず、管理職を外されてしまい、転職を余儀なくされたのです。

急な転職活動だったので、筆者は焦りました…。

大幅な年収ダウンを覚悟すれば、転職はできるかもしれませんが、幼い子供も抱えているので、うかつな転職はできないのです。

しかも、転職サイトで掲載されている求人に、いくつか応募してみたのですが、面接どころか何の返答も来ないような状態でした。

そんな筆者の現状を聞いた知人が、

転職エージェントを使いなよ

このように言って、ある転職エージェントを筆者に紹介してくれたのです。

筆者はわらにもすがる思いで、この紹介を受けることにしました。

転職エージェントとの面談

知人に紹介をお願いすると、次の日に転職エージェントからメールが届きました。

すぐに紹介できる求人があるので、お会いできませんか?

メールにはこのような内容が書かれていました。

筆者は驚きとともに、「本当なのか?」という疑問を感じました。

しかし、自分が話を聞かざるを得ない状況であることは理解していたので、さっそく面談の日程を決める返信をしたのです。

面談の場所は、当時の職場から少し歩いたところにあるカフェでした。

転職エージェントの方(キャリアアドバイザー)とあいさつを交わした後、すぐに転職の話になりました。

筆者のキャリアや現状はすでに伝えていたので、

この会社であれば、いまと似たような業務と待遇で、すぐにでも転職できますよ!

このように言って、さっそく求人案件を筆者に提示してくれたのです。

40代が望む求人は転職エージェントに集まる

なぜそのような求人情報を、転職エージェントだけが知っているのか、筆者は疑問を持ったので尋ねてみました。

キャリアエージェントの回答は以下のとおりです。

  • 求人情報はたくさんあるので、個人が急に探そうとしても見つけにくい
  • 転職エージェントは常に求人情報にアクセスしているので、持っている情報量が多い
  • 今回紹介した求人は、経営コンサルタントとしても付き合いがある会社である
  • とくに40代が望む管理職求人は、転職エージェントだけが抱えている案件が多い

筆者はこのような話を聞いて、

求人企業は転職エージェントを、1次面接のように利用しているのか
求人が少ない40代の転職なら、転職エージェントを利用した方が良さそうだ

上記のように理解し、紹介してもらった求人案件へ応募することにしたのです。

転職エージェントと面談をした数日後、筆者のもとにメールが届きました。

そのメールには、求人企業の見学を勧める内容が書かれおり、筆者はさっそく日程を調整して、会社見学を行うことに。

会社見学には転職エージェントも同行して、施設を見学しながら、経営者ともあいさつを交わし、見学はなごやかに終了しました。

応募先企業を知るうえでも転職エージェントは活用すべき

見学に同行した転職エージェントは、施設の概要や運営状況について、見学する中で解説してくれました。

もちろん現場のスタッフに、説明をお願いすることもできますが、勤務中のスタッフに話を聞くのは気を使うものです。

しかし相手が転職エージェントであれば、気軽に質問することができます。

さらに見学の後に場所を移して、経営者が望む人物像や筆者に求める業務上の課題について、転職エージェントから詳しく聞くことができたのです。

筆者はその話を聞いて、この職場が自分が行くべき転職先であると確信し、面接で話すべきことも整理することができました。

転職エージェントを利用すれば、面接や交渉を有利に進められる

会社見学をした次の日に、転職エージェントから、

先方が面接を希望されていますが、どうしますか?

