応募書類作成

【Step2】応募書類(履歴書・職務経歴書)の書き方

(執筆:Rika

転職活動の際に求められる一般的な応募書類は、以下の2点です。

  1. 履歴書
  2. 職務経歴書

特別なスキルや人脈をPRできる人は別として、40代の平均的な書類通過率は2割前後です。

10社応募して3社通過する応募書類を作成できたなら、まずまず順調といえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の作成には時間がかかりますが、パソコンでいちど作成してしまえば、作成日や応募先の志望動機を随時更新して、あとは印刷するだけです。

記事一覧へ

履歴書の書き方

履歴書については、とくに指定がなければパソコンで作成したもので問題ありません。

ネット上には無料でダウンロードできるフォーマットがたくさんありますので、それらを利用しましょう。

手書きをする場合は、市販の履歴書を購入して記入しましょう。

履歴書でチェックされるポイントは、以下の2点です。

1.学歴と職歴

学校名や会社名はもちろんのこと、

  • どこの会社に何年間在籍していたか?
  • 不自然なブランクの期間はないか?

といったことを確認されます。

いまさら事実を変えられない部分ですので、年月を正確に書くことのみに集中しましょう。

万一間違って記載した場合は、それがケアレスミスであったとしても、経歴詐称と受け取る企業も存在します

細心の注意を払って作成してください。

2.志望動機

履歴書のフォーマットには、数行ほど記載できる志望動機の欄があります。

志望動機は、選考の合否に影響を及ぼす極めて重大な要素ですが、履歴書には最大で書きこめても3~4行程度です。

無理に全てを書かずに、要約した内容を記載して、詳細は面接で伝えるようにしてください。

なお、転職サイトや転職エージェント経由で応募する場合は、入力した個人情報がキャリアシートという形で出力されます。

それが履歴書の代わりになるので、応募先から提出を指定された場合を除いては、新たに履歴書を用意する必要はありません。

履歴書の書き方については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書の書き方

職務経歴書は必ずパソコンで作成てください。履歴書だけでは分からない、職務内容とスキルを詳しく記載していきます。

40代で1社経験であれば2~3枚複数社経験であれば3枚~4枚程度の分量で書類を作成します。

人事担当者が職務経歴書を読むのにかける時間は、およそ1分~3分程度です

最初から最後までを熟読しているわけではなく、

自社に適合する人材なのか?

というポイントに絞って確認しています。

転職の準備」の段階で実施した自己分析の結果を参考にしながら、これまでのキャリアのなかで、企業側が興味を持ちそうな経験・実績を意識し、詳細に記載していきましょう。

人事がとりわけ注目する箇所は、数値データ自己PRです。

数値データとは、営業職であれば販売実績や前年比など、ITエンジニアであれば開発規模などのこと。

業務に関する数字については、かなり高い興味を持って人事は目を通していますので、できるだけ積極的に盛り込みましょう。

自己PRでは、100~300文字程度で具体的なエピソードを3~4つ盛り込みましょう。

「粘り強い」「好奇心旺盛」といった性格についてではなく、業務で工夫したことや課題解決したことなど、ビジネス上のエピソードが好まれます

1.転職の準備へ3.求人探し・応募へ

「応募書類作成」の記事一覧