退職手続き

仕事を辞めるとき、言うタイミングはどうする?円満に退職するためのポイント

仕事を辞めると決断したが、言うタイミングをどうしよう…

退職を決めたときは、このように悩む方は多いでしょう。

転職を成功させるためにも、円満に退職することは重要なことであり、

  • 退職を切り出すタイミング
  • 退職の意思を誰に伝えるのか
  • 退職理由の伝え方

こういった注意点を理解して、正しく実践する必要があります。

この記事では、元転職エージェントの筆者が、円満退職をするための注意点について詳しく解説していきます。

最後までお読みいただくことで、

退職の意思を、いつ・だれに・どう伝えるか?

上記について理解することができ、退職で起こりがちなトラブルを、回避することができるでしょう。

円満退職することで、会社の人から感謝、応援されながら、気持ちよく次のステージに進めます。

筆者の転職者支援とアドバイス経験にもとづいた内容ですので、退職の進め方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

退職の申し出は、1~2ヶ月前がベスト

退職を申し出るタイミングは、基本的に1~2ヶ月前までに伝えるのがべストです。

  • 十分な引継ぎ期間を考慮する
  • 転職活動は在職中にするのか、退職後なのか?

上記などの兼ね合いを考えながら、退職したい日の1~2ヶ月前までを目処に、退職の申し出をしましょう。

民法の定めよりも、会社規定を優先しよう

民法上では、

2週間前までに申告をすれば、会社を退職することができる

このようになっているのですが、従業員の退職に関しては、会社で別途規定が定められている場合がほとんどです。

円満退職を望む場合は、社内規定を優先に行動しましょう

業務の引継ぎ期間を考慮しよう

とくに中高年の転職であれば、役職者であったり、管理業務を担っているケースが多いはず。

引継ぎには、十分な期間を確保しておいた方が無難です

退職日まで引継ぎを終えられず、会社に迷惑をかけてしまえば、達成感なく後ろめたい気持ちで退職をする羽目になります。

転職活動をどうするのかによっても変わります

退職を申し出るタイミングは、転職活動をどのようにおこなうのかによっても変わります。

在職中に転職活動をするのであれば、次の転職先へスムーズに入社できるように、

内定獲得まで、どれくらいの期間が必要になるのか?

上記をある程度予測して、引継ぎ期間との兼ね合いを考慮しながら、退職を申し出るタイミングを決めましょう。

退職後に転職活動をする場合は、

転職先が決まらずに、経済的な負担が生じる可能性

こちらを考慮しておく必要があります。

退職をした後の転職活動が長引いてしまうと、マイナスになる点が多いので、求人の動向などを見極めて、慎重に退職時期を見定めましょう。

退職の意思は、直属の上司に伝えよう

退職の意思は、直属の上司に伝えるのが基本です。

あなたの退職意思について、直属上司から会社へ伝達するのが正規ルートとなります。

また、退職手続きに関するさまざまな調整は、上司の協力なくして円満には進みませんので、まずは上司の理解を得ること重要です。

対面で話して伝えること

会社と自分の双方にとって重要なことなので、メールなどで伝えるのではなく、上司と対面で話して真剣に伝えるのが鉄則です。

上司と話す際には、会議室などで二人で話せる時間を確保してもらいましょう。

そのためにも、繁忙期や多忙な曜日・時間帯を避けて、じっくり話せる段取りをしてください。

上司以外には口外しないこと

退職の意思は、上司以外の社内の人には口外しないようにしましょう。

社内で正式な公表にされる前に、うわさが一人歩きしてしまうと、現場や同僚の間で混乱が生じる可能性もあります。

また、直属の上司を飛び越えて、さらに上の役職者へ退職の相談をすることも、避けておくべきです。

直属の上司に自分から伝える前に、別の人から上司へ伝わってしまうようなことがあると、上司への心象にも影響しますし、トラブルになりかねません。

どうしても、社内で公表される前に自分から直接伝えたい人がいる場合は、その旨を直属の上司に相談して判断を仰ぎましょう。

円満に辞めるための退職理由の伝え方

円満に会社を辞めるためには、

退職理由をどのように伝えるか?

