最大28ヶ月もらえる! 退職給付金サポートはこちら

仕事を辞めてゆっくりしたい。独身なら今すぐ退職でOKです!

仕事を辞めてゆっくりしたいけど、

本当に退職しても大丈夫なのかな…

とぼんやり考えている方はいませんか?

実際に辞めるとなると、次の仕事やお金のことが心配になりますよね……

かくいう筆者も、同じような思いを持ちながら30代前半で退職して、ゆっくりとした時間を過ごしました。

そして自分を見つめ直すことができ、今はフリーランスと週3の雇われ勤務でゆる―く働きながら、人生を謳歌しています。

筆者の体験からお伝えしたいことは、

あなたが独身なら、今すぐ退職してOK

ということです。

会社を辞めてもいくらでも取り返しはつくし、人生の選択肢が広がる貴重な時間になるかもしれません。

実際に退職して学んだことをお話ししていますので、ぜひ最後までご覧いただき、あなたの悩みを解決するヒントにしていただけると幸いです。

目次
この記事の執筆者
佐々木 康太

佐々木 康太

30代男性、大阪府在住。2回の転職後、フリーランスと週3の雇われ勤務を組み合わせてゆるーくお仕事中。自分に最適な働き方を模索し続けています。これから会社を辞めたい人の参考となる情報を発信します!

仕事を辞めてゆっくりしたい人が、退職して問題ない理由とは

もしあなたが独身なのであれば、辞めたいという思いを抱えて会社に留まるよりも、

いったん辞めてから今後のことを考えよう…

という対応でも問題ありません。

ここでは、なぜ退職しても問題ないのか、その理由についてお話しします。

人生の選択肢が広がる

豊かな人生を送るうえで、

若いうちに、自分の人生について考える時間を確保する

ということはとても重要です。

毎日忙しく働いていると、どうしても今ある仕事だけで、頭がいっぱいになってしまうもの。

しかし、いちどいまの会社から離れてみることで、

自分はどういう生き方をしたいのだろうか?

どのような人やビジネスと関わっていきたいのかな…

このような疑問にじっくり向き合う時間を確保でき、狭くなってしまった視野を広げるきっかけになる場合もあります。

少しゆっくりできる時間を持ちながら、

  • 自己分析をして、新しい軸で就職先を探す
  • 自分のビジネスを小さく始めてみる

上記などに取り組むことで、得られる気づきは大きいでしょう。

社会人経験で得た基礎的なスキルは、次の仕事でも活かせる

どのような仕事でも求められるものが、基礎的な社会人スキルです。

このスキルがないと、あなたの提供する価値が相手に届きづらいので、仕事の成果が上がりません。

皆さんは普段の業務のなかで、以下のような行動をした経験はありませんか?

  • 締め切りまでに仕事を仕上げる
  • わからないことは自分で調べる
  • 改善点が見つかれば提案してみる

こういったことは、仕事に取り組むうえで、どんな場面でも求められるスキルです。

社会人経験がある方は、新しい仕事や働き方に挑戦しても、

力を発揮するための土台が、すでに出来上がっている状態である

といえるでしょう。

いちど身につけた基礎的な社会人スキルは、いまの会社を退職したとしても、次の仕事でも活かせるものなのです。

生活を保障してくれる制度がある

退職後に不安なのがお金の問題でしょう。

しかし、国が用意している公的制度を使えば、この不安もクリアになります。

以下の2つの給付金制度を活用することで、お金の不安を解消することが可能です。

2つの公的な給付金
  1. 傷病手当金
    健康保険制度の給付金。病気やケガで働けないときに、給与の2/3程度の金額が最長18ヶ月支給される
  2. 失業保険
    正式名称は「雇用保険の基本手当」。 給与の50~80%の金額が3~10ヶ月支給される