このような連絡を受けました。

もちろん面接にのぞむつもりだったのですが、筆者には面接をするうえで、どうしても気になることがあったのです。

しかしその悩みも、転職エージェントに尋ねることですぐに解決できました。

転職エージェントを利用すれば、一人で転職活動をしていると抱え込んでしまいがちな、悩みの部分でもサポートしてくれます。

転職エージェントに年収条件を相談して不安解消

筆者が面接をするうえで、どうしても気になっていたこと、それは給与に関することでした。

正直なところ、いまの会社で管理職として得られた年収は、できれば維持したいところです。

しかしそうは言っても、高い年収を切り出すことで、経営者の心証を損ないたくはありません。

そこで筆者は、転職エージェントにこの悩みを打ち明けることにしたのです。

転職エージェントは、筆者の気になる点を理解してくれました。

そしてこれまで関わってきた案件をもとに、筆者が提示すべき年収案を出してくれたのです。

筆者のなかでは、急な転職活動でもあるので、低い年収になるのは仕方ないと覚悟していました。

しかし転職エージェントの話を聞くことで、不安を解消することができ、自信を持って面接に向かうことができたのです。

転職エージェントのサポートで自信をもって面接に挑めた

本番の面接では、自分のキャリアが転職先でどのように活かすことができるか、経営者の方へ力説しました。

すると経営者から好感を得ることができ、希望通りの年収で内定を取ることができたのです。

40代の転職は、年収の低下や待遇の悪化というイメージがあります。

しかし転職エージェントのサポートを得ることで、自身が満足できる転職を実現することが可能であることを、身をもって知ることができました。

転職エージェントもビジネスだとわきまえて付き合う

転職エージェントを利用するデメリットとして挙げられるのは、自分が望まない転職先を勧めてくることでしょう。

じつは筆者も40代で2度目の転職を果たした後に、同じ転職エージェントから、望まない転職先を勧められました。

筆者は自身の転職は断りましたが、転職の相談を受けていた知人を転職エージェントに紹介したのです。

そして知人も転職に成功することができ、転職エージェントとしても満足な結果となりました。

このような縁を深めて、筆者は今でも転職エージェントと情報交換を続けています。

転職に成功した後に、すぐに次の転職先を紹介

40代で2度目の転職に成功し、数ヶ月たったころです。

前回の転職でお世話になった転職エージェントから、1通のメールが届きました。その内容は以下のようなものでした。

今と同じ職務内容で、年収を1割アップするという案件があります。いかがですか?

筆者は心を揺さぶられました。年収アップはやはり非常に魅力的です。

しかも転職エージェントの方が言うには、求人企業の経営者が筆者に非常に興味があるそうで、交渉次第ではもっと待遇を上げることができそうとのこと。

しかし筆者は、この転職は断ることにしました。

それは今回お世話になると決めた転職先で、これから数年かけて、しっかり実績を積み上げたいと考えたからです。

筆者の知人を紹介して皆が満足の結果に

しかし転職エージェントも、仕事として転職の打診をしています。

筆者が転職を断ることは簡単ですが、長い目で見ると、関係を断ち切ることはしたくありません。

そこで筆者は、よい求人先を探している同業の知人がいたことを思い出し、知人たちを転職エージェントに紹介することにしたのです。

筆者の紹介に対して、転職エージェントは喜んでくれました。

そしてさっそく知人たちと引き合わせたところ、紹介した知人の1人が、無事に転職することができたのです。

転職エージェントとWin-Winの関係を築こう

このような話があってから、その転職エージェントの方とは、情報交換をする間柄になることができました。

転職エージェントからは正社員の求人だけでなく、スポットな仕事を紹介してくれることもあります。

また筆者からも、職を探している知人がいれば、転職エージェントを紹介するようにしています。

まとめ:転職エージェントをビジネスパートナーと考えて付き合おう!

今回は筆者が40代の転職で経験した、転職エージェントを活用した体験談をお話ししてきました。

転職エージェントにも様々な方がおり、それぞれに事情をお持ちです。

したがって転職エージェントのデメリットばかりに注目せず、ビジネスパートナーとして上手に付き合うことが重要となります。

今回の記事のポイント
  • 40代の転職は転職エージェントを使うべき
  • 転職エージェントはそれぞれが抱えている求人案件がある
  • 管理職求人は公開せずに転職エージェントに依頼していることがある
  • 待遇の交渉などの相談を転職エージェントにすることができる
  • 転職エージェントは頻繁に転職を勧めることがある
  • 転職エージェントに人材を紹介してあげることも有用
  • 懇意にできる転職エージェントがいると良い情報を教えてくれる

40代にもなれば、どんなビジネスマンであっても、利益を出すために懸命に仕事をしていると理解できるはずです。

だとすれば、転職エージェントを相手にしても、お互いにメリットを分かち合える関係を築き、その関係を続けられるようにすることが理想的といえるでしょう。

▼40代におすすめの転職エージェント▼
この記事を書いた人
ちゃむ
40代男性、大阪府在住。リハビリ部門のスペシャリストとして19年働いています。高齢化社会の花形に見える職業ですが、過剰な人材供給と社会保障の先細りによる収入の低下が懸念されています。そんな中でも時代を切り開く新しい働き方に取り組んでいます。