上記がとても重要なポイントです。

退職の話がスムーズに進まないと、転職活動にも影響する可能性がありますし、退職理由として今までの不満を言ってしまえば、円満に辞めることは難しくなるでしょう。

ここでは、好ましい退職理由の伝え方や、やってはいけない伝え方、退職を伝えるときの心構えについて解説していきます。

退職理由は本音ではなく、ポジティブな内容に言い換える(例文あり)

退職を申告する時に、「退職理由」は必ず聞かれることであり、答え方次第で円満にも険悪にもなります。

会社への不満」が本音の退職理由だとしても、スムーズに退職するために、建前の理由を伝えることは少なくありません。

もちろん、嘘をつく必要はありませんが、

  • やりたいことがある
  • キャリアアップしたい

上記などのように、できる限りポジティブな印象を与えられるような言い方に変えて、理由を伝えるようにしましょう。

「言い方を変える」具体例として、以下を参考にしてみてください。

退職理由の例1:仕事がつまらない、飽きている

◆本音の退職理由

大手の安定感が魅力で入社したが、ルーチンワークで仕事がつまらないし、身につくスキルが限定的で正直飽きている

◆言い方を変えた退職理由

今までは大手のブランド力に助けられ、恵まれた環境だったことに感謝しています。

これからは新たな環境で仕事の幅を広げて、キャリアアップしたいと思い退職を決意しました。

退職理由の例2:いまの仕事はやりたいことじゃない

◆本音の退職理由

本当は〇〇業界で働きたかったが、採用をもらえずに諦めた。

今いちど将来を考えると、今の仕事はやりたいこととは違うので、5年後10年後もここで勤めたいとは思えない。

◆言い方を変えた退職理由

今の仕事や環境に不満はなく、やりがいも感じていますが、いちど諦めてしまった〇〇の業界に未練があり、チャレンジするのは今しかないと思い退職を決意しました。

会社の不平不満を退職理由にしないこと

会社への不満は、多かれ少なかれ誰にでもあるものです。

しかし、退職の意思を伝える際に会社への不満を吐き出したところで、上司の気分を害するだけでしょう。

退職したあとも、上司を含めた会社の人たちに、二度と会わないとは限りません。

業界が同じであれば関わる可能性もあり得ますし、退職の仕方によっては、自分の人脈となってくれるかもしれないのです。

とくに待遇面や環境面を退職理由にした場合は、

上司
上司
改善をするから、退職を思いとどまってくれないか?