傷病手当金は、医師による心身不調の診断が必要ですが、失業保険は要件を満たせば誰でも受給できます

つまり最低でも3ヶ月は、今もらっている給料の50~80%が受け取れるということです。

そう考えると、少しくらいゆっくりできる時間は、国の保障で確保できることがわかりますね。

また、心身が不調で本当は退職してしばらく療養したいのに、

退職後の生活費が不安だから続けるしかない…

このような思いで、我慢して無理を続ける必要もありません。

傷病手当金と失業保険を組み合わせれば、最大28ヶ月も給付金が受給できますので、

お金の心配をすることなく、しっかり療養してから次のことを考える

という期間を確保することができます。

心身が不調なのであれば、給付金をもらいながらゆっくり療養しましょう。

今後のことを考える時間は、体調がよくなってからでも確保できます。

ただし、公的な手続きなので、

申請手続きが少し煩わしい

という面があります。

もし手続きに不安があるのなら、社会保険給付金の申請サポートの利用がおすすめです。

退職しても、転職活動は難しくない

退職を決断する際に気になるのが、

仕事を辞めたとして、そのあと転職できるのかな…

という点でしょう。

この疑問に対する筆者の答えは、「若いうちなら問題ない!」です。

その理由をお話しします。

職務経歴のブランクは、説明できれば問題ない

ブランク期間は、理由をしっかり説明できれば問題ありません。

育成意欲がある企業であれば、多少のブランクがあっても、

キャリア形成にはまだ十分時間がある

と受けとめられ、採用候補になる可能性は高いでしょう。

もちろん、ブランクを気にする企業もありますが、

そういった企業は、長期的な雇用に興味がない

という可能性もあるので、避けるほうが無難かもしれません。

ブランク期間の理由を回答するときは、「致し方ない理由」であることを意識してください。

致し方ない理由の例
  • 家庭の都合(介護など)
  • 家業の手伝い
  • 心身不調の回復

また、回答する際には、

今はその問題は解消されています!

ということを必ずセットで伝えましょう。

そうすることで、採用企業側の不安解消につながります。

若い年代の再就職は難しくない

いまの日本社会は人手不足ということもあり、転職の募集案件数は豊富です。

とくに20~30代くらいであれば、求めている企業が多いので、必然的に転職の難易度は下がります

例えば、厚生労働省の発表している、年代別の転職状況は以下のとおり。

◆年代別の転職入職率

年代男性女性
20~24歳12.7%14.3%
25~29歳12.4%13.8%
30~34歳11.1%10.0%
35~39歳7.6%10.6%
40~44歳6.2%11.0%
45~49歳5.2%9.0%
50~54歳4.2%8.5%
55~59歳5.0%7.8
出典:厚生労働省『令和2年雇用動向調査結果の概要』

やはり年齢が高くなるごとに、働く人に占める転職者の割合は減っていますので、

転職市場においては、若い年代ほど好まれる

という傾向がわかりますね。

転職エージェントを使えばより確実に

先ほど「転職は若いほど好まれる」とお話ししましたが、厚労省のグラフをしっかり見てみると、20代と30代での差は数%ほどしかありません

そこでお伝えしたいのは、

転職エージェントを使えば、30代でも転職は十分に可能

ということです。

転職後の年収の一部を手数料としてもらうビジネスモデルなので、エージェント側は転職が成功しなければ儲かりません

つまり、エージェントの担当者は、

エージェント

あなたの希望になるべく合致する企業を紹介します!

という対応を取ってくれるのです。

年齢が上がるほど、転職のハードルが高くなるのは確かですが、転職エージェントを活用すれば、転職の難易度を下げることができます。

仕事を辞めてゆっくりするメリットとは?

なぜ嫌な仕事なら早めに辞めて、ゆっくりするべきなのか、筆者が実際に退職を経験して感じたメリットについてお話しします。

人間関係のストレスから解放されて、気持ちが安定する

あなたは今の仕事の何がきついですか?

