資格・スキルアップ

英語が話せる40代は転職で有利になる!「そこそこ喋れる」を目指そう

新卒時に外資系企業に入社して、それ以降も転職で外資系企業を3社経験している、まどと申します。

筆者は、新卒の時は英語がほとんど話せなかったのですが、毎日オンライン英会話を受講することで、英語が「そこそこ」話せるレベルにまでなりました。

「そこそこ」英語が話せることで、転職するときに、ほかの候補者より有利になれたことを実感をしています。

もちろん英語力は万能ではありません。「有利」程度でしかないことが多いでしょう。

しかし、僅かな差が内定に直結する転職市場においては、「有利」レベルでも十分な恩恵があります

「そこそこ喋れる」英語力があれば、

  • 選考でほかの候補者よりもリードできる
  • 管理職への転職もしやすくなる
  • 外資系への転職など、選択の幅を広げることができる

上記のように、転職において有利になることが多いのです。

また、一般的に外資系企業では、年齢を気にせず雇ってくれることが多いため、40代の転職という年齢のデメリットをカバーすることが可能となります。

今回の記事では、筆者の経験をもとに、

  • 英語が「そこそこ」喋れると、どのように転職市場で有利になれるのか?
  • 実際に外資系企業では、どのくらい英語が必要なのか?

上記について、詳しくご紹介していきます。

経歴プラス「英語力」で、転職の選択肢の幅が広がる

企業のグローバル化やITの発達により、外資系だけではなく国内企業においても、業種・職種を問わず、英語力が求められる機会が多くなりました。

転職に成功させるためには、経験の蓄積やマルチタスク能力、コミュニケーション能力など、さまざまな力が必要となります。

さらにプラスして英語力があるだけで、ほかの候補者より頭ひとつ抜けることができるのです。

そしてそのアドバンテージを得られるのは、「ペラペラ」ではなく、「そこそこ」の英語力で問題ありません。

ここでは、英語を話せると転職においてどんなメリットがあるのか、具体的にご紹介します。

管理職の転職で有利になる

外資系企業においては、管理職に英語力は必須です。

外資系企業では、日本の会社は「支社」のような位置づけのため、

  • 「本社」である海外に、日本の業績を報告する
  • 何か問題が生じた時に、本社にエスカレートする必要がある

管理職には、上記のような業務が発生します。

また、国内企業においても、海外進出の機会は以前と比べ格段に多くなりました。

海外の「支社」や「取引先」と話をするために、管理職として英語が喋れる人材は重宝されます。

つまり、あなたがいまの会社で管理職として英語力が必要なくても、ほかの会社の管理職へ転職する時に、英語力を求められるケースが増えているのです。

いまは管理職ではないという方でも、40代ともなれば、昇進を考える場面も多いのではないでしょうか?

経験や業務能力は十分なのに、英語というツールひとつで、管理職への道が閉ざされてしまうのはもったいないことです。

いまからでも、英語を「そこそこ」喋れるようになっておくことが、キャリアアップを考えるうえでターニングポイントになるかもしれません。

外資系など、英語が必須の会社に転職しやすい

英語が苦手な人は転職するときに、

応募候補の企業から、外資系企業を除外する

上記のような考え方をしていませんか?

もしくは、募集要項に「TOEIC〇〇点以上」と書かれているだけで、応募を敬遠しているという方も多いでしょう。

実際に、書類選考の段階で、TOEICの点数で足切りされることもあります。

しかし、英語が「そこそこ」喋れて、TOEICの点数がそれなりにある場合は、TOEICで足切りされる企業や、英語が必須の企業にも応募することができるのです。

なお、筆者が面接官を担当する場合は、

  • TOEIC700点以上
    英語がそこそこ聴ける人
  • TOEIC600点以上
    リーディングとライティングは問題なさそう。あとは入社後に英語力を伸ばしてくれればOK