上記のような引き留めにあう可能性もあります。

どうせもう辞めるんだし、思うことは言っておこう

こういった気持ちで不満を話したところで、多少はすっきりするかもしれませんが、自分のプラスになることはあまりないのです。

円満に辞めるためにも、不満を口に出さずに「これまでの感謝」を伝えた方が、物事がずっとスムーズに進みます。

もしかしたら、退職後の活躍を応援してくれるかもしれません。



退職を伝えたあとに、取り消しはできません

上司に退職の意思を伝える際は、

もう後戻りはできない

このような強い意思をもって、面談の場にのぞみましょう。

いちど退職の意思を伝えてしまうと、簡単に取り消したり、前と同じ状況に戻ることはできません。

引き留めをされても、退職の意思を貫こう

退職を申告した際には、よほど人が余っている状況でない限り、引き留められることがほとんどです。

しかし、いちど退職を決断したからには、引き留めを断る強い意志が必要となります。

もちろん、一方的な態度では険悪になりかねないので、まずは引き留めてくれたことへの感謝を伝えましょう。

上司が退職を引き留める理由は、さまざまなことが考えられます。

  • 会社にとって必要な戦力だから
  • 人員募集には、経費や育成期間が必要だから
  • 描いていた運営プランが狂うから

理由はどうであれ、上司が真剣に引き留めてくれれば、悪い気はしないでしょう。

責任感が強い人なら、退職することが申し訳ない気持ちになるかもしれません。

しかし、退職者がでたとしても、会社は変わらず運営されていきますし、あなたが辞めても倒産することはないのです。

上司から粘り強く説得され、さまざまな改善案が持ち出されるかもしれません。

情に負けて、自分のキャリアやチャンスを棒に振ることがないよう、退職の意志を貫きましょう。

退職の撤回にはデメリットが多い

上司から引き留められて、すぐに退職を思い留まるようであれば、はじめから退職を切り出すべきではありません。

なぜなら、退職の撤回にはデメリットが多いからです

いちど退職を申告すると、

上司
上司
いったんは思い留まらせたけど、またいつ辞めると言い出すからわからないな…

上司からは、このように思われてしまう可能性があります。

責任あるポジションへのキャリアアップに、今後影響が出てしまうかもしれません。

また、口頭では待遇や環境面の改善を提案してくれたとしても、本当に実現するかは不確定です。

たとえ改善されたとしても、また別の理由で、

やっぱり退職したい…

このような気持ちになったときに、さらに退職が切り出しにくくなってしまいます。

退職の意思を伝えるということは、会社にとっては相当に重い通告であり、切り出してしまった以上、撤回してもデメリットが多いのです。

したがって、退職を決断するまでに、

退職せずに、この会社で活躍できないか?

上記の選択肢について、十分な検討をしてください。

自分の叶えたいことが、いまの会社で実現できるのか?

このような可能性について熟考して、その上で新たな道に進むと決めたのであれば、いちど伝えた退職希望を撤回するべきではありません。

どうしても退職を切り出せない人は、転職エージェントに相談しよう

退職を決断したとしても、上司に切り出すときには相当の勇気が必要です。

もし引き留められたら、なんて言おうか…
自分勝手だと叱責されたらどうしよう…

このようなことを考えてしまい、言い出すタイミングがどんどん遅れてしまいます。

なかなか退職を切り出せなくて悩んでしまうときは、転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、退職にまつわるトラブルについて、多くの転職者から相談を受けていますし、退職トラブルの回避方法についても知見やノウハウがあります。

仕事を辞めようと思っている段階から相談をしておくと、転職活動の支援だけでなく、同時に円満退職のお手伝いもしてくれるのです。

転職のプロに背中を押してもらえれば心強いですし、適切なアドバイスをしてもらえます。

退職や転職に悩みがあるときは、早めの段階から転職エージェントに相談してみましょう。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

まとめ:退職を伝えるタイミング、相手、伝え方に注意しよう

今回は、退職を切り出すタイミングや誰に伝えればよいのか、退職理由の上手な伝え方など、円満に仕事を辞めるための注意点をお話ししました。

仕事を辞めると決めたときは、

退職の意思を、いつ・だれに・どう伝えるか?

上記についてよく理解しておくことで、円満に退職できる可能性が高まります。

どうせ辞めるんだし…

このような安易な気持ちで、不満を漏らしたり手抜きをしたりすることなく、円満に辞めるための準備を進めましょう。

円満退職をすることで、気持ちよく転職先へ進めますし、退職後も前職の人たちが自分の人脈になってくれるかもしれません。

退職の意思をトラブルなく伝えるための、参考となれば幸いです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
karinobu
40代女性、北海道在住。大手転職エージェントの勤務から、ベンチャー企業へ転職。マイナス思考の悪循環から抜け出した経緯も含め、私の転職経験をお伝えします。現在は転職先で、やりがいを感じながら楽しく奮闘中です!
セカンドゴング おすすめの記事
転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
絶対に失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

  • Rika

1人が
読んで良かった!

関連コンテンツ