転職の準備

【Step1】転職の準備

(執筆:Rika

40代の転職は甘くありません。20代・30代の時の転職活動と全く状況が異なります。

各企業が中途採用でターゲットにしているのは、主に35歳までの若年層。40代はまず、中高年向けの求人を探し出すのに苦労します。

仮に面接に進めたとしても、マネジメント経験高い実績・専門性などを問われて、あえなく撃沈…。

なかなか内定を得られないのが40代の現状です。

しかし40代でも転職は可能です。書類選考や面接の通過率を上げるための準備はもちろんのこと、応募前の事前準備の質を高めれば、良い結果が得られます

40代が転職を考えるときに、準備するべき3つのポイントについて確認しておきましょう。

記事一覧へ

1.転職時期のタイミングとスケジュールを考える

40代の転職は長期化しがちです。

うまくいけば活動開始3~4ヶ月後に転職できるケースもありますが、希望職種やエリアによっては半年~1年以上かかることもあります。

今後1年間ぐらいの広い期間の中で、現職の都合やプライベートな事情を考慮しながら、ベストな転職時期と絶対に避けたい時期を明確にしましょう。

すぐに決まらないことを想定したうえで、転職活動は現職中に行うことが鉄則です。

時間的余裕のない中で活動開始をすると、内定をとることだけに集中しがちになり、自分に合った企業かどうかよりも、受かりやすさを優先した企業選びになってしまいます。

無理な転職スケジュールは転職失敗のもとです。その点に気をつけながら、自分に合ったスケジュールを組んでいきましょう。

2.自己分析をして、自分の経歴やスキル、価値観を棚卸しする

転職を意識するきっかけの多くは、現職の不満や不安から、というケースが大半です。

しかし目の前の不満や不安を解消するための転職、いわゆる逃げの転職は、自分を客観的に見ることができていないので、次の転職先選びも失敗する確率が高くなります。

仮に面接まで進めたとしても、自分の強みを把握していないので効果的な自己PRができません。

自己分析は、企業と自分のマッチングのためにも、そして書類選考や面接の通過率を上げるためにも必須のアクションです。

3.転職先に求める条件を考える

40代であれば、今回の転職を最後にしたいと考える人も多いはず。

求人票に書かれた魅力的なキャッチコピーに惹かれて入ってみたものの、入社後しばらくして「想像と違った」「やりたいことができない」というミスマッチを感じることは避けたいところです。

年収や働きやすさといった観点だけで応募企業を選ばずに、

  • 仕事を通して、誰にどんな価値提供をしていくか?
  • 自分のどの部分を成長させていくか?

といった、仕事内容に重点を置いた選び方をすることが重要です。

どんな環境であれば満足感高く仕事ができるか、自分の希望条件をきちんと言語化しておきましょう

6.退職手続きへ2.応募書類作成へ

「転職の準備」の記事一覧