イヤな上司と遅い時間まで飲み会で疲れる…

愚痴とか悪口ばかり言っている人に囲まれてうんざりする…

このような、人間関係から生じる仕事のストレスは多いですよね。

いちど仕事を辞めてみると、「仕事の何が嫌だったのか?」を冷静に見つめ直すきっかけになります。

落ち着いた気持ちになって、

  • 今の仕事内容が嫌いなのか?
  • 人間関係のストレスが耐えられないのか?

上記などについて整理することで、あなたが本当に求める働き方が明確になるでしょう。

仕事を楽しめる環境が手に入る

仕事を辞めたあとに時間ができると、

自分が本当に楽しめる仕事ってなんだろう…

どんな環境で働くのがいいのかな?

こういったことについて、ゼロベースで真剣に考えることになります。

次の仕事では、「同じような失敗を繰り返したくない」という気持ちになるからです。

筆者のケースでいうと、会社員をしていて最も強く感じたストレスの原因は、

  • 仕事の自己決定感がない

ということでした。

うまくいっても100%自分のおかげではないし、ミスしても組織のせいにできてしまう、そんな環境に嫌気がさしていたのです……

そこで、退職していろいろ考えるうちに、

フリーランスの働き方を一部取り入れよう!

このような決断に至りました。

現在は、成功も失敗も全て自己責任の環境で、仕事を思い切り楽しめています。

【体験談】もっと早く辞めればよかったと少し後悔…

筆者は30代前半で退職しましたが、正直なところ、

もっと早く辞めればよかった…

と後悔しています。

現在は会社員時代と同じくらいの収入を稼いでおり、「これからもっと稼ぎたい」という活力もある状態です。

もっと早く辞めていれば、より早く自由に働ける状況を実現できていたかもしれない

このように、少し損をした気分もしています。

もちろん、うまくいかなかった可能性もありますが、そのときは純粋に再就職を目指していたでしょう。

その場合でも、「会社員+副業」に取り組むスキルはすでに身についているので、以前の年収よりも稼げる自信はあります。

このような経験から、

自分の可能性を広げるためにも、嫌な仕事なら早めに退職して、ゆっくり自分と向き合う時間を確保する

ということの重要性を、身に染みて感じました。

仕事を辞めてゆっくりするのが不安【対策を解説】

仕事を辞めてゆっくりしたければ、辞めて問題ないとお話ししても、

本当に大丈夫かな…

と不安になる方もいるでしょう。

ここでは、筆者が辞める際にも感じた不安について、対策をお話ししておきます。

自分でお金を稼げるか不安

フリーランスでも稼げるとはいっても、

でも稼げるようなスキルなんて無いし…

という方も多いでしょう。

たしかにその通りですが、スキル習得にあまり時間がかからない仕事もあります

筆者は退職する前から副業に取り組んでいましたが、副業を開始して3ヶ月目には5万円ほどの収入がありました。

今となっては、

会社に捧げていた時間を副業に充てれば、もっと稼げていたかも…

このような思いもあります。

間違いなくいえることは、

スキルや仕事の効率は、取り組む時間に比例して上昇する

ということです。

最初は難しいように感じても、時間の経過とともに稼げる金額を増やすことは、そんなに難しいことではありません。

正社員のキャリアに戻れるか心配

退職しても、若ければ転職は難しくないとお話ししましたが、

「正社員が安定している」は幻想に近い

という認識は持っておくべきかもしれません。

なぜかというと、超がつくほどの大企業でさえ、「終身雇用」に否定的な見解を示しているからです。

企業側の都合で、リストラや早期退職に巻き込まれる可能性だってあるわけですから、正社員でも今の雇用が永遠に続く保証はどこにもありません。

つまり、ひとつの会社に依存しすぎることは、大きなリスクとなりえるのです。

若いうちからスキルを磨き、会社以外でも収入源を確保できる力をもつことで、精神的な安定につながります。

ゆっくりしていると将来結婚できなそう…

退職してゆっくりすることを想像してみると、

退職すると、今のパートナーに見捨てられるのでは…

パートナーを探すのが難しそう…

と不安になる方がいるかもしれませんね。