上記のようなレベル感で判断していました。

企業によっても基準は違いますので、あくまでも一例です。

なお、大学卒業者のTOEIC平均は500点程度なので、TOEIC600点を取るためには、たいていの方は独自学習が必要です

もちろん英語力を見るうえで、TOEICが必須というわけではありません。

応募するときの履歴書や職務経歴書に、

リーディング / ライティング / リスニング / スピーキング

上記に関する全ての能力について書いておけば、面接に進ませる人材かどうかは、企業も判断がしやすくなります。

もし、英語が「そこそこ」喋れるなら、応募書類のなかでアピールをしておきましょう。

また、TOEICの点数を要求する会社であっても、TOEICではスピーキングの能力は測れません

したがって、面接で応募者に質問をして、判断をする会社も多いです。

そういった場面で、英語が「そこそこ」喋れることをアピールできれば、ほかの候補者より断然有利になるでしょう。

転職市場においては、英語が「そこそこ」喋れるだけで選択肢の幅が広がって、ほかの候補者よりも選考を有利に進めることができます。

外資系で求められる英語力のレベルとは

多くの方には、

外資系 = 英語が必須

上記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

外資系企業を3社経験している筆者からすると、それは正しくもあり誤解でもあります。

なぜなら、英語が必須かどうかは、会社や職種にもよるのです

毎日英語で会議をする職種もあれば、リーディングとライティングのみで済む職種もあります。

しかしほとんどの場合において、英語を「そこそこ喋れる」という人材は、非常に重宝されるのです

外資系でも「ぺらぺら」は必要ない。「そこそこ」で十分

少なくとも筆者の経験では、外資系企業においても、「ぺらぺら」英語が喋れる人はあまりいません。

意外に思われるでしょうか?
でも案外、そんなものなのです。

時折いる「ぺらぺら」の方は、

  • 帰国子女
  • 学生時代に留学をしていた
  • 海外で暮らした経験がある

ほとんどが上記のいずれかに当てはまります。

逆にいえば、

日本にずっと住んでいる人が、英語「ぺらぺら」になるのは非常に難しい

といえるでしょう。

でもご安心ください。英語は「そこそこ」喋れれば、外資系企業でも十分なんです。

発音なんて多少正しくなくても、通じればまったく問題ありません。

相手の言っていることを、完璧に一字一句まで理解できなくても、主旨を理解できればOK

コミュニケーションを取ることができれば、問題なく仕事ができることがほとんどです。

外資系企業における海外の人たちは、

日本人は英語が苦手である

ということをよーくわかっています。

ですので、少し英語を喋れるだけで、

あなた、日本人にしては英語がエクセレントね!

このように褒められるほどです。(笑)

私たち日本人のほとんどは、英語ネイティブではありません。

「そこそこ喋れる」だけでも自信を持って、とにかく集中して聴き、発言して、コミュニケーションを取りましょう。

その姿勢がもっとも大切なことなのです。

英語をよく使う職種とあまり使わない職種がある

あくまでも筆者の経験からの話ですが、職種によって求められる英語レベルは異なります

部署による英語レベルの違い
  • 英語をあまり使わない部署
    一般的に顧客対応をする部署。営業やカスタマーサポートなど
  • 英語をよく使う部署
    物流やマーケティングなど

ただし、英語をあまり使わない部署においても、リーディングとライティングは必須です

日々の業務のなかで、

  • 海外の担当者と英語でメールのやり取り
  • システムが英語
  • 製品の説明資料が英語

こういった状況ではあるので、英語を読解する能力は必要となります。

もちろん、会社や業種によっても異なるので、募集要項をしっかりと見て判断しましょう。

いずれにせしても、英語が「そこそこ」喋れれば、

転職するときに、英語がネックで選択肢が狭まる

ということは無くなるはずです。

英語に苦手意識がないことを、面接でアピールする方法

外資系企業に応募する際は、最低でもリーディングとライティングができる英語力は必須です。

ただ、真面目に中学高校大学の英語授業をこなしていれば、Google翻訳などに助けられながらも、この2つはなんとかなるでしょう。

問題となるのは、リスニングとスピーキングです

たとえば、現在はオンライン英会話などで勉強中で、まだまだ英語が喋れない方がいるとします。

TOEICも500点程度で、履歴書には書けません。

こういった方は書類選考に受かったとしても、面接で英語力について聞かれることは非常に多いです。

そんな時、どう答えればよいでしょうのでしょうか?

面接における回答例

筆者は、外資系企業で応募者の面接を担当したこともありますが、以下のような回答であれば、応募者に対して非常に好感が持てるでしょう。

面接官
面接官
弊社では英語が必須で、英語での電話会議もあります。あなたの英語力はいかがですか?

◆応募者の回答例

現在はぺらぺらとまでは行きませんが、オンライン英会話を毎日30分受講しており、英語力をブラッシュアップしているところです。

半年前は全然聴き取れなかった英語が、現在はゆっくり喋ってくれれば何を言っているのか大体理解できるようになりました。

スピーキングも恐れることなく喋るようにしています。

御社に入社してからは、電話会議に慣れないうちは先輩社員のお力添えをいただくかもしれませんが、長期的にこの勉強は続け、なるべく早く英語での電話会議で積極的な発言ができるレベルにまでステップアップしていきます。

面接で押さえておくべきポイントとは?

ご紹介した回答例であれば、

面接官
面接官
おっ、この候補者はよいかも!