しかし、長い目で見ると、

生活レベルや幸せの価値観が似た人をパートナーに選ぶ

というのが、あるべき姿でしょう。

山あり谷ありな人生を送るなかで、近しい考え方を持った人とは、長期的に良い関係性を築けます

見栄を張ってお付き合いしたところで、遅かれ早かれお別れすることになりかねません。

等身大のあなたを受け入れてくれる人を探しましょう

会社を辞めるのが難しいときは「退職代行」もあり

基本的には、責任をもって退職の手続きを進めるべきですが、

  • 上司に相談しても拒否されてしまう
  • 周りの反応が怖くて言い出せない
  • 精神的に辛いのですぐ辞めたい

上記のように、どうしようもないというケースであれば、退職代行サービスを利用するのもひとつの方法です。

退職代行を利用すれば、会社への連絡などを代行してくれるので、

自分で直接話をすることなく、退職手続きを完了できる

というメリットがあります。

ただ、「退職代行」と聞くと、

そんな無責任な辞め方をしたらマズいのでは…

このように思う人もいるかもしれませんね。

しかし今では、

  • 利用者の58%が20~30代、40代以上の割合も28%
  • 全体の47.4%の人が、会社を辞める際に退職代行の利用を検討

上記のような調査データもあるくらい、年齢や会社規模を問わず、退職代行は幅広く利用されています

最近では、弁護士や労働組合が退職代行サービスに乗り出すケースも増えており、

  • 残業代の未払いがある
  • 有休消化を拒まれる

といった労働問題に対しても、代理人として責任をもって対応してもらえます。

退職代行を依頼すると費用が発生しますが、初回相談は無料です。

会社へ行かずに退職手続きを進めたい場合は、いちど相談してみることをおすすめします。

実際に使ってみた人のリアルな感想やおすすめの退職代行サービスについては、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

まとめ:仕事を辞めてゆっくりしてもOK。人生の貴重な期間になることも

今回は「仕事を辞めてゆっくりしたい」と思っている方向けに、

  • 今すぐ退職してもいい理由
  • 仕事を辞めてゆっくりするメリット
  • 退職が不安な方ができる対策

上記について、筆者の体験談も交えてお話ししました。

退職してゆっくりしたいのであれば、

独身なら今すぐ退職しても大丈夫

というのが、筆者がお伝えしたい結論です。

いざとなれば会社員に戻ることもできますし、退職によって得られるメリットも大きいですよ。

退職後のお金の不安も、公的制度を利用すればカバーできます。

少しゆっくりして、自分に秘められた「未来の可能性」に目を向けてみましょう。

挑戦してみたい仕事や求めている働き方など、会社のなかにいるだけでは気づけないことが多くあります。

実際に退職してみると、今まで想像もできなかった、

  • 楽しい仕事だけに取り組める
  • ストレスの少ない毎日

こういった生活が手に入るきっかけになるかもしれません。

「退職する」ということに対して、どうしても後ろ向きなイメージに思われがちです。

しかし、新しいチャレンジに思いをはせてワクワクしている時間ほど、人生に潤いをもたらしてくれるものはありません。

まずは会社を辞めて少しゆっくりしてみて、人生の新しい1ページを開いてみましょう!

この記事を書いた人

30代男性、大阪府在住。2回の転職後、フリーランスと週3の雇われ勤務を組み合わせてゆるーくお仕事中。自分に最適な働き方を模索し続けています。これから会社を辞めたい人の参考となる情報を発信します!

よかったらシェアしてね!

セカンドゴングは40代の転職を応援します!

40代の転職を応援しています!

セカンドゴングでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

40代のリアルな転職体験談なども数多くご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、セカンドゴングにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

目次