上記のような印象を与えることができます。

「ぺらぺら」どころか、「そこそこ」喋ることすらできなくても、

英語を勉強しているという前向きな姿勢

上記を面接官にアピールできているからです。

英語力はステップアップしている最中です

このような印象を与えることで、面接官に好印象を持ってもらえるでしょう。

日本人のリスニング力とスピーキング力は壊滅的である

上記については、外資系企業に勤める人間であれば、誰もが知っています。

応募者が今まで外資系企業の経験がなく、留学の経験もないなら、英語を聴き取れず喋れないのは当たり前なんです。

そんななかで、自ら英会話教室やオンライン英会話を使って、独学で英語を勉強しているという候補者は目を引きます

実際に、入社時は英語が壊滅的だったのに、

入社した後にぐんぐん喋れるようになった

上記のような社員が実在しているからです。

ですので、よほど英語の即戦力を求めているという場合を除けば、英語に対する積極姿勢を見せておくことで、英語力が原因で落とされることは無くなるでしょう。

外資系企業では、実際にどの程度の英語を使うのか?

英語があまり喋れない状態で、外資系企業に入社してしまうと、

仕事で困ることはないのだろうか?

このように心配になりますよね。

では実際にどうだったのか、筆者の体験談についてお話しします。

面接で英語力を訊かれた企業に入社した場合

面接で英語力について、

面接官
面接官
どのくらい英語を喋れますか?

このように訊かれた会社に入社したあと、実際にどのくらい英語を使ったのでしょうか?

この会社では年に一度、一週間程度の海外出張がありました。もちろん英語圏です。

さらに、通常通り業務をこなしている間に、海外の同僚から唐突にスカイプ電話がかかってくることも…

もちろん、会話をするときは英語です。

英語での電話会議は週に2~3回程度あります。

上司の上司が外人だったので、英語での個別面談も2ヶ月に一度ありました。

そして、日本支社において「English Day」なるものがあり、その日は英語しか使っていけないのです。

英語が苦手な同僚が、ひーひー言っていたのを覚えています。(笑)

ですが、このような英語必須の会社であっても、「ぺらぺら」である必要は全くなく、「そこそこ」喋れるだけで十分でした

「English Day」があるといっても、日本支社の全員が「そこそこ」レベルにまで全く達してはいません。

「Hello」と「Yes」しか言えない社員もいたくらいです。

オンライン英会話などで、「そこそこ」レベルまで英語力を上げておけば、こういった英語が日常的に使われる会社でも十分に働けますよ。

面接で英語力を訊かれなかった企業に入社した場合

外資系なのに、面接で英語力について全く触れられず、「あれっ?」と思ったまま入社した経験もあります。

筆者は、ずっと外資系企業に勤めていたので、

英語は当然できるだろう

このように思われてしまったのかと心配になりましたが、実情は違いました。

本当に、英語を喋る機会があまりなかったんです

もちろん、リーディングとライティングは日常的に使います。

会社で使用しているシステムが英語なので、システムで使われている英語を理解できるだけの英語力は必要です。

また、筆者が所属していたチームでは、週に1回、英語による電話会議がありました。

ただ会議でも、内容をざっくり把握さえしておけば、

後でメールで送るよ

このように言っておけば問題ないレベルで、ディスカッションまでは無かったのです。

このような会社では、「そこそこ」英語が喋れる人はヒーローです

管理職への出世もしやすくなります。

オンライン英会話などで英語力をアップできたら、ぜひ外資系企業への転職にもチャレンジしてみましょう。

「そこそこ」喋れるレベルまでスキルアップしていれば、一般的な外資系企業であれば、十分に通用するはずです。

まとめ:英語を「そこそこ」喋れる40代を目指そう!

英語が「そこそこ」喋れる40代は、転職市場で選択肢が増えて有利になれるだけでなく、管理職の道へも進みやすくなります。

また、「そこそこ」喋るまで到達していなくても、英語に対して前向きに取り組んでいるという事実だけで、好印象を抱いてくれる企業も多いのです。

いまからでも、決して遅くはありません。

オンライン英会話などでステップアップして、ぜひ選択肢の幅を広げてみましょう。

40代から英語を独学で勉強したい!オンライン英会話がおすすめの理由とは英語を独学で勉強しようと考えたときに、どんな方法で学んでいくかは悩みますよね。筆者はオンライン英会話で勉強したのですが、40代の方にオススメです!オンライン英会話で英語力を伸ばす方法を、経験にもとづいて詳しく解説します。...

40代から英語を独学で勉強したい!オンライン英会話がおすすめの理由とは

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
まど
40代女性、千葉県在住。専業主婦から正社員に復帰しマネージャーに昇進した後、やりたい仕事を求めて転職しました。現在は科学系専門職に従事。日々楽しく実験や講師などの仕事をしています。科学と読書と2人の子供達が大好き